2010年09月10日

笑顔の効果

今日は救急の日。9月9日なので「きゅう・きゅう」といったところでしょうか。

朝の挨拶で、9月9日を「くがつきゅうにち」と言おうとしたら、救急の日が頭に入りすぎて、「きゅうがつくにち」と反対に言葉がでてしまいまして・・・お陰で笑いは取れたかな。。。
というよりも、私自身も笑ってしまいました。

よく考えると、デイサービスの中でも笑う時間が増えたかなと思ったりします。もちろん御利用者様の笑っている時間も比例しているはずで、笑いのある空間が浸透しているようです。
私だけではなくて、全スタッフが笑顔に満ち溢れてきているから、御利用者様からもたくさんの笑顔が見れるようになったなと思います。もちろん、以前からもそうですが、最近特に感じるようになりました。
課題もないわけではありません。でも、笑顔が多いというのは単純に喜ばしいことだと思います。

実際、ケアマネさんや体験でお越しになる御利用者様が利用を決められる理由の中で、「ポラリスは雰囲気がとても明るくて思っていた雰囲気と全然違う。職員さんも優しく声をかけてくださる」などと喜んでいただけると嬉しくなってしまいます。
最近お2人の方から続けて聞かれました。


笑顔で仕事ができること。
口では簡単に言えますが、なかなか難しいことですね。
でも、雰囲気を変えるのはパワーリハの技術やコミュニケーション能力もありますが、すべて前提にあるのが笑顔なのかなと思います。

今日の話題は笑顔の話題になりました。
まさか笑顔が題材になるとは、書くまで思いもしなかったです。今日書こうと思ったパワーリハ話題はまた次回にでも。
明日もたくさんの笑顔に出会えますように(゚∀゚)アヒャヒャ



polaris_nagata at 00:19│Comments(0)TrackBack(0)今日の出来事 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字