2005年04月25日

Haunted Heart (Eddie Higgins Trio)

Jazz-Piano Trio : ★★★★★


魅せられし心

和風ジャズに挑むアメリカ人の音とは?

エディヒギンズトリオ'97の録音。
ヴィーナス音源の一貫した「日本人好みの音」への挑戦は
このアルバムをはじめに私の中に浸透していった。
以来、数々の名作を生み出していくことになったのだが、
このアルバムの完成度の高さは
その序章として大きな役割を果たしたのではないかと思っている。

エディー・ヒギンズの特徴は
また、そこが「和風ジャズ」の特徴でもあるのだが、
何より主旋律を最大限に生かすアレンジである。
決して主旋律を壊すような編曲はしない。
そのことはメロディーラインより高音のキーを
極力控えている事などでも窺うことが出来る。

次作以降はスタイルに多少変更が出てくるので
基本的なヴィーナスレコードの音としてのエディー・ヒギンズ
を聞くならこのアルバムがお勧めだと思う。

尚、Sunny Sideより同内容のプレスがより安価で提供されているので、
こちらをリンク1とし、オリジナル盤のほうをリンク2とさせていただく。
Sunny Side盤はジャケットが異なるので注意されたい。

1.My Funny Valentine
2.Haunted Heart
3.Stolen Moments/Israel
4.Lush Life
5.How My Heart Sings

6.Someone To Watch Over Me
7.I Should Care
8.Lover Come Back To Me
9.Isn't Romantic?

piano:Eddie Higgins  bass:Ray Drummond
drums:Ben Riley

Amazon紹介ページはこちら
Haunted Heart (Eddie Higgins Trio):リンク1
Haunted Heart (Eddie Higgins Trio):リンク2


このページは役に立ちましたか?
人気投票に一票いれる!

トップページジャズピアノ
エディ・ ヒギンズ>魅せられし心



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/ponty_girasoli/20001903
この記事へのトラックバック
1.My Funny Valentine 2.Haunted Heart 3.Stolen Moments / Israel 4.Lush Life 5.How My Heart Sings 6.Someone To Watch Over Me 7.I Should Care 8.Lover Come Back To Me 9.Isn't It Romantic ? Eddie Higgns --- piano Ray Dru
Eddie Higgins Trio / HAUNTED HEART / Venus Records【カクテルとジャズと映画とセックスと嘘とビデオテープと部屋とワイシャツと私】at 2005年06月12日 12:01
この記事へのコメント
トラックバック承りました。
背景に文字が溶け込んでいまして、
残念ですが、読めません。
検討を願います。
Posted by ものずき烏 at 2005年04月25日 21:59
「和風ジャズ」なるカテゴリーがあるとは知りませんでした。
それはさておいて、このアルバム、Bill Evansをこよなく愛する私にとって、なかなか急所を衝いた選曲ですね。Amazonで試聴してみましたが、こういうのが「和風」なんでしょうか。私は非国民暦が長いので“和”の心を失ってしまったのかも知れません。
ところで日本には、生活向上委員会からThe Thrill、渋さ知らズに至る大編成ジャスファンクの血脈がありますが、これは何と呼ばれているのでしょう?。
Posted by 非国民 at 2005年04月26日 00:29
>ものずき鳥さん、こんばんは。
背景に文字が溶け込んでいまして残念ですが、読めません。
検討を願います。

そういうことがあるようですね。これで2度目です。
更新を押すと読めるようになるということも聴きましたが、
なにが原因なのでしょうか。
検討してみますね。(管理人)
Posted by ponty(管理人) at 2005年04月26日 00:29
>Fei Guomin さん、こんばんは。
「和風ジャズ」に関しては、あまり詳しくはないのですが、
Tree Blind Miceレーベルに残された日本人アーティスト
のものがそれにあたると聞いたような気がします。
山本剛などが該当するのだと思います。
ちょっと勉強不足なので、もし間違っていたらごめんなさい。
いずれにしても、日本人アーティストにより
ジャズの1ジャンルを作ろうとした事があったことは事実のようで、
それをここでは「和風ジャズ」と呼ばせていただくことにします。

自分は渋谷毅は聴くのですが「渋さ知らず」とかは聞いていません。
今すごく人気ですよね。機会があったら聞いてみますね。(管理人)
Posted by ponty(管理人) at 2005年04月26日 02:44
FireFoxブラウザを使ってます。
CSS(スタイル・シート)を外すと読めますが。
本文が黒で、背景が黒地に線画で、どうもいけません。本文の色を変えるか、背景の色を変えたほうが親切ではと思います。
Posted by ものずき烏 at 2005年04月27日 17:52
Internet Explorerで再々訪しました。
そのままで読めます。
ブラウザの問題のようです。
FireFoxブラウザは評判よろしく、多数の人が使いはじまてますので...
管理人さんのセンスも有りましょうが...
改訂したほうが、よろしいのではと思います。
Posted by ものずき烏 at 2005年04月27日 18:05
>ものずき鳥さん、最再度のご訪問ありがとうございました。
ブラウザの問題とのこと。了解しました。

何故そのようなことが起こるのか、
PCに疎い私にはよく分からないのです。
スタイルシート(CSS)をカスタマイズした際に
ブラウザによっては反映されないようなプログラムに
してしまった可能性がある。ということなのでしょうか。

いずれにしてもどのようなブラウザを使う方にも
読めるようなサイトに出来るよう心がけたいと思います。

まずは、FireFoxに問い合わせてみた方が良いのでしょうか?(管理人)
Posted by ponty(管理人) at 2005年04月27日 18:14
FireFoxはオープン・ソースですので、使用者が不満なら使うなとなってしまいます。ブラウザの系列ではNetscapeというIEよりは歴史のあるブラウザと考えます。
IEより効率が良いので旧式のPCでは、いまのところ再右翼です。
ライブドアの既製の背景なら、ちょっと配慮が欠けているような気がしますね。
Posted by ものずき烏 at 2005年04月27日 18:25
pontyさん、こんにちは。

同じアルバムを紹介しているのも何かの縁・・・と思い
TBなるものをさせて頂きました。

概要がおかしいですね・・・失敗してしまいました。
申し訳ございません。

トラックバックについて調べてから出直して参ります。
Posted by ナカジマ at 2005年06月12日 12:05