2015年03月01日

_SL1500_細野晴臣「HoSoNoVa」2011











YouTube:
ラモナ

↑ライブ映像。素晴らしく心地良い世界。
悲しみのラッキースター

↑本当に細野さんの原点に返ったかのような素晴らしいフォーク。幸せいっぱい。

 

(00:31)

2015年02月26日

Heart Of The Congos

The Congos「Heart Of The Congos」1977












YouTube:
Fisherman

↑穏やかで幸せに満ちた雰囲気。
Congoman

↑リズムがミニマルで、凄いクセになる音。
Open Up The Gate

↑スタンダードに良い曲。
Children Crying

↑こちらも伸びやかなボーカルで、心地よし。
La La Bam-bam

↑シンプルな流れで、ゆらゆら。
Can't Come In

↑音が浮遊感タップリ。
Sodom & Gomorrow

↑そりゃ〜心地良い。
Solid Foundation

↑このコーラスとメロディーは絶品。素晴らしい!!













(01:25)

2015年02月22日


The Confessions Of Doctor Dream And Other Stories 「The Confessions Of Doctor Dream And Other Stories」1974












YouTube:
Day By Day 


↑ストレートなロックって感じ。
It Begins With A Blessing/Once I Awakened/But It Ends With A Curse 

↑ プログレ曲。8分の中に、前半のアップダウンから、中盤の静かな雰囲気のジャズ、心地良いオルガンで、最後にまたアップな曲。考えられてます。

Ballbearing Blues 

↑タイトル通りブルースな曲。
The Confessions Of Doctor Dream: Irreversible Neural Damage

↑前半部。サイケな緊張感のある始まり。
The Confessions Of Doctor Dream: Invitation

↑1分の導入って感じ。
The Confessions Of Doctor Dream: The One Chance Dance 
 
↑ゆらゆらと漂うかのような長めのインストが続く。
The Confessions Of Doctor Dream: Doctor Dream Theme 

↑行進しているかのように、どこか映像的でイメージが伝わって来る。
 



(10:25)

2015年02月21日


Shooting At The MoonKevin Ayers「Shooting At The Moon」1970












YouTube:

May I?
 

↑ケヴィン・エア―ズの渋くて独特な歌声と曲の雰囲気がピッタリの名曲。

Lunatics Lament

↑ちょっとパンクなノリ。
The Oyster And The Flying Fish

↑サイケでトラッドフォークの感じが良い。
Clarence In Wonderland

↑当時の映像で、カッコいいな〜〜
Red Green And You Blue

↑派手な曲ではないけど、不思議な雰囲気のジャズロック。
Shooting At The Moon

↑サイケで、ミニマルなインスト曲。ぐるぐると螺旋を描いている感じ。
Puis Je?

↑温かみのあるオシャレなヨーロッパ的な雰囲気を感じさせる。
 



(10:27)

2015年02月18日


EdenEverything But The Girl「Eden」1984











YouTube:
Each And Every One

↑カッコイイの一言。ボサノヴァ風でもあり、音も華やか。
Bittersweet

↑ユラユラと漂うようで心地良い。
Another Bridge

↑疾走感があって爽やか。ドライブに良さそう。
The Spice Of Life

↑しっかりと強いボーカルが良いな〜。
The Dustbowl

↑ギターの奇麗な音とも相性がばっちり。
Even So

↑オシャレって。






(11:58)

2015年02月16日


_SX450_Felt「Me & A Monkey On The Moon」1989











YouTube:
I Can't Make Love To You Anymore

↑ほんわかした曲で、いい気分。声もユラユラとして面白い。
New Day Dawning

↑下から入って来るような始まり。不思議な雰囲気の曲。
 



(22:20)

2015年02月14日


jpegMichael White「Pneuma」1972











YouTube:

The Blessing Song 


↑バイオリンの音が凄く温かみがあって、曲も心地よく素晴らしい1曲。聴きやすい。
 



(10:27)

2015年02月13日


41N1XE37R7LMcCoy Tyner「Inner Voices」1977











YouTube:
For Tomorrow

↑コーラスが印象的で、そこに優雅にピアノが絡んで行く。キャッチーなメロディーで分かりやすい。
Festival In Bahia

↑繊細なギターとピアノの音から始まり、急に華やかなコーラスに力強い展開。物語のよう。





(09:48)

2015年02月09日


TimelessGoldie「Timeless」1995












YouTube:
Timeless: Inner City Life/Pressure/Jah

↑20分と長いけど、ドラムンベースの名曲だな〜。聴き飽きない。
Saint Angel

↑このアタックの強い音は、本当に懐かしい。時代を感じる。
State Of Mind

↑女性ボーカルもので、とってもソウルフルな面もありカッコイイ。
Sea Of Tears

↑ギターも入っていて、やはり当時の他のダンスミュージックとはちょっと違う側面がある。
Angel

↑美しい曲。アタックも強い。
Kemistry

↑ドゥープな感じで浮遊感タップリ。
You & Me

↑こちらも女性ボーカルモノで美しい。名盤。



(22:31)

2015年02月07日


_SL1395_Global Communication「76:14」1994












YouTube:
14 31 (Ob-selon Mi-Nos)
 
↑14分と長いけど、とてつもなく美しいアンビエント。ピューンって音が実に90年代っぽい。素晴らしい名曲。
9 25

↑中盤からリズムが入るけど、優雅で心地よい音楽。
9 39

↑宇宙的で、吸い込まれて行くようなアンビエント曲。心地よく寝れそう。
8 07 (Maiden Voyage)

↑こちらもリズムが入ってる。クオリティーはとにかく高い。
4 14

↑深い深い海の中にいるよう。心地良い眠りへ。
12 18

↑本当に素晴らしいコーラス。光に満ちあふれた雲の上を漂っているかの様。とにかく上昇していく。 



(23:07)