12月14日(日) 午後3時〜 @石川町アートスペース「と」20141214アートスペースと

日曜日の午後、ゆっくりと元町からイタリア山公園をまわって、石川町へ。
(写真上はブラフ18番館、下は外交官の家)
20141214イタリア山20141214イタリア山2
9月以来2回目の絵本研究会に参加させていただきました。
(→アートスペース「と」の入り口)

今回の発題者は、英国ケンブリッジ大学から研修で3か月間滞在していた大学院生Fさん。テーマは「英語圏ファンタジーにおける日本のイメージ」でした。

ここ10年くらいの間に英語圏のYA世代に読まれている作品の中で、日本のイメージがどのように扱われているのか、特に代表的な作品「Shadows on the Moon by Zoe Maririott」(ゾーイ・マリオネット作『月の影』)に描かれている日本のイメージを英文を読みながら解説してもらいました。

21世紀の今でも英語圏の人々からみた日本のイメージは1898年に新渡戸稲造が米国滞在中に著した「武士道」が大きく影響しているとのこと。なんと117年も前の明治時代の日本人のイメージが固着しているなんて驚きです。なので日本のイメージとして今でも「葉隠れ」「忍者」「サムライ」が使われているのですね。
武士道 (岩波文庫 青118-1)
新渡戸 稲造
岩波書店
1938-10-15



でも逆に私たちが英国のイメージ、あるいはフランスやドイツのイメージも、過去に読んだ作品に左右されているのかもしれません。

そんなことを念頭に「Shadows on the Moon」を、Fさんの解説で読んでいくと面白いことがたくさん!まず敬語の使われ方が不自然だったり、日本文化を象徴するもの、たとえばこの作品で出てくる「黒留袖」・・・日本的文化の象徴として登場人物が着ているのだけど、16歳の少女が着ているのも実は不自然。普通、「黒留袖」は既婚女性が着用する最も格の高い礼装・・・それを着たまま監獄に投げ入れられる・・・何重もの帯を巻いているはずなのに、わき腹からの出血が沁みているという書き方も、「黒留袖」の着付けをしたことがあれば、それはかなりの重傷だろうと思ってしまいます。
Shadows on the Moon
Zoe Marriott
Candlewick
2012-04-24


自分もきっと外国の風俗や文化を、特に訪れたことのない国のそれらのものを、自分なりの解釈で納得している部分もあったりするので、YA世代向けの作家が自分なりの解釈で日本文化風な味付けで若い世代に、「日本のイメージ」を再生産しているのですね。

Fさんいわく、欧米では「忍者タートルズ」や「NARUTO」も大きな影響を与えているのですって!

Fさんの発表のあとは、みんながクリスマス絵本orクリスマスにプレゼントしたい絵本を紹介するコーナー。
私はこの2冊を紹介させていただきました♪
うまやのクリスマス
マーガレット・ワイズ ブラウン
童話館出版
2003-10





モミの木
ハンス・クリスチャン アンデルセン
アノニマスタジオ
2013-11


20141214絵本研究会220141214絵本研究会3
←Tea Timeには、美味しいフルーツケーキをいただきました♪

→アートスペース「と」の中には、あちこちに素敵なクリスマスの飾りが♪

絵本研究会終了後は、すぐ近くの創作和食「SHIMOMURA」へ。20141214絵本研究会4

いろいろな賞を受賞したという美味しい和食と、和気あいあいとしたおしゃべりを楽しみました。


20141214絵本研究会520141214絵本研究会






20141214元町
忘年会を終えて、元町中華街の駅へ向かう頃には、すっかり元町に人影もなく(昼間はすごく賑わっていたのに^^)イルミネーションだけがキラキラと輝いていました☆