みどりの緑陰日記

香港で始めたプレイルームどんぐりから数えて28年、子ども達に絵本や児童書を手渡し続けてきました。保育士養成の場で仕事をしたこともありますが、今は図書館にかかわる仕事をしています。絵本や児童書のこと、文庫活動のことなどを綴っています♪

2010年06月

わらべうた講座を開催しました♪

6月23日(水) 午後3時〜

I区立N図書館 視聴覚室にて

おおぜいの子どもたちやお母さん達、保育園や児童館の先生、お話ボランティアの方々が参加して「わらべうた講座」を開催いたしました。

「わらべうた」のよさは、母語である日本語の持つ響き、深みのあることばの味わいを子どもたちに伝えることのできる優れた伝承文化であり、遊びの中で、生活の中で大人と子どもが一緒に歌いながら継承されてきたものです。

「わらべうた」の耳にここちよいリズム、情緒を安定させる抑揚、それらは子どもたちを生活の中の様々なものに目を向けさせ、想像性を豊かに引き出してくれるものです。
単純な動きとリズムですが、お母さんの生の声で歌われる時、それは精神の浄化作用をも持ち、目や肌を通して、耳から入って鼓動の間隔を落ち着かせ、安心を与えるものであることも研究されています。

江戸時代前からずっと民衆の中で歌い継がれてきた「わらべうた」のよさは、現代の幼い子どもとどのように関わっていいかわからない親たちに、自然なあやし方、関わり方を伝える役割をも持っていることです。

講座では、そのような講釈はまず置いておいて、子どもたちがお母さんのお膝の上でたっぷり遊ぶこと、身体でわらべうたの楽しさを感じられるようにプログラムを組みました。
DSCN2455.jpg











館長の開会のあいさつ
絵本の時間 『くっついた』三浦太郎 こぐま社 

わらべうたプログラム
〈赤ちゃんと遊ぶプログラム〉
・このこ どこのこ かっちんこ
・ちょち ちょち あわわ
・めんめん すー すー
・ここはとうちゃん にんどころ
・めんめん たまぐら
・ここはてっくび 
・おてらのつねこさん
・とうきょうと にほんばし
・ぼうず ぼうず
・うまはとしとし
・おふねがぎっちらこ
・ぎっこんばったん
・こまんか こまんか なみ

〈黄色いハンカチを使って〉
・えんやら もものき
・ちゅっちゅ こっこ
・じぃー じぃー ばぁ
・にぎり ぱっちり
・なこうか とぼうか 
・ももや ももや
・おてんとさん
・もどろ もどろ

〈ミトンくまさんを使って〉
・ととけっこう
・くまさん くまさん
・素話「くまさんのおでかけ」中川李枝子作 「おはなしのろうそく1」より
  
絵本の時間
『もっちゃう もっちゃう もうもっちゃう』土屋富士夫 徳間書店

〈輪になってあそぼう〉
・まるくなーれ
・あずきっちょ まめちょ
・あしあし あひる かかとを ねらえ
・おちゃを のみにきてください
・こりゃ どーこのじぞうさん
・さよなら あんころもち
DSCN2478.jpg

DSCN2468.jpg









参加してくれた子どもたちのあふれるばかりの笑顔、その笑顔を見て、優しい気持ちで接しているママたちの様子。
「わらべうた」を子育てに取り入れることで、ストレスのかかる子育てがより楽しくなるのではと思いました。

図書館では児童担当スタッフによる「わらべうた」や乳幼児期の子育てに関する本のブックトークもあり、終了後関連する書籍もたくさん貸出することができました。

DSCN2450.jpgDSCN2449.jpg

銀座・教文館ナルニア国からクレヨンハウスへ

6月19日(土) 午後4時〜

教文館・ナルニア国のブックトーク終了後、すぐに表参道のクレヨンハウスに向かいました。4時から子どもの本の学校があるからです。

その前にブックトーク会場のナルニアホールで、大急ぎで「モーリス・センダック展」を見てきました^^

Image989Image991







センダックは絵本以外にもいろいろな商業用のポスターも描いていたのですね。
そんなレアな作品の原画はとても興味深かったです。

さて、ナルニア国を出ると人だかりが!
何かと思って近づいてみると、「松屋通り」という標識の上に生まれたばかりと思われる子猫が!自分で登ったのかしら?降りれずミャーミャー啼いています。みんなは写メを撮るばかり…
その内ひとりのおじさんがつかつか寄って行って、無理やり下ろしていましたが^^;
Image992銀座ミキモトの店頭も紫陽花で彩られていました。

梅雨の銀座の歩行者天国もまた賑やかでした。
Image993


************

銀座の喧騒を離れて、表参道・クレヨンハウスへ

子どもの本の学校第20期2回目の今回の講師は詩人の長田弘さん。

―思いだすこと、語りかけること―というテーマで、人は時間の流れの中にある存在であり、それは必ずいつか死ぬ存在だという避けて通れない大切な人との死別について語られました。

ちょうど昨年長田さんは愛妻を天に送られています。
墓地に佇むことが多くなった長田さん、そこはことばは無いが、誰かが語りかけてくる場所、聴こえない声が聴こえる場所だとおっしゃいます。

None do speak.

詩はその「亡き者が語る」言葉に耳を傾け、語りかけられたことを書きとめること、それが詩人の仕事だと…
そこで生まれたのが『詩ふたつ』
詩ふたつ詩ふたつ
著者:長田 弘
販売元:クレヨンハウス
発売日:2010-05-20






クリムトの描く花の絵と、長田さんの詩…

この詩、二篇を特別ゲスト?の落合恵子さんが朗読してくださいました。落合恵子さんも、クレヨンハウスのエッセイに母を看取ってからは毎晩この詩集を読み、そこから毎朝出かけていく、と書き記していらっしゃったのですが、この詩は大切な誰かと死別したあとも、心はずっと寄り添っていられるのだという救いも見出すことのできるものでした。

落合さんの声を聴くうちに…涙がほろりと零れるのを禁じえませんでした。

***********

今年度の子どもの本の学校は、twitter上で出会った大人絵本会のメンバーcumakoさんとご一緒です。千葉で保育園の先生をしている彼女は「この本大好きの会」のメンバーでもあって、こひつじ文庫のマーガレットさんのお友だちでもあると知ってびっくり♪

マーガレットさんとは、シンガポール時代にHPを通して知り合い、こひつじ文庫開設のお手伝いに東京のポプラ文庫の仲間が駆けつけたご縁もあり、またいろいろ聞くと子どもたちが時期はちょうどズレてるけど、同じ幼稚園の出身ということもわかって^^

絵本が取り持つご縁の不思議さ、そして以外にもその狭さに!驚いてしまいました♪

教文館ナルニア国ブックトークの会

6月19日(土)2時〜

銀座・教文館ナルニア国のブックトークの会に行ってきました!

テーマは「虫の本」

これから夏休みに向け、図書館でもたくさん照会されるテーマです。
科学読物研究会の原田佐和子さんがブックトークしてくださいました。

ご自身も、お子さんたちと楽しんだ経験を踏まえてのおはなしでわかり易く、ああ〜こんな本ほしかった!というラインナップでした。
ではレジュメで紹介された本を順次紹介してみます♪

●虫も植物も、名前がわかると親近感がわく

「この虫、なあに?」と聞かれたら図鑑の出番。

図鑑には名前を知るための図鑑、名前からその生態などが調べられる図鑑、飼育の仕方などもわかる図鑑、さまざまなタイプがあるので、その子の興味に合わせて選ぶ必要がある…そうかぁ〜^^なるほど

〈観察会などに持参する図鑑〉
ちいさなずかん ぽっけ『はる』『なつ』『あき』『ふゆ』学研
なつ―むしやくさばなとあそぼ! (いつでもどこでもちいさなずかんポッケ)なつ―むしやくさばなとあそぼ! (いつでもどこでもちいさなずかんポッケ)
販売元:学研
発売日:2001-06





ポケット版 学研のずかん? 『昆虫』 学研
ポケット版 学研の図鑑〈1〉昆虫 (学研の図鑑 (1))ポケット版 学研の図鑑〈1〉昆虫 (学研の図鑑 (1))
著者:岡島 秀治
販売元:学習研究社
発売日:2002-04





野外観察図鑑? 『昆虫』 旺文社

昆虫 (野外観察図鑑)昆虫 (野外観察図鑑)
販売元:旺文社
発売日:1998-03






『野や庭の昆虫』『庭・畑の昆虫』〈自然観察シリーズ〉 小学館

野や庭の昆虫 (自然観察シリーズ)野や庭の昆虫 (自然観察シリーズ)
著者:中山 周平
販売元:小学館
発売日:2001-02





『花の虫さがし』『いろんな場所の虫さがし』 福音館書店

花の虫さがし―昆虫図鑑 (みぢかなかがく)花の虫さがし―昆虫図鑑 (みぢかなかがく)
著者:藤丸 篤夫
販売元:福音館書店
発売日:1996-06-01





『昼の虫・夜の虫』 福音館書店
昼の虫 夜の虫 (福音館のかがくのほん)昼の虫 夜の虫 (福音館のかがくのほん)
著者:奥本 大三郎
販売元:福音館書店
発売日:1992-06





『イモムシハンドブック』 文一総合出版

イモムシハンドブックイモムシハンドブック
著者:安田 守
販売元:文一総合出版
発売日:2010-04-10






〈読んで楽しい図鑑〉
『昆虫』 メイツ出版
知識をひろげるまなぶっく図鑑 昆虫知識をひろげるまなぶっく図鑑 昆虫
著者:前園 泰徳
販売元:メイツ出版
発売日:2005-06





『名前といわれ 昆虫図鑑』 偕成社
名前といわれ 昆虫図鑑名前といわれ 昆虫図鑑
著者:大谷 剛
販売元:偕成社
発売日:1987-07





『昆虫の不思議』 ナツメ社
昆虫の不思議 (図解雑学)昆虫の不思議 (図解雑学)
著者:伊沢 尚
販売元:ナツメ社
発売日:2006-06





『ブーン!オ・ド・ロ・キ虫百科』 フレーベル館
ブーン!オ・ド・ロ・キ虫百科 (A DORLING KINDERSLEY BOOK)ブーン!オ・ド・ロ・キ虫百科 (A DORLING KINDERSLEY BOOK)
著者:養老 孟司
販売元:フレーベル館
発売日:2009-04


●虫の一生を見る
『いのちのカプセルまゆ』 ポプラ社
いのちのカプセル まゆ (ふしぎいっぱい写真絵本)いのちのカプセル まゆ (ふしぎいっぱい写真絵本)
著者:新開 孝
販売元:ポプラ社
発売日:2008-06


『虫のこどもたち』 福音館書店
虫のこどもたち虫のこどもたち
著者:新開 孝
販売元:福音館書店
発売日:2007-06-01





『あおむし けむし』 岩波書店
あおむしけむし (大型絵本―かがくとなかよし)あおむしけむし (大型絵本―かがくとなかよし)
著者:ヴィヴィアン・フレンチ
販売元:岩波書店
発売日:1996-10





『いもむしのうんち』 ふしぎ発見シリーズ アリス館
いもむしのうんち (ふしぎ発見シリーズ)
著者:E.E.net
販売元:アリス館
発売日:1995-09

●虫を飼う
『ぼくのわたしのこんちゅうえん』 福音館書店

ぼくのわたしのこんちゅうえん (かがくのとも傑作集)ぼくのわたしのこんちゅうえん (かがくのとも傑作集)
著者:小林 俊樹
販売元:福音館書店
発売日:2000-03-10




『昆虫のかいかたそだてかた』 岩崎書店
昆虫のかいかたそだてかた (かいかたそだてかたずかん)昆虫のかいかたそだてかた (かいかたそだてかたずかん)
著者:三枝 博幸
販売元:岩崎書店
発売日:1993-08




『昆虫の食草・食樹ハンドブック』 文一総合出版
昆虫の食草・食樹ハンドブック昆虫の食草・食樹ハンドブック
著者:森上 信夫
販売元:文一総合出版
発売日:2007-04-01






●お気に入りの虫たち
『雑木林の虫の飼いかた』 偕成社
雑木林の虫の飼いかた―カブトムシ・クワガタ・オオムラサキほか (虫の飼いかた・観察のしかた)雑木林の虫の飼いかた―カブトムシ・クワガタ・オオムラサキほか (虫の飼いかた・観察のしかた)
著者:海野 和男
販売元:偕成社
発売日:1998-07




『近所の虫の飼いかた』 偕成社
近所の虫の飼いかた〈2〉スズムシ・バッタ・カマキリほか (虫の飼いかた・観察のしかた)近所の虫の飼いかた〈2〉スズムシ・バッタ・カマキリほか (虫の飼いかた・観察のしかた)
著者:海野 和男
販売元:偕成社
発売日:1999-03





●ページをめくって楽しい・どこから読んでもOKな図鑑
『昆虫記』 福音館書店
昆虫記昆虫記
著者:今森 光彦
販売元:福音館書店
発売日:1988-07-01





『蛾蝶記』 福音館書店
蛾蝶記蛾蝶記
著者:海野 和男
販売元:福音館書店
発売日:1998-06-30






●子ども用の大判図鑑
『NEO 昆虫図鑑』
昆虫 (小学館の図鑑NEO)昆虫 (小学館の図鑑NEO)
著者:小池 啓一
販売元:小学館
発売日:2002-06

おはなしラッコ☆6月

6月18日(金) 10時半〜

6月のおはなしラッコがありました。
午後からは雨が降り出したのですが、ラッコの時間は雨も降らず、小さなお友だちがベビーカーで参加することができました。

いつもは集会所の2階の洋室にウレタンマットを敷いての活動ですが、今月は2階が予約取れず、1階の和室での活動でした。

会場は半分くらいの広さで、遊ぶスペースは狭いのですが、赤ちゃんは安心してハイハイしたり、寝転ぶ事ができましたね^^

DSCN2446DSCN2445







まだ1歳のお誕生日を迎える前の生後6カ月〜9カ月のお友だちが5人。それでもママのお膝で参加するわらべうたやパネルシアターには反応を示し、とくにわらべうたのこちょこちょ遊びや揺らし遊びには大喜びでした。

************

プログラム

オープニング  〇〇ちゃんとおともだち
パネルシアター まんまるちゃん
手遊び      こぶたたぬききつねねこ
わらべうた    でんでんむしでむし
          トランスパレントで折ったかたつむりやかえるで遊ぶ
          (作成・月夜さん)
絵本      『ぴょーん』
ぴょーん (はじめてのぼうけん (1))ぴょーん (はじめてのぼうけん (1))
著者:まつおか たつひで
販売元:ポプラ社
発売日:2000-06-01





パネルシアター まんまるちゃん
手遊び      ぱんだうさぎこあら
絵本       『らっこちゃん』MAYAMAX こどものとも0.1.2 
                   2008年 福音館書店
わらべうたメドレー このこどこのこかっちんこ ぼうずぼうず
           うまはとしとし とっちんかっちん
           いっぽんばし とうきょうとにほんばし
           にぎりぱっちり ちゅっちゅこっこ じーじーばぁ
           ももやももや おてんとさん
絵本       『ぞうくんのあめふりさんぽ』
ぞうくんの あめふりさんぽ (こどものとも傑作集)ぞうくんの あめふりさんぽ (こどものとも傑作集)
著者:なかの ひろたか
販売元:福音館書店
発売日:2006-05-10





わらべうた    さよならあんころもち

*************DSCN2447

小さな赤ちゃんはまだ絵本に楽しむという感じではないのですが、ママが楽しそうにしていると赤ちゃんも楽しそう。とくにスタッフのHさんが読んでくださった『ぴょーん』は、一緒になってママに身体を持ち上げてもらえてうれしそうでしたね♪
その幸せな時間を大事にしてほしいなと思います。
今年3歳になる大きなお友だちは絵本は大好き。絵本を読み始めると前に出てきて、じっと耳を澄ませてお話を楽しんでいました^^

GMポプラ文庫☆6月

6月17日(木)午後2時〜4時半

GMポプラ文庫を開催しました。

参加人数 72名 総貸出冊数 213冊

大盛況な文庫でした。ただ前半の小さい子のおはなし会参加者が少ないのが残念。参加者年齢が今幼児以上になっているんですね。
毎回搬入する絵本が200冊。返却される本を回しているので、貸出冊数が200冊を上回るということは、返却本もかなり借りられているということですね。

貸出返却作業を全て手入力でやっているので、返却本を全てリスト上でチェックしてから、書架に戻すので作業は膨大になっていますが、できるだけスタッフも協力し合いながら、たくさんの本を借りていただけるよう努力したいと思っています。

小さい子のためのおはなし会

わらべうた  「でんでんむし でむし」
わらべうた  「ととけっこう」
おはなし   「くまさんのおでかけ」中川李枝子作 『おはなしのろうそく1』
東京子ども図書館
わらべうた  「くまさん くまさん」
絵本     「いぬがいっぱい」
いぬがいっぱい (福音館あかちゃんの絵本)いぬがいっぱい (福音館あかちゃんの絵本)
著者:グレース スカール
販売元:福音館書店
発売日:1986-09-01

絵本     「はねはね はねちゃん」
はねはね はねちゃん (0.1.2.えほん)はねはね はねちゃん (0.1.2.えほん)
著者:なかがわ りえこ
販売元:福音館書店
発売日:1998-04-15





絵本    「かおかお どんなかお」
かお かお どんなかおかお かお どんなかお
著者:柳原 良平
販売元:こぐま社
発売日:1988-01






大きい子のためのおはなし会(幼稚園児・小学生向け)

わらべうた  「でんでんむし でむし」
わらべうた  「ととけっこう」
おはなし   「くまさんのおでかけ」中川李枝子 「おはなしのろうそく1」
東京子ども図書館
絵本     「ピッツァぼうや」
ピッツァぼうやピッツァぼうや
著者:ウィリアム スタイグ
販売元:セーラー出版
発売日:2000-03





絵本    「かさどろぼう」
かさどろぼうかさどろぼう
著者:シビル ウェッタシンハ
販売元:徳間書店
発売日:2007-05





絵本    「このにおい なんのにおい」
このにおいなんのにおい
このにおい なんのにおい
著者:柳原 良平
販売元:こぐま社
発売日:2004-04-15
 
記事検索
月別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

緑陰本棚
   
greenkakoをフォローしましょう
プロフィール

みどり

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ