9月17日(月) 10:00〜 @ちひろ美術館・東京

金沢から絵本を通して出会ったお友達が上京されるのに合わせて、ちひろ美術館をご案内してきました♪

ちょうどアンソニーのゴリラに会いに行きたかったのです^0^すきですゴリラ (あかねせかいの本 (12))
すきですゴリラ (あかねせかいの本 (12))

著者:アントニー・ブラウン
販売元:あかね書房
(1985-12)


アンソニー・ブラウンの絵本には、読んだことのなかった作品もけっこうあり、新しい発見をいっぱいしてきました♪gorira

ゴリラ・・・で、思い出すのは大学生時代によく通っていた福岡市動物園でのこと。ゴリラの檻の前で動けなくなっていたのです。ほんとうならこんな狭い所に閉じ込められて一生送るなんて・・・辛いよね、と。
感情移入してしまって、檻の前のベンチに座って語りかけていました。いつも長々と・・・

アンソニーの絵本を改めて読んで、きっとアンソニーも同じ気持ちになっていたのではと思いました。だからアンソニー・ブラウンのゴリラの絵本は、ゴリラへの愛情がたっぷり。そして人間以上にこまやかな表情を見せているんだな・・・と。

ちひろ美術館のもうひとつの展示は「ちひろ・子どもたちの情景
こちらには、私自身が子ども時代にまさに手にしていた月刊絵本に載っていた絵本の原画たちがいっぱい。自分の子ども時代の服装や髪形や町の風景にしばし懐かしい想いに浸りました。

120917_114707ご一緒した友人とは、テラスでお茶を飲みながら、絵本のこと、絵本講師として若いママたちにどう向き合うかってこと、そして自分達の子育てのことなどいっぱいお喋りをしました。実際に会うのは今回が初めてでしたが、初めてではないような、そんな気持ちになれました。絵本を通して出会った友人達は素敵な方がほんとうに多いのです♪

とても楽しいちひろ美術館での時間でした♪