2005年09月09日

PoPo(カウンターバー@大阪 北新地)

04672cad.jpg北新地にあるガールズバーというかスナックというかスナック的なカウンターバーのお店。北新地にしては安く飲め、女性の従業員も多く賑やかに独りでも楽しく飲むことができ、遅い時間だとカラオケも楽しむことができます。

付き出しで出たお漬物や塩辛が美味しく、焼酎は明るい農村(芋焼酎)などがあったりと、ただのスナック的なカウンターバーとは違い、できるな!的印象。料金は時間制で明朗会計(詳しくはお店のホームページを参照してください)。出前を取ることも可能なようです。

好き度:★★★★★☆☆☆☆☆

◆COUNTER BAR PoPo
住所:大阪市北区堂島1-3-23 大阪屋北新地ビル2F
TEL:06-6341-4848
定休日:日曜日・祝日
営業時間:20:00〜27:00
地図 >>>
※お店の情報は、訪問・更新時から変更になっている場合がありますので、詳細はお店へご確認ください。

【お店サイト】
Counter Bar PoPo

人気blogランキングへ(グルメ・料理がテーマのブログ・ランキングがご覧になれます)



夢見る力 3年(麦)720ml
一滴一滴に旨味の全てが凝縮された焼酎。できればロックでいただきたい本格麦焼酎です。本格麦焼酎「夢見る力3年」
薩摩富士
薩摩富士は、昔ながらの甕仕込み、木桶蒸留、甕貯蔵で造りました。ぎっしりと芋焼酎の奥深い味わいを凝縮し、復活させたプレミアム焼酎です。ラベルも昔使われたものをを蘇らせています。「一麹、二もと、三造り」と言われる様に、平行複発酵と単式蒸留を行い、巧妙複雑な造りを行っています。割り方、呑み方、燗付け、など工夫して楽しんでいただけます。
妖精の吐息
■赤芋の甘味・旨味が抜群!■ 焼酎の本場、宮崎県串間市の豊かな大地で育ったミヤザキベニ(赤芋)を使用。この赤芋は、主に食用として使われるほど、自然の甘味がたっぷり!しかも、串間でしか作られておらず、原料を十分に確保することが困難という秘蔵の赤芋。しかし残念ながら、「妖精の吐息」は月間1,000本の限定生産となっております。この芋焼酎でしか味わえない、赤芋特有の甘味・旨味をお楽しみください。


トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 官房長官   2005年09月10日 21:20
明石屋?の上階かな。
ここはお酒は飲み放題なんですか?

それでは問題。
カウンターバーとスナックの違いを述べよ。
2. Posted by ポップ   2005年09月12日 10:08
▼官房長官さん
そうです。明石屋さんの上です。
飲み放題のフリードリンク制とボトル制があるようです。

カウンターバーとスナックの違い・・・
うーん。ママさんがいないので、スナックではなく
カウンターバーにしているとか!?
3. Posted by やなちゃん   2005年09月12日 10:39
当然フリードリンクのほうが少し高いのですが、
時間制なのでハイピッチで飲み倒せば、
フリーの方が実質的にはお得なこともあります。

そのかわりたぶん倒れます!
4. Posted by ポップ   2005年09月12日 13:42
▼やなちゃん
かなり酒が強くないと難しそうですね・・・
5. Posted by 知ってますよん   2006年03月31日 21:30
たしかスナックは飲食店でバーは風俗で管轄が警察になると
テレビでやってましてよん
6. Posted by ポップ   2006年03月31日 22:40
▼知ってますよんさん
スナックが飲食店でバーが風俗ってのも
少しおかしな話ですよね。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔