「御縁」がどこに転がっているのか、

前もってわかればいいなって無茶思うラフィー母でございます。

前もってわかれば、

最初っからメロン片手にお宅訪問なんかできますしね(^.^)

ここまで何かの御縁でもあってか、さすが人気犬種もあって

いくら避けて通ったところで

保護ワンコや先住ワンコ、いたるところにうじゃうじゃといるもんで、

あれだけコキおろして「うなぎ」扱いのダックス達を、

すっかり甘党宣言「あら、美人ちゃんねぇ」とか 「可愛いわねぇ」なんて

愛想よくニコニコ見上げるウナ達に思わず発してしまうようになったのも、

今回入学のメロンの何かが

ラフィー母のドツボにハマったのが原因、確実(^_^;)

もちろん、

大辛5レベルで品定めしていたのを耳に覚えているリアル友は、

あまりのラフィー母の180度方向転換にはぷっと笑ってます、ぐぁ、(^_^;)

IMG_7003


午後からお出かけのメロンさん、

パパに我が家のタイヤの山の不思議を問うこともなく、

IMG_7004


最後のお散歩係を数十メートル。

IMG_7007


ラフィー母めがけてパパから逃げるように必死に走り込んでることはもちろん内緒で(^.^)、

IMG_7013


一人っ子乗車(^.^)

わずか20分のラストドライブ。

IMG_7014

えへ、アタチどこいくの?

ツテのツテで、たまたまらふわふを取材することがきっかけで、

保護活動がらみの意見交換なんかをしていた希望者さんが、

保護ワンコを迎えたいとうお気持ちは常々知ってましてね、

IMG_7019

あたち〜びじん〜〜。

なんとな〜く気になるとおっしゃってくださって

ちょうどらふわふでーに合わせて「もなみ」に会いに来てくだったのが、

ま、御縁の始まりになるけど、、

ひとまず、もなみが彼女の予想外のデカさで(^.^)、よもやの縁談はあっさり撃沈。

↑(フレブルくらい?と思っていたもなみが実際は2倍はあったから笑)

IMG_7030

ここ、だれんち?

先住ワンコや、お子さんのこと、お仕事のこと、もろもろのしがらみの中で、

ご自身が漠然と思う「保護犬を迎えたい気持ち」を

どんなプロセスがそれを具現化できるのか、の答えが

急ぐことも必須でもない代わりになかなか見つけられずにおられて、

ボラに直接聞いてみたいそぼ〜くな質問に、

あ〜だ、こ〜だと、(←でた、、、呪文、、って今聞こえた。。)

これまでの里親様達のご希望パターンや

ラフィー母が日頃思うつれづれを、いろいろおはなししてるところに、

メロンがしっぽフリフリ目の前でゴロゴロ愛想よくしていたわけです。

IMG_7044



「あ、、例えば、この子なんか実はいいかもですよ」って

まるで営業トーク感覚で、

そこに転がってただけのメロンが

ぴったりご家族のニーズのパズルにスパスパっとにあっちゃいましてね。

これホント。ほんとだからね〜〜。。そこで笑った数人( ̄▽ ̄)

IMG_7032

あたち、ハナ。。もちろんギャル。よろしくネ。


その気になってからは早い早い、さすがキャリアう〜まん(^O^)

もともと、先住もデカうなぎのコギなわけで(^_^;)

短足系には目がないご家族だし、2匹の相性には全く問題なし。

日頃、ママの関心事がどこにあるかをよく理解している子供たちにとっても、

嬉しい家族追加のニュース。

メロンの口の臭さくらい、ヘでもないらしく(^.^)

何度も何度も「口、くさくないよ〜だいじょ〜ぶだよ〜」なんて

言ってくれましたよ。

IMG_7053


まさか。まさか、

年中転がってるメロンの新家族との御縁が

こんなお近くに転がってたことになりました。

IMG_7074


ご近所の主治医にはラフィー母もお世話になってて(^_^;)

ご挨拶がてら、ついでに同行なんかしております(笑)

IMG_7071


だれもが、「別れ」をできるだけ遠くにおくことが人間側の希望であるかぎり

レスキューされてくることも、卒業することも、

メロンのようなシニアの放棄ワンコたちににとっては

数々の条件のふるいにかけられ、殺処分から生還することは

とても高いハードルで有り続けます。


なぜ、自分が保護ワンコの里親を希望するのか、

家族、として迎えることとは何なのか、

希望者さんにとっての、

そのいくつかの正解の中に、しっかりメロンが転がってたわけで、

偶然であれ、タイミングであれ、呪文であれ、

メロンのあの足の短さで

よくもその高い高いハードルを

こんなに早々、それも軽々超えたものだと、

さすが、「縁」のチカラ。。おそれいりました。

今回も完敗です(^O^)

(微妙に、もなみのおかげだったりもするけど(^.^))

IMG_7082


バリバリと何足ものわらじを忙しく履き替えながら時間を使いこなし、

メロンに終の棲家を提供してくださった里親様は、

こちらの編集長
、深澤さんファミリー(^.^)



今後ともどうぞよろしくお願いしますです。




愛ちゃんも情くんも、メロンはこれからおばあちゃんだから、

もし、もっと歳をとって病気したり、歩けなくなったり、

目が見えなくなったり耳が聞こえなくなったりしても、

やさしく、しっかり面倒見てね、約束だよ。



メロン、卒業確定(((o(*゚▽゚*)o)))
2013/6/17




またいつでも会えるけどね(^O^)

LaughWoofバナー
らふわふさん: LaughWoof[保護犬たちの日常]