トップページ » January 2011
January 2011

BBC News で英語の表現法を学ぶ   日本の貨物衛星が国際宇宙ステーションに向けて発射される

BBC News - SCIENCE & ENVIRONMENT
22 January 2011 Last updated at 07:42 GMT

Japanese cargo rocket for ISS lifts off国際宇宙ステーションに物資を運ぶ日本の「こうのとり」ロケット打ち上げに関する記事です。

A Japanese rocket with supplies for the International Space Station (ISS) has lifted off from a remote island in southern Japan.
supply: stock or store of things provided or available
lift off: rise from the launching site
滑走路から離陸するのはtake off


The unmanned rocket is carrying nearly six tonnes of food, water, clothing and experimental equipment to the station's six-strong crew.
Japan sent its first supply rocket to the space station in 2009.
Tokyo is aiming for a share of space transport after the retirement of the US space shuttle fleet.
strong: (after numbers) having the specific number; 5,000 strong army
aim for: direct one’s effort
retirement: leaving one’s regular work


The Kounotori 2 (Stork 2) rocket blasted off at 1457 local time (0537 GMT) from the Tanegashima island on Saturday. It is expected to dock with the ISS on Thursday. It will drop off its cargo and then load up with waste material before burning itself up on re-entering the earth's atmosphere.
Such projects have become more important because the US recently scaled back its ability to launch supplies to astronauts in orbit.
Japan's space agency Jaxa is also developing plans to use a modified Kounotoritype rocket for possible manned flights.

blast off: be launched by firing of rocket=lift off
dock with: join together with
drop off: become fewer or less; load up の反対
load up: put a load in or on
scale back: reduce
modify: change something slightly, especially to make it less extreme or to improve it


Phil polyglotkazu  at 14:57コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

語学は人生を豊かにしてくれる

rob&phil
(昨年佐倉国際文化大学会報に掲載されたものです。)

小学校5年の時、町内の住人で進駐軍の通訳をしていたNさんが、アメリカ人と楽しそうに会話しているのを見て、自分も将来英語を学んでNさんのように外国との架け橋になりたいと思うようになった。漠然とした夢であったが、夢を追って中学、高校時代には英語ばかりやっていた。 アメリカ文化センターにも日参し、日常会話も出来るようになった。

ある日、短波受信機でキャッチした南米エクアドルからの放送でスペイン語の美しさに魅せられ、大学ではスペイン語を専攻することにした。英語圏(言語人口14億)の他、スペインならびに中南米・アフリカのスペイン語圏(言語人口3億3千)の人たちとも交流でき、将来、自分の活躍出来る舞台が広がると考えた。卒業すると4年間、貿易商社でスペイン語圏を担当。毎日スペイン語と英語で貿易実務をこなした。この期間、英語力を高めたのはNHKの松本亨先生の英会話講座のグループを地域で組織しテキスト2年間全部暗記したことだった。
努力の甲斐あって、通訳案内業の国家試験と実用英語技能検定1級に合格し、もっと広く語学の使える外資系航空会社に転職した。仕事上フランス語や中国語のニーズも高かったので、30歳代に入って、夜学でフランス語(言語人口2億2千)と中国語(言語人口10億)を学んだ。フランス語は日本語を介せずいきなりフランス語で教える直説法と呼ばれる教授法だった。中国語は日中友好協会のクラスで、未だ中国との国交が回復していない時期であったし、テキストも「毛沢東」、や「人民公社」の話など政治色が強かったが、楽しく学習できた。
航空会社の研修はほとんど海外で行われた。一番思い出に残っているのはフランスのパリ郊外フォンテンブローの美しい森の中にあるインセアード大学院に管理職研修のため短期留学させてもらったことである。欧米人の管理職と机を並べての研修は厳しかったが、学校の外へ出ると、フランス語、スペイン語の人間味あふれた世界があった。週末はフランス・スペイン各地を旅行した。その後もずっと自分で勉強を続け、なんとか英語、スペイン語は上級レベル、フランス語は中級レベル、中国語は初級レベル(中国語検定3級)に到達した。

58歳の時、航空業界がアジア地域の不況にさらされ、日本地区も多数の希望退職を募った。人事部長としてリストラの指揮を執ったが、その時退職者の再就職支援を依頼した米系の再就職支援会社から外国人のコンサルタントになりませんかという誘いを受けた。航空会社を2年早く退職し、転職、早速オーストラリアで研修を受け(写真は研修講師と)、キャリアカウンセラーの資格を取得、コンサルタントとして、欧米人でリストラに逢った人たちを支援する仕事に69歳まで従事した。欧米人を中心に相談に乗りながら再就職を支援するのだから外国語のコミュニケーション能力がしっかりしていないと信頼されなくなる。 帰宅するとカウンセリングの勉強と4カ国語のブラシュアップで忙しい毎日だった。
69歳3ヶ月で現役を退いたが、退職前から考えていた佐倉国際交流基金と成田市国際交流協会に登録し、各種の行事に積極参加、成田では片方の親がラテン系の中南米出身者の家族の子供にスペイン語を教えるクラスのお手伝い、さらにインターネットで世界各地の人に日本語を教えるボランティアを始めた。 地域に住んでいる外国人はいろいろ悩みを持っているので、学んできた外国語とカウンセリングの技法を活かして彼らの相談相手になってあげたいと思っている。インターネットを通じた日本語指導の国際交流も興味深い。
70歳になった今、振り返ってみると、貿易商社、航空会社、再就職支援会社いずれも好きな語学を駆使して楽しく、思い切り仕事が出来た。 語学にかけた努力は十分報われた感がある。 私生活でも、家族とともに世界各地で休暇を過ごし、各言語圏の生活文化に触れ、文学や、音楽や芸術に興味の範囲も広くなった。インターネットからの情報収集も各国語で出来る。これからは地域在住の外国人の問題解決支援者として、グロカリゼーション(Glocalization地球規
模で考えながら、自分の地域で活動するThink globally, act locally)の一助を担うことが出来ればと、飽きもせず語学力向上に励んでいる今日この頃である。


Phil polyglotkazu  at 21:20コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

BBC News で 英語表現法を学ぶ(13) パイロットがコーヒーをこぼし大騒動

BBC News- USA-Canada
United Airlinesのパイロットが操縦室でコーヒーをこぼし、ハイジャック信号が流れ、大騒ぎになり、カナダの空港に緊急着陸、乗客はシカゴに戻り、別便でフランクフルトへ。
易しい英語の中から英語らしい表現を拾ってみましょう。
****************************************************************************************
Pilot's coffee spill 'caused hijack alert', Canada says
A pilot's spilled coffee has been blamed for accidentally activating a hijacking alert and prompting a United Airlines flight from Chicago to Germany to stop in Canada on Monday.
************************************************************************************
Blame: consider or say that somebody/something is responsible for something done (badly or wrongly) or not done
何か良くないことが起こった場合のその原因を述べる際に使える表現
Accidentally: unexpectedly or by chance
Prompt (somebody) to … : cause or incite (somebody)to do something

************************************************************************************
The pilot of Flight 940 triggered an emergency code after spilling coffee on radio equipment while en route to Frankfurt, Transport Canada said.
The aircraft landed safely at Pearson International Airport in Toronto.

************************************************************************************
Trigger: set an action; process in motion
En route to: on the way to 航空機の話なのでrouteが使われている。
Peason International Airport: カナダ14代首相の名前(トロント出身)の空港

************************************************************************************
The incident is still being investigated by safety officials.Canada's defence department was contacted after an emergency was declared. But United Airlines dispatch staff quickly confirmed the incident to be a communication issue and not a hijacking.
************************************************************************************
Incident: event or happening often of minor importance;
accidentより軽い出来事で航空会社は軽い異常や人身事故を含まない軽いものは
incidentと呼び、accidentと区別している。
Communication issue: 通信機の異常(問題)

************************************************************************************
A Transport Canada report said the US Federal Aviation Administration indicated the pilot "had inadvertently squawked a 7500 code after spilling coffee on the aircraft's radio equipment, which interfered with the communications equipment".
************************************************************************************
Indadvertently: by accident; unintentionally 日本語で言う「うっかり」
Squawk: (especially of bird) utter a loud cry (鳥が)驚いて大声を出す。この場合は鳥の代わりに同じ飛ぶもの航空機が非常信号を発信してしまったの意。

************************************************************************************
Instead of flying the plane over the Atlantic, the captain decided to reroute the plane to Toronto in order for it to be fixed, United Airlines spokesperson Rahsaan Johnson said on Monday.
A second aircraft took passengers back to Chicago from Toronto, allowing them to board another flight for Frankfurt on Tuesday

************************************************************************************
Reroute the plane: operate the airplane by a different route
A second aircraft: 別の飛行機
Another flight: 別便


Phil polyglotkazu  at 18:09コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ!