ポンコツとうさんの「カメラの写真」

被写体として集めたカメラをご紹介します。

写真を撮るのがカメラですが、被写体としてのカメラを集めております。カメラやレンズの性能は他のブログなどでご覧いただくとして、個人的な思い入れや感想を、つれづれなるままにしたためてまいります。紹介するカメラやレンズのほとんどが「捨て値」ともいえる価格で入手したものですが、中には巷間「名機」と言われているものもあります。ご興味をもたれましたら、ちょっとお立ち寄りください。

278回目はキヤノンEOS10QDの登場です。

EOSシリーズの第二世代の一番手で、1990年度のカメラグランプリ受賞機! 性能はもちろん当時の銀塩カメラの中では最高レベルのものをもっていました。EOS-1ですら装備していないストロボまで内蔵、しかも点灯するときだけポップアップするという凝った作りです(EOS750なんかと同じ)ponkotsutousan的にはサブ電子ダイヤルが付いた次作のサイレントイオス=EOS100QDの方が好きなんですが、このEOS10QDもすばらしいカメラです。で、今回ご紹介のEOS10QDは知る人ぞ知る「60ミリオンセット機」。知らない人のために60ミリオンセット機についてご説明しておきましょう。

ドクターオグラこと小倉磐夫さんの「国産カメラ開発物語(朝日選書)」によれば、キヤノンがまだ「精機光学株式会社」と名乗っていた頃、吉田五郎さんという人がライカもどきののカメラを「手作り」で作ってて、カシャパという名前のレンズまで町のレンズ屋さんでこしらえてもらっていたんだそうです(当時はそんな業者さんがあったんですね)。で「KWANON」という名前でカメラ専門誌に広告まで打ってたんですが、結局市販はされなかったようです。その後ニコンからちゃんとしたレンズを分けてもらったり作り方を教えてもらったりしながら、工業製品としてのキヤノンカメラが製造されるようになったわけですが、そのへんから数えはじめて、このEOS10QDあたりで「キヤノン」と名の付くカメラの製造総数が6000万台に到達したということのようです。吉田さんが作ったKWANONカメラから勘定してるのか、その後のカメラから勘定してるのかは分かりませんけど、KWANONカメラは売るほどの台数も揃わなかったくらいですから、どちらから勘定を始めても大勢に影響はないと思います。しかしせっかくのこの機会になにかお祝いでもということで、当時の人気機種=EOS10QDに白羽の矢を立て、特別誂えの60ミリオンセット機をこしらえたと、まあこういうわけです。下の写真のとおり色がふつうのEOS10QDと違っていたり記念のメダルが付いていたりと、こういう限定品が好きな人にとってはなかなか魅力的なカメラだったのだろうとは思いますが、そうでない人に「ここはひとつEOS10QDにしてみよう!」と思わせるほどのリキは入っていないように感じます。だって色は違ってても、それで高級感が増したというほどのこともありませんから。

それでもまあ目出度いことはたしかなので、できれば「これまでのご愛顧に感謝して、すべてのキヤノン製品を3~5割引きにて大奉仕!」とか、「記念キャンペーン期間中にEOS10QDをまとめて10台以上買ってくださったお客様には、もれなく金貼り(24K)EOS10QD1台プレゼント!」とか、「EOS10QDを買ってくださるお客様に限り、いまお持ちのカメラ、どこのメーカーのものでも1台3万円で下取りします!もちろん故障しててもOK!」とか、EOS10QD以外に5万円分のキヤノン製品が入った福袋をなんと10万円で限定1000袋!とか、客が「よぉ~し、ここはひとつキヤノンのEOS10QDにすっか!」と、つい財布のひもを緩めたくなるような対応こそが「6000万台達成記念大感謝祭!」にふさわしいキヤノンの出方ではなかったかと思います。しかしそんなことをしなくても、EOS10QDはヒット街道を驀進していたので、キヤノンも「こんだけばりばり売れてんだから、ボディの色を変えて、記念メダルのひとつでも付けてやればそれで十分だろう!」ということだったのだろうと思います。もうキヤノンのケチ! ニコンやミノルタなら喜んで大サービスするぞ!なわけないですわな。

さて第二世代のEOSではEOS100QDがイチオシのponkotsutousanですが、EOS10QDも「コイツもいいよなあ」と思う所が随所にあります。多点測距はもちろんですが、その連写スピード(5コマ)が圧巻! PB-E1を付けたEOS-1と比較してもほとんど差がないてか感覚的にはもっと速い! 中級機でコレなんですから、やっぱりキヤノンはスゴい。音もけっこう静かで、EOS-1からしたら1/3以下なかんじ。もちろんEOS100QDからすれば大きいけど、逆に緊張感が感じられてこれはこれでいいと思います。しかもキヤノンというメーカーは、今でもそうですけど下位機でも性能面では絶対に手を抜きませんから、他のメーカーとしてはたまったもんじゃなかったと思います(とくにEOS1000QDなんか血も涙もないエントリー機だと思います)PB-E1付きのEOS-1の快速も大したもんだと思いますが、このEOS10QDはブースターも付けずにふつうの顔でシレッとしてやってのけます。しかもEOS-1なんかより断然静かで軽いって、なんとも可愛げがありませんね。キヤノンのこういうところがどうしても好きになれないponkotsutousanなんですが、このEOS10QDを手にしてみれば、なぜこのカメラがヒットしたのかがよ~く分かります。しかもそれで「EOS-1なんかいらない」と思えるのかといえば、むしろ逆。やっぱり客の足元が良く見えているメーカーなんだと思います。こんなふうだからキヤノンが天下を獲るのも当然で、もしそのころのponkotsutousanが、わずかでも一眼レフに興味を持っていたら、かんたんにEOS10QDに食いつかれて、借金まみれクソまみれで火だるまになってたに違いありません

ちなみに下の写真の60ミリオン記念メダル、大きく写ってますが直径は36mmで厚さは2mm、重さは17gあります。材質は純金(24K)というのはもちろんウソで、たぶん亜鉛合金で金色のメッキがけだと思います。

IMG_1313IMG_1311IMG_0023 (1)securedownload

第277回目はミノルタα5000の登場です。

歴史的名機α7000の下位機という位置づけですが、じつはそれほどの価格差がありません(ボディのみで8万8000円vs8万5000円…ってホントか?)。にもかかわらずフルモードのα7000に対しα5000ではマニュアル+プログラムAEとかなり割り切った仕様。おまけに登場がα7000の翌年とな!? ここらがこのカメラの存在をたいへん珍しいものにしている理由といえます。ボタンもα7000からするとぐんと少なくて、左肩にあるセルフタイマーやISO設定、プログラム/マニュアルの切り替えの各ボタンも、設定後はスライドする覆いで隠れてしまいます(下の写真では開いた状態)。しかしAFモジュールはα7000と同じものを搭載しているので、プログラムAEで撮るかぎり両機の写す写真はまったく同じものです。一方デザインはスッキリとしたたいへん好ましいもので、ペンタ部の赤い横一文字もいいアクセントになってて、α7000よりすぐれたデザインだと思います。それでもα7000との価格差がわずか3000円じゃあ売れるわけがありませんよねえ…。ミノルタはいったい何を考えてこの価格設定に挑戦し、なおかつα7000の翌年に発売したのでしょうか? 戦後カメラ史最大級のナゾのひとつと云えそうです。

さて、このカメラで良いところはなんといってもそのファインダー。そもそもミノルタのファインダーの良さは、アキュートマットをXDに採用して以降、他のメーカーから一頭地を抜いている印象がありました。MFカメラの場合、それはX-700で頂点を迎えます。こやつのファインダーはなんと等倍に近い90%の倍率で、視野率もほぼ100%(95%)です。そしてその性能はそのままα7000やα5000に引き継がれました(いずれも85%/94%、ちなみにα9000ではそれぞれ81%/94%)一般的には、AF一眼レフで最高のファインダーを持ってるのはニコンのF4というのが通り相場になってて、それはたしかにそうなんですけど、同じ明るさのレンズを付けたF4と比べてもまったく遜色ないし、暗めのズームレンズを付けた場合などは、むしろF4なんかより優れているように思います。こういうところが贔屓筋をうならせるところなんですが、後継のα7700からはさほどのものでなくなっていきます。銀塩α7だっていうほどのことはありません。X-700からこのα5000や7000の頃が頂点だったのではないかと個人的には思っています。

ところで、いろんな方のブログを拝見していると、全面マットがかなり高い評価を受けているようです。私も全面マットは好きですし、方眼が入ってたりするとさらにうれしい。でも基本的にはマットそのものの性能がどうなのかが重要なのであって、ファインダー像が「明るくて広くて鮮鋭」なら、全面マットであろうがなかろうがどうでもいいとも思っています。最近のデジイチのファインダーのことはよく知らないのですが、昔の普及機クラスのデジイチのファインダーなんか悲しくなるほどのクォリティ。だからいまでもデジイチならEVFでいいし、むしろそのほうがいいと思っています。α55を後生大事に使っているのはそういう理由もあります。ただ、それでもやっぱりよくできた光学ファインダーを覗くと「そうだよなあ、これだよなあ、やっぱこうでなくちゃいかんよなあ…」なんて思うわけです。小倉磐夫さんの著書「国産カメラ開発物語」によれば、ミノルタがAマウントを開発した本当の理由は「プログラムAEの確立」だったそうですし、AFについてはもちろん、キヤノンやニコンがしばらく追いつけない高いレベルのものを開発したのですから、ミノルタの初期AF一眼レフについては、本来ならこういったところを評価すべきなんでしょう。でもponkotsutousanの場合はやっぱりそのファインダー性能のほうにに目がいってしまいます。だって、AFAEの性能は時間が経てば陳腐化してしまうけど、レンズやファインダーといった光学系の性能は時代を超えることがありますから。

それにしても、α7000との価格差3000円というのはあまりにヒドイ(なんどでも云うぞ!)。これではα5000の出る幕がなかったのも当然だと思います。それでもプログラムAEモードで撮る限り、僚機α7000以外の当時のどのカメラより優れたカメラだったのですから、このカメラがその活躍の舞台を奪われた最大の原因は、α7000とあまり変わらない、きわめて挑発的な価格設定以外にありません。このα5000も、ある意味α(7000)ショックの被害者の1台といえると思いますが、むしろ生みの親に足を引っ張られた悲運のカメラではないかと思います。こういうカメラを見ていると、やっぱり値段もカメラの性能のうちなんだなあと痛感します。
IMG_1293IMG_1294IMG_1295



第276回目はリコーXR-Sの登場です。

最近ではずいぶんとソーラー発電が一般的になってきたようで、ちょっと住宅街を見渡すと何軒かはその屋根にソーラーモジュールが乗っかっています。すこし広い空き地があると、そこにもソーラーモジュールが何十枚も設置されていて、せっせこせっせこ発電に勤しんでいたりします。また最近のこと、以前はブドウ畑だった山が全部ソーラーモジュールに覆われていて、びっくりしたことがありました。こうすることで温暖化ガス排出が抑えられるのでしょうが、ブドウの木が盛大に切り倒され、見慣れた山がソーラーモジュールに覆われているのを見て、自然を保護してるんだかしていないんだか、よく分からなくなりました。

そんなことを思っているうち、ふと気づいたら手元にこのリコーXR-Sがありました(こういうのがいちばんヤバイ…)。こいつも屋根の上にソーラーモジュールを載せています…ってことで「日が当たってくれないといささか困ります」というカメラです。しかしもともとカメラやフィルムというものは太陽の光を嫌うものですから、逆転の発想といえるかもしれません。リコーはソーラーモジュールを載せたカメラをほかにも出していますが、当時(1980年代前半)はまだ、メーカーも客も「地球温暖化」についてあまり心配していなかったので、単に「エコ」ということをアピールしようとしていたのだと思います。キヤノンもソーラーモジュールを張り付けたオートボーイを作ってましたが、それ以外にソーラーモジュールを載せたカメラはお目にかかったことがないので、XR-Sは「変わり種カメラというくくりの中の1台」ということでいいと思います。実際のところ、カメラに貼り付けられる程度の表面積では屁のつっぱりにもならないわけで、むしろカメラには充電池だけを内蔵し、付属品として折り畳み式のソーラー充電器でも出してくれてた方が、ほかの用途にも使えてなにかと便利でよかったんじゃないかと思います。

さて、見た目も人造人間キカイダーみたいに、頭の中が透けて見えているようなかんじで面白いと思います。このソーラーモジュールで内蔵充電池に電気をためてシャッター&AEを作動させるんですが、別にLR44×2のボタン電池もセットすることで、充電池のリキがなくなってきたときに助太刀するというシステム。こういうのもハイブリッド式と云うのでしょうか? 同じく作動に太陽光を使うカメラとしてはかつてフジカ35オートM(第47回目)というカメラがありました。セレンだけの起電力でシャッター優先AEはおろか、簡易的なプログラムAEまで実現していた驚くべきレンズシャッター機でしたが、そのおかげで操作が結構面倒(難しくはないが面倒)でした。このXR-Sはべつだん面倒なことはなにもなく、見てくれどおりのいたってユーザーフレンドリーなカメラです。あと見てくれということで云えば、到底カッコいいとは云えませんが、けっこう小さくて、コロンとしてて、とてもかわいらしいカメラだと思います。

このカメラに付いているレンズは「XRリケノンS」と云われるもので、プアマンズ・ズミクロンと云われたXRリケノン50mm/F2.0の血を引いていて、そりゃもうよく写るそうです。日頃から、大衆機のセットレンズなんか「2Lサイズでちゃんと見れる程度に写りゃ十分」と思ってるんですが、こういうところで手を抜かないのがリコーのいいところ。しかも筐体がプラで安っぽいですから、しっかり大衆機のレンズとしての分をわきまえています。てなことで、リコーフレックスで特大のホームラン(ライナーで場外に運んでしまったようなレベル)をぶちかまし、あるいはサンキュッパとかヨンパッパみたいなカメラをバンバン出して、ヒット街道を大驀進していた頃のリコーを知ってる者からすると、最近(=GR以降)のリコーはなにか大きな勘違いしているような気がしてなりません。しかしこれも時代の流れ…ということなのでしょう。

カメラの写真ばかりのブログですが、今回にかぎってXR-S速写ケースもご紹介しておきます。下の写真をご覧になってお分かりのとおり、トップの部分に大きな光取りの穴が2つ開いてて、速写ケースにカメラを入れてままでも充電できるようになっています。こういう速写ケースは他にないので、お越しになった皆さんにとって良い目の保養になったのではないかと思います。あと、逆さにしてみると犬の顔のようにも見えます。

写りはリコーのカメラとレンズなので、いちいち調べなくても「折り紙付き」ですが、ボタン電池(LR44×2)がふつうのカメラ同様に入るようになっているので、ソーラーにした意味は、今から思えばあまりなかったのではないかと思います。このあともリコーはXR-Solarというのを出しますがこのカメラも、時代を先取りしていたようなかんじはとくにありません。
IMG_1289

IMG_1290
IMG_1292IMG_1291

↑このページのトップヘ