みどりの緑陰日記

香港で始めたプレイルームどんぐりから数えて30年、子ども達に絵本や児童書を手渡し続けてきました。絵本や児童書のこと、文庫活動のことなどを綴っています♪

2019年12月

紅葉狩りwith大学の同窓生 同窓忘年会

12月8日(日)
IMG_9399

冬晴れの気持ちの良い朝、10時過ぎに府中運転免許試験場へ。誕生日を前に免許の更新です。



免許証を持っていても、実際運転していないのでゴールド
両親が一緒に住んでいた時は、彼らのお出かけの送迎にカーシェアリングで車を借りて運転していましたが、今は年に一度程度になってしまい、とうとうカーシェアリングも解約してしまいました。


ただ、この国では身分証代わりになるのですものね・・・


時間がかかるのを覚悟して行ったのですが、スムーズに流れて12時過ぎにはJR武蔵小金井へ戻れました。


この日の14時に首都圏に住む大学時代の同期と国分寺で待ち合わせをして、一緒に殿ヶ谷戸庭園へ紅葉狩りに行って、その後「おばあさんの知恵袋」で忘年会をすることになっており、それまで時間が空きました。

IMG_9405


そこで国分寺駅を越えて西国分寺まで行って下車。クルミドコーヒーへ・・・ここは人気店でランチタイムには席がないこともあるのですが、すぐに入ることができました♪ラッキー




IMG_9402(Edited)



窓の外の木の葉も色づいて・・・きっと殿ヶ谷戸庭園の紅葉も綺麗だろうな〜と思いながら軽く腹ごしらえ。





IMG_9401(Edited)

13時45分には国分寺へ一駅戻るために席を立ちました・・・徒歩でも十分間に合う距離だけど、電車で国分寺へ。





IMG_9406

いつものメンバー5人で集合して殿ヶ谷戸庭園へ。昨年足の手術をしてリハビリをしていた友人も回復して杖は持っているものの、それを使わなくても散策できるだけになっていました。一緒に周れてほんとうによかった!



殿ヶ谷戸庭園は門をくぐって、もう一歩奥へ入っていくと!目を見張るような真っ赤な世界が広がっていました。


まさに、きくちちきさんの『もみじのてがみ』さながらに!

もみじのてがみ
きくち ちき
小峰書店
2018-10-26


IMG_9408(Edited)IMG_9409(Edited)


どこを見ても見事




IMG_9418(Edited)




燃えるような赤です。朱に染まる世界・・・

IMG_9419(Edited)






IMG_9415


風もなく穏やかな冬の午後です。



IMG_9428(Edited)IMG_9430(Edited)







今年の夏は厳しい暑さだったし、秋には二度も台風直撃で関東一円にも大きな被害をもたらしたのですが・・・



IMG_9431(Edited)
自然はそんな被害の爪痕も覆い隠すような、美しい贈り物をもたらしてくれるのだな・・・としみじみ。被災地では紅葉狩りする暇もないかもしれませんが、心いやしてくれる時間でした。


IMG_9460







IMG_9433(Edited)





IMG_9434(Edited)



この公園は、武蔵野台地の際、国分寺崖線に面していて、高低差を利用していました。また湧水もあって、まさに崖線ならでは!(→国分寺崖線

約1時間半かけて散策しました。

IMG_9439






IMG_9442


そのあと、道路を渡ってすぐ向かいにある「おばあさんの知恵袋」へ


IMG_9443

長女が大学時代は国分寺駅から府中方面へバスで4つぶんくらい行ったところに住んでいて、何度も駅前を通っているのにこんな素敵なお店があるなんて気がつかなかった〜

IMG_9444



JBBYの会員でもある店主の三田村さん。今年、JBBY総会でカランダーシのN子さんと出会って、ここでカランダーシから出版した『セリ―ジャとあそぼう!』の原画展と関連イベントを開催した関係で、今回はここを貸切りで忘年会をしよう〜とN子さんの提案でした。


IMG_9449


天井までぎっしりの絵本と児童書の本棚は、私にとってはすごく落ち着く空間。



IMG_9448IMG_9458









お料理も、和食からイタリアンまで幅広く、量もボリューミーでお腹いっぱい。美味しかった

16時前から始めてもらって、気がつくと21時近くまで・・・大学の同期でこの仲間と一緒にいると時間を40年遡って学生時代の気分でいられるから不思議♪(前回集合は9月の私の退院祝いをN子さんのカランダーシにて→こちら

IMG_9463


素敵な時間を作ってくださった「おばあさんの知恵袋」の三田村さん、そして友人たちに感謝です♪ほんと幸せな一日でした。




カランダーシ訪問

12月7日(土)14:00〜 @西荻カランダーシ

IMG_9374



久しぶりに西荻にあるロシア絵本の出版社、カランダーシのオープンルームに行ってきました。







オーナーは大学の同窓生。自転車で15分の近いところにあるのに、私も土曜日は文庫活動をしていたり、自己研鑽のための講座に出かけたりで、なかなかオープンルームに伺えずにいました。


IMG_9379

今回、ほんとうに久しぶりに来ました。(あっそれ以外では、来ています。今年9月には退院祝いをしてもらいました→こちら



IMG_9392


この日は、石神井台でこひつじ文庫をされているマーガレットさんとお嬢さん、そしてママ友ぐぐさんも・・・









ぐぐさんは、この2年くらい、カランダーシに定期的に通って、ロシア絵本について造詣が深くなっています♪


IMG_9391

今回は、2018年に国際アンデルセン賞画家賞を受賞したイーゴリ・オレイニコフさんの邦訳絵本『ちいさなタグボートのバラード』(ヨシフ・ブロツキー/詩)の原書との読みくらべもしていただきました♪(東京外国語大学出版会→こちら



ちいさなタグボートのバラード
ヨシフ・ブロツキー
東京外国語大学出版会
2019-11-30




IMG_9377

その他にも、いろいろなロシアの絵本を紹介していただきました♪




IMG_9383

そしてサモワールでお茶を淹れていただいて・・・




IMG_9380






あたたかいお茶に、ロシア絵本についてのいろんなおしゃべりにあっという間に3時間近く経ってしまっていました。





この日、クレヨンハウスの子どもの本の学校の日でもあったのですが、なかなか来れないカランダーシでゆっくり過ごすことにして、急遽欠席することにしました。




17時前に私たちは帰り支度を始めたのですが、そのころに奈良からのお客様も・・・


私たちはそのあと、ウレシカにもよりました。
IMG_9395(Edited)


そして私のぐぐさんは海南チキンライスのお店へ〜(Tiger Beerは、シンガポールでポピュラーなビールです)




IMG_9397(Edited)


ぐぐさんは、海南チキンライスは初めてとのこと。いつか、本場シンガポールのホーカーのチキンライスにご案内したいな〜と思いました♪

絵本の会のクリスマス会へ

12月6日(金)

IMG_9336

この日の午前中は、I区のN図書館で絵本講座。寒い朝でしたが、小さなお子さん連れの方が聞きに来てくださいました。



IMG_9334



この秋、勤務先関連では4か所、外部からの依頼では4か所。風邪を引くこともなく、なんとかやりきりました。ホッ








午後は半休をいただいて友人たちが続けている「絵本の会」のクリスマス会へ。昨年はどうしても休めない仕事と重なってしまったため、久しぶりの参加です。(2017年に参加した時の記録→こちら



この「絵本の会」は、もとは1992年に我が家で始めた「絵本の会ちゅうりっぷ」が前身でした。当時、我が家の子どもたちは長男が小1、長女が幼稚園年中さんで次女は1歳。



上の子達の友達や、同じ幼稚園の子どもたちが月2回のおはなし会に参加してくれていました。多い時は20組以上の親子が参加して、6畳と8畳の和室の間のふすまを取っ払ってもぎゅうぎゅうのことがありました。94年からは地域文庫のポプラ文庫の活動が加わり、絵本の貸出も出来るようになっていました。




1999年に私たちのシンガポール転勤にともなって、ポプラ文庫とは別に「絵本の会」としてN区のK地域センターで友人たちが活動をスタートさせました。ってことは、なんと20年なんですよね。すごいなあ〜

IMG_9362
この活動の中心になっている友人たちのお子さんたちも、社会人、大学生になっていて・・・それに途中から加わった若いメンバーもいらして、いい感じで後継者が育っているんですよね。(そこが今、一番難しくて・・・ゆるやかに繋がってきた皆さんの努力に敬意を表します)




IMG_9340オープニングで絵本を読んでいるのは、次女のママ友で我が家で絵本の会をしていたころにスタッフで、地域センターでの絵本の会を中心になってひっぱってきました。今はオブザーバー的な存在。元幼稚園教諭だった彼女の子どもたちを惹きつけるトークや手遊びはクリスマス会にはなくてはならないのです。



IMG_9358
←現役の絵本の会のスタッフのみなさま

このうちお二人は、我が家で絵本の会をしていたころn小さなお子さんを連れて通ってきていました。今はこの会を中心でひっぱっていっています。



地域センターで絵本の会をするようになって20年。毎年、パネルシアターや人形劇を作って演じています。そしてこの10年ほどは地域の施設などからも上演の依頼が入って、他所でも上演しているほど評判になっています。


IMG_9344

今年の演目は「おおかみと七ひきのこやぎ」でした。





IMG_9352
人形は『ぐるんぱのようちえん』の西内ミナミさんを中心に阿佐ヶ谷地域で活動していた「ぐるんぱの会」から譲り受けたものだそうです。(「ぐるんぱの会」はみなさんがご高齢になったこともあって、人形劇などの活動をやめたとのこと。)




14時半からの幼児向けの会と、16時からの小学生向けの会と、2回公演。どちらも20組ほどの参加があり、とても賑やかでした。


IMG_9367
幼児の時から絵本の読み聞かせや、おはなしを聞いてきているので、小学生の高学年の子も夢中でおはなしを聞いています。

地域に根付いた活動の底力を見たように思いました。


今回、私も幼児の回で2冊、小学生の回で1冊絵本を読ませてもらいました。こうやって、折に触れ声をかけてもらえるって、ほんとうに嬉しいことです。


私が読んだ絵本は・・・
幼児の回で『ろうそくぱっ』と『クリスマスのふしぎなはこ』
ろうそく ぱっ
みなみ じゅんこ
アリス館
2017-11-22








そして小学生の回で、かこさとしさんの幻のクリスマス絵本(だったのが、今年復刊されました)『サン・サン・サンタのひみつきち』を読みました♪





やぶファンツアーへ

12月3日(火)

78511426_2619078544841066_1196113482441818112_o
今年で4回目になるやぶファンツアーが、冬晴れのこの日に行われました。やぶファン事務局で動物写真家、絵本作家のさとうあきらさんの運転するマイクロバスで、山梨は白州にある薮内正幸美術館へ行ってきました。



78489359_2619078604841060_4693398217910386688_o

やぶファンとは→こちら

第1回やぶファンツアーの様子→こちら






私は第2回の時は、どうしても仕事の予定をズラせなくて参加できなかったので、今回が3回目の参加です。

第3回やぶファンツアーの様子→こちら


78557112_2619078248174429_6587999457151811584_o

朝9時にJR国立駅に集合して、さとうさんの運転するマイクロバスで白州に向かいます。仙台からの参加者2名を含めて25人。定員いっぱいの参加となりました。

78180261_2619078168174437_8768227059643187200_o



道中、車窓からは富士山がくっきりと見えました。


IMG_9279



今年もまずはランチに小淵沢の星野リゾート八ヶ岳リゾナーレへ。今年はすでに別の団体予約が入っているとのことで、団体ではなくそれぞれに席につくことに。



IMG_9281






私は仙台からいらした方おふたりとご一緒しました〜(そのうちのおひとりは、今年の1月に仙台でもご一緒しました→こちら





IMG_9283

ランチのあとは、「ただいま冬眠中」という看板の出ている薮内正幸美術館へ・・・



IMG_9285

白州は紅葉も終わりに近づいていましたが、それでもまだ美術館の周りには色づいた木々もありました。




IMG_9286


夏は、澤口たまみさんの朗誦伴奏を聞きに訪れ、ゆっくり絵を見る時間がなかったので、今回はじっくり絵を見ました。


IMG_9289

今回は、やぶファンのメンバーに誘われて初めて参加する方も多く、これを機会にぜひ「やぶファン」メンバーになってほしいなって思います♪



IMG_9294

館長によるギャラリートーク♪


IMG_9296




貴重な絵が出迎えてくれています。




IMG_9297




IMG_9299




休館に入ったこの時期だからこそ、「やぶファン」のみなさんはじっくり絵に向かい合うことができます♪




IMG_9304




IMG_9307


今回は、幻の原画も・・・それが1970年にポプラ社から出版されていた『ちーたーのロンボ』、薮内正幸さんがアフリカに取材旅行に行かれた3年後に描かれていて、アフリカの大地の描写がとても美しい絵でした。




PC034458

現地交流組も一緒に記念写真。

IMG_9313



その後、時間ギリギリまでみなさん、お買い物タイム。


IMG_9319





4時半すぎに美術館を退出・・・みんな名残惜しそうでした。


IMG_9321






IMG_9325

館長が門の外まで走って見送ってくださいました。(館長のブログ→こちら

IMG_9328


また来年も「やぶファン」ツアー、楽しみです♪





マイクロバスの手配から運転(大型運転免許お持ちです)、連絡まで一手に引き受けてくださったさとうあきらさんに改めて感謝です。ありがとうございました♪


みんなのかお (福音館の単行本)
戸田 杏子/さとうさきら
福音館書店
1994-11-10




















































シンポジウム「子どもの本のいまー感動物語・貧困・家族」

12月1日(日) 13:00〜18:00 @上智大学比較文化研究所続きを読む
記事検索
月別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

緑陰本棚
   
greenkakoをフォローしましょう
プロフィール

みどり

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ