La Vie En Rose

日記というより日々のつぶやき。それにしては声が大きいかも。 たくさんある好きなこと書いてみよっと。

YOU游ランドに行ったよ

先日は高山村の「YOU游ランド」に行ったよ。もちろん温泉だよ(笑)。
今年になって8湯め。今月に入っては4湯めだ。あとひとつ今月中に行く
ことができれば、今月の目標達成・・って、他のことで、目標達成できて
いないのいくつもあるけど(汗。

YOU游ランドに行ったのは、私は、なんと、たぶん四半世紀ぶりくらい!
そしておそらく人生2度めだよ。毎年、どこかしら温泉には行くものの、
YOU游ランドには行っていなかったのだねえ。ぽこさんなんて、まだ9年
しか人生やっていないのに、ここ、2度めなのよ。私と一緒なのよ。

この温泉を選んだ理由は、ずばり「プールがあること」。
そう、私は「温泉に入る」のだけれど、ぽこさんは「プールに入る」目的
で行ったのであった。ああ、そうだ、思い出した。ぽこさん、ここ、2度
めだけど、温泉には一度も入っていないのであった(笑)。ここのプール
が2度め、なのであった。
ここのところ、夫と一緒に、ぽこさんはプールに足繁く通っているのだ。
南長野運動公園のプールばかりだったのだけど、私の温泉行きとセットに
しようそうしようということで、ここ。
なんでもね、見知らぬおばちゃんおじちゃんに褒められているみたいよ。
「先週も来てたよねえ。長く泳げるようになったよねえ」とか「綺麗に泳
ぐねえ」とか。ぽこさん、よく知らないヒトに声かけられるタイプだけど
ね、プールでも声かけられているのね(笑)。

ちなみに、先日、ツルヤにふたりして歩いてお買い物に行った時も見知ら
ぬおばちゃんに声かけられた。「偉いねえ。いくつ?」と。ぽこさん、張
り切って買ったもの、バッグにつめていたからねえ。

で、プール。
ぽこさんは水泳を習っていないので、夏の、学校での授業か、こうして夫
と共に行くプールで、泳ぎを練習しているのであった。見知らぬヒトに褒
めてもらっていることからわかるように、ここにきて急にめざましい進化
を遂げているらしい。クロールで(じたばたしないで、綺麗に)50メー
トル続けて泳いでいるのだってさ。ターンはまだ上手にはできないらしい
けど。がんばって今度は平泳ぎも泳げるようになってくれたまへ(平泳ぎ
は、まだ、泳ごうとすると手足の動きがばらばらになって沈んでいくらし
いよ。笑。足があおり足になるのを気にするせいだと思われる。「あんた、
ただでさえ病気で左足の甲が動かないのだから、いいんだよ、あおり足で
(っていうかあおり足でしかできないはず)。ママなんて病気とかじゃな
いけど、ずうっとあおり足だよ」と、話したわ(笑)。
ここのプールでもあっちまで泳いだらあっち側にいたおばちゃんに。こっ
ちまで泳いだらこっち側にいたおじちゃんに。褒められたそうな。ありが
たいですな。うれしくてやる気になりますな。

私は、ひとり温泉にてのんびり。
日帰り施設の温泉って、その四半世紀前ぐらいはたいてい300円とか、
350円ぐらいだったけど、最近では500円600円は当たり前。
でも、ここは温泉だけなら大人350円。昔と変らないのである。わりと
小さいところだからかな?泉質はカルシウム・ナトリウム塩化物硫酸塩温
泉。源泉温度が51度と書いてあるのでおそらくかけ流しであろう。
小さいせいもあるけど、結構混んでいたわ。高山村の方達がたくさん来て
いるのだろうと想像(おそらく無料チケットみたいなものがあるだろうか
ら)。

休憩室にて、編み物しながら、いちご牛乳飲みながら、夫とぽこさんを待
っていたのであった。
雪見風呂温泉の友雪景色

学級閉鎖でお休みちうに

ルーター問題、解決!新たなルーターを夫が買ってきてとりつけてくれたのだ。
今度は、私のMacくんも、iPhoneもきちんとネットに繋がったよ。よかったよか
った。

ぽこさん、今週は火、水、木と学級閉鎖だった。ぽこさんはいたって元気だった
のだけどね。ほんとに、強くなったなあと思う。幼稚園児の頃は、すぐお咳が出
たり、お熱が出たりしていたけど(インフルエンザも1回かかったし、マイコプ
ラズマにもなったし、ノロにもなったねえ)、小学校に入ってからインフルエン
ザには一度もなっていない(予防接種もしていない)。それどころか、3年生か
らは、具合が悪くて学校を休むことすらなくなったのよ。こども病院に行くから
休むことはあっても。体力も、免疫力もついてきているのだろうね。

たぶん、でも、たくさん眠らないとだめなヒトだと思うので、出来うる限り、は
やねはやおきさせておる。と言っても、私が子どもだった頃よりおそねだけどね
え(だいたい9時半前後就寝目標。朝は6時半過ぎ起床)。ほうっておくと、し
ゃきしゃきとは絶対行動できないヒトなので、いつでも「はやねはやおき元気な
子!はやく!」と私がせかしておるのだが。「おそねおそおき病弱な子」と、返
して喜んでいるばっかりのぽこさんであるが。

休み中は、『真田丸』を観たり(まだ全部観終わっていない)、その寂しさを少
しでもやわらげるために『リーガル・ハイ』を観たり(笑)。リーガル・ハイ、
私は今回観るまで観た事なかったの。堺雅人くんがノリノリだというのは知って
はいたのだけれども。堺雅人くんはもちろん素敵だけど、でも、それよりも、服
部さんがいいなあ。実際にいろんなことをやって生きてきて、経験積んできてい
るっていうのがすごく素敵!(ってドラマの中の話だけどさー。)こんなヒトに
憧れるわ。一家に一台欲しいし(笑)。それに、服部さんが優雅にごはんをサー
ブしたりしているのをみると、ああ、きちんとごはん作って食べなきゃなあって
気持ちになるの。
生瀬さんと小池栄子の絡みも好き(笑)。堺雅人くんを初めて観たのは、たぶん
ビューティフル・サンデイ』だったと思うのだけど、生瀬さんも、堺くんと同
じように舞台だったなあ・・と思って探してみたよ。・・思い出せない。

『人間は9タイプ』坪田信貴

『人間は9タイプ』。
ビリギャルの先生が書いた本。
ぽこさんや、私のタイプを調べてみようと思って読んでみたよ。
ビリギャルの本は読んではいないのだけど(映画も観ていない)、まあどういうこと
かは、そこここで目にするので、なんとなくわかっている。
で、ぽこさんがビリギャルちゃんと同じタイプであろうということも、この診断をや
る前から誰もが予想しておった。

結果は予想通り。まわりも本人もわかっていたことではあるけどね。
一番、高い点数になったのが「楽天家タイプ」なのであった。
でもね、わりとバランスとれてもいたのよ。今まで生きてきた習慣や、関わってきた
まわりのお友達によって、こんな風になったところもあるのだろうなって思う。
献身的なヒトなのだろうというのも傍でみていてそうだろうなって思うし。
達成者・・については、おそらく元々のぽこさんの性質にはそれほどなかったものな
のじゃないかなあと思う。こういうタイプのお友達(たぶん男子が多いと想像)と関
わることによって培われてきたのではないかな。堅実家、は、多分に「お友達や家族、
他人との関係性」において発揮されているように思う。コミュニケーション以外につ
いてはそれほど堅実ではないと思うの。完璧主義・・は、きっと私にネチネチ言われ
続けているからこのポイントになったのであろう。私が親じゃなかったら、きっと、
もっと低いポイントだと思う。

そう。私は、完璧主義のところのポイントが一番高かったのであった。これまた、自
分でもそうだろうなあと思った。理想とか計画とか手順とか大好きだもの。申し訳な
いのは「完璧主義」の親に「楽天家」の子の組み合わせは、なかなか大変だというこ
と。「楽天家タイプの子どもの「いい加減さ」が常に気になり、叱り続ける結果を招
きがちに。楽天家タイプの子どもは忘れ物なども多いので、ともすると『微に入り細
に入り、すべてが批判の対象に!』となりやすい。また、完璧主義者タイプの求める
水準は、楽天家タイプにはだいたいにおいて高すぎます」と。
ただね、私の、完璧主義率は他のタイプよりもダントツ高いのではあるけれど、合計
の点数的にはそれほど高くもないんだよね。しかも、完璧主義の次に高いのは楽天家
と統率だからね。楽天的なとこもあるのよ(多分に、それは「ぽこさん」以外のこと
に関してであろうが。笑)。若い頃はもっと楽天家だったと思うし。

それに。我が家には、もっと楽天家なヒトがいたのであった!夫である。すごいなー。
いや、ぽこさんの性質の楽天的なところは夫譲りだと思ってはいたけどさ。ここまで
とはねえ(笑)。私の予想だと、夫は研究者と調停者が高くなるのじゃないかと思っ
ていたのよ。まあ、高いのだけどさ。でも楽天度合いもこんなに高かったんだねえ。
堅実においてはマイナスまでいっちゃってるしねえ。お金の使い方は私よりよっぽど
堅実なのにねえ。自立心が強過ぎるゆえのマイナスなのかな。
私や、ぽこさんよりもそれぞれのタイプの差が激しいのは男性だからなのかな、それ
とも元々の性質?女性は男性よりも、バランスとろうとしそうじゃない?
この点数を眺めていると、ぽこさんは目立つだろうなあと思う。あいかわらず、見知
らぬヒトにも声をかけられたりするヒトだし(そのことについてはまた。内面のこと
でも、きっとなんらかの形や雰囲気をまとって外面に出てくるだろうからね)。

楽天家なヒトに囲まれて、いかに私が生きずらいかよくわかったわ(笑)。


ぽこさん       私   夫  
楽天家:13     5   15
献身家:11     0   1
達成者:11     2   5
堅実家:11     1   −5
完璧主義者:8    9   3
統率者:8      5   0
芸術家:6      4   0
調停者:2      1   9
研究者:1      4   13


無線LANが繋がらない

家の無線Wi-Fiがうまく繋がらない。だいぶ前から、ネット、遅いよなあ、重いよな
あって思っていたのだけどね。私のMacくんのせいかなあって思っていろいろ捨て
たりしておった。しておったけど、どうもそうではないようで。
ルーターも安定していなかったのね。プリンタにうまく繋がらなかったりとか。
ルーターが、壊れちゃったのか、と思って、今まで使っていたこともある別のルー
ターをセットしても全くだめ。
こうなりゃ、おおもとのサーバーがだめなんじゃないの?と思うのだけど(だいぶ
古びた感あるし。見た目にも)、父は「オレはこれでいいから、後はそちらでご自
由に」的なノリ(父が使っている回線をわけてもらい、接続にかかるお金を折半し
ておった。そして父は有線で繋がるからいいと言うのだよ。有線の方もすごく不安
定だと私は思ったのだけどねえ)。夫もわりと他人事で、私が言ってようやく動く
感じ(忙しいせいもあるのやもしれんけど、昨日は、仕事お休みだったわけだし)。

どうすんのよっ。
昨日、今日とポケットWi-Fiにて繋いでいる状況だけどさ。これ、あんまり繋いで
いると、お金がすごくかかるとか、繋がる許容量超えちゃうだとかさ、あるわけで。
どうすんのよっ。
それに、私のは有線ではできないのであるよっ。無線でしかできん!

大変困るのである。
ネットを介してやっていること、あれこれあるからねえ。
ブログもそうだし。日記書けばいい?(笑)。でもさー、日記は、ブログみたいに
キーワードでばばばっと出てこないし、文章にくっついて写真が出てくるわけでも
ないし、なにより(読むヒトがいようといまいと)公にしておかないとモチベーシ
ョンも下がるし、もっと適当になっちゃうだろうし。
ネット証券だって困るのよ。たとえ、マイナスになっていて動かせない日々が多か
ったとしてもだ。いざと言う時、売買できなきゃ全くおもしろくない。
絵本ナビにレビューもずうっと投稿し続けているし。
公募や懸賞もネット使えないと不便。
クックパッドやいろんな旅のことなど調べたい時に調べられないのも不便だしなあ。
そうなんだよ。調べたい時にすぐ調べることができる、っていうのがネットを使う
一番の利点かもしれないよなあ。

フリースポットまで毎日Macくんかついで歩いて行って活動するっていうのも手だ
けど、たとえばそこでコーヒーなりなんなり飲んで過ごすのと、おうちで接続料払
うのとではどちらがお得かと言ったら・・。そういうのは楽しそうではあるから、
やってみてもいいんだけど(笑)。
そういや、学校からの(今まさにそうだけど)学級閉鎖のお知らせとかだって、ネ
ットを介して届くし。

どういう風にするのが一番いいのかしらん。

動物にえさをあげてみよう

『13歳までにやっておくべき50の冒険』。
私も死ぬまでにやっておくべき50の冒険として、少しずつできたらいいなあと
思っておる。

この前、ぽこさんがチェックした「7種類の動物にえさをあげてみよう」という
ミッション。本の中では「野生の動物」も対象にしているけれど、注意書きがあっ
て。

日本では「野生生物にえさをあげること」はおすすめされていません。このミ
ッションはあくまでもイタリアのものです。ただし、日本でも、森など野生動物た
ちと出会うことはできますし、ペットや許可された動物園などにかぎれば、ミッシ
ョンに挑戦できます。
・・とのこと。ごもっとも、ですな。

ぽこさんが「えさをあげた動物」は、ネコ、ヤギ、シカ、ウシ、ハト、ウサギ、ウ
マ。「かまれた動物」はネコ、イヌ、ウマ。と書いたよ。かまれた動物はちなみに
他にもいて(笑)、ヤギやブタもそうですな。ひっぱたかれた動物はサル。頭突き
をされた動物はシカですな。いろいろ経験豊富なぽこさんである。

で、私は、と言うと。
「えさをあげた動物」は、ネコ、ヤギ、シカ、ウシ、ウサギ、ウマ、ニワトリ。そ
して、ぽこさんがまだやったことのない動物、キリン!パンダ!ふっふっふ。自慢
である。自慢なのは、「動物の種類」というよりも「場所」なのだ。キリンは、ケ
ニアで、パンダは中国。今後も再び、ぽこさんと共に、そんな動物達とも関わるこ
とができたらいいなあ。あ、一応ミッションが7種類となっているので7種類しか
書いていないけれど、ぽこさんも私もイヌにもえさをあげたことは、もちろんある
のであった。
私がかまれた動物はネコ、だけだなあ、たぶん。頭突きもされていないし、ひっぱ
たかれてもいないし。

出会った(その辺で観た)野生動物は、ぽこさんも私も、サル、カモシカ、キジ、
ハクチョウ(鳥はいろいろ出会ったいるんだろうけど、大きくて目立っているもの
のみ書いてみる)、エゾシカ、キタキツネ、シカ。ぽこさんが出会っていなくて、
私のみ出会っているのは、リス、ナマケモノ、ウサギ、カワセミ、ライチョウ、ウ
マ(野生のね)。あ、出会っている(野生にいるのをサファリカーから観た)とい
うのならば、チーターも、ヒョウも、ライオン、ヌー、ゾウ、サイ、シマウマもあ
るのだった。なんて豊かな動物体験(笑)。

まだ出会ったことのないもので出会って(野生にいるのを観て)みたい動物は、イ
ノシシ、イリオモテヤマネコ、ツシマヤマネコ、インドとか中国で(笑)トラ、フ
クロウ、オオカミ!

このミッションで紹介されていた本は『子鹿物語』。まだ読んだことがないなあ。
『バンビ』なら家にあるのだけど、今は『メアリー・ポピンズ』を読んでいるので
まだそちらにいけない。

シルバー・ガール

ずっとむかしから。

50歳になった。
シルバー・ガールのイメージは私のイメージとはまるで違う。そもそもシルバー
は、お年寄りなシルバーではないのよね。

感慨とか特にないのであるけれど(笑)、時が経つのは速いなあとすごく思う。
あっと言う間に半世紀だよ。どうするよ。30代は、楽しかった。なんだか遊ん
でばかりいたように思う。40代は怒濤。未知との遭遇だったからね。老化とい
うか退化を実感したのも40代。今でも実感中。何が嫌って、目がよく見えなく
なってきているのがすごく嫌。元々見えないのではあるけれど、それ以上に!

50代はどうしたいかと言えば、楽しくやりたい。やりたいこと、どんどんやり
たいし、欲しいものもどんどん欲しいし(え?)、退化していく時間の流れを少
しでも、ゆったりさせたいものよのう。そして、ぽこさんと共にいちから学び直
していきたいなあと思うのだわ。
なにかとお得なことも多いみたいなので楽しみなのだ。ちょっと先の予定にも、
「お得」を組み込めたらいいなあと考え中。

朝、「フルーツタルトみたいな凝ったケーキが食べたい」と夫に言っていたら、
「そんなん、自分で作れ」と冷たくあしらわれ、ぽこさんには「なんで突然ケー
キ食べたいなんて言うのっ」と言われ「そりゃあ、今日が私のお誕生日だからだ
よっ!!」と力強く答えた私。いやね、凝ったの作って欲しいわけではなくてね
凝ったのを食べたいだけなのよ。「じゃーさー、明日、どこかに食べに行きたい
なあ」と私。

その後、学級閉鎖のため、自宅待機のぽこさん(インフルエンザにはなってない
から超元気!)を残し、英会話の個人レッスンへと行き、戻ってきたら、なにや
ら甘い匂いがする我が家。
「ママのためにケーキ作ってる」と、ぽこさん。「ビスケットの上に溶かしたチ
ョコレートのっけて、バナナのっけたよ」と。「フルーツタルトってなんだかわ
からなかったし、作り方もわからないから、フルーツならバナナがあると思って」
と。ありがたいことよのう。しかしなあああ。オリジナルなものでなくて(笑)。
ありがたいことではあるのだけど、ほんとにオリジナルなものでなくて(笑)。

お友達から届いたプレゼントに嬉々としているぽこさん。にゃんこのお皿の中で
どれが一番好きか?と訊いてくるのである(選びっこ大好きなぽこさん)。自分
が選んだお皿は(にゃんこシリーズなはずなのに)「お魚の骨の絵」のお皿。
そして、それが欲しいとか言うのである。これはママのっ!ママのだけど、みん
なで使えばいいんですっ!「あなたのもの」ではなく「みんなで使うもの」!
届いたお花が素敵なのに触発されて「ママのためにお花摘んでくるから!」と。
「えー、この時期、お花ないんじゃないかなあ」「探してくるっ」
やっと探してきてお手紙付きの花束をくれました。ありがたいことです。
花束の中のところにティッシュ巻いて(正確には濡れティッシュだと思うのだけ
ど)ゴムでとめるっていつの間に覚えたのか。以前、いただいた花束を観察して
たのかしらん。

お誕生日と全く関係ないけど、巡り合わせで、自分のために?お赤飯を作ってお
る私である(小豆消費しなくちゃなあ。もち米も消費しなくちゃなあ。お赤飯食
べたいなあと計画立てたらちょうど今日だった)。
ぽこさんから花束のやり方いがぽんありがとうめぐありがとう

手作りフレッシュチーズ

『子どもがつくるほんものごはん』に載っていた、「フレッシュチーズ」と
「乳清(ホエー)」を作った。「子どもがつくる」と書いてあるだけあって、
とっても簡単だったよ。
牛乳にレモン汁を入れてあたため、分離させて濾すだけ。
とは言え、結構ゆっくりゆっくり作っていくような感じなので、ぽこさんみ
たいに飽きっぽいヒトはずっとお鍋にはりついているのは大変かもなあ。

チーズは、軽くて、あっさりとした味わい(こってりしたジャージー牛乳で
作ったのだけどね)。ホエーは、蜂蜜を入れて飲んだのだけど、ヤクルトみ
たいな感じだった。お風呂に入れたり、化粧水がわりに使ったりしてもいい
そうなので、我が家はお風呂に入れた。お湯がまろやかになってよかったよ。

















祝!稀勢の里

稀勢の里が横綱になり、そのことについて記事があれこれ書いてあったりする。
あれこれあるだろうけど、最近のお相撲は楽しいので、また国技館に観に行きた
いなあと思う(「やりたいこと」として手帳に新たに書き入れたよ)。

信州出身の力士、 御嶽海も、とってもがんばっていることだし。活気があると、
生で観たい気分になるじゃない?応援したくなるじゃない?

生で観たのはもう8年も前だ。あの時は楽しかったなあ。前日、友達のむらちゃ
んと、私の母と、私と、ぽこさんとで、ホテルまでの道を迷ったり、 「稀勢、あ
りがとよー」と叫んだ江戸っ子なおじさまがいたり。ぽこさんは、朝青龍を応援
するタイミングで「ありんこがみたいの〜」と泣き叫んだり(動物園で動物を見
ずに足下のありんこばかり見ていたぽこさんの動画があってね。それを見たいと。
お相撲でなく。笑)。

ぽこさんも成長したので、国技館に行っても、関係ないことで泣き叫ぶこともな
かろう。
8年前9年前

楽しいヤマハ

昨日のヤマハのグループレッスン、終わって出てくるなりぽこさん達が騒いで
おった。
「ねえねえ、新潟と東京だったら東京の方がいいよねえ!」
一体なんの話だ?
グレード試験の会場の話であった。グレード5級って長野では受けることがで
きないの。新潟か東京なんだって。で、「みんなで旅行するとしたらどちらが
いいか」ということなのであった。「みんなでお泊まり旅行する気」まんまん
なちびっこら。
えーと。グレード試験は日帰りで行くことができるのですが。
しかも、チミ達、今度、春に受けるのは6級なのですが!(笑)。6級受かっ
てもいない、そもそも受けてもいないのに、5級の話とは。
それだけ仲がいいってことだから、いいのだけどね。

仲良しグループの中でも、特に仲良しのお友達とは、たいていグループレッス
ンが終わった後、ふたりして女子トイレにこもっておしゃべりしているの。も
うね、芳香剤の匂いが染み付くくらい長い時間。
「トイレにこもっておしゃべりだなんて、女子って感じだなあ」と夫は言って
いたけれどさ。ふたりで胸にハンカチだかティッシュだかつめて大きくしてみ
たり・・などという超くだらないことをしているらしい。女子っていうよりそ
れって男子のノリでは?(笑)。

6級に向けてがんばっているのかいないのかよくわからんぽこさんではあるけ
れど、あいかわらず「即興」は大好きで。ヒマさえあれば即興している。
ちょっと前にも新聞に「アレンジャー」のことが載っていてね。アレンジの力
ってあなどれんのよ。私は大村雅朗さんのアレンジ、かっこいいと思うのよ、
なんて話をしていたの。そんな話しただけでも、「ゆうたんもできる」といろ
んな曲を即興でアレンジして弾いたり。また自分で作った曲をアレンジしたり、
即興したり。うるさいです(笑)。
大村さんがアレンジした曲をいろいろyoutubeで聴かせてあげる。
岩崎良美の歌っているのを聴いたぽこさん。「めっちゃ歌うまいじゃん!」と
びっくりしておった。そうだねえ。昔(失礼!)のヒトの方がアイドルでも歌
おそろしくうまいヒトたくさんいたねえ。

さきほどは、「とにかく作りたい」ぽこさんの師匠である作曲家の先生とのレ
ッスン録音したものを聴いた。当たり前だけど、本当にプロの作曲家の先生っ
てすごいのだなあって、もうひとつひとつの音を聴いていてほれぼれしてしま
う。今年作っている曲のうち、1曲はジャズっぽい感じにしたいのだよね、ぽ
こさんは。それで、ジャズっていうのは・・と、4ビートの感じから始まって
(ベースの音だけなのよ。鳴らしているの。それなのにかっこいいの)、ぽこ
さんがやりたい3拍子のジャズっぽい感じ、5拍子、10拍子と続き、わくわ
くしてしまったよ。循環、シンコペーション、スケールワイズといった言葉も
いろいろ弾きながら説明してくれているようなのだけど、循環はわかる。シン
コペーションは、以前、ぽこさんに説明してもらったけど忘れた(笑)。そし
てスケールワイズはなんのことやら・・といった感じでいろいろお勉強になり
ます(なってないっ!)。

十三人の子どもたちとひとりの大人

ネタバレありです。

「ママ、ほんとに『死ぬ』とか好きだよねー」。
ぽこさんに言われた。冲方 丁さんの『十二人の死にたい子どもたち』を読んでいたから
だ。それだけでなくそれより前に京極夏彦さんの『死ねばいいのに』も読んでいたから。
いや、決して死ぬとかそういうことに興味があるわけではなく。巡り合わせだったのよ。
そろそろこれ読まなければ、と京極さんの本を図書館で借りて読み、たまたまわりとそ
のすぐ後くらいに、予約してあった冲方さんの本の順番がまわってきただけなのよ。

死ねば・・の方は、わりと楽しい気持ちで(っていうのも変だけど)読んでいたのだけ
れど、最後に来てなんだか嫌になっちゃった(笑)。もっといいヒトだと思ってたのに
い。もっと救いがあってもよかったのにい。という私の思い。

そうして、十二人の・・の方は、よかったなあ。私、これどういった経緯で図書館で予
約しようと思ったのかまるで覚えていないので(レビューとか広告とか、何かを見て、
ちらっとでも興味を持ったものはとりあえず「読みたい」とカーリルに入れておいて順
番に借りるようにしている。カーリルの中には読みたい本がたくさん入っているので、
あっという間に読みたい理由なんて忘れ去られてしまう、という寸法)、なんだかやた
らと新鮮だった、というのもある。これってミステリ仕立てだったの?うわあ、うれし
い。私、やっぱりミステリ好きだなあなどと思いながら謎を楽しみながら読んだのだ。
で、途中から、死ねば・・の方とは逆で「きっと、これ、救いがある物語なんだ!」と
思って、余計にうれしくなったの。

ぽこさんは、「ママ、ほんとに」とか言いながらも、どんな話なの?と聞いてきて。
ちょっと話してあげたら、すごく気になってしまったようで、次は次は?と何度もしつ
こかったよ。あげくの果てに「自分が今学校で読んでいる本」について(私が聞いても
いないのに。笑)話し始める始末(ちょっと怖い本だったらしい。だからどきどきする
繋がりで話したくなったのだろう)。お互い、違う本、同じ本、をそれぞれ読んでどう
思ったか、どんなとこが好きだったか嫌だったか、はやくそんな風に語り合える日がき
ますように(児童書関係ではそんな日はすでにきているが)。

まきばの湯に行ったよ

昨日は、ぽこさん、ヤマハのレッスンがお休みだったので、温泉に行った。
お友達と遊ぶかも、と言っていたので、遊んでもいいよ。ママ達は昼間、どこ
かの温泉に行ってくるから大丈夫だよ。と言ったのだけど・・。温泉行くなら
そっちの方がいい!お友達とはいつでも遊べるから!と。
やー温泉の方がいつでも行けると思うんだけどねえ。まあいいや。

そんなわけで、宿題だのなんだのを終わらせた後、「大室温泉まきばの湯」に
行った。ここが目下のところ家からは一番近いであろう温泉。車で10分くら
いかな?川中島に温泉施設ができるらしいので、おそらくそこが次に近いとこ
ろになるであろう。15分弱かな。松代もたいして変らないけれども。
この「まきばの湯」っていう名前がねえ、どうしてもすぐ忘れちゃうの、私。
ほんとに歳はとりたくないものだよ。よろよろ。牧場なんてないのにねえ。
「いや、薪をとる場所っていう意味なんじゃないの?」と夫。
実は「牧場(まきば)」であったのだ。父に聞いたわ。昔、朝鮮から来たヒト
がここで馬を育て、お殿様に献上したのだって。へええ。
きっともう忘れない。

大人500円。小学生300円。私と夫は以前買ってあった回数券(11枚綴
りで5100円)を利用。ここのところ、意識して温泉行く度に思うけど、昔
と比べて入浴料あがったよねえ。昔は、この手の温泉はどこも300円くらい
だった。350円だとちょっと高めじゃない?って思うほど。でも今は500
円くらいのところが多いなあって思う。

入り口のところで「あれ?」と声をかけられる。
わああ。リエちゃんではないか!中学1年の時のクラスメート。最近フェイス
ブックで友達になったけれど、ずうっと会っていなかったので、実に36年ぶ
り!すごいわあ。フェイスブックさまさまなのである。友達になっていなけれ
ば、すれ違ってもお互いわからなかっただろうから。それにしてもタイミング
だってちょっとでもずれていたら会わなかったよね。ほんとにすごい。

夜だから、それほど混んでいないかなあと期待して行ったのだけど、そこそこ
混んでおった。というか、ここ、それほど大きな施設ではないからっていうの
もあるのだろうなあ。脱衣所、お風呂場はね(浴槽は小さくないよ)。
泉質は弱アルカリ性カルシウム・ナトリウム塩化泉。かけ流しだよ。加温もし
ていなかったはず。
ぽこさんは、露天で大興奮。なぜなら夜だったため、夜景を眺めることができ
たから。夜景を眺めることができる温泉、他にもあるのだけど、ぽこさんは入
ったことがなかったかしらん?まあ、あまり夜には行かないものね。
ここのところ、雪見風呂が多かったけど、そんなわけで今回は夜景風呂。そし
て月見風呂であった。
ここも、サウナ、あるのだけどねえ。バスローブなどを買って着ないと入るこ
とができないの。残念だよなあ。入るヒトいるのかしら?混浴ってことなのか
なあ?入ったことがないから全くわからない。寂しいわあ。

そして、もうひとつ寂しかったことがっ。
ゆうごはん、ここで食べようと思っていたの。おしぼりうどん的なかまあげう
どんを。そしたら、食堂やっていないではないか!まだ営業時間のはずなのに。
きっとあれだね、平日の夜は、あんまりお客さんいないからやめちゃったのだ
ろうね。ぽこさんは家の近くのイタトマでごはんを食べたがったのであるが、
まゆげないヒト(私だ。笑)とパジャマのヒト(ぽこさんだ。笑)が、イタト
マに行くべきではない、との夫の判断で(笑)、家に帰ってきて食べたのであ
った。
月見風呂夜景風呂

ごきげんちゃーくん

先日、ぽこさんは眠る前に、ぴーちゃんを抱きかかえたまま、おふとんの上に
転がっていて。いつの間にかそのまま寝てしまった。ねこどもは、一緒のおふ
とんで眠らせないことにしているので、ぴーちゃんを抱っこして別の部屋へと
連れていった。ぽこさんのことも、きちんとおふとんに入れなければ・・と思
ってちょっと目を離した隙に。
またもやぴーちゃんがぽこさんの腕の中に戻ってきてくつろいでいたのであっ
た。やれやれ(笑)。なかよきことは美しきことだけどさ。

ぴーちゃんは、こんなだけど、ちゃーくんも負けず劣らず。
私が部屋の中で洗濯物を干そうとすると(冬場はお外寒かったりお天気悪かっ
たりするので、ほとんど部屋干しなのだ)、必ずやって来て、私の脚にかりか
りと前足をかけるのだわ。どういうスイッチが入るのかわからないのだけどね、
さっきまでストーブの前に転がっていたじゃないか、チミ!って感じなのに、
脚に気配を感じると、いる(笑)。抱っこしてあげるのよ。仕方ないから。右
肩のあたりでそのままふがふがしているちゃーくん。
しかし、ずうっとそのままだと洗濯物を干すことができない。いい加減めんど
うくさくなってきて、階下にいる父に渡しに行く。いくらかわいくてもね。

そう。かわいくても、私もにゃんこ的なヒトなのであんまりしつこいのは、ち
ょっと、と思うのだ。
ちゃーくんはとっても好みのにゃんこではあるのだけれども。
顔がまるいところ。茶トラなところ。ぽわっとしているところ。足が短いとこ
ろ。ちゃーくんの素敵なところはたくさんあるけれど、中でもとってもいいな
あと思うのがたいていいつでもご機嫌さんで、しっぽをぴーんとたてていると
ころ。
にゃんこも人間もご機嫌なのがいいよね。
草、おいしいねしっぽ、ぴん

豆おまもり

先週の節分の日。善光寺には草刈正雄が来たのだねえ。知ってたら行ったのにのに。
私も「殿!」とか「大殿!」とか、かけ声かけたかったなあ。

家では当日、豆まきをせず。
ぽこさんはヤマハのレッスンで。ぽこさんが帰ってくるのと入れ違いに私が小学校
へ。PTAの正副委員長決めがあったので。私らが所属する地区は子どもが少ない地
区なので、私は、ふたつの委員を兼任する。そういう地区は他にもたくさんあって
ね(すごおく多い地区もあるんだけどね)。兼任している人々は委員長は免除され
るの。副委員長のくじ引きにだけ参加すればいいのだ。
で、外れ(当たりとも言う)。運がいいと思っているので、当たらなければいいな
あと思うようなくじは「当たる気がしない」のだわ。ヒラの私は、来年度、委員長
さん達にしっかりついていこうと思う。

節分の日に豆まきをしなかったけれど、翌朝、ぽこさんがはりきってやっておった。
我が家では小さい頃から「落花生」で豆まきをする。部屋に落ちた落花生をぴーち
ゃんがもてあそんでおった(ぴーなっつがピーナッツで遊んでるよ!)。豆まきを
するぽこさんだけど、「病気」や「災い」は嫌だろうけど「鬼」のことは嫌だとは
あんまり思っていない。というか、むしろ「かわいそう」と思っている。鬼全部が
「泣いた赤鬼」の友達の「青鬼」に思えてしまうのだろうか。

ぽこさんは、節分より前に、私と夫にお手紙を書いてくれた。
「豆おまもり」入りだよ。ほんとに豆なヒトなのだ。
お手紙の締めの「いつもありがとう。大好きだよ」という言葉も外せない言葉だそ
う。うんうん、いつもこの言葉が書かれているよ。ぽこさんのこんな言葉や、気持
ちや、豆おまもりに守られているので、今年も私は穏やかに暮らしていけると思う
わ。ありがとさん。
おまもり

びんぐし湯さん館に行ったよ

昨日は、ぽこさんガールスカウト活動。シンキングデイについての集会。
お昼に終わったので、私の母と共にお迎えに行き、温泉へとGO(笑)。
お昼過ぎからの移動なので、あまり遠くには行けないよね、ということで、集会が
行われていたところからわりと近めの温泉をピックアップ。集会が篠ノ井だったの
で「室賀温泉ささらの湯」がいいのではないかと母が言う。「そうだねー。ついで
にまた室賀氏のお墓参りもしようね」と私。室賀って・・たいして近くもない。上
田だからね(笑)。

しかし。ここ、老朽化した浴室の改修工事に伴い、平成29年2月6日(月)から
3月17日(金)までの40日間全館休館中なのであった。たまたま土曜の夜、ふ
るさと納税のサイト見てて気づいたのよ。よかったよ(まあ、行く前に一応チェッ
クはしただろうけれども)。それにしても、改修工事は致し方ないにしても、何も
冬のこの時期やることもなかろうになあ。この時期の方が温泉入りに行くヒト多い
と思うのだけどなあ。

まあいいや。ということで坂城の「びんぐし湯さん館」に行くことにした。ちょう
ど、フリーペーパーの「プースカフェ」についていたお得なチケットも持っている
し。入浴料(通常大人500円)と、ごはん(エビ天丼か、カツ丼だったかな。通
常750円)のセットになっていて1000円なのだ。大広間は満席となっていて
本当にぎっしりだったけれど、たまたま空いているところをみつけ座ることができ
たよ(もし、席が本当になさそうだったら「竹林の湯」に行こうかとも考えておっ
た)。「ながの子育て家庭応援優待パスポート」での割引もあって。母は400円。
ぽこさんは240円(通常300円)。
泉質は単純硫黄温泉(低張性アルカリ性高温泉)。

ここに来たのは2005年に、父と、夫と私の3人で冠着山に登った時だったと思
うの(冠着山には一昨年も登ったけどね。今度は夫とぽこさんと私の3人で)。そ
の時のブログ記事には温泉のことが書いてなかったのだけれども。館内の「釣りキ
チ三平」のあれこれを見て「やっぱり、絶対来たよ」と確信したのであった。縁が
あるそうな。作者の矢口高雄さんと坂城町は。
もう10年以上も訪れていなかったので、初めて、みたいなものですな。

坂城、と言えば、有名なのが「ねずみ大根」。おしぼりうどんや、おしぼりそばに
大根おろしとして使われる辛い大根ね。あれもとってもおいしいから、誰か頼まな
いかなあと思っていたのに誰も頼まず残念(私は天丼だからね)。

数独をやっているうちにおひるねモードに入った母を残し、ぽこさんとふたりで、
お風呂に行く。ぽこさんは髪や体を大急ぎで洗い、もう速攻お風呂。しかも、内湯
もそこそこに露天露天と騒ぐ(露天風呂大好きなぽこさん)。ちょっと待ってよー
と言っていた私も慌てて露天。なぜなら楽しそうな浴槽が空いたからだ。
楽しそうな浴槽は「石風呂」。昔はあったのかどうか全く覚えていないけど、こう
いう浴槽大好き!「やきもち家」には樽?の形の浴槽があったけど、石臼みたいな
浴槽に入ったのは初めてかも(記憶にないだけかもしれんが)。お尻がつるっと滑
ってなんだか楽しいのだわ。
眺めもいい。雪景色の家々が見えて。
今年(意識して)入ってきた温泉の中では、今のところロケーションは一番いいか
もだなあ。お山のわりと上に方にあるせいもあるね、きっと。浴槽の楽しさも一番。
泉質も微妙な硫黄臭さがあっていい(うんと硫黄臭いとまさに「ザ・温泉」って感
じでそれもいいのだけど、匂いがずうううっと残って煩わしいような気分になるこ
ともあるから)。飲湯があったのもうれしかったね(ぽこさん飲湯するのも大好き
なのよ)。
ちなみに鉄(なのかな?)の、五右衛門風呂も別にあったよ。ちっともあちちじゃ
なかったけれど(笑)。

サウナに入る。ぽこさん、熱いからいったん出てお水飲んでまたサウナに入る、と
出たところで滑って転ぶ。サウナにいたおばさま方に心配されて恥ずかしいぽこさ
んなのであった(笑)。
サウナ出てからまた露天入って内湯入ってあがったのであった。
ところで、お風呂では倒れてしまった方がいて、いっときお風呂場が騒然となった
のであった。ひとりで来ていたその方、ずいぶん長いことお湯に浸かっているなあ
とは思ったのよ。どうやら1時間半以上もいたみたいで(浸かっていたのがそのく
らいなのかはわからん)。温泉(特にお湯がそれほど熱くない場合)はついつい長
居したくなっちゃうけどほどほどにせねばならんね(以前、松代温泉でも湯あたり
起こして介抱されていた方を見たことがある)。

お風呂上がりに食べたジェラートもおいしゅうございました。
私が「キャラメルかぼちゃ」。ぽこさんは「ヨーグルト」と「ラムレーズン」のダ
ブル。
石風呂その1石風呂その2ごはん


ふるさとは、遠きにありて思ふもの

少し前に、ふるさと納税の返礼品、「近江牛ロース」が滋賀県草津市から届き、
家族3人でおいしくいただいた。ふるさと納税、やろうやろうとずうっと思った
まま時が過ぎ。友達の「こんなものが届いた」という記事を目にする度に、申し
込まねばと思ったまま時が過ぎ。やっと、去年の年末に慌てて申し込んだのであ
った。

この制度も、楽しい制度だ、というのはわかってはいたけれど、どんな風になっ
ているのか、ということがイマイチわからず、今日、ブログを書くにあたって、
再確認したよ。
たとえば、私が住んでいる長野市に10000円の税金を払うことになっていた
場合、「ふるさと納税」という制度を使って、他の自治体にその分の税金を払う。
そうすると長野市からは10000円徴収されない。でも、例外?なわけだから
2000円分は長野市から徴収されることになる。では、2000円損してしま
ったのか?というと、税金を払った他の自治体から返礼品が届くので(おそらく
ほとんどが2000円以上のものなのだろうと思う)、損はせず、楽しい。
ということでいいのかしらん。

ちなみに届いた近江牛は500グラム(すき焼き、しゃぶしゃぶ用)。
ちょっとネットで検索してみるとかなりいいお値段がついておった(6000円
ほど)。
確かに、普段我が家では食べることは全くないであろうという上等なお肉だった
よ。すき焼きにして食べたのだけど、なんかすぐお腹いっぱいになっちゃうの。
なので、2日にわけて食べたのであった。しあわせであった。

ところで、確定申告するのは手間だと思ったので、夫のマイナンバーやらなんや
ら記入したりコピーを添付したりして草津市に送る「ワンストップ特例申請」を
したのだけどね、そう言えば、我が家、ふるさと納税とは別に、こども病院と、
肉球クラブに寄付したりもしてたのね。それは確定申告しないとだめだよね?で
も、ふるさと納税の方では、すでにワンストップ・・で出しちゃったから確定申
告をやったらきっとわけわからないことになりそうな気がする。もう寄付は寄付
ってだけでいいか(笑)。
近江牛

英検4級結果速報

1月にぽこさんが受けた英検4級。
今日の夕方から、サイトにて結果を知ることができるのであった。すっかり忘れていた
のであった。お友達からメッセ来て「おお!そうだった!そうだった!」と。慌ててサ
イトに行くも、アクセス集中してて、ちょい繋がりにくい。しばし、待って、やっと繋
がった。

ぽこさん、930スコアで無事、合格しておった。
よかったねえ。おおよその予想はついてはいたのだけれども。なぜなら・・
試験が終わって、手元に戻ってきた問題にね、ぽこさん、丸印をつけていたの。自分が
回答した番号がわかるように、と。それがすごいなあって私は思ったのであった。
今まではそんな風にはしていなかったから。従姉妹のおねえちゃんが中学受験をした際
にそんな風に印をつけて確認していたことがあってね。以前、その話をぽこさんにもし
たことがあったの。「すごいねえ。こうやっていると自分がどうだったか予想ついてい
いもんねえ」と。たぶん、それが記憶に残っていたのじゃないかしらん。ぽこさんも、
大人になったもんだよ。

で、それをチェックしてみた結果、Readingの問題は、2問間違えたね、と。
I really want to (   )about your trip to Canada,Amy.
のかっこの中に入れる単語はhearを入れるべきだったのにhaveを入れておった。
おそらくhave a nice trip みたいな言い回しが頭にあったのじゃないかなあと推測。
それからもう1問は
Your must  (   )a pencil to do the best.
原型のuseを入れなければいけないのにusingを選んでおった。これまたmustは、まだ
まだぽこさんの身には全くついていないからであろう。mustを使った文章なんて自分
で言ったこともないもんね、ぽこさん。まあ、これからぼちぼちですな。
Listeningは満点だったよ。さすがですな。小さい頃から遊ぶようにして(笑)、英会
話のお教室に通っているからお耳が慣れているのであろう。私、いつも思うのだけど、
ヤマハに通っているのもいいのだろうなあ。相乗効果って言うか。音を拾うようなお
耳になっているのだと思う。

次は3級向けてぜひぜひがんばってくれたまえ。
そのお勉強と共に、英会話のお教室では今までの復習(主に書き、なのかな?)もや
っていくとのことでちょっと前にそれように本屋さんでテキストを買ったよ。また、
たくさん英語の本を読んでいくのも大事だよね、ということでお教室にある本の中か
らよさそうなものをみつくろってもらって、借りてきて少しずつ読んでいるよ。結構
読めるし、理解もしている。当たり前なのかもしれないけど、これまた力がついてき
ているのだろうなあと思う。けんたろさん一家からいただいた英語の本もどっさりあ
るしなー。
お教室の先生曰く「とにかく早く海外に行かせてあげて!」と。英語を使うモチベー
ションもあがるし、よりいっそう慣れるから、と。
ほんっと、行きたいねえ!
英語速報!


















十福の湯に行ったよ

昨日は、2月になって初めての温泉(2月初日だけどねー)。2月は日数少ないのに
なぜか5つ行く目標にしているからなあ。

両親(水曜と日曜に温泉に行くことが多い)は、最初、若穂の「湯〜ぱれあ」に行こ
うとしていたのだけれど、私が真田の「十福の湯」を提案。地蔵峠もおそらく雪がな
いだろうから行けるよ、と。地蔵峠が凍っていた場合、ちょっと危険だからね。

そんなわけで「十福の湯」。土日は混んでいることが多いのだけど、平日なせいか、
ちょうどいい具合。休むための広間も、おひるごはんを食べるためのレストランでも
余裕で席に着くことができたよ。
建物の中をあれこれ見てまわってみたら、「仮眠室」もあった。知らなかったわあ。
これはあれかね?スキーとか信州に旅に来ていたヒトのためなのかな?がんがん動き
まわるヒトにとってはいい施設だねえ。

母は「おたんじょうび月」だから届いたというハガキで無料。私は600円。これは
母が「会員」になっているから、同伴者ということで割引になったのかな。通常平日
650円(土日祝日は700円)。母はいたるところでなんらかの会員なりなんなり
になっていそうな気がするわ(笑)。

着いてすぐ、父は館内にある床屋さんに予約。そう、床屋さんがあるの。お店のヒト
曰く、群馬から予約の電話が来ることもあるそうな。群馬からここまでいくつも床屋
さんや、温泉あるのにねえ。すごいなあ。「十福に来ること」を楽しみにしているの
だろうね。上田や佐久あたりからも結構来るらしい。

先日行った須坂の「湯っ蔵んど」と同じ系列なのだけど、建物の雰囲気はこちらの方
が好みかも。ログハウスだから。お湯は、アルカリ性単純温泉。何度か来たことがあ
るけれど、最後に来たのは2年前の夏だったかな。烏帽子岳登山の帰りに寄ったの。
何度か来たことがあるのに、サウナに入るのは初めてだわ。内湯のところにサウナの
お部屋があるのではなく、露天風呂の隣にサウナの建物があったよ。サウナの建物、
広くて窓から外も見えてとてもいい雰囲気だった。元々すごく高温なのか、それとも
たまたま私しか入っていなかったためかすぐに熱くなってしまい(特にお部屋の床が。
歩くのがたぶんすごくつらくなるだろうと思われたため)早々に出てきてしまったけ
れど。

おひるごはんは、ペスカトーレと、4種のチーズのピザを、母とシェアした。おいし
ゅうございました。それから「オブセミルク」のジェラートも食べた。母は、おたん
じょうびのプレゼントとしてジェラートのミニサイズがプレゼントされるということ
で(会員になっているとなんだかすごく楽しそうだよねえ)ポンカンのジェラート。

帰ってくる途中「虫歌の湯」の看板を見かけ。「そういえば私、虫歌行ったことない
なあ」と言ったら「もうやってないよ」と父。そうか、温泉施設、経営がうまくいか
ないところもあるんだね。土日に温泉行くと、どこも賑わっているから、つぶれちゃ
うところがあるなんて考えもしなかったけれど。
サウナ雪景色パスタピザジェラート



ガールスカウトでバレンタインスイーツを作ろう!!

先日の日曜日は、ガールスカウト活動。
「バレンタインスイーツをつくろう!!」ケーキ屋さんで働いているプロの方を先
生としてお招きして教えてもらうの。素敵。もちろん私も一緒に教えてもらうよ。

今回は、外部のちびっこらとその親御さんにも「ガールスカウト長野県第41団」
の活動を知っていただこう、興味を持っていただこう、ということで、41団のち
びっこらだけでなく、外部のちびっこらもたくさん参加したよ。
いろいろ企画するリーダーはすごいなあって思う。だって、参加しやすいっていう
か参加したくなるよね?今回みたいな企画は。
そんなわけで30人以上も参加希望者がいたのだって!あんまりたくさんは難しい
から、キャンセル待ちにしていただいたりなどもしてね。

まずは、スカウト達がバッジ申請の集会などやっている間に、親が、スイーツ体験
をする。
事前に作ってきていただいていたシューの中にクリームを入れてまわりをデコレー
ションするのだけど。難しいわ。先生みたいにかわいくはとてもじゃないけど、で
きなかった。プロってすごいんだなあって思ったよ。ひとつをおいしくさっそく食
べて(笑)、残りは持って帰ることとする。

そして、外部の方々の受付をしたあと、みんなで馬蹄型になって開会式。
パトロール毎に別れてスイーツ体験。同じパトロールのスカウトらの様子や、ぽこ
さんから聞いたりなどした感じからいって、ちびっこの方が自由でのびのびとデコ
っていた模様。子どもはいいですな。
このシュー、プロが作ったものだから当たり前だけど、さくっとしていてとっても
おいしかった。今回の活動のために、なんと400個も焼いてきてくださったのだ
そう!大変だっただろうなあ。ありがとうございました。

みんなでおいしく食べた後は、外部のちびっこの親御さんはガールスカウトの説明
を受けるために別室へ。ちびっこらは、スカウトらと一緒にゲーム。楽しくおいし
い活動だったね。
写真のスイーツは先生が作ったものです(私と、スカウトのママさんでいただきま
した。笑。自分達で作ったものも食べたのに)。
スイーツ作りせいぞろいデモンストレーション親子で作ってますアラザンかけたり雪だるま風先生の

私のスターダスト

ネタバレありです。

先週の土曜日、「スターウォーズ ローグ・ワン」を観たよ。
飯綱でごはん食べて、温泉入って、いったん家に戻って小学校からもらった割引券
を持って、映画館へGO。盛りだくさんな一日であった。
ぽこさんは寝てしまうのじゃないかしら?と危惧したのだけど、大丈夫であった。
痛恨だったのは、クライマックスで「さっきからずっと我慢してたけどトイレに行
きたい」と言いだしたことである。ぽこさんをトイレに連れて行った夫は「反乱軍
にきちんとデータがわたったかどうか」わからないのであった(笑)。
ぽこさん、始まる前にトイレに行かなかったからねえ。それに「あたし、Mね!」
とコーラを買ってもらってぐびぐび飲んでたから(笑)。ちなみにぽこさんは、コ
カよりペプシの方が好きなのだそうな。私は意識したことがなく飲み比べたことも
ないので(ぽこさんも飲み比べたことないけど)よくわからん。

私が好きだったのはお坊さんと、そのお坊さんとセットのヒト(「セットのヒトっ
て!失礼だなー」と夫。「でもその人達、仲良しじゃん。セットじゃん」と私)。
どちらも中国系のヒトなのね。圧倒的に強いキャラがいいなあと思ってしまうのだ
わ。わかりやすいな、私。それからKちゃん。

ぽこさんと私は今年すでに2本、映画館で映画を観た。私達にとってはかなりなハ
イペース。「ゆうたん、映画人だねえ」と言ったら「どっちも戦争の映画じゃん。
戦争いやだー」と。どちらも、素敵な映画だとぽこさんも思っているだろうけれど
しんどいんだね。「みんな死んじゃうし」と。

往年のスターウォーズファンから観たら「なぜあのヒトが何十年も前と同じ状態で
登場できる?」と思うらしいのだけど、私は往年のファンではないので(そもそも
スターウォーズ、映画館で観たの「フォースの覚醒」が初めてだもの)、特に衝撃
は受けず。でも、最後の場面、希望が感じられる(謎)言葉だったのに、とっても
寂しい気持ちになってしまったのであった。
エンドロールまで観てたけど、今、車の中で聴きまくっている曲と(壮大さ、とい
う点において)よく似ているなあと思う。こういった曲を弾くオーケストラのヒト
達は楽しいだろうなあ。や、なんでも楽しいのかもしれないけどさ。気分盛り上が
るだろうなって思って。

夫は「エピソード4」のDVDを借りてきて「これこれ!この1行が映画になってる
んだよっ!」と興奮しておる。
私は、ぽこさんを、ときおり「私のスターダスト」と呼ぶ。ぽこさんは若干うれし
そう。ちょっと前の呼び名「弱弱(じゃくじゃく)さん」よりよっぽどマシなので
(「強弱」と書かなければいけないところ、間違えて「弱弱」と書いてしまったぽ
こさんを揶揄するためにときどきそう呼んでおったのだ)。「私のスターダスト」
と呼ぶと、ぽこさんは「私のハウスダスト」とこたえるのである。
私のスターダスト

ココットでハンバーグを食べた天狗

昨日は、レストランココットに行った。
少し前にプースカフェの懸賞でこのレストランの「オススメセット」のお食事券が
当たったのだ。プースカフェさん、ココットさん、ありがとうございます。

そして、今回ブログを書こうと思ってお店のサイトなど見ていて気づいた。
私が昔行ったことがあるお店はここではなかったことに(懸賞出す時に「ああ、あ
そこのお店だ。懐かしいなあ」って思いながら書いていたの)。あのお店は、では
一体なんてお店だったっけなあ。

夫とぽこさんと私の3人で行ったのだけどね、お店で撮ったのをフェイスブックに
upした写真を見て、お友達のmokoさんが「味噌味!」と。mokoさんはカフェ巡り
をライフワークにしているような素敵なヒトなので、もちろんココットにも食べに
来たことがあり。味噌味が一番好きだと。

ぽこさんは最初、「飯綱までごはんを食べに行く」と言ったら渋ってね。あのヒト
おでかけは好きなんだけど(あのヒトの中で)「遠いところ」に行くのはあんまり
好きじゃないんだよねえ。飛行機乗るのも好きだし、お泊まり(しなければならな
いところ)に行くのも好きなのに。「まあ、あんたは旅人じゃないからねえ。いや、
旅人にならなきゃいけないってことは全然ないんだよー。ヒトそれぞれなんだし」
と言うとすっごく嫌がるんだけどね(笑)。「旅人」ではいたいらしいのよ(笑)。
たぶん「カフェに行く」「おいしいもの食べに行く」という言葉では釣れないヒト
でもある。女子じゃないから(笑)。あと、どんなところなのか、とか、どんなこ
とが始まるのか、といったことも、子どもなのでうまく予想できないから、気持ち
が乗らないっていうのもあるのだと思う。

で、ココットに着いて、車を降りた途端(いや、もう降りる前から)、「素敵なと
ころじゃーん」と(笑)。そう言えば、あのヒト、森の中のレストランとかカフェ
とかあんまり行ったことがなかったかも。いやいや、そうではないな。行ったこと
はいろいろあるけど、あまりに小さかったため、覚えていないのであろう。もっと
そういうところに連れて行かねば(っていうか私が行きたい)。そうか、戸隠のス
キー場で「やなぎらん」が好きなのも森の中のレストランといった趣だから好きだ
ったりもするのかもなあ。

ココット、飯綱の森の中だからね。しかも、昨日は雪どっさりだから、よりいっそ
ういい雰囲気なのよ。暮らしたりするには大変でしょうけれども。おうちの雰囲気
もすごく気に入ったようで「ローラのおうちみたいじゃん!絶対ローラってこんな
おうちに住んでいたよね」と。よかったよかった。
私はいただいたチケットの通りミソアジハンバーグのオススメセット。サラダと、
ライス、コーヒーにデザートのプリンつき。サラダがね、ミニサラダって書いてあ
ったけど、全然ミニじゃない!なんかもうサラダ食べているだけでお腹が一杯な気
分になってきたよ。ハンバーグもおっきいし、mokoさんが言うようにおいしいし。
ハンバーグだけじゃなくて、つけあわせのじゃがいもも、いんげんもおいしいし、
にんじんのグラッセもごろごろと大きくおいしいし。
プリンも大きい!家族3人で楽しくしあわせな気持ちでごはんを食べたのであった。

ランチ後は温泉に行こうと思っていて。
最初、奥裾花とかいいのじゃないかなあって思っていたの(秘境っぽいところ、ひ
なびたところが大好きなので)。でも、「温泉」やってない。えええ、なんで?と
思ったら以前、火事があってそこからまだ復活していない、と。そう言えばそんな
ことあった。その場に居合わせたヒト、知り合いでいたいた。誰だったっけかな。
ピアノの先生だったかな?英語関係者だったかな?忘れてしまったけれど。よかっ
た。事前に調べておいて。

そんなわけで、近いところで「むれ温泉・天狗の館」にしてみたよ。今年4湯め。
今月の目標クリア(笑)。近いと言えば、アゼィリアの方が近いというか行きやす
いのかもしれないけれど、天狗の館の方は、夫がまだ行ったことがなかったので。
大人600円。小学生300円。泉質はナトリウム・カルシウム塩化物泉。
ここも露天風呂があるので、露天ももちろん入ったよ。サウナもあったので入った。
夫の「好きな温泉のポイント」は、昔は「露天風呂がある温泉」で、その後、少し
前までは「脱衣所が広いところ」になったのだけど(ぽこさんを連れて入っていた
ため。脱ぎ着の面倒をみるためには脱衣所が広い方がいいからね)、最近は、ぽこ
さんは女湯に入るようになったので、あれかしら?また「露天風呂がある温泉」に
なったのかしら?聞いてないけど、また聞いてみようっと。
ぽこさんは、とにかく松代温泉が好き。近いから(笑)。夫も好きだと言うし、私
も好きな温泉のひとつではあるけれどね。

しかし、天狗の館の露天、寒い。標高高いしなあ。まわり雪積もっていて、そこに
風が当たって冷たい空気がひやああっとくるのよ。早々に露天とはおさらばして、
内湯にちょっとつかって、サウナへ。サウナも元々好きだったけど、これからは意
識してサウナに入るよ(笑)。夫にもサウナ、やっぱりいいよおと話していたので
今までそれほど気に留めていなかった夫ですら入ったからね。「ポカリとか持って
長い時間入りたい」って言ってたからね。
温泉周辺もそうだったけど、帰る時に下った道も雪が積もっていて怖かった。聴い
ていた曲がまたなんか雰囲気がすごくある曲でね(曲名はまだ言えない)「映画の
中のヒトになった気分」と私は言い「映画だとさ、これからトラブルがあるんだよ
ね。いきなり誰かに車をとめられてさ、その誰かが殺人鬼だったりしてさ」と、自
分の(笑)恐怖心をさらに煽る。煽ったところで除雪車登場。ぶんぶん除雪してい
て、それを見るだけで恐怖心がさらに募るのであった(私だけ)。
ぽこさんはデミグラス雪どっさりツナサラダ!プリンありがとう♡天狗と言えない鼻の高さ除雪車
ギャラリー
  • YOU游ランドに行ったよ
  • YOU游ランドに行ったよ
  • YOU游ランドに行ったよ
  • シルバー・ガール
  • シルバー・ガール
  • シルバー・ガール
Profile
Ma
へたれらいどぅぁー。。おいしいものやら、にゃんこ系動物やら、みうじかるやら、読書やら、80年代やら、旅やら、好きなものたくさん。
本が好き!
本が好き!免許皆伝
ブクログ本棚
Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Recent comments
WEBSTA Instagram Web Viewer
Recent TrackBacks
虹の季節 (ぴんぼけ日記)
Over The Rainbow
レーシックについての不安 (角膜が薄いからとレーシックを拒否された!→イントラレーシック/エピレーシック/PRK 強度近視矯正へのチャレンジ  【レーシック体験談】)
めぢから
  • ライブドアブログ