1999年6月2日の自宅でのポプラ文庫開設以来、ずっと続けてきたおはなし会。特に午前中のおはなし会に大勢の未就園児が集るようになったのは、2000年秋ごろから・・・
母と子とで遊ぶ会として人気を集めていました。一方で文庫目的というより、おはなし会だけのためにくる母子も増えて???私は文庫をしているの?ここはプレイルーム?っていう時期もありましたが、子ども達の喜ぶ笑顔をみて続けてきました。
 2003年10月、5回のおはなし会でシンガポールの自宅で続けてきたおはなし会は終わりです。いろいろなことを思い出しながら、私自身がおはなし会を楽しみました。

10月1日午前の部

童謡パネル
みんなぞうさんになって歌っています
パネルシアター「まんまるちゃん」は
文庫のおはなし会の代名詞になるほど
みんな大好きです。
まんまるちゃんで「こぶた・たぬき・きつね・ねこ」を作ってみんなで「こぶたぬきつねこ」を歌います。
童謡パネルシアターで
「オモチャのチャチャチャ!」♪

午後の部はのまりんの紙芝居の会です。
紙芝居の会の様子はこちらから
10月8日午前の部
オープニングはいつも「アイアイ」の元気な歌。
その後はまんまるちゃんです。
指人形を使って
「おはなし指さん」うぃみんなで歌っています。
10月8日午後の部
午後の部です。
おはなし会が始まるまでの間
みんな思い思いに絵本を選んだり、
お母さんに本を読んでもらったりしています。
絵本「いいものみつけた」(かどのえいこ/
おおしまたえこ・あかね書房)を読んでいます。
10月15日午前の部
10月15日午後の部
おはなし会が始まるまで
お母さんといっしょに本を読んだもらって過ごしたり
お友達同士で絵本の情報交換です。
おはなし会がはじまりました。
今日長野県飯田市の元東京・ポプラ文庫スタッフから届いたばかりの絵本「だるまちゃんとりんごちゃん」(かこさとし)を出産後3週めのわかボンママが読んでくれました。
みんなも一生懸命聞き入っています。
「どうぞのいす」(香山美子・/柿本幸造・
ひさかたチャイルド)
もわかボンママが読んでくれました。
午後の時間は殆どが幼稚園児や小学生。
それでもパネルシアターの
「まんまるちゃん」や「ぱんださんぱんださん」が
大好きです。
10月22日午前の部
若葉の次女が高熱を出したとの電話が学校から入り急遽私は学校へ・・・
ひよこさんがおはなし会をしてくださいました。
インター校が秋休みだったので、小学生ふたりがひよこさんといっしょに紙芝居を読みました。
10月22日午後の部
パネルシアター「ぞうさんのぼうし」を
やっています。
わかボンママが
「ぼく、そらをさわってみたいんだ」(さとうわきこ/岩井田治行・ポプラ社)を読んでくださいました。
みんな身を乗り出して
絵本を楽しんでいます。
みんなくつろいだ雰囲気で
おはなし会に参加しています。
午後もひよこさんが紙芝居を読んでくださいました。
「しんかんせんははやい」(中川ひろたか/和歌山静子・童心社)です。

「しんかんせんははやい、はやいはつばめ、つばめはくろい、くろいはピアノ・・・」と連想する言葉をつぎつぎに継いでいく
言葉遊びの紙芝居です。
「あまいのは、ぺろぺろキャンディー・・・」
10月29日最終日午前の部
この部屋に小さな子ども達の声がいっぱいに
ひびくことももうないんだろうな〜
そう思いながらおはなし会をはじめました。
あやめさんが、絵本を2冊よんでくださいました。
「おててがでたよ」「くつくつあるけ」の2冊の林明子さんの赤ちゃん絵本です
午前の部に来ていたのは1〜2歳児。
中にはお誕生前のお子さんもいます。
それでもみんな集中して絵本の読み聞かせを
聞いています。
今日もひよこさんが紙芝居を読んでくださいました。
「ぼくのおうちは?」(中川ひろたか/長野ヒデ子・童心社)
です。
小さい子ども達も紙芝居は大好きです♪
みんなお母さんのお膝にすわって「わらべうたタイム」
「いっぽんばしこちょこちょ」
「とうきょうとにほんばし」
「うまはとしとし」
「ぎっこんばったんよいしょぶね」
「とっちんかっちん」などを楽しみます。
10月29日午後の部。
最後の最後のおはなし会です。

オープニングは「落〜ちた、落ちた」
どんぐりやまつぼっくり、くり、りんごが
落ちてきました。
「りんごがひとつ」(いわむらかずお・銀河社)を読みました。
わかボンママが「まのいいりょうし」(小沢正/飯野和好・教育画劇)を読んでくださいました。
間のいい猟師のお話はわかボンママの
元気な読みで、いっそう生き生き子ども達に
伝わりました
みんなも面白くって大笑いです^0^
ひよこさんが、今日も「しんかんせんははやい」を読んでくださいました。
先週も見ていた子もいて、元気にいっしょに次に来る
ことばを言ってくれていました。