2005年12月21日

SAYURI3

sayuri
ハリウッドが日本を描(えが)きたいと言い出したら僕らは諦めねばならない。時代考証も衣装の着こなしも髪型も言葉も、「んなわけないだろ」のダメ出し満載はわかりきってる。だったらもう全部許して不可思議な架空の世界を楽しむ以外ない。国籍不明なキモノ・ガールも「いるいる!こういうのいる!」と強引にOK。もういい加減諦めよう。我々が期待する日本は最初からそこにはないのだ。
人気blogランキング
 ←チャン・ツィーのもんぺ姿に萌えた人は

sayuribigその前提でいうなら「SAYURI」は、一人の女性の生き様をそれなりに描ききった。力のある役者陣が各々の存在感と芝居力でひとまず世界を作り、その空間へ観客をかろうじて繋ぎ止めることに成功した。チャン・ツィーの美しさは「日本の美」とは全然違うとこで輝いていたし、桃井かおりの快演は異彩を放って深く印象に残った。起伏に富んだストーリーも目立った演出もないものの、一人の女性の生涯を追い続けるうちにいつのまにかこの不可思議な世界を楽むことができた。

ただ重ねて言うが、これは断じて日本ではない。似てもいない。香港のスラム街のような家並みも、「はなまち」と思いっきり書いてある提灯も、新橋演舞場の花魁ショーのようなチャンツィーの舞いも、スピルバーグ達が「日本なんてこんなもんでいいいでしょ」と勝手に作り上げた架空の世界。相も変わらずこうした作品が世界中で繰り返し上映される結果、歪んだ日本像が刷り込まれていくことへのストレスを、一旦棚上げした上でなければ見ることができない作品である。記憶に新しいトンデモ映画「ラスト・サムライ」で免疫ができてる方ならおそらく耐えられるかもしれません。




この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/ponta20032003/50275847
この記事へのトラックバック
覚悟して観たけど、う〜ん。。。何だかな〜ってのが正直な感想。 日本が嫉妬するどうのとあったけど、嫉妬?しないでしょ!絶対! これはファンタジーとして観なきゃいけないと多くのメディアが言っていたので、あくまでもファンタジーなのよ、これは!と自分に言い聞かせ....
SAYURI【My Favorite Cinema & Book】at 2005年12月23日 00:01
たまたま映画館の前を通りかかって、暇だったし水曜日(レディースデイ)だし。 というわけで、前から見たいと思っていた「SAYURI」を観て来ました。 ★以下、ネタバ
SAYURI【三十路の日常】at 2005年12月23日 00:08
 チャン・ツィイー主演 「SAYURI」見てきました〜〜 ハリウッドのイメージする “ニッポンの美”「にゃ〜るほど」っていうか、やっぱりというか。 {/arrow_l/}公式へ・・・(予告編が全てですね) それでは、あらすじ{/pen/} <主人公は、貧しさゆえに置屋に売られた...
★映画「SAYURI」【スナフキン・レポート♪】at 2005年12月23日 00:14
予告編で観たときの印象、そのまんまの作品でした! 予告編以上に良くもなく、悪くもなく。。。 原作の「Memories of Geisha」、オーストラリアにいたころに外国人の友達に「読んだよぉ??!」って言われたんだけど、そのころ私はこの小説しらなくてなんとも答えよう...
映画館「SAYURI」【☆ 163の映画の感想 ☆】at 2005年12月23日 00:27
チャン・ツィイー主演で話題の 映画「SAYURI」を観てきました。 一言でいうと「大絶賛」です! 豪華で絢爛! 2時間26分と長いにもかかわらず 無駄なシーンがなく 魅せられてしまいます。 出演者の演技も素晴らしいものです。 会長役の渡辺謙・・・もうハリウッド映画...
映画「SAYURI」を大絶賛!【bobbys☆hiro☆goo☆シネプラザ☆】at 2005年12月23日 04:36
スピルバーグが、ドリームワークスだのアンブリンだの総動員して製作した、堂々の大作。なのに、なんか色物の匂いがするのはオレだけ?まあ、とりあえず観てみよう。レイトで行ってきた。
SAYURI【CINEMA正直れびゅ <ネタバレアリ>】at 2005年12月23日 07:10
12月19日(月)新宿ジョイシネマ2にてアーサー・ゴールデンの小説「さゆり」の映画化です。原作は読んでいませんが、作者は10年以上の歳月をかけて、日本の花柳界を取材したようです。ただし、小説と映画は別物。映像化された花街と芸者の生態は、かなり珍妙なもの...
SAYURI【不良中年・天国と地獄】at 2005年12月23日 09:58
監督: ロブ・マーシャル 出演: チャン・ツィイー、渡辺謙、ミシェル・ヨー、桃井かおり、役所広司、コン・リー 制作総指揮: スティーブン・スピルバーグ 原題: Memoirs of a Geisha 制
映画:「SAYURI」【遠慮無く…書くよ!】at 2005年12月23日 10:38
映画「SAYURI」、観てきました。 思った以上に良かった 最初、英語が日本人のカタコト英語で分かりにくくて。 でもよく考えると、英語で日本人らしさを出すにはそれが一番なのかな、と。 ハリウッド映画の日本語吹替版って、絶対ありえない日本語しゃべってます....
SAYURI【派遣社員のお仕事日記】at 2005年12月23日 12:26
チャン・ツィイーが好きなので日曜日に観にいった。時々出てくる日本語(ダンナさん、
SAYURI【なせばなる。。。】at 2005年12月23日 21:40
この映画の中で、すこしでも、え??と思うことが起こるたびに、これはアメリカの日本風アジア人街で起きてることなんだわ・・・。 なんて、勝手に自分に言い聞かせながら観てた。 結局、一人前の芸者になるために苦労を重ねた人が誰も出てこなかった映画だった気がする・・...
SAYURI【toe@cinematiclife】at 2005年12月24日 00:10
SAYURIオフィシャル・ビジュアルブック 「SAYURI」 チャン・ツィイー主演。 その他にもアジア系の女優が出演し、 主な会話は英語。 (予告編で違和感を覚え、日本語吹替版で鑑賞) その時点で、日本ではない。 日本によく似た架空の国を舞台に、 “ゲイシャ”
「SAYURI」【わたしの見た(モノ)】at 2005年12月24日 16:27
公開初日のナイトショウで観てきました。 時間の関係で2スクリーンやってるうちの小さいほうのスクリーンで見ることに。 あんまり混んでなかったよ。 チャン・ツィイー主演なのに・・・ねっ。
★「SAYURI」【ひらりん的映画ブログ】at 2005年12月25日 03:18
CAST:チャン・ツィイー/渡辺謙/ミシェル・ヨー/役所広司/桃井かおり/工藤由貴/コン・リー 他 ■アメリカ産 146分 さすがアジアン・ビューティーのチャン・ツィイー!!ゴールデン・グローブ賞にノミネートされたみたい!!芸者のお稽古の成果が出てよかったね。 ...
SAYURI(映画館)【ひるめし。】at 2005年12月25日 22:21
観てきました。なんだかもー、私にはどこから突っ込みを入れて良いのかわからないような映画でした_| ̄|○ il||li 個別にみると俳優さん達はとっても頑張ってます。謙さんかっこいい 
SAYURI【月と水と太陽と】at 2005年12月27日 00:31
観てきました。なんだかもー、私にはどこから突っ込みを入れて良いのかわからないような映画でした_| ̄|○ il||li 個別にみると俳優さん達はとっても頑張ってます。謙さんかっこいい〈
SAYURI【月と水と太陽と】at 2005年12月27日 00:32
観てきました。なんだかもー、私にはどこから突っ込みを入れて良いのかわからないような映画でした_| ̄|○ il||li 個別にみると俳優さん達はとっても頑張ってます。謙さんかっこいい??????
SAYURI【月と水と太陽と】at 2005年12月27日 00:33
「SAYURI」★★★★ チャン・ツィイー、渡辺謙、大後寿々花、ミシュエル・ヨー主演 ロブ・マーシャル監督、2005年、アメリカ この映画に嫉妬した。 日本で描けない 日本の「美」を そこに見たからだ。 戦前までは あんな文化が 日本に存在していたのだと ...
「SAYURI」映画の魔法が幸せな気分にさせる【soramove】at 2005年12月27日 09:13
アメリカ 146分 監督:ロブ・マーシャル 出演:チャン・ツィイー     渡辺謙     ミシェル・ヨー     役所広司 貧しい漁村に生まれ9歳で花街の置屋に売られた少女・千代は先輩で花街一の売 れっ子芸者の初桃の執拗ないじめに遭い辛い日々を送る。そ...
SAYURI【Saturday In The Park】at 2005年12月30日 15:34
おじゃまします!チエも今年最後の映画!締めで「SAYURI」観てきました。よかったら遊びに来てくださいませ♪
久々の映画館【colorless and clear】at 2005年12月31日 17:42
師走は何でこんなに忙しいのだろう。 死ぬよ、マヂで。 聞いた話では芸者さんも、この次期お座敷が多くてとっても忙しいのだそうだ。 経済的にも内容的にも別の世界の話だが、娯楽産
SAYURI・・・・・評価額1350円【ノラネコの呑んで観るシネマ】at 2006年01月04日 00:32
『SAYURI』観てまいりました。 レイトとは言え、人の入りが意外と多くて驚きました。 上映間もないからでしょうかねぇ? 全体的に年齢層はかなり高めでした。 映画が始まっ??!
【SAYURI】【映画deブログ】at 2006年01月04日 18:15
監督: ロブ・マーシャル 出演: チャン・ツィイー、渡辺謙、ミシェル・ヨー、桃井かおり、役所広司、コン・リー 制作総指揮: スティーブン・スピルバーグ 原題: Memoirs of a Geisha
映画:「SAYURI」【遠慮無く…書くよ!】at 2006年01月06日 18:58
 映画を観る前から前評判などあまり気にしませんが、いやでも耳や目から入ってくることがあります。  すなわち、今年のお正月映画は両極端な作品が
SAYURI【シネクリシェ】at 2006年01月10日 06:41
この記事へのコメント
TBありがとうございます。

>桃井かおりの快演は異彩を放って深く印象に残った

>重ねて言うが、これは断じて日本ではない。
>似てもいない。
本当に・・同感!

でも、それなりに、楽しみました〜〜
TBお返しします。
Posted by スナッチャー at 2005年12月23日 00:17
TBありがとうございます。

きっと僕たちもハリウッドが作った南米とかアフリカを舞台にした映画を見て、この国はこんなんだと思っているところあるんでしょうね。そう考えると、外国の人たちが日本ってこんな国なんだって思われるのなら危険ですね。

ただ日本的な国を舞台にした映画として見ていたので、かなり楽しんで見ることができました。

TBさせていただきました。
Posted by motti at 2005年12月23日 21:46
こんにちは^^映画のブログサイトを初めて間もない間に幾記事かTBさせていただいております。
また、TBもいただき本当にありがとうございます。
さて、この度、新サイトの方に引っ越しいたしましたので改めてTBをさせていただきます^^。サイト名も「遠慮無く…書くよ!」そのままで旧サイトは「旧・遠慮無く…書くよ!」と改めまして今暫く跡地としての残しておきます(笑)。新サイトでは本音で作品を解体してしまうほど突っ込んでバトル出来るところにしたいと思っておりますので、是非お立ち寄りくださいませ^^ 
どうぞこれからもよろしくお願いいたしますね^^
Posted by Ceri at 2006年01月06日 19:10
ありがとうございます!

映画のこともあんまり詳しくないんで
バトルwに参戦できるかわかりませんが、
見物は大好きですので、
是非遊びに行かせてください
楽しみにしてます

>Ceriさん
Posted by ponta at 2006年01月07日 16:21
こんにちは

以前、若い頃、役者活動をしていて、
チャン・ツィーさん、中村トオルさんと
共演をさせてもらいました。

まだ、SAYURIは、みてないのですが、
すごいみたい映画の一つです。

又、遊びに来ます!

応援ランキングクリックしときました ポチッ
Posted by 国際結婚 中国 社長日記 at 2006年06月17日 23:55