2007年02月22日

日銀利上げで、クロス円買い材料いったん終わり

かつて通っていたチャットルームで、筆者は「日銀は2006年度末までにはあと1回利上げする」と言っていた。
1月、2月と利上げ見送りで「あちゃ〜、、3月こそはきっと」と思っていた所に、ギリギリ2006年度中に利上げ実施。(年中頭が寝ぼけているもんで、、汗。今月は2月でしたね)
クロス円は、利上げアナウンス直後に一瞬さげたもの、今回の追加利上げによりその後の利上げ期待が大幅に遠のいた事による、クロス円買い戻し。
その後は、クロス円の大幅高となった。

2007年度いっぱいで任期終了で交代となる、福井日銀総裁にもはやカリスマ的威光はない。
何事も無ければ、現副総裁のどちらかが、2008年4月からの総裁となる。
そして、今回の金利決定会議でただ1人利上げ反対票を入れたのは副総裁のひとりだった。
利上げに反対票を入れた方の副総裁が来年度からの総裁となれば、日本の金融政策はふたたび緩和寄りとなる可能性が大きくなる。
それは、海外勢も読んでいる事だろう。
昨日夕方福井総裁が記者会見で、「金利調整はゆっくり」の念仏発言のあと、クロス円は一段高。

結局、去年から持ちっぱなしのポジションの含み益は、先週の大下げする前の水準にまた戻ったのだった。

為替は言う事無いけど、不満なのは円金利。
折角、利上げがあったというのに、ソニーバンクは定期預金金利を先月より下げてしまっているし、イーバンクはキャンペーン金利中ではあるものの金利に変更はなし。どこが利上げなんだよ。
ソニーバンク 6ヶ月もの定期預金金利(100万円以上300万円未満)
0.456%
イーバンク 6ヶ月もの定期預金金利(100万円一口)
0.6%(2007.2.28までのキャンペーン金利)

円定期預金金利に変わりがあまりないまま、FX(為替証拠金取引)のクロス円スワップは減ってしまった。
これが一番悲しい。

今夜あたりからは、材料がなくなり、クロス円も利食いで売られるのだろうか。
来月3月は、クロス円は下げやすい月だ。

pontar at 19:19│Comments(0)TrackBack(0)独断と偏見の経済のタワ言 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
Profile
ポンタ
あくなき自由を追求する不良中年

一度きりの人生だから、、、、
お金くらいは好きにしたい、笑
イイ女ともnyan×2したい、汗
美味いものも食いたい、笑
会社で奴隷にされたくない。
健康で長生きしたい。

そんな現実的でわがままな欲求を満たす為の実践的アプローチこそが中国で生まれた仙道であると信じます。
*気功術
*導引術
*食養術
*帝財術
*房中術
を包容する仙道は決して、清貧禁欲を旨とする単なる精神修養ではありません、笑。
美味しい物を食べ、綺麗な女の人とnyan×2し、それでいて健康でお金には困らないという、まさにこの世のすべての夢を叶えてくれる術と言えます。
一度きりの人生だから、可能性には賭けてみたい。

このブログを、高藤聡一郎氏、
秦浩人氏にささげます。

似顔絵はココで作りました。
その他 MY Blog

オンラインアフィリエイトブックショップ

尚、アフィリエイト全開なので、来られる方はあらかじめご了承ください。
Archives
おことわり
おことわり
当Blogで使用されている「帝財術」という用語に対し、もし著作権を所有されているという方がおられる場合、まずはコメント欄にてご連絡下さい。
該当用語を早急に変更いたします。

ご注意!
当ブログに書いてある投資商品を購入し、損失を被ったとしても筆者には責任を負う義務は一切ありません。
投資は自己責任で行ってください。

また、ここに書いてある特殊な訓練法などを真似し、いかなる精神的、肉体的変調をきたした場合においても筆者は一切の責任を負えません。
もしどうしても実践したいという場合には、自己責任で自分の身体と心の変化に注意して行ってください。
少しでも異常を感じた場合にはすみやかに専門家の指示を仰ぐことをお勧めします。

ポンタ