Nyanちゃんが京都に行き、お守りを買ってきてくれました。

20060403_1
その名も「絵馬守 えんむすび」!!


それでは、この素晴らしい絵馬について少し解説をしてみましょう。
20060403_2

一緒に同封されている解説によりますと、お守りにデザインされている葉は、「双葉葵」で下鴨神社の御神文だそうです。


以下、解説より…
 昔は「あふひ」と書かれ「あふ」は「会う」、「ひ」は神様のお力を示す言葉で、神様の力に出会う植物が「あふひ=葵」であると伝えられ「逢う日」にも通じることから、よい人(異性・友人)と出会う、縁結びにもつながると信じられています。
 ゆかりの深い絵柄を用い、皆様に良縁があるよう祈りを込め、絵馬守を奉製しました。
…とのことです。

この絵馬の裏に出逢いの願いをこめ、持ち歩くことが肝要らしいです。
1cm×2cmのこの場所に果たして何文字が書けるのであろう?
(早速、超極細ペンを買ってこなくては(〃▽〃))

Nyanちゃん、「絵馬守」どうもありがとう!
素敵な出逢いを見守っていてね。