花粉症増加のなぞ

オフィスの中でも電車の中でも街中でもあっちでくしゅん、こっちでくしゅんとあちこちで花粉症の人を見かけるようになりました。
あなたの周りに花粉症の人はどれくらいいますか?
ちょっと考えただけでもかなり多くの人が浮かんでくるのではないでしょうか。
国民病とも言われるほど花粉症は広まり、多くの人が花粉症で辛い思いをしています。ではなぜ花粉症がこれほど増えてしまったのでしょうか?
花粉症は花粉が原因でおこるアレルギーですが、花粉はウィルスのように体内に入って増加するわけでもなく、細胞を壊したりするわけでもありません。またかなりの量でない限りは人間にとって無害とも言える物質です。それにも関わらず多くの人が花粉に過剰に反応し、花粉症になっています。
実は花粉症の増加は花粉だけが原因ではないのです。
花粉症の増加の原因に次のことがあげられます。
・ 食生活
食生活が欧米化し、日本人の食のバランスは崩れつつあります。
栄養の取りすぎ、食品添加物使用食品の増加、インスタント食品の多量摂取、野菜の摂取不足などにより腸内環境は悪化しているといわれています。そしてこういった食事のバランスの崩壊が花粉症原因の1つといわれています。

・ 生活環境
人間が引き起こした大気汚染により、目や鼻、のどなどの粘膜が敏感に反応するようになったといわれています。そのため花粉が入ってくると過剰反応し、花粉症の症状が出やすい体質になった人が増えているといわれています。また、自然破壊により、花粉が土に戻ることができず、長い間舞いつづけることも原因の1つのようです。

・ ストレス・運動不足・睡眠不足
ストレスや運動不足、睡眠不足などによって、免疫力が低下している人が増えています。免疫力が低下することで花粉症になりやすくその症状も出やすいといわれています。

・ スギ花粉の増加
戦後日本では戦争で荒れた山への対策として林業政策を行い、多くのスギが植林されました。そして、その植林されたスギが育ち花粉を生産する樹齢に達したことが花粉症増加の原因の1つといわれています。樹齢30年以上のスギが花粉を最も生産するといわれています。つまり戦後に植えたスギが現在花粉を生産し撒き散らしているのです。

花粉症対策として、睡眠を十分に取り適度な運動をするように心がけましょう。また、できるだけストレスをためないようにし、リラックスした時間を作るようにしましょう。その他、野菜や食物繊維をきちんと摂取し、バランスのよい食事を心がけましょう。


pollinosisallergy at 13:31|Permalink花粉症 | 花粉症対策

花粉症には食物繊維

花粉症に効果があると言われている食物はたくさんありますが、ここではその中でも、食物繊維を多く含む食品について紹介していきます。花粉症は食事の内容を工夫して変えていくことで症状が改善すると言われています。花粉症に効く食事を作るには、食物繊維を多く含むものを取り入れると良いと言われています。
食物繊維を多く含む食事は、花粉症に良いというだけではなく、たとえば多くの女性が悩まされる便秘にも効果がありますし、また、油分の多い食生活を送っている人にとっては、体内の脂肪分を吸収して体外に排出する手助けをしてくれる食べ物としても効果があると言われています。
花粉症をはじめいろいろな体の不調に効果がある食物繊維ですが、どのような食品に多く含まれているかはご存知でしょうか。食物繊維を多く含む食品として知られているのは、海藻類、きのこなどです。海藻類の中には寒天も含まれます。海藻類やきのこはいろいろな調理法があるので、飽きずにたくさん食べられますね。
花粉症の症状緩和に効果がある食事を作ろうと考えている方は、ぜひ、食物繊維をたくさん含む食事を作るように心がけてみてください。その他にも花粉症に効果があるとされる食べ物はたくさんあるので、いろいろ組み合わせて自分なりのレシピを作るのもまた楽しみになりそうですね。

pollinosisallergy at 17:03|Permalink花粉症の治療 | 花粉症対策

花粉症と点鼻薬

花粉症の薬には数多くの種類があります。ここでは、花粉症の際にかかる鼻炎の薬である点鼻薬の紹介しをしましょう。
花粉症になって辛いのは、目、鼻、喉です。花粉症用の薬を薬局などで探してみると、それぞれに、目薬、点鼻薬、のどスプレーなどの直接患部に使用するものと、飲み薬タイプのものがあります。飲み薬タイプの花粉症薬は、身体の中にある免疫系の反応自体を抑えるものが多く、目、鼻、喉全てに効きますが、効果が強いため副作用があります。たとえば、喉が渇いたり、鼻が乾燥したり、猛烈な眠気に襲われたりします。花粉症の症状を抑えたいけれど、薬を飲むことで、こうした副作用とも戦わなければならないので、飲み薬タイプは両刃の剣だと言えます。
花粉症の症状で特につらいのは、鼻炎です。息苦しさは不快感を伴いますし、鼻づまりは集中力を奪います。鼻炎だけに効く飲み薬もありますが、鼻炎薬の多くは眠気を伴うので、仕事の最中に飲むには抵抗があります。そこで活躍するのが点鼻薬です。点鼻薬は、直接鼻腔に噴霧することで、鼻の中の血管に作用して、鼻づまりを解消してくれます。そして、何よりのメリットが、点鼻薬は眠気を誘わないことです。運転の前や仕事中には、飲み薬よりも点鼻薬がお勧めです。

pollinosisallergy at 22:43|Permalink花粉症の治療 

東京都における花粉症対策

1963年に日本で初めてスギ花粉症の患者が報告されて依頼、スギ花粉症の患者数は年々増え続けています。
そして現在スギ花粉や他の花粉症の患者を合わせると数千人の数にのぼると言われています。

花粉症には様々な原因が考えられていますが、国や自治体レベルで取り組まなければいけない対策が多くあります。

東京都では総合的な花粉症対策を推進するために2005年に花粉症対策本部を設置しました。
花粉症対策本部では「花粉の少ない森づくり」を目指して様々な取り組みを行っています。

その一つに花粉の発生源対策があります。
都内の森林地域では花粉を多く発生するスギ林が増加しています。
花粉症の原因となるスギ花粉を減らすためにはスギの本数を減らす必要があります。
発生源対策は都内の森林地域のスギ等を伐採し、花粉の少ないスギや広葉樹を植樹していく取り組みです。
そして10年後にはこの森林から発生するスギ花粉の量を2割削減することを目標としています。

また東京都と近隣の自治体では近年、ディーゼル車の運行規制を強化しています。
ディーゼル排気物質をはじめとする大気汚染物質は、花粉と一緒に鼻粘膜に付着することでアレルギー反応がおきやすくなると言われています。
また妊婦がディーゼル排気ガスを吸い込むと、そのこどもがスギ花粉症になる可能性が高いとの調査結果もあります。
ディーゼル車運行規制は大気汚染問題には重要な対策なのです。

今や国民病とも言われる花粉症ですが、国や自治体で行われるさまざまな対策によって今後どの程度の効果が得られるかが注目されています。




pollinosisallergy at 10:34|Permalink花粉症 

花粉症と鼻呼吸

花粉症対策の一つとして「鼻呼吸」が注目を集めています。
以前から鼻呼吸を提唱している西原克成医学博士は、口呼吸がさまざまな病気の原因であるとの考えから、花粉症、アトピー性皮膚炎、喘息などさまざまな病気に対して鼻呼吸を行う治療をし、実際に効果を上げているということです。

鼻から空気を吸う「鼻呼吸」では、鼻腔を通る間に埃や細菌などの異物が除去され、同時に加湿されます。
その空気は肺で酸素を吸入しやすい状態になります。
つまり、鼻は優秀な加湿器と空気清浄機の役割を果たしているということです。

人間は今では鼻と口のどちらでも呼吸をすることができますが、もともと人間を始めとする哺乳類は鼻だけで呼吸をしていました。

口呼吸では空気と一緒に吸い込んだ埃や細菌によって扁桃腺組織を痛め、その機能を低下させてしまいます。
その結果免疫力が低下して花粉症など様々な病気を引き起こすというわけです。
ようするに、人間の身体は口から吸った空気をきれいにするしくみになっていないのです。

一度口呼吸が身についてしまうと、なかなか鼻呼吸には戻せないものです。
花粉の飛んでいないシーズンオフから少しずつ鼻呼吸に取り組む対策が必要です。

その方法として睡眠中に濡れマスクを利用するのも効果的です。
睡眠中は無意識に口呼吸をしていることが多いものですが、濡れマスクをすれば口で呼吸をしにくくなります。
さらにマスクの水蒸気を吸い込み鼻の通りがよくなることで自然と鼻呼吸が身につきます。

昼間は意識的に口を閉じて鼻呼吸をする心がけが大切です。
市販の鼻呼吸グッズも多くでているので試してみるのもよい方法です。


pollinosisallergy at 10:32|Permalink花粉症 | 花粉症対策