トップページ » December 2010
December 2010

BBC Newsで英語表現を学ぶ (12)チョコレートの成分から咳止め薬

BBC News - HEALTH

21 December 2010 Last updated at 09:35 GMT

'Chocolate cough remedy' in sight

A chemical in cocoa could soon be turned into a medicine for persistent cough, researchers claim.

Scientists are carrying out the final stages of clinical trials of a drug that contains theobromine, an ingredient found in chocolate and cocoa.

「チョコレートから咳止め薬」が目前に

チョコレートの化学成分がなかなか治りにくい咳の薬になる可能性が出てきたと研究チームが明言

科学者のチームがチョコレートとココアの成分テオブロミンを含んだ薬の最終臨床実験を実施している。

 

The UK developers say the drug could be on the market within two years.

Every year in Britain an estimated 7.5m people suffer from persistent cough - a cough lasting more than two weeks.

Most current medicines used to control the symptoms are opiate-based ones like cough syrups containing codeine, a narcotic.

英国の開発者グループは2年以内にこの薬は市場に出回るだろうと予測している

毎年英国では推定7.5百万のも人々が2週間以上続く治りにくい咳に悩まされている。

現在症状を治めるのに処方されているほとんどの薬はコデインを含んだ、一種の麻薬ともいえる咳シロップのようにアヘンを主成分にしたものです。 

But in October theMedicines and Health products Regulatory Agency (MHRA) said under-18s should not take codeine-based remedies, because the risks outweighed the benefits.

しかし10月に医薬・健康製品規制は18歳未満の子供にはコデインをベースにした治療薬は摂らせないとした。益より害の方が大きいからである。

 

Active ingredient

Researchers say the new theobromine treatment should not have this problem. And being flavourless, it can be taken by those who dislike chocolate.  Theobromine is thought to work by inhibiting the inappropriate firing of the vagus nerve, which is a key feature of persistent cough.

活性成分

研究者チームが言うには、テオブロミン治療はそういう問題はなく味もないのでチョコレート嫌いの人にも採って貰える。テオブロミンは治りにくい咳の主要な引き金である迷走神経が不適切に動くのを抑制する働きをするものと考えられている。

 

The final stage of the drug's testing is set to begin in the next few months.  The drug, called BC1036, is being developed by the private UK company SEEK.

Manfred Scheske, CEO of Consumer Health at SEEK said: "I am very excited to announce the progression for the late-stage development of BC1036, which has the potential to dramatically impact the treatment of persistent cough and could greatly benefit the quality of life of persistent cough sufferers."

この2,3ヶ月後にはこの薬の最終テストが始まる予定です。BC1036と呼ばれるこの薬は英国の民間の製薬会社SEEKで開発が進んでいる。SEEK社の消費者健康担当の重役、マンフレッド シャスク氏は「BC1036の開発が最終段階にきていることを報告できることを非常にわくわくしています。この薬は治りにくい咳の劇的に改善する可能性を持っており、治りにくい咳の患者の日常生活の質を大きく改善することが出来そうです。」 

Professor Alyn Morice of the Hull Cough Clinic said there was a need for new treatments.

"Thousands of people across the UK suffer from persistent cough, and due to the drawbacks of current opioid drugs such as codeine, we are in desperate need of a non-opioid treatment with a drastically improved side effect profile for patients."

ハル咳専門病院のアリン・モリス教授は新しい治療の必要性を説いて次のように言っている。「英国では数千人の人々が治りにくい咳の病気にかかっている。コデインのような今のアヘン系の薬の欠点を考えると患者への副作用を徹底的に減らす非アヘン系薬による治療が切に望まれる



Phil polyglotkazu  at 15:32コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ!