アンチエイジング情報☆アンチエイジングで人生100倍のススメ

アンチエイジング情報☆アンチエイジングで人生100倍のススメ
アンチエイジングに関する情報満載です。アンチエイジングつまり老化防止して肌や脳をいつまでも若々しく!アンチエイ ジングな人生を楽しみましょう!!

ほうれい線を目立たなくする顔面エクササイズ0

ほうれい線を目立たなくする顔面エクササイズ

加齢によって増えてくるのが「しわ」。

特に口元のほうれい線は、
顔を合わせて会話をするたびに目立つので何とか消したいものですね。

ほうれい線の原因は、頬の筋肉の衰えによる「たるみ」です。

顔面には約60種類の筋肉があり、それぞれが連携して働いて
口を動かし、目を動かし、微妙な表情を作っています。
しかし、筋肉というものは、足腰が弱るのと同じように、
年齢とともに衰え、また、使わなければ衰え、たるんでくるのです。

つまり、ほうれい線は、頬に付着する脂肪がたるみ下に落ちることで、
しわが刻まれるというわけです。

筋肉の衰えを防ぐには、しっかり使うことです。
顔面の筋肉は食事をしたり会話をしたりするたびに使いますが、
それだけでは加齢によるたるみには追い付かず、
以下のような積極的な顔面エクササイズが必要です。

1、びっくりひょっとこエクササイズ

 思い切り大きく目を見開いて同時に口も思い切り大きく開け、次に思い切りぎゅっと目を閉じ、同時に思い切り唇を閉じてひょっとこのように前に突き出す。

2、あいうえお体操

 口をできるだけ大きく使って「あ」「い」「う」「え」「お」と発声する。

特に「い」はしっかり横に口を開いてください。

3、舌ぐるぐるエクササイズ

 口を閉じ、舌先を上奥歯外側に当てて、ぐるりと前歯を通って反対側の奥歯外側へ動かします。次に下奥歯外側に下り、ぐるりと前歯を通って反対側の奥歯外側へ動かします。右回り10周、左回り10周しましょう。

短時間で簡単にできるものばかりなので、
鏡を見ながら毎日、時間を決めてやるようにしましょう。

顏、口元、頬が引き締まり、ほうれい線がだんだんと目立たなくなっていきます。


農薬じゃない!ブルームです0

農薬じゃない!ブルームです


アンチエイジングのために新鮮な野菜を果物を食べることはとても大事です。

さて、果物の表面に白い粉のようなものがついていますね。

ブドウやプラムやブルーベリーなど表面のつるっとした感じの皮の果物はだいたいそうです。また、キュウリなどの野菜にもみられることがあります。

この白い粉のようなものは私は農薬だと思って、あまり白くないものを選んだり、
一生懸命に洗ってから食べていました。

・・・が、これ、実は農薬じゃなかったんです。

ブルームと呼ばれるもので、果実自身が分泌している物質です。
果実の水分蒸発を防ぎ、病気などから果実を保護するという大事なものだったんです。

天然保湿成分というわけですね。

ブルームをたくさん分泌するのはその果実や野菜が元気な証拠。
ブルームはこすったり、接触すると簡単に落ちるので、たっぷり白いブルームがついているものはあまり接触していない、つまり、新鮮、ということです。

でも知らない人が多くて、やはり農薬だと思って嫌われるので
スーパーなどに出荷するときには洗ったり、
生産の段階からブルームが発生しないような人為的な処理を施したりしているものもあるそうです。

新鮮、元気なブルーム付、探してみよっと。(^^♪



アンチエイジングにココナッツオイル0

ココナッツオイルがアンチエイジングに効果があるようだ。

ココナッツオイルのケトン体に含まれる「β-ヒドロキシ酪酸」はストレスの原因となる活性酸素を無害化する「アンチエイジング酵素」を活性化してくれる。

また、脂肪をすぐに燃焼する「中鎖脂肪酸」を最も多く含む油なので、他の油に比べて体脂肪がつきにくいのもうれしい。


摂取の仕方は、一日約大さじ1〜2杯、非加熱抽出・無精製・無添加の「ヴァージンココナッツオイル」をそのまま飲む。または、サラダやヨーグルトに加えるのもおいしい。



夏のアンチエイジングのポイントは腎臓の活性化0

アンチエイジングには
体内の毒素など不必要なものを速やかに排出する、ということが大切です。

そのための大事な器官が腎臓ですね。
腎臓は、体内の水分をろ過し、水分量を調節し、不必要なものは排出する役割があります。
塩分量の調節にもかかわっています。

夏の暑い時期は、大量の水分を摂取するため、
腎臓はオーバーワーク気味になります。
腎臓がつかれてうまく機能しなくなると、夏バテなど様々な不調の原因になり、
ほっておくと、病気になってしまうこともあるのです。

そこで、日頃から腎臓を元気にするようにケアしてあげましょう。
こんな腎臓活性化エクササイズがあるんです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
腎臓活性化エクササイズ☆カエルの仰向け


アンチエイジング・ヨガ0

アンチエイジングのためには健康な体を維持することがまず第一条件です。
そのためには、運動や食事などに気を配る必要がありますね。
アンチエイジングに有効な運動にヨガがあります。
ヨガは不老長寿の修行に原点があるとも言われ、
現在ではさまざまにアレンジされて健康運動として実施しやすくなっています。

アンチエイジングを望む人たちのために
アメリカで発展した「クリパルヨガ」を基に考案されたのが本書で紹介するアンチエイジング・ヨガです。

体が硬い人や、これまで運動と無縁だった人でも簡単にできるポーズと深い呼吸の方法をカラー写真とともにわかりやすく解説。

また、肩こり、腰痛、不眠、イライラなど、中高年が悩みがちな症状に効果的なポーズも紹介しています。
ヨガは、用具や場所を選ばないので、自宅でも実施できるので、運動習慣として定着しやすいです。
ぜひあなたのアンチエイジング生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。
ヨガ教室は敷居が高い。スポーツクラブも気が引けるーーーーそんなシニア世代にうってつけのヨガがあった!深い呼吸と無理のない簡単ポーズが肩こり、腰痛、尿もれから不眠、イライラ、不安感にまで効くと大人気。
ポーズの完成型にこだわらない、やさしいヨガのすべてを写真でわかりやすく紹介した一冊。

目次:
第1章 アンチエイジング・ヨガの世界へようこそ
第2章 体が生まれ変わる「基本のヨガ」
第3章 肩こり、腰痛から不眠、イライラにまで効く症状別のヨガ
第4章 アンチエイジング・ヨガで健康を手に入れた体験者の報告

著者について:くらもとえりこ 神奈川県茅ヶ崎市生まれの横浜育ち。社会と宗教のかかわりに興味を持ち、大学では文学部印度哲学科に入学。その後、いまここで起こっていることをさらに追究するため社会学部へ転部し、生涯学習を学ぶ。体調不良から何気なくヨガを始め、その後、偶発的にクリパルヨガに出合う。自分の中のすべての細胞が喜んでいることに衝撃を受け、Yoga of life(クリパルスタジオ)で学び始める。「いまここ」で自分の中で起こっていることをあるがままに感じ、尊重し、受け入れる大切さに気づくことで、以前より、自分と親しく、内にある穏やかさと強さを尊重できるようになっていくのを日々実感している。現在、クリパルヨガプロフェショナル教師のトレーニング(500時間)を米国クリパルセンターで受講中。米国クリパルセンタ?公認ヨガ教師、YOGA ed.公認キッズヨガ教師、ルナワークスシニアヨガ・ワークショップ修了。


アンチエイジング おいしいイベント0

アンチエイジングに絶対不可欠なのが食べ方の基礎知識とその実践ですね。

その両方がおいしく満たされるイベントがあるので紹介します。
-------------------------------------------

12月10日(土)に白金高輪のアンチエイジングレストラン「Rire」と、ナチュラルローソンとのコラボイベントとして「一年間の大反省 リ ベンジ食メソッド ランチイベント」を開催いたします。

本イベントは、『Woman type』が、食を通じて働く女性の健康を応援する取組みの一つとして開催。アンチエイジングレストラン「Rire」オーナーシェフ堀 知佐子さんの料理 レクチャー、ナチュラルローソンMDと堀シェフのトークセッション、ナチュラルローソン新作商品発表、カラダに嬉しいお土産を用意し、働く女性が美味しく 食べてキレイになれるレシピを体感できる内容です。参加型メディアとして、学びだけでなく、働く女性同士のコミュニケーションを活性化する場の提供を目指 していきます。

■一年間の大反省 リベンジ食メソッド ランチイベント 概要■
開催日   2011年12月10日(土)
開催時間  11:00 〜 13:00
会場    アンチエイジングレストラン「Rire」
      地下鉄南北線 白金高輪駅から徒歩7分
料金    1名1000円(税・サービス料含む。食事・ワンドリンク付き。お土産付き)
定員    30名 ※女性限定

<イベント内容>
管理栄養士・食生活アドバイザー兼アンチエイジングレストラン「Rire」オーナーシェフの堀 知佐子さんが、働く女性の不規則になりがちな食生活を挽回する『リベンジ食』レシピをレクチャーします。働く女性同士で交流しながら食について学び、カラ ダが喜ぶランチを味わう体感型ワークショップです。

10:30〜 開場・受付
11:00〜 堀シェフの「リベンジ食メソッド」としょうがを使ったお料理レクチャー&お食事
12:00〜 堀シェフとナチュラルローソンのコラボ新商品を試食
12:40〜 豪華プレゼント付イベント
13:00〜 終了予定

イベントの詳細は、下記のページでご覧いただけます
http://womantype.jp/mag/archives/418

●本イベントに関するお問合せは
株式会社キャリアデザインセンター 担当:大木
〒107-0052 東京都港区赤坂3-21-20 赤坂ロングビーチビル
TEL:03-3560-3024  FAX:03-3560-1645  MAIL:wtinfo@type.jp


アンチエイジングにかぼちゃ0

[かぼちゃ] ブログ村キーワード

アンチエイジングにかぼちゃ

街はハロウィンの賑わいですね。

ハロウィンといえばかぼちゃ。

実はかぼちゃという食材は、アンチエイジングの強い味方なのです。

かぼちゃには、アンチエイジング・若返りのビタミンといわれるビタミンEが豊富に含まれています。
また、肌の調子を整え、抗酸化ビタミンの定番・ビタミンC、
むくみを解消し、便秘に効くカリウムなどミネラル分も豊富に含まれています。

かぼちゃに含まれるビタミンCは熱に強く、壊れにくいという特長があります。

つまり、調理しても栄養素がたっぷり詰まったままなのです。

間食やご飯の量を減らして、かぼちゃの料理一品を加えることで、
栄養バランスの良い、美容効果があるアンチエイジングな食生活ができます。

かぼちゃ料理はいろいろレシピも豊富ですね。

アンチエイジングのための食事管理の切り札として、
かぼちゃ料理を活用くださいね。





アンチエイジングセミナー2011「癒しのアンチエイジング」0

アンチエイジングセミナー2011「癒しのアンチエイジング」

 【日 時】11月14日(月)18:30〜
 【会 場】有楽町朝日ホール
 【講 師】エリカ・アンギャル、鳥越俊彦
 【参加費】無料(先着400名)

  ミス・ユニバース・ジャパン公式栄養コンサルタント
  エリカ・アンギャル氏による「食」についてのトークセッション、
  今話題の「ヒートショックプロテイン」についてご講演も
  >> 詳細はこちら
  https://www.anti-ageing.jp/seminar/1111/?m1016

レスベラトロールのアンチエイジング効果0

「レスベラトロール」といわれる不老長寿のサプリメントが大評判ですね。
NHKの番組で紹介されてから
アンチエイジングのサプリメントとしてさらに注目されています。

人間の長寿は「サーチュイン遺伝子」がカギを握り、
「レスベラトロール」を飲めば、その遺伝子が活性化されて長寿が保てるというのです。

サーチュイン遺伝子の活性化が老化を防ぐというわけですね。

サーチュイン遺伝子は、
アメリカのマサチューセッツ工科大学生物学部の
レオナルド・ギャランテ教授らが酵母から発見しました。

サーチュイン遺伝子が活性化すると、
活性酸素の放出を抑えて、免疫力の低下や動脈硬化、
高血糖、骨粗鬆症、脱毛や白髪といった老化症状を防ぎ、
さらには美肌や持久力を高めるそうです。

まさしく、アンチエイジング効果ですね。

サーチュイン遺伝子を活性化するレスベラトロールは、
イタドリ(タデ科の植物)や、
赤ブドウの皮などから抽出されるポリフェノールの一種で、
動物実験では長寿や抗炎症、抗がん、血糖降下などの作用が確認されています。

また、放射線障害の抑止という効果もあり、 福島原発の事故後、ますます注目されているようです。

レスベラトロール配合で、ドクターが処方したサプリがこちらです
↓↓↓
 レスベラトロール配合年齢による衰えを感じたら迷わずコレ!エイジングケアに最も特化したドク...



肌粗しょう現象に効くPQQ0

肌粗しょう現象に効くPQQ

骨粗しょう症、というのはよく聞きますが、「肌粗しょう現象」というものをご存知ですか?

骨粗しょう症とは加齢やカルシウム不足などが原因で
骨の中がスカスカの状態となり、骨がもろくなる病気のことですが、

「肌粗しょう現象」とは
老化した肌の内部がスカスカ・ペラペラ状態(皮膚ひ薄化)になり、
そのために、たるみや弾力性の低下等の肌老化を引き起こしやすくなるという
総合的老化現象のことをいいます。

実際に高齢者の肌は、表皮細胞層の厚みや真皮の構造が
まさに"スカスカ"になっているそうです。

これは、年齢とともに、
肌の弾力を作り出す真皮層のコラーゲンやエラスチンの量が減少し、
弾力を支えるバネの構造がもろくなってしまうことや、
肌細胞を作り出す力が衰えた結果、
生きた細胞層が薄くなっていく(ひ薄化)こと等が原因となって起こる現象と考えられます。

この「肌粗しょう現象」は
個人差はあるものの老化に伴って誰にでも起こります。

それを最小限に食い止める対策としては、
肌表面の保湿だけでなく、
肌内部の細胞1つ1つにまでアプローチする事が必要なのだそうです。

肌内部の細胞まで・・・??

どうすればよいのでしょう?

実は肌粗しょう現象を抑制するアンチエイジング成分が注目されています。

それは、「PQQ」(ピロロキノリンキノン)です。

2011年5月27日に行われた第11回日本抗加齢医学会で、
ロート製薬が新たなアンチエイジング成分「PQQ」(ピロロキノリンキノン) の、外用剤としての肌への効果を世界で初めて発表しました。

このアンチエイジング成分「PQQ」は、
記憶改善効果から米国ではサプリメントとして販売されており
外用剤としても様々な作用・効果の可能性が期待されているそうです。

発表内容としてはまず、
「肌粗しょう現象」の1つ「皮膚ひ薄化」に対する優れた抑制効果が確認されたということ。
つまり、肌のたるみや弾力低下を抑制する効果があると期待できます。

さらに、肌の弾力性に関わるコラーゲン、エラスチンなどを生み出す細胞の増殖や、
コラーゲン、エラスチン自体を増やす効果、
また細胞のエネルギー活性化(細胞増殖)等の作用も確認されており、「肌粗しょう現象」に対するさらなる効果も期待できますね。

「PQQ」(ピロロキノリンキノン)のさらなる研究と実用化について大いに期待したいです。
最新記事