ザロクバグで任意のポケモンを入手する方法における応用編です。

▼原理

「ダブルコラプション, double corruption」は日本語で二重破損、二重破壊という意味です。
ザロクバグでボックスにタマゴが出来て成功した後、
ボックスのその場所から動かさずにもう一度ザロクバグを行います。
ザロクバグ、タマゴバグを同じ個体で2回やる訳です。
するとボックスに居たタマゴが任意のポケモンに変化しています。
その任意のポケモンは何らかのアイテムを持っていたり、リボンが付いていたりします。
応用すれば、任意のアイテムを持たせたり、任意のボールに入れたり、任意のリボンを付けたりすることが出来ます。

※注意点

・0x40000000が足されるのは1回だけです。
・性格値とトレーナーIDの両方が変化します。
・ダブルコラプションで作成したポケモンは指定したボール値のボールで孵化します。
・第6世代 ( XY, ORAS ) にも送れます。
・裏ID&0x4000=0を満たすように乱数調整し、
そのIDで技操作バグのできる個体を入手して二重破損を行うとスケッチ4つ覚えたポケモンを作れます。