Federer2_5601
crop_display
ミルカさんとTWINS

Federer-wins-3rd-Title-in-Madrid
 ウィル・スミス

08-38-03-483-144314788-14-05-2012-01-05-50-946-
ボールガール 結構、目立ってましたよね。。。
少年少女が普通ですから。。。ちょっとたらたら走ったり笑ったりしてましたけど。。。



昨日はリアルタイムで観戦していました。
ただ、試合が終わってからブログを書くのは本当に気力がいります。速報で書きたいのですが、なかなか・・・

さてさて、フェデラーが見事に逆転勝ちして世界ランクNo2になりました!!
私はベルディヒのサーブが鍵になると書いて、確かにサーブが大事なポイントになったのですけど、それよりもベルディヒのリターンがポイントでしたね。
フェデラーのアドコートからバックハンドを狙うスピン、キックサーブは踏み込まれてリターンエースをボコボコ取られていました。フェデラーのサービスゲームは本当に苦しかったですね。デュースが多かったですし、0-30なんて場面が本当に多かったです。

2セットは5-3のセットポイント40-30からデュースに持ち込まれブレイクされ、6-5のベルディヒサーブで15-40から、まさかのダブルフォルトで2セット目を取る。これは助かりましたね。タイブレになると思いましたから。。。こういうところはナダルやジョコビッチとは少し違うところです。

3セット目は3-4でベルディヒサーブ。ここで0-40となりフェデラーがトリプルブレイクポイントですが、ベルディヒ圧巻の3連続サービスエース!!すげぇと思いました!
しかし、しかし、デュースから連続ダブルフォルトでフェデラーがブレイク!!なんかむちゃくちゃでしたね。
3連続サービスエースから2本連続ダブルフォルト。。。メンタルの浮き沈みが見えました。0-40からデュースになると一呼吸したくなるんですよね~ここ1球の集中力がデュースの後までは続かなかった感じがしました。ナダルなんかだとこうはいかないのですけど。。。
そして5-3からフェデラーのサービングフォアザマッチですがまたブレイクされます。
5-6でベルディヒサーブ。タイブレ濃厚と思いましたが、ネットにあたってOUTなどの不運もあり0-40とベルディヒ追い込まれます。しかし、またサーブを軸に3連続ポイント!!ハラハラドキドキの展開でした。。。
しかし、アドバンテージフェデラーからマッチポイントを取り優勝!!

男子のトッププロとしては珍しい試合でした。ブレイクしてもすぐにブレイクバックされるという展開。二人のメンタルが大きく揺れ動いているのがわかりました。これがテニスの醍醐味でもありますが、このような展開になったのは滑りすぎるため思い切って踏み込めて打てないのも要因にありましたね。

話題に尽きることのない今大会でしたが、ATPと選手が歩み寄って来年はもっと素晴らしい大会になることを祈っています。



1クリックお願いします
   ↓
人気ブログランキングへ