ボロヨン画報 part3 イメージ画像

更新情報

最後の物件です。車名 ジープ型式 J3改初度 S47年4月車体の形状 ウインチ車原動機 JH48ナンバーで抹消 ホース類劣化でエンジン不動でしたがキャブレターへの直接接続で始動確認。ただしアイドリング続かずキャブも要OH。走行少なく(4万km台)各部かっちりした印象はありま
『最終売物件 ジープJ3Rウインチ車』の画像

唐突なタイトルですが2ヶ月弱遅延のエイプリルフールではありません。5月末日をもって閉業します。約17年のご愛顧ありがとうございました。 撮影は2008年の春か夏か。正式な始まりを把握せぬまま終了を迎える。この少しあとにCCVの終刊が告知され入間に出向き……経緯は誌上
『WaterMainGarageは閉業します』の画像

最後の経過を書かぬまま納品〜発送と進んでしまいました。言い訳は色々ありまして、いずれの機会に。にわかに信じられないような出来事です。本日4.22は我々の四駆記念日、すなわちCCV・石川雄一さんの命日です。ここに発売日を設定できたことは幸いでした。キュリアス誌は同
『四駆記念日の本日発売! キュリアスVol.19』の画像

キュリアスVol.19は校了しました。予定表には本日「刷り本移動」とありまして、印刷工程から製本工程に進むのだと思います。ちなみに「面付け」「刷版」「印刷」にそれぞれ1日、「製本」に3日かかることになっています。途中で「編集室戻し」「差し替え」を挟むので入稿後の
『キュリアスVol.19 配本書店の一覧・全もくじ公開』の画像

どうにかまとまったので、入稿データの棒っこをプチプチに巻いて梱包します。世間様じゃウェブ送信が標準らしいですが。創刊以来の「1折ごとROM焼き」の方法から、USBメモリ1本にまとめてに変更。この辺りはごく初期に頼んでいた印刷会社さん時代からの思い込みってやつで、
『キュリアスVol.19は99%完成 ゲン担ぎにJ38充当 』の画像

「朝の時間は大切である」と啓発して早朝のメールチェックや書き物等を推奨しておられる方も多いようですが、それは人それぞれでしょう。まあ早寝早起きが睡眠の質の面から良いのは確からしい。太陽と共に行動するのだから自然です。でも加齢のせいかすっかりショートスリー
『夜更かしが良い』の画像

発売49日前も44日前も飛ばして42日前です。初公開の表紙をどうぞ。不動車がトップに出るのはVol.9のLJ10以来。でもそのうち動くかもしれない……神々しきヨンゴー様。ブログタイトルを「95%でき…云々」としつつ、これから2週間が全神経集中の悪あがき推敲&間違い探し。終点
『【四駆道楽専門誌キュリアスVol.19】95%できたので表紙と内容を公開』の画像

前記事に頂戴したコメントの返事も書かずに失礼しております。また1258的な活動も停止してしまい関係各位ごめんなさい。2月は(2月も)ダイヤが乱れ気味でしたが、黒煙バラ撒く回復運転が実を結び、ここまで仕上がりました。長い長い林道紀行ほか2〜3本ほどカタチになってい
『キュリアスVol.19 回復運転成功&発売日は?』の画像

一昨年の暮れに引き取ってきて、数日のうちに前号の林道隧道紀行(の後半戦)に登板。車両状態も検証できぬまま翌日に車検切れ。ようやく昨秋に車検を取り直して本格的に走らせ、と思った矢先に噴射ポンプから燃料漏れ。調子も悪くダミだこりゃの再ドック入り。近在のポンプ
『ラガーさんF76G運用復帰・業務連絡車代替OK』の画像

鉄は熱いうちに打て!は原稿にも言えること。特にイベント・ミーティング関連は記憶の定かなというか、気分の高揚しているうちに書くのが吉。ということでジープワゴン新年会(2024.1.14開催)のページは翌日に画像をまとめ、その次の日に原稿を書いてレイアウトまで回す特別
『【遅レポート提出】 J30系OCニューイヤーミーティング2024』の画像

前々回のブログで再々入院したF76G、現在の様子。新刊キュリアスでインプレの予定でしたが、仕上がってじっくり乗ってじゃ時間が足りないかも。記念すべきVol.20に先延ばしか?だとしたら保険に加入して、YN130Gお嫁入り後の取材車兼・営業車として活躍させるか?望むところ
『ラグビー野郎のお見舞い』の画像

仕事はじめ3日目、夕暮れのカマド工場・特急ピットに佇む我がJ38さん。つまり……結局ダメでした。今年こそ四駆を手に入れて、色々じっくり取り組むのだと決意して「塩カルシーズンだからジープはお休み」なんて言い訳で中期休眠突入のつもりだったのに、歳をとって眠れなく
『結局ダメ、不眠症』の画像

↑このページのトップヘ