メタボリックシンドローム予防&メタボリックシンドローム改善

メタボリックシンドローム予防&メタボリックシンドローム改善
メタボリックシンドローム撃退情報、メタボリックシンドロームはあなたのちょっとした生活習慣の工夫で予防・改善ができるのです!

ウォーキング今昔物語 江戸時代の人はどのくらい歩いたの?0

ウォーキング今昔物語 江戸時代の人はどのくらい歩いたの?

幕末のころの江戸の話です。

馬を使う以外、あとは原則的に歩くほか目的地には行けない時代です。

旅のときには東海道五十三次126里(江戸から京都まで約500km)を
13〜15日で歩くのが標準だったそうです。

この時代は、江戸といってもきわめて狭い範囲に人々は住んでいました。

今でいうと、北は、上野・浅草、
東は、本所・深川、西は、四ッ谷、
南は品川あたりまでで、江戸城から5km以内にほとんどの人は住んでいました。

日常の生活でも生活の必要上、毎日10kmは歩いていたそうです。

         

1歩の歩幅を55〜60cmとして1日10km歩いたとして、約1万6000歩。

1分間に100歩。

1時間に4km歩いたとしても、10kmだと1万5000歩にもなります。

車のなかった幕末には歩く以外なかったのですから、
武士も町人もみんなせっせ、せっせと歩いたわけです。   

メタボリックシンドロームとは無縁ですね。


トラックバックURL

この記事へのトラックバック
1. メタボリックシンドローム  [ メタボリックシンドローム ]   2006年12月04日 17:53
メタボリックシンドローム(メタボリック症候群)について調べれば調べるほど、自身の現状が悪いことが分かります。
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
最新記事