就職活動

2014年11月23日

職業訓練 その10~会計ソフト

再就職をしてから、早半年。
昨年の今頃は、就職支援講座を受けようといろいろ動いていていました。
それから1年。のんびり思い出しながら書いています。

簿記について学んだら、それを実務で活用すべく、会計ソフトの演習もありました。
世間で使われているソフトは多々ありますが、その中でシェアの1,2を争うソフト○○○○の使い方を学びました。

ハローワークの応募条件を見ると、「何らかの会計ソフトを使ったことがある」というのも多かったです。
私は今まで会計ソフトを使ったことがなかったので、興味ありました。

会計ソフトは、設定の仕方、入力の仕方、決算資料の出し方などの演習をしました。
1回目は、何をやっているかよく分かりませんでしたが、繰り返し操作することで、分かってきました。

やはり、反復練習は大切です。
決算資料も、自分が意味を理解していなくても、勝手に作ってくれます。
それが合っているかのチェックは、やはり簿記や会計のことを分かっていないと辛いのかなと思います。
そこは、努力ポイントです。

就職をして、その時講習を受けたものとは違う会計ソフトを使っています。
でも、やはり会計ソフトを使ったことがあると、取っ付きやすいです。

がんばって良かったと思いました。


ポチッと応援お願いします♪
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


人気ブログランキングへ

poncha_mama at 22:38|PermalinkComments(1)

2014年09月13日

職業訓練 その9~就職支援

就職支援の授業もありました。

書類の書き方、面接の受け方の授業です。

講座の初めに3分間自己紹介やりました。
今までの経歴、自己PRを3分で話します。実際にやってみると3分は意外と短く、経歴もしゃべりきれませんでした。
また、いくつしゃべりたいことがあるかを初めに言う、例えば「職務経歴は3つあります。1つ目は~」みたいに話したほうが、相手の印象が良いようです。

書類の書き方については、
 ・履歴書は手書き
 ・職務経歴書は、とにかくアピールする
 ・書類を出すときの添え状でもアピールする
と言われました。

アピールする為には、自分が今までやってきた仕事を振り返り、良かった点、評価された点、、がんばった点などを洗い出し、そこから組み立ていかなければいけません。
正直、今までの自分のことを見つめなおすのは辛いと感じることもあります。叱られたことばかりで良い所が見つからなかったり。でも、考えていると、がんばっていた自分のことも思い出してきます。
若干自己評価も取り戻せたような気持ちがします。

今までやったことのない業務に挑戦する場合は、熱意、姿勢、意欲をアピールします。
また、物事には良い面と悪い面があります。ネガティブなことも、ポジティブに捕らえ言い換えることも重要なようです。本当は、人間関係に嫌気がさして辞めても、新しいことに挑戦したかったから辞めましたみたいな。

書類については、履歴書手書きはあまり関係ないような気もしました。
現に、パソコンの方が良いといっていらっしゃる講師の方もいらっしゃいました。
個人的には、会社の雰囲気を感じて使い分けていました。
新しめの会社はパソコン、コンピュータ系の業種はパソコン、伝統のありそうな中小は手書きとかです。
字に自信のある人はそれを武器に手書きは良いと思いますが、自信がなければ、あえて手書きにこだわらなくても良いように思います。

業務経歴書は、とにかく自分の良いところ強みをアピールして書きましたが、今読み返すと、かなりアピールしすぎて恥ずかしいです。。。


ポチッと応援お願いします♪
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


人気ブログランキングへ

poncha_mama at 23:44|PermalinkComments(0)

2014年08月24日

職業訓練 その8~社会保険事務講座

簿記の次は、社会保険事務の講座でした。

社員の入退社、社会保険の手続き、給与計算、労災の申請などなど、、、、
「総務」の仕事です。それについてを2週間ほど学びます。

私の年齢、状況で正社員といったら、近所の中小企業の事務になってくると思います。
大企業は、多くの仕事が分業になって来るでしょうが、中小だと1人で行うことも多いです。
そうすると、経理の仕事と総務の仕事と両方できたほうが有利になると考えました。

それから、前職では、総務の仕事を上司の女性がやっていました。
彼女は、「すごく複雑で、マニュアルも作れないの」と言っていました。
その裏には、「そんな仕事をしている私はすごいのよ」と言っているようでした。
当時の私は、「へぇ~、すごいなぁ」と思いながら聞いていて、そんな上司にぼろくそ言われることで、どんどん自信を失っていきました。

そんな上司がしていた仕事がどんなものなのか、、、、知りたい気持ちもありました。

講座を受けてみて、確かに法律のことなので複雑です。
社労士という代行する人の需要もあるはずです。
数値も毎年変わるし、法律が変われば処理も変わることもあるので、常にアンテナを張っていないと厳しい仕事だなと思いました。
また、間違えたら社員に不利益を与えることにもなります。
重要な仕事です。
でも、部下に教えられない仕事かと言ったら、それは違うと思いました。
自己評価、若干アップです。

社会保険事務の講師は、現役の社労士さんです。
総務に長く勤めその間に社労士の資格を取得し、独立したそうです。
セミナー等の講師の経験も豊富で、話も面白かったです。

日常生活において、社労士の先生と接触することはなかなかないです。
そういう意味でも、いろいろと脱線したお話を聞けたことも楽しかったです。



ポチッと応援お願いします♪
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


人気ブログランキングへ

poncha_mama at 00:44|PermalinkComments(0)

2014年07月07日

神奈川県臨時的任用職員登録

そういえば、9月に神奈川県臨時的任用職員登録の試験を受けました。
県が、産休とかで休む職員の補充のために人材を登録しておくもので、休む職員がいたら、登録している人の中から、それに合うスキルの人を選んで臨時で採用するという制度です。
期間が限られていますが、お給料的には、県職員と同等でボーナスも出るようです。
期間が過ぎた後は継続的に別のところで働けるのか、それまでなのかは、良くわかりません。

うちの近くには、公共施設も多いので、その中でいい求人があればいいなと思って応募してみました。


うちのダンナは、私に公務員になれなれといいます。
公務員は、楽で安定していると。
正直、私はそうは思わないのですが。

とりあえず、公務員試験用のテキストの中で簡単そうなのを買って、1ヶ月ほど勉強しました。
結果、受かりました!!

自己評価若干アップです。


そして、職業訓練が始まった頃、オファーがありました。
高校の事務でした。
先ほど書いたように、お給料は普通の職員と同等、ボーナスあり!!
でも、勤務の開始が8時半で通勤時間を考えると、子どもが学校に行くより早く出なければいけないし、
保育園の送りを考えると、7時半に保育園に着くように家を出て、その足で電車に乗って・・ということになりそうでした。

ダンナは、受けたらみたいに言いますが、子どもより早く出るのはどうなのか?
次男も7時半前におとなしく保育園に行くのか?

考えただけでも、嫌になり、まだ精神的に完全に回復していないこともあり、簿記2級を取りたいという思いもあり、結局お断りしました。

でも、こういう試験に受かる私。
意外とがんばっているかも!!


ポチッと応援お願いします♪
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


人気ブログランキングへ

poncha_mama at 06:00|PermalinkComments(0)

2014年07月06日

職業訓練 その7~簿記2級を目指して

私が、この訓練を受けた目標の一つが簿記2級合格でした。

自己評価がどん底まで落ち込んでいた頃。
それを上げていく方法を模索していました。

そして、その1つが、「目標を達成すること」。
どんな小さなことでも良いから、目標をあげて、それを達成する。
・週1でハローワークに行く。
・訓練に絶対遅刻しない。
・週に1つは履歴書を送る。

そんなことできるでしょう?と他人が見たら思うことも、できたら自分を褒めてあげる。
できるぞ、私!!すごいぞ、私!!
そんなことの繰り返しで自己評価は上がっていくそうです。

ということで、簿記2級も自分に自信をつけるためにがんばりました。

私は、独学で数年前に3級を取得しました。
でも、そのときは、とりあえず過去問をやってパターンを覚えるだけで意味も分からず何とか合格しました。
正直言って、負債、資本、資産、収益、費用の関係も良くわからず、例えば勘定科目「仕入」がどこに分類されるかも分かっていませんでした。(費用ですよね。)
そんな状態だったので、2級の勉強に入っても、ちんぷんかんぷん。

しっかり勉強して受かるぞ!!と思いました。


この講座は、基本、簿記を知らない人が3級から2級の内容を勉強して試験に受かろうというものでした。
実際は、3級を持っている人も私を含め3,4人いましたし、3級の勉強をしたことがあるという人もいましたが。

だから、とにかく最初から丁寧に教えてくれました。
貸借対照表とか損益計算書とか、それぞれの項目(負債、資本、資産、収益、費用)の関係。
目からうろこでした。独学のときは、良くわからず、なあなあで飛ばしてきたことが非常に大事なことだったと気づきました。
ここを理解したことで、その後の理解が非常に深まりました。
3級の内容はある程度覚えていたので、授業は確認の場となり、基礎をしっかりと固めることができました。

しかし、この講座、簿記試験の40日くらい前から始まり、3級2級の講義が終わるのが試験の前々日、という恐ろしいスケジュールでした。
講師も、対象が簿記を知らない人なので、3級の内容を非常に丁寧にやってくださいました。
それに伴い2級の講義が飛ばしぎみだったのが2級を受験するものとしてはきつかったですが、ひたすら2級の問題を解いてがんばりました。


ポチッと応援お願いします♪
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


人気ブログランキングへ

poncha_mama at 06:00|PermalinkComments(0)
プロフィール

ぽんちゃまま

ギャラリー