IMG_3019
5003


フェデラーはスティーブジョンソンにストレートの快勝でした!6-3 6-2 6-2

ツアーファイナルから久しぶりの公式戦でしたが、キレキレのフェデラーでpeRFectな試合でした!直近のキリオスとの試合でも調子良さは感じてましたが、強かったです。
何が良いって、フットワークが良い!軽やかで速いタイミングで打つために踏み込んで打ててます!この感じのフェデラーだと簡単には負けないですね。
あとは、バックハンドもフィーリングが良いです。2017のネオバックハンドまできてほしい^ ^
私の中では高い打点からのバックハンドのダウンザラインがこの日の試合では1番良いショットでした。あんな打ち方あんまり見たことなかったので、よっぽど体がキレてるって感じました。フェデラーはやっぱり実戦が詰まってるより間隔が空いてる方が良い感じですね。

ちょっと調子のアップダウンがあるフェデラーですが、やっぱりこの試合見ると期待しちゃいますね。力抜けて、軽やかで本当に良いプレーでした!
Bel21eve頼みます💪


フェデラー「とても良い感触だった。いつも通り必死にトレーニングをしてきた。(オフシーズンに)故障しなくて良かった。本当にハッピー。練習では良いプレーができていたから、それを試合でも見せられてうれしい」

フェデラー「私は何週間も公式な試合をしていなかったが、95%の選手は試合をしてここに来ていた。私が思うに、最初の3ラウンドの鍵はプレッシャーに慣れ、落ち着いて、ブレークポイントをセーブしたり、30-30であっても落ち着くこと、たとえブレークされたりセットをおとしてもね。これが何回もあると怖いけどねしかし、今日はそれがなかった。なぜなら、全てのセットで早くブレイクすることができて、そのあとはplay freeですることができた。まだ余裕があったし、支配することができたよ。」

"I haven't played proper matches in many, many weeks, and probably 95 per cent of the guys are coming here with matches," he said. 
"I think for me really, the first three rounds are key to get going, to get used to the pressure, stay calm, when to save break point or 30-30 points or whatever it may be or just to stay calm if you're down a set and a break. This is the unknown that can be a little bit scary at times. But today there was none of that because I broke early each set and was able to get on a roll, play freely after that. And also felt I had margin. Anything I was doing, I felt like I had the game under control."


フェイスブックもやってます!よろしければ〝いいね〟お待ちしてます^ ^
↓  ↓  ↓   
https://www.facebook.com/pooon2010                                            

1クリックお願いします         
   ↓         





— 井蛙堂 (@seiadoumogera) January 20, 2020