2014年09月17日

_SX425_Spacemen 3「Sound of Confusion」1986













YouTube:
Losing Touch With My Mind

↑ギターノイズとゆらゆらなボーカル。ヘビー!!
Hey Man

↑多くのバンドにも影響を与えて行ったんだと思う。シンプルでサイケ。
Rollercoaster
 
 ↑13Th floor elevatorのコピー。よりノイジーでサイケ。
Mary Anne

↑ギュイ〜〜ンって、とにかくノイジーなギター。
Little Doll

↑基本的には同じ感じだから、聞きすぎると辛くなるけどね。
O.D. Catastrophe

↑こちらもひたすらノイジーで、淡々とゆらゆらと歌う。
 


(21:44)

2014年09月11日

_PJautoripBadge,BottomRight,4,-40_OU11__John Coltrane「Coltrane 」1962













YouTube:
Out Of This World
 
↑まずとってもリズムがシャープで素晴らしい。コルトレーンのサックスも美しくスピリチュアル。
Soul Eyes

↑なんてゆったりしていて美しいJazzだろう。本当に涙もの。
Tunji

↑ゆったりした中の力強いドラムとそれぞれの演奏。大らかな魂を感じる。
Miles' Mode

↑スピード感があって軽快な曲。 

(21:52)

2014年09月09日

_SX425_John Coltrane「Live At The Village Vanguard」1961













YouTube:
Spiritual

↑14分近いライブ。ゆったりとした演奏で、聴き飽きない。
 

(20:19)

2014年09月08日

41ZkZo8jfRLヤン富田「Music For Astro Age 」1992













YouTube:
Beyond The Blue Star Zone Part 2

↑ゆったりとしたダブサウンドに、スティールパンが心地よく響く。
We Travel The Space ways #1

↑サン・ラのカヴァー曲。
Memory Band

↑夢見心地な美しい曲。小さな少女のようなコーラスが、ジブリ的?
C-YA!

↑素晴らしい名曲。時代を超えた普遍性があるスペイシー・ダブ。心地いい宇宙旅行へ!! 

(22:10)

2014年09月06日

FACT magazine podcastsDerrick May「FACT magazine podcasts」2012












SoundCloud:
https://soundcloud.com/factmag/fact-mix-339-derrick-may-jul/s-yAs9h
↑30分未満と短い。





(22:53)

2014年09月05日

Groovement 2011Dabrye x Illum Sphere「Dabrye B2B Illum Sphere Hoya Hoya x Groovement 27NOV11」2011












Mixcloud:
http://www.mixcloud.com/groovement/dabrye-b2b-illum-sphere-hoya-hoya-27nov11/
↑ここで聴ける。オススメです。

 


(22:36)

2014年09月03日

_SL1500_Clap Your Hands Say Yeah「Hysterical 」2011













YouTube:
Same Mistake

↑ライブ映像。Clap Your~らしい曲。清々しい。
Hysterical

↑こちらも、スピード感あって心地よい。
Maniac

↑ベストな曲。何度聴いても飽きないし、ついつい口ずさんでしまうメロディー。
Into Your Alien Arms

↑こういう浮遊感ある曲がやっぱり良い。
In a Motel

↑ライブ映像。アコースティックな感じも良い。
 

(19:34)

2014年08月31日

Hotel ValentineCibo Matto「Hotel Valentine」2014













YouTube:
Check In

↑しっかりとした曲。
Deja Vu

↑そりゃお年を取るかって言う感じだけど、ゆったりとした曲。
MFN

↑ちょっとこのPVはキツメだけど、曲は音が強くて面白い。
Housekeeping

  

(20:04)
_SL500_AA300_Sam Cooke「Ain't That Good News」1964














YouTube:
(Ain't That) Good News
 
↑ライブ映像で口パクだけど、伸びやかで軽快な曲。素晴らしい!!
Meet Me At Mary's Place 

↑こちらも優雅で良い曲。
Good Times

↑こちらも素晴らしい曲。優雅。
Rome (Wasn't Built In A Day)

↑捨て曲無しとはこういう事。どれも良い曲。
Another Saturday Night

↑これも良いし。
A Change Is Gonna Come
 
↑これも静かで伸びやかで、ソウルフル。
Home (When Shadows Fall)
 
↑聴き入ってしまうバラード。心地良い。
 


(01:06)

2014年08月26日

_SL500_AA300_Sam Cooke「Sam Cooke Live At The Harlem Square Club,1963 [Live]」













YouTube:
Feel It (Don't Fight It) [Live]

↑パワフルなボーカル。
Cupid [Live]

↑穏やかで伸びやかな曲。
Medley: It's All Right-For Sentimental Reasons [Live]

↑こちらも緩やかなバラード曲。
Twistin' The Night Away [Live]

↑こちらは映像で。伸びやかで聴き入ってしまう。
Somebody Have Mercy [Live]
  

(18:41)