2016年10月02日

何の意味もなく

スペースを埋めてみようかと思ったのです。
ここに文字を打ち込むとどういう意味をもつのでしょうか?

サラッとでも読み返してみてからでもいいかな〜なんて思いましたが、
面倒くさいのでまだ読んでません。

時間が経ったな〜っていうのが日付を見ての感想。
それ以外は特に何もない日常であります。

なぜ開いてみたかというと、古いパソコンを片付けようとして、立ち上げてみた。
ただそれだけの流れで懐かしいという言葉を信頼してみようと思いました。

いや、色々ありすぎて私なりに日々努力はしております。
しかし。。。

「憶えていたのですが、忘れてしまいました。」

この数年で一番耳にしている言葉です。
正確には頭にこびりついているだけで、そんなに聞いてないかもしれません。
それってとても幸せだな〜と、年を重ねて気が付いたような気になっています。

増井修の本を読みました。
相変わらずの熱量で、最初から最後までとりとめもないですが、
集中して一気に読むことができました。
当時のロッキンオンを読んでいる感覚は「憶えていたのですが、忘れてしまいました。」
が、今こうして懐かしさの情報を元に増井修の文章を読んで、
そして楽しんでいる私がとても嬉しかったです。

90年代のロッキンオンを引っ張り出してきて、読み返しています。
忘れてしまっていたおかげで、新しい書籍として楽しんでいます。
時代を超えて楽しめているという点では、優れた雑誌編集力なんだな〜と感心します。
なんとかアーカイブよりよっぽど当時を切り取っています。
当時のものなんだから当たり前ですが。。。

結局頼りになるのは記憶より感覚というところなんでしょうか?
どちらにしても色んな経験が自分の成長を助けてくれます。
時間が経てば忘れてしましますが、
「憶えていた」ということだけは思い出せるといいですね。

本当も
ウソもたいして
変わらない
答えはいつも
〇か✕だよ

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/poplifeteam/52029188