メタボリックシンドローム予防&メタボリックシンドローム改善

メタボリックシンドローム予防&メタボリックシンドローム改善
メタボリックシンドローム撃退情報、メタボリックシンドロームはあなたのちょっとした生活習慣の工夫で予防・改善ができるのです!


メタボ撃退!究極の脂肪燃焼プログラム0

メタボ撃退にガツンと一念発起してみませんか。

世界一有名な格闘技【K-1】で王者になった経験を持ち、
現在、プロのトレーナーとして活躍している
あの“蒼い目のサムライ”『ニコラスペタス』が、
これまで一部の格闘家やトレーナーしか知り得なかった、
究極の脂肪燃焼プログラムを初公開しました!

この脂肪燃焼プログラムは、
プロの格闘家が実際に行っている減量方法を、
手軽に楽しく実践できるように改良されたものです。
ですからプロの減量法だからと言って、決して辛くはありません。
むしろ、楽しみながら誰でも出来る、簡単な内容になっています。

しかし効果は抜群!
実際にやってみてすごい効果があった動画も公開されています。
 ↓ ↓ ↓ 
【衝撃動画公開中】ニコラスペタスの「ザ・スピリットダイエット -The Spirit Diet-」



メタボ解消に体重をTwitterでつぶやこう!0

メタボ解消に体重をTwitterでつぶやこう!

なんとも面白い・・・ていうか 恥ずかしいダイエット法です。
メタボが気になるあなたは 日々の体重チェックは行っていると思います。
そこで・・・
体重を測定するたびにTwitterで公表して、 みんなの応援を得たり、
減らないと恥ずかしいから頑張るモチベーションを維持したりする、というダイエット法はいかがでしょうか。

使用するグッズは「WiFi Body Scale」という体重計。

WiFi Body ScaleはWiFi経由のインターネット接続機能を備えているので
計測するたびに自動的に体重、BMI、体脂肪がサーバーにアップロードされて
PCやiPhoneなどから日々の変化がチェックできるそうです。

客観的なデータを記録していくという意味では確かに効果的。
レコーディングダイエットというのも流行りましたね。
ダイエットしてるよって、みんなに言うのも昔からある効果的な方法です。
その進化版ですね。

体重計にその機能が内蔵されているっていうのが良いアイディアだと思います。
もちろんTwitterで公表する勇気のない人はその機能も使わなくてもOKですよ。
【送料無料】 Covia WBS01 ネットワーク対応超薄型多機能体重計 Wifi Body Scale【smtb-u】


メタボの腹囲はこれでクリア! 30秒ドローイン!腹を凹ます最強メソッド0

30秒ドローイン!腹を凹ます最強メソッド

メタボの判定基準に腹囲があることで、
なんとかお腹をへこませたいと一生懸命に腹筋運動をしてませんか?

でもきつくてなかなか続かない・・・

・・・というあなたにはこのドローインメソッドがおすすめです。

お腹の奥にある腹横筋という腹筋を引き締めるメソッドで、
簡単で、いつでも、場所を選ばずにでき、効果が高いのがおすすめのポイントですね。
【目次】(「BOOK」データベースより)
1 面白いほど腹が凹んでいくしくみ(どうして腹は出てくるの?/ドローインがウエストサイズダウンのカギだった!! ほか)/
2 30秒ドローインで眠った筋肉が目を覚ます(基本の30秒ドローインをやってみる/現段階の筋肉のもつ“能力”を測るへそ力を知ろう ほか)/
3 実践編1 トレーニング不要─日常的ドローイン(30秒ドローインで凹んだ腹を「当たり前」にする/スッキリ体形に導く基本の姿勢 ほか)/
4 実践編2 短時間で効果大─30秒エクササイズ(寝る前30秒のエクササイズでガンガン締まる/自分の筋力・体調に合わせてマイペースでキッチリ締める ほか)/
5 実践編3 理想のカラダづくり─本格的トレーニング(スーツをカッコよく着こなすカラダをつくる/スーツを着こなす肉体へ1 プッシュアップで逆三角形ボディをつくる ほか)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
石井直方(イシイナオカタ) 1955年東京都生まれ。東京大学教授、理学博士。専門は身体運動科学、筋生理学。81年ボディビル世界選手権3位、82年ミスターアジア優勝など、競技者としても輝かしい実績を誇る。エクササイズと筋肉の関係から、健康や老化防止まで、わかりやすい解説には定評があり、テレビ番組への出演や、雑誌の監修も多数 。
植森美緒(ウエモリミオ) 1965年生まれ。健康運動指導士。ダイエットに失敗した10年間の経験を生かし、リバウンドしない方法を提唱。自らもそれを実践し、20代のときの最大60キロから14キロ減量した体形を、今でも維持している。スポーツクラブ、カルチャースクール、整形外科、雑誌、テレビなど多様なステージで活動を重ねて現在に至る。企業や健康保険組合でのメタボ指導・セミナーは実践的かつ効果的との定評がある。ホームページ運営や執筆など、直接会えない人に向けての情報発信にも力を注いでいる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ドローインエクササイズは、こちらもどうぞ!
↓ ↓ ↓
ドローイン☆お腹の奥からお腹やせ

ダイエット呼吸法☆逆腹式呼吸でお腹やせ

下腹ぽっこり改善腹巻 

うすいお腹
 

メタボ撃退!!自宅で筋トレ!!!0

メタボ撃退!!自宅で筋トレ!!!

メタボリックシンドロームの予防や撃退にダイエットが重要です。

その方法はズバリ、
運動と食事管理の2本柱を生活にうまく取り入れることですね。

男ならやるぞと決めたらバシッと挫折しないでいきたいものです。

仕事のスケジュールに追われて、
なかなかジムに通うわけにもいかない場合は・・・

自宅で筋トレしましょう!
メタボ解消には筋トレが有効なのです。

自宅でも十分に効果が上がるグッズはたくさんあるんです。
↓↓↓↓↓
★上げろ、オトコの代謝と株!自宅で本気筋トレ★


あなたの今のメタボは、実はお母さんのお腹の中のから決まっていた??0

あなたの今のメタボは、実はお母さんのお腹の中のから決まっていた??

メタボリックシンドロームは、運動不足や食生活の乱れから引き起こされます。
つまり、今のあなたの生活習慣の改善が必要なわけですね・・・

・・・というのが、常識ですが、

実はそれに加えて、胎児のときの栄養状態が影響しているという驚きの説があるんです。

三重大学大学院医学系研究科生殖病態生理学分野の佐川典正教授は、

「胎児の時にさまざまな代謝の機能が育ちます。その過程で、栄養不足の状態に置かれると、肝臓、膵臓、脂肪細胞などでは、少ない栄養で臓器の細胞の機能を保つように調整されてきます」と説明しています。

つまり、低栄養に耐えるように「胎児プログラム」がセットされ、その性質を持った細胞はそのまま発育後も残り、過剰に栄養を摂取すると肥満になる、というわけです。

あなたのお母さんが、あなたがお腹の中にいるときに、
何らかの理由で栄養不足だったとしたら・・・

あなたは、その少ない栄養でも生き延びていけるように身体をプログラムします。

その結果、生まれてきた後、栄養状態が普通だったとしても、
あなたにとっては過剰で、肥満につながるというわけですね。

どうでしょうか・・・?

あなたのお母さんに聞いてみてください。

ただし、自分自身の生活習慣に少しでも不摂生があるなら、
今のメタボをお母さんのせいにはしないでくださいね。

メタボ対策に歩数計内臓ウォッチ ペド ウォーキング0

メタボ対策に歩数計内臓ウォッチ ペド ウォーキング

メタボリックシンドロームの予防や改善には、ウォーキングが有効です。

適度な強度の有酸素運動で効果的に体脂肪を燃焼させるので、
肥満を解消し、メタボをぶっ飛ばすのです。

いつでも手軽に自分のペースでできるのもよいですね。

ただし、習慣にしてある程度継続することが大事です。

ウォーキングをより効果的に、意欲を持って継続できるようにするには
歩数計を使いましょう。歩数や歩いた距離、消費カロリーや歩行速度、また歩行時間などを知っておくことは、モチベーションも上がり、運動の効果もよくわかるのです。

でも、わざわざ歩数計を持ち歩くのもわずらわしいと感じているなら
腕時計に内蔵されているタイプはいかがでしょう。

ありそうでなかったそんな歩数計内臓のウォッチがあのセイコーから発売されます。

その名も『ペド ウォーキング』

ペド ウォーキングには、歩数計測、距離換算、消費カロリー換算、歩行速度換算、歩行時間計測、データメモリーといったウォーキングを充実させる本格的な機能が用意されています。

また、「歩数」、「消費カロリー」、「距離」は、日別に過去7日分、週別に過去12週分をメモリーに残すことができ、データの確認・比較が行なえるため、日別・週別の目標管理にとても役立つのです。

ビジネスシーンでも違和感のない、高い質感を持つスタイリッシュなデザインで仕上げられています。 < /tr>

メタボ対策に揚げ物の油を大幅カットすべし!0

メタボ対策には、なるべく余分な脂肪分は摂取しないことです。
揚げ物なんていけません・・・

とはいうものの、トンカツ、エビフライ、てんぷら・・・・
食べるなといわれると無性に食べたくなりますよね。

そんなときは、コレ! 
揚げ物の余分な油分を大幅にカットしてくれるのです。

↓↓↓↓↓
【ポイント10倍・送料無料・プレゼント付】TVで話題沸騰!揚げ物の余分な油を減らす『遠心油カ...


あ、これはいいグッズですが、だからといってたくさん食べ過ぎてしまわないように気をつけてくださいね。


最新記事