May 15, 2007

今年の夏もアツくなりそうです

何の気無しにmixiのニュース見てたら

「男鹿和雄(おがかずお)の本格的な背景美術展が、三鷹の森ジブリ美術館の全面協力を得て、この夏、東京都現代美術館で開催されることになった。」

という記事が!!


(; ゜ Д゜ )ナン! (; Д゜)゜ デス!! (; Д)゜ ゜トー!!!


「ジブリアニメーションの魅力の中で、大きなポイントにもなるのが空間の広がりを見事に表現した背景画。空気のにおいまで感じさせる美しい背景画の数々を生み出しているのがジブリの絵職人と呼ばれている男鹿和雄(おがかずお)だ。」
「以降、『魔女の宅急便』『おもひでぽろぽろ』『紅の豚』『平成狸合戦ぽんぽこ』『耳をすませば』『もののけ姫』『千と千尋の神隠し』『ハウルの動く城』など、ほとんどのジブリ作品の美術監督や背景を務め、昨年大ヒットした『ゲド戦記』でも背景を担当し、自然の美しさと空気感を見事な色彩美で表現した。」
「これまで資料として関係者以外は見ることができなかった背景画を中心に、作品点数500点という、かつてない規模で一般に公開される。」

・・・こっ・・・これは見ねば!!見に行かねば!!!
これを見ずしてジブリを語れようかー!!!!(゚Д゚≡゚Д゚)


この男鹿和雄さんという方は、ちょこっと耳にしたことがあるんですが、秋田県大仙市のご出身だそうです(´∀`*)

秋田県民としては誇らしいこと限り無しなわけで・・・
折りしも今年の東医体は会場が東京なわけで・・・

東医体後の予定決定.。゚+.(・∀・)゚+.゚

できることなら三鷹の森ジブリ美術館とハシゴしたいっす・・・
夏休み短すぎるよ(´Д⊂)






トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by いくえ   May 18, 2007 18:06
東京現代美術館を、東京都現代美術館と読んでしまい、わざわざ京都行くなんてえらいファンやなぁって思ってしまった…。ちょっといいね!いや、かなりいいね(´∀`)私も見に行こっかな〜♪
2. Posted by kei   May 20, 2007 22:41
ゲド戦記も背景同じ人なんだ〜。なんか今までの感じと違ってたよね。
3. Posted by みゆき   May 21, 2007 23:40
>いくちゃん
大会終わったら見に行こうよー
ただし背景美術をお互いに堪能するため、飽きた方が先に帰る、という現地開散方式を採用すると思いますがw
あ、ずっと聞きたかったんだけど、いくちゃんエマの8巻ってくるくる回ってる方のやつ買った??私ケリーの方なんだが・・・くるくるもいいよね
4. Posted by みゆき   May 21, 2007 23:46
>keiちゃん
ゲド戦記が感じ違うのは、やっぱ監督が違うからかなぁ
背景はさすが美しかった・・・一番の見所と思う
5. Posted by Look   June 01, 2007 12:10
以下で貴重な男鹿さんのスケッチと記事(動画も・・)が見れますよ。
http://www.eda-jp.org/index-1.html

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Recent Comments
Recent TrackBacks