2014年07月22日

R-9710-1244347794Blame「Logical Progression Level 2」1997













YouTube:
Visions Of Mars

↑宇宙〜〜〜」
Exoressions

↑こちらも懐かしく宇宙的なドラムンベース
Solitude
 
↑パッカーションが印象的な優雅な曲。心地良い。
Westside Blues
 
↑サックスが印象的なジャズ的なドラムンベース。良い曲〜〜
Global Access
 
↑こちらも宇宙的で優雅。飛びかうメロディーが効果的。
Close Your Eyes
 
↑女性コーラスが印象的で、心地良い音楽。素晴らしい。
Positive Notions
 
↑これもサックスが印象的なジャズ色の強いドラムンベース。こういうのは当時でも大好きだった。
 

(16:41)
_SL500_AA300_Belle & Sebastian「Dear Catastrophe Waitress」2003












YouTube:
Step Into My Office, Baby

↑ 優しい雰囲気に包まれた良い曲。
Dear Catastrophe Waitress

↑スピード感あるリズム。
If She Wants Me
 
↑安心感のあるベルサバらしい清々しい曲。
Piazza, New York Catcher
 
↑弾き語りの曲。穏やかでとっても良い曲。
Asleep On A Sunbeam

↑女性ボーカル。こちらもとってもベルサバらしい名曲。
Lord Anthony

↑静かなゆったりとした曲。素晴らしいメロディー。心暖まる〜〜
Stay Loose

↑どこか80年代のNewWaveを連想させるようなメロディーで独特な曲。結構好き。
 

(16:25)

2014年07月21日

Centipede Hz [Bonus Tracks]Animal Collective「Centipede Hz」2012












YouTube:
Moonjock
 
↑アニコレらしい飛ばしまくった曲。めくるめく展開。
Today's Supernatural
 
↑こちらもガンガン行ってる。爽快っす。
Rosie Oh
 
↑音数は多いけど、曲の骨組みがしっかりとあって、良いメロディー。
Applesauce
 
↑グルグル回る回る。
Wide Eyed
 
↑色んな曲の雰囲気がある。
Amanita
 
↑聴き込むと全然違って聴こえてくる。
Honeycomb

↑色んな音が飛び回ってる。サイケ  

(12:55)
_SL500_AA300_Soul Generation「Beyond Body And Soul」1972












YouTube:
Super Fine

↑伸びやかでソウルフルな曲。
In Your Way
 
↑女性ボーカルが美しい曲。
Wait So Long
 
↑こちらも本当に美しい女性ボーカル曲。ため息が出る・・・
Ray Of Hope
 
↑コーラスワークが美しい。
Sweet Thing

↑この曲もため息もの。良い曲だわ〜〜
 

(12:44)

2014年06月19日

_SL500_AA300_Stevie Wonder「Music Of My Mind」1972












YouTube:
Love Having You Around


Superwoman (Where Were You When I Needed You)

↑静かでとても好きな曲。名曲。
Happier Than The Morning Sun

↑こちらも伸びやかで美しい。
Girl Blue

Keep On Running
 
↑シンセの響き方がグルーヴィー。
 

(20:13)

2014年06月17日

Systems Of RomanceUltravox「Systems Of Romance」1978













YouTube:
Slow Motion

↑僕の中でNew Waveのイメージにピッタリな曲。どこか懐かしさがある。
Can't Stay Long

↑Neu!の曲にそっくり。爽やかなミニマル曲。
Someone Else's Clothes

↑ロキシー的な曲。もちろん物まねではなく、素晴らしい完成度。
Blue Light

↑本当に次から次へと多彩な曲ばかり。本当に生きがいい。
Some Of Them

↑こちらは疾走感溢れるパンクっぽい曲。
Quiet Men

↑このアルバムの中で最も好きな曲。ライブ映像だけど是非。
Dislocation

↑金属的でノイジーな雰囲気の曲。
Maximum Acceleration

↑また雰囲気変わって、爽やかな素晴らしい曲。
Just For A Moment

↑凄く静かな曲だけど、素晴らしい。どこかキングクリムゾンのムーンチャイルドを感じる。


(22:11)

2014年06月15日

Ha! Ha! Ha!Ultravox「Ha! Ha! Ha!」1977












YouTube:
Rockwrok
 
↑初期ロキシーミュージックのような雰囲気。カッコイイ
Frozen Ones

↑奇麗なライブ映像。昔の口パクだけど。
Fear In The Western World

↑スピード感あるパンクな曲。
Distant Smile

↑前半部分の混沌とした音響が素晴らしい。やはりどこか所謂パンクとは違ってる。
Man Who Dies Every Day

↑この淡々とした人力テクノ調が最高。素晴らしい。
Hiroshima Mon Amour

↑こちらはもっとストレートに電子音を取り入れてる。全く違う世界が出て来てる。
Quirks

↑こっちは、ストレートなパンク曲。ノリノリ


(20:30)

2014年06月14日

_SX300_Gary Bartz NTU Troop「Harlem Bush Music - Uhuru」1970












YouTube:
Uhuru Sasa

↑とってもグルヴィーで心地良い〜〜
Vietcong

↑オシャレで、軽くなくしっかりとした曲で、引き込まれる。
Celestial Blues

↑この曲もとっても心地よく、フワフワと漂う。



(10:46)

2014年06月09日

R-385859-1176723964Alice Coltrane「World Galaxy」1972













YouTube:
My Favorite Things

↑コルトレーンの有名な曲だけど、とっても壮大でちょっとサイケデリックな雰囲気に。軽い気持ちで作ったのとは違う存在感。
Galaxy In Turiya

↑完全なるスピリチュアルな世界で、ジャズもこう出来るんだな〜って思う曲。ハープの鳴り響く中盤からサックスのメロディー、そして前半の雰囲気へを戻って行くのはとっても雄大。
A Love Supreme

↑最初のナレーションの美しさ。何処で聴いたんだろうか。何かのサンプリングに使われていた気がする。これもコルトレーンの曲だけど、ジャッジーな雰囲気があるけど、どこかそれとは違う世界が展開されてる。

(22:30)

2014年06月08日

_SL500_AA300_[Champagne]「Me No Do Karate.」2013












YouTube:
Kick & Spin

↑曲とか凄く良いんだけど、PVはあまり面白くはないかな。
涙がこぼれそう

↑こちらも曲は良いけど、PVが良いとは思わない。


(01:31)