ある学校にて

キーンコーンカーンコーン

担任の先生「転校生のぽんたジュニアくんです。みんな、仲良くしてね」

ぽんたジュニア「ボクのことを差別して、くつにウンコとか入れたらお父さんが信者をけしかけて脅迫するからね」

担任の先生「ジュニアくん、くつにウンコって何のこと? どうしてみんながあなたのことを差別するの」

ぽんたジュニア「差別したら、校長の霊言やるから、覚えといて」

担任の先生「校長の霊言? 何を言っているの」

ぽんたジュニア「みんな、差別すると田舎者扱いしてやるから!」

担任の先生「校長センセ、ジュニアくんが....」

ぽんたジュニア「(ううーん)わしがコウチョーだ。ここは、無神論者と唯物論者ばかりだなあ。リテラシーが要るなあ」