2005年06月28日

Bossa Duets (Joyce)

World-Brasil-MPB : ★★★★★
 
Joyce/Bossa Duets
Bossa Duets
 
ボサノバをテーマに見るMPBの展望
 
恒例となったジョイス7月のBlue Note公演。
この時期が来ると夏を感じる方も多いのではないだろうか。
ジョイスの来日公演は'85に始まり、'88に再来日。
Blue Note初演は'91で、'93,'95〜以後毎年と続く。
 
毎回様々なアーティストを呼び共演する。
日本では知名度が低いが実力のあるアーティストの存在を
この機に知った方も多いかと思う。
 
毎年多くの方が待ち望むこのイベントもかなりの回数を数えた。
ゲストとのデュエット作品という形で記念碑的なアルバムを
作らないか?というジョイスの思い付きから作られたのが
このアルバム作成の発端だ。
 
過去の公演の中から厳選を重ねられ選ばれたゲストは5人。
 
ジョニー・アルフ、ジョアン・ドナートの大御所、
ワンダ・サー、トニーニョ・オルタの同窓生、
そして新世代、娘のアナ・マルチンス。
 
三世代に渡って構成されるゲスト人で作られる音のコンセプトは
新世代のボサノバ。ボサノバ創世記からポストボサノバ世代そして
次世代ではどんな音が作られるのだろうか。
そんなブラジル音楽の展望をこの作品に見ることが出来る。
 
1.Voce e Eu (あなたと私)
2.Lugar Comum
3.Receita de Samba
4.Plexus
5.Yarabela
6.Crianca
7.London Samba (ロンドンサンバ)
8.O Sapo (かえる)
9.Fa da Bahia
10.Ceu e Mar (空と海)
11.E Vamos La
 
vocal/guitar : Joyce
vocal/piano on 'plexus'&'Ceu e Mar' : Johnny Alf
vocal/piano on 'Lugar Comum','O Sapo'&'E Vamos La' : Joao Donato
vocal/guitar : 'Voce e Eu','Yarabela'&'London Samba' : Toninho Horta
vocal on 'Crianca'&'Fa da Bahia' : Wanda Sa
vocal on 'Receita de Damba'&'E Vamos La' : Ana Martins
 
Amazon紹介ページ
ボッサ・デュエッツ
 
人気blogランキング ←参考になりましたら1クリックお願い致します!
 
トップページブラジリアンミュージックMPB
ジョイスボッサ・デュエッツ


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/ponty_girasoli/26611533