みどりの緑陰日記

香港で始めたプレイルームどんぐりから数えて28年、子ども達に絵本や児童書を手渡し続けてきました。保育士養成の場で仕事をしたこともありますが、今は図書館にかかわる仕事をしています。絵本や児童書のこと、文庫活動のことなどを綴っています♪

2013年02月

GMポプラ文庫☆2月

2月21日(木) 14:00〜17:00 @GMマルチルーム

風は冷たいのに、陽ざしは明るく春の兆しを感じる一日でした。

風邪の流行で参加できないお友達もいましたが、見学のお友達もいて、70名の参加がありました。貸出冊数も毎回300冊を超えています。130221_155628

来月は蔵書点検をするために、返却のみとなります。今月はたっぷり絵本をおうちで読んであげてほしいと思います。

さて、おはなし会の子どもたちのメンバーも少し入れ替わってきているようです。とくに幼稚園児のおはなし会のメンバーが変わってきているなという印象です。また少しずつおはなしに集中できるようにしたいと思っています。

今回は、私の友人Ms.Miyukiが参加してくれて、小学生のためのおはなし会で英語で子どもたちに語りかけ、英語の絵本を読んでくださいました。いつもと違った雰囲気でそれも楽しかったですね♪

******************

14:30〜  小さい子のためのおはなし会

わらべうた  ととけっこう
おはなし   「くまさんのおでかけ」『おはなしのろうそく1』より130221_144245
        中川李枝子作 東京子ども図書館
わらべうた  このこどこのこ
絵本     『いないいないばあ』松谷みよ子/瀬川康男 童心社
いないいないばあ (松谷みよ子あかちゃんの本)いないいないばあ (松谷みよ子あかちゃんの本)
著者:松谷 みよ子
販売元:童心社
(1967-04-15)
販売元:Amazon.co.jp

わらべうた  おおさむこさむ  こども風の子
        二羽のことり    
絵本     『ころころころ』元永定正 福音館書店
ころ ころ ころ (福音館の幼児絵本)ころ ころ ころ (福音館の幼児絵本)130221_144827
著者:元永 定正
販売元:福音館書店
(1984-11-22)
販売元:Amazon.co.jp

わらべうた  もちっこやいて  おてぶしてぶし
         さよならあんころもち


15:15〜  幼稚園児のためのおはなし会

わらべうた  ととけっこう
おはなし   「くまさんのおでかけ」『おはなしのろうそく1』より
        中川李枝子作 東京子ども図書館
くまさんタイム
わらべうた  「くまさんくまさん」
絵本     『うまかたやまんば』小澤俊夫/赤羽末吉 福音館書店
うまかたやまんば (日本傑作絵本シリーズ)うまかたやまんば (日本傑作絵本シリーズ)
著者:おざわ としお
販売元:福音館書店
(1988-10-01)
販売元:Amazon.co.jp

絵本     『どうながのプレッツェル』
どうながのプレッツェル (世界傑作絵本シリーズ―アメリカの絵本)どうながのプレッツェル (世界傑作絵本シリーズ―アメリカの絵本)
著者:マーグレット・レイ
販売元:福音館書店
(1978-10-20)
販売元:Amazon.co.jp

パネルシアター カレーライス


16:15〜  小学生のためのおはなし会

マザーグース  二羽のことり
絵本      『バラライカねずみのトラブロフ』ジョン・バーミンガム 童話館出版130221_150421
バラライカねずみのトラブロフバラライカねずみのトラブロフ
著者:ジョン バーニンガム
販売元:童話館出版
(1998-03)
販売元:Amazon.co.jp

絵本      『Brawn Bear Brawn Bear what do you see?』
Brown Bear, Brown Bear, What Do You See?Brown Bear, Brown Bear, What Do You See?
著者:Bill Martin
販売元:Henry Holt Books for Young Readers
(1996-09-15)
販売元:Amazon.co.jp

絵本      『ズーム』 
ZOOM (fukkan.com)ZOOM (fukkan.com)
著者:イシュトバン バンニャイ
販売元:ブッキング
(2005-04-01)
販売元:Amazon.co.jp
      
 

岡田よしたかさんVS長谷川義史さん@クレヨンハウス

2月16日(土) 16:00〜

クレヨンハウス「子どもの本の学校」第22期11回の「絵本の話をしよう!」のゲストは、岡田よしたかさんと長谷川義史さん。
長谷川さんは、クレヨンハウスの「子どもの本の学校」の常連さんだけど、岡田さんは初登場。いったいどんな人なんだろうと興味津々でした。

なぜなら彼を有名にした絵本『ちくわのわーさん』の、なんとも言えない味でした。
ちくわのわーさんちくわのわーさん
著者:岡田 よしたか
販売元:子どもの文化普及協会
(2011-10)
販売元:Amazon.co.jp
ちくわが、目鼻をつけて擬人化されるのではなく、そのままの姿で散歩にでかけるというおはなし。

なんと岡田さんは1956年生まれの大阪のおっちゃんそして長谷川義史さんは1961年生まれのやっぱり大阪のおっさん。ふたりがゆる〜く語り合う内容が、とにかく可笑しかったです。

岡田さんは男性保育士。モンキー岡田と呼ばれていて、大阪では「奇才やなあ〜」と一目置かれる存在だったんだと・・・

その後『うどんのうーやん』も出ている岡田さん。実は公立の芸大出身。
うどんのうーやんうどんのうーやん
著者:岡田 よしたか
販売元:ブロンズ新社
(2012-08)
販売元:Amazon.co.jp
ところが、その前に福音館書店から『特急おべんとう号』も出していたのですね・・・
特急おべんとう号 (福音館創作童話シリーズ)特急おべんとう号 (福音館創作童話シリーズ)
著者:岡田 よしたか
販売元:福音館書店
(2009-03-01)
販売元:Amazon.co.jp
やはり福音館書店では、編集者にダメ出しを出され続け、「人生って、世間って厳しい!」って思ったのだそう〜
ブロンズ新社は、ふところが広く、「これもあり?」っていうようなアイディアも面白がってもらったのだとか・・・

たしかに出版社によって、編集方針が違うっていうのもうなづけます。どっちがいいか悪いかは別。(私は福音館書店と岩波書店の絵本に偏重するきらいがあるのですが〜)

長谷川さんと岡田さんは、大阪で活動する絵本作家として10年以上続いた「手作り紙芝居大会」をして、おバカな芸を、お互いに負けずにし合ったのだとか。噂をきいて観覧者が増えてしまい、2年ほど前に中止したのでそうですが・・・「パンツ芝居」をしたり、みんなハチャメチャだったそう。

岡田さんいわく、「あなたの絵本は、子どもの何を育むのかと質問されるけれど、そんなん考えてないねん。絵本でなんか育んだろなんて思うてへん。楽しんでもらえたらええねん。」どこまでも突き抜けている岡田さんです。

それに対して長谷川さんは、『ちくわのわーさん』を見た瞬間、「こんな本、見たことないで!たいていビビらへんのやけど、えらい奴でてきてもうた、とビビってんねん!特殊ですやん。広く一般受け入れられへんと思ってん。ところが大うけやで〜」との感想。

とにかく子どもも大人も楽しましたろ!精神のお二人。対談も笑いの渦に巻き込まれる賑やかな時間になりました。

長谷川さんのウクレレと、岡田さんのハーモニカで、長谷川さんの絵本、『ようちえん、いやや』を歌ってくれました!これがまた涙が出るほどおかしかった♪
ようちえんいやや (絵本・こどものひろば)ようちえんいやや (絵本・こどものひろば)
著者:長谷川 義史
販売元:童心社
(2012-02)
販売元:Amazon.co.jp
岡田さんは、子ども時代から、”イチビリ”=お調子者。学校中を笑わせるキャラだったのだとか。なんでも面白がらせて、笑いを取る・・・絵本にもそれが反映されていましね。そして長谷川さんも絶対に”イチビリ”

対談の最後に長谷川さんが翻訳した絵本を読んでくださいました。これがまた不思議な雰囲気の絵本・・・ゆるい大阪弁が味わい深かったです!
どこいったんどこいったん
著者:ジョン・クラッセン/長谷川義史訳
販売元:クレヨンハウス
(2011-11-25)
販売元:Amazon.co.jp


岡田さんはすこぶるノーマルに見えて(外見は)、そんなお調子者には見えず。とにかく注目したい作家さんだと思いました!

夢の時間へ・・・苗場ユーミンコンサート

2月10日(日)〜11日(月) @苗場プリンスホテル

あの夢のような時間からすでに1週間。あの2日間を思い出すと、まだ夢の中にいるかのような・・・暖かで幸せな気持ちになります

Yuming Surf & Snow In Naeba vol.33」 

1981年に始まった苗場でのユーミンコンサート。当時、私は大学3年生。福岡にいました。ユーミンが「荒井由実」だった中学生時代から、大好きで・・・大学生になってからは、コンサートにも何度も行っていました。でも、福岡から苗場は遠い・・・いつもコンサート費用を稼ぐためにバイトに精出していたけれど、貧乏学生には苗場なんて夢の夢。

就職してからは、仕事が忙しくて(2月の前半って、幼稚園ではお遊戯会や卒園の準備と、次年度の準備で忙しく)時間がなくて無理・・・

そして結婚してからは、子育てに追われてそれどころではありませんでした。特に子どもたちが中高生になると、2月って学年末試験だったり、入試だったり・・・絶対無理!

というわけで、33回目の今年、ようやく長年の夢が叶ったのです。

苗場のユーミンコンサートに行った人からは、ステージが近くて、ユーミンの姿が大きく見えていいわよ〜とか、リクエストコーナーがあって楽しいわよ・・・などと聞いていたのです。 

当日は、10時52分発の新幹線で越後湯沢へ。越後湯沢からはユーミンツアー専用の送迎バスで苗場プリンスへ。ランチを食べて、チェックイン。そして宿泊者専用のレンタルスキー・ウェアに着替えて、3時過ぎにゲレンデへ。

DSCN7044越後湯沢から苗場に向かうバスの中では陽ざしが強く焼けてしまうのでは・・・と心配していましたが、ちょうど3時ごろから粉雪が舞い始め、空は曇って来ていました。この日はコンサートもあるし・・・と馴らし程度に5時過ぎまで滑り、早めに大浴場で身体を温めて・・・夕飯も済ませ(ビールが美味しいのよねスキーの後は!)、9時開場に合わせてブリザーディウムへ。

コンサートの曲目はこちらを!2月10日のリクエスト曲・アンコール曲も掲載されています♪→こちら

DSCN7048←一緒に行った友人と^^

コンサートは9時半に始まって、アンコールでユーミン、3回登場。終了したのが12時15分過ぎでした。

席は18列目と、後ろのほうだったのですが、それでも国際フォーラムなどと比べても、ステージが近く、ユーミンの表情が肉眼でもはっきり見ることができて大満足♪
私の大好きな「ブリザード」が、本編の一番最後の曲で・・・すごく盛り上がりました。

ユーミン、やっぱりかっこいい♪初めて17歳の時にコンサートで見て以来・・・ずっと憧れて、ずっと追いかけてきましたが、やっぱり大好き♪と思いました。

今回、驚いたのは、観客に男性ばかりのグループがいっぱいいたこと。東京でのコンサートでもグループやカップルで来ている男性はいますが、なんだかそれ以上に男性率の高い感じでした^^

リクエストコーナーで当てられた埼玉県の男性は12回目の苗場コンサート。今回は妻と一緒ということでしたが、一人ででも参加してきたとのこと。いいな〜。リピーターになる気持ち、すごくわかります♪(私もまた来年も応募する気、満々!)

コンサートが終わった後は、カクテルラウンジ、シャトレーヌヘ。普段は11時で閉店するバーもコンサートのある日はコンサート終了後の余韻を楽しめるように・・・深夜も開いていました。

DSCN7052
←最初に飲んだのは、ユーミン仕様のカクテル、「ブリザード」(右側)
ミントの効いた爽やかなカクテルでした。

DSCN7056→2杯目は、やっぱりユーミン仕様のカクテル「サーフ&スノウ」かなり甘いカクテルでした^^;




窓の外は、深夜のゲレンデ。どんどん降り積もる雪を眺めながら、飲む時間はすごく幻想的でした。

DSCN7051


2時半まで飲んで、部屋に戻ると、バタンQ♪

朝、8時過ぎまでぐっすり。

翌日は、前日とは打って変わっての吹雪。まさにブリザード。それでも久しぶりのスキーをたっぷり楽しみました。最後の最後、ゴンドラで山頂駅まで登ってのダウンヒルで、新雪に足を取られ、膝を捻挫してしまうというトラブルもありましたが、その捻挫も軽く済んで・・・自力で麓まで滑り降りてくることができました。DSCN7058

捻挫しなければ、もう1回、滑りたかったなぁ〜

→すごい吹雪で・・・顔を覆ってるのですごく怪しい〜^^;

麓のほうでもこの雪なので、頂上付近ではコースが見えないほどでした。

ほんとうに夢のような素敵な時間を過ごせて、感謝!特に一緒に行ってくれた友人のT子さん、ありがとう☆

着付教室☆修了式

2月9日(土) 12:00〜 @シェ・イノ 京橋

昨年の3月より通い始めた着付教室(島村豊子きもの学院)。入門科、本科、と順調に進んで、このたび専科も無事に修了しました♪あとは趣味の着付&マナーコースに通い続けることもできるのですが、4月から勤務形態が変わることになっているので、3月いっぱい通ったら卒業かなぁ・・・

この着付教室の修了式は、毎年1回新年会を兼ねて、京橋のフレンチ・レストラン、シェ・イノを貸し切って行われます♪ 

朝から自分で訪問着を着付けして、会場に向かいました♪先生にチェックしていただいてOK♪よかった〜

DSCN6996
会食が始まる前に、まず表彰式。私は、入門科、本科、専科の3枚の修了証書をいただきました。←の画像は、着付け師講座の修了証書授与の様子。





そのあとは、フレンチのコース料理を堪能しました。
DSCN7002
→ 私の右隣は、私たちのクラスの先生。
すごく優しくて、理論的に着付けのことを教えてくださり、帯の結び方もわかりやすく
大好きな先生です♪右端は同じクラスの方。彼女の着物と帯、帯揚げ、帯締めの組み合わせは毎回すごくおしゃれで、参考になります。


DSCN7003
DSCN7004
DSCN7006お料理もどれも美味しくて・・・シャンパンも、ワインも美味しくて・・・

帰るころには結構出来上がっておりました♪


DSCN7014

←教室で最年長の先生。
私は直接教えていただいたことはないのですが、80歳越えても、凛としてかっこよく着物を着ていらして、お手本にしたい女性です。


DSCN7040DSCN7043同じ学院で二胡教室も行われているので、二胡の発表会もありました。

→ 閉会の挨拶をされる私たちのクラスの先生♪

なんと終了したのが4時半!途中でいろいろなクラスの発表があったり、着物ファッションショーがあったり・・・盛り沢山な時間でした。和の文化としての着物を大事にしたいな〜と思いました。

おはなしラッコ☆2月

2月8日(金) 10:30〜 

おはなしラッコの2月の会を開催しました♪風の冷たい一日でしたがよく晴れて、お友達もたくさん参加しました。先月風邪をひいて3組しか参加できなかったのですが、 下の赤ちゃんが秋に生まれたNちゃんと、少し遠くにお引越しをしたSちゃん、そしてKちゃんの3人がお休みでしたが、7組の8人の子ども達と7人のママたちが参加しました。

今日参加の8人のうち、6人が春には幼稚園に入園します♪お腹の中にいた時から通っていたKくん、もうひとりの男の子Kくんも最初にラッコに来た時は生後7か月くらいで、まだ途中で授乳していました。Rちゃんは、ポプラ文庫のほうへお兄ちゃんと一緒にやっぱりお腹の中にいるときから来ていました。
ほかの3人も、初めてラッコに参加した時は、1歳のお誕生を迎えてすぐ。最初はなかなかじっと座っていることができなかったりもしました。でも今ではすごい集中力。そしてみんなお歌が上手。

2歳になるころから語彙が増え、お友達との関係も確立し、譲り合ったり、誘い合ったり・・・と社会性もぐんと伸びています。いいな〜♪きっと幼稚園に行っても大丈夫ですね☆

おはなしラッコ2月3朝、集まってから会が始まるまでの15分間は自由遊び。
今日のみんなの様子を見ていると、おままごとのお料理も具体的になってきていて、お鍋の中でぐつぐつ煮ている様子など、ママそっくり。

そしてどんなに夢中に遊んでいても、時間がきて「お片付けの時間ですよ!」と声をかけると、さっと協力し合ってお片付けができました。ほんとにみんな素敵♪

*****************

オープニング   ととけっこう
ご挨拶       ○○ちゃんとお友達♪
絵本      『このゆきだるまだあれ』岸田衿子/山脇百合子 福音館書店
このゆきだるまだーれ? (日本傑作絵本シリーズ)このゆきだるまだーれ? (日本傑作絵本シリーズ)
著者:岸田 衿子
販売元:福音館書店
(1997-11-25)
販売元:Amazon.co.jp
絵本      『つららがぽーっとん』小野寺悦子 福音館書店
つららがぽーっとん (幼児絵本ふしぎなたねシリーズ)つららがぽーっとん (幼児絵本ふしぎなたねシリーズ)
著者:小野寺 悦子
販売元:福音館書店
(2009-02-10)
販売元:Amazon.co.jpおはなしラッコ2月2
パネルシアター まんまるちゃん
手遊び     こぶたたぬききつねねこ
パネルシアター まんまるちゃん
手遊び     ぱんだうさぎこあら
手遊び     木登りコアラ
わらべうた   上から下から  あずきっちょまめちょ
         だるまさんがころころ このこどこのこ
         ぼうずぼうず
         いっぽんばし  とうきょうとにほんばし
         とっちんかっちん
絵本      『おいにのだーるまさん』こばやしえみこ/こいでやすこ
         こどものとも0.1.2 2011年1月号
おいちにのだーるまさん






わらべうた  えんやらもものき
         じいじいばあ  にぎりぱっちり
         ちゅっちゅっこっこ ももやももや
         おてんとさん  もどろもどろ
絵本     『わん ニャン』 きむらよしお
        こどものとも0.1.2 2013年1月号      おはなしラッコ2月1
わんニャン






わらべうた   さよならあんころもち

記事検索
月別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

緑陰本棚
   
greenkakoをフォローしましょう
プロフィール

みどり

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ