「在宅ワーク」とは最近よく耳にする言葉ですが、反面「内職」という言葉はあまり
使うことがなくなってきたような感があります。
「在宅ワーク」も「内職」もほぼ同義語だと考えていいと思いますが、あえて違いを
あげるとすると、「在宅ワーク」は技術を持った人の仕事、「内職」は基本的に
誰にでもできる仕事と考えられます。
勿論これらに優劣があるわけではありません。

在宅ワークというものは、例えば翻訳、CAD、医療事務、さし絵ライター、テープライター
といった、昔なら通常どこかの事務所に出勤してやっていた仕事を、パソコンや
インターネットの普及により、あえて出勤しなくても自宅で仕事の受注から連絡、納品
までできるようになった仕事を指す事が多いように思います。
あえて「在宅ワーク」を「内職」と区別するならこういったところでしょうか。
先程から「あえて違いを」と書いているのは、実際にはやはりほぼ同義語であると
考えていることによります。
例えば「文字入力」のお仕事も「在宅ワーク」と呼ばれていますが、基本的な「文字入力」
のレベルでしたらほとんど特別な技術は必要としていません。
多少タイピングに慣れが必要ですが、これはかつての「内職」にも同じ事が言えますし、
この点では「文字入力」も「内職」と同じであると思います。

ただ一般に「在宅ワーク」と呼んでいるものの中には、上記のような特定の技術の
習熟が必要となるものも多く存在しています。
つまり一度仕事を請けて良い商品を納品すれば、継続的に仕事を請け負う事ができる
可能性が高いということができます。
「在宅ワーク」は基本的に自由な仕事なのですが、やはり普通の仕事と同様の
責任感を持って取り組むべきであります。

お勧め在宅ワーク(データ入力)無料資料請求
  ↓ ↓ ↓
内職・在宅ワーク初心者にもオススメ在宅情報




あがり症と赤面症
簡単にできる口臭対策
手のひらの汗の対策
ワキガと多汗症の違い