2016年07月29日

眠くならない薬が欲しい!!

DSC_0859

東海大相模戦の写真をトリミングしながら整理中。改めて見ていると試合中の色々なドラマが見えてきて、観戦記だけでなく、そういうミニドラマもブログに書きたくてワクワクしてくる。でも土曜日には準決勝があるし時間がない。


こういう時にいつも思うのは、眠くならない薬が欲しいということ。148時間になる薬でもいい。とにかく時間が欲しい、といつも思うのである。

写真は6回表、東海大相模の赤尾にバックスクリーンへの特大ホームランを打たれ、なおも1死一、二塁のピンチで木澤が伝令に走った時のもの。

この写真、
木澤と瀬戸西が握手。その前のプレーからピンチを招き、でもみんなの笑顔。このチームの沢山の凄さ、強さのひとつを見たようなミニドラマを感じるのである。

あ〜あ、眠くならない薬、でなければ一日48時間なる薬が欲しい

明日も、仕事中眠くなりそうだ
(>_<)



popo0803 at 02:52|PermalinkComments(2)TrackBack(0)塾高野球部(15年8月〜) | 観戦記

2016年07月28日

(日刊スポーツ)東海大相模戦(160727)

DSC_0274

「波乱
34強」

(記事抜粋)


試合前、森林貴彦監督(43)は「せっかく北村君と試合できる。集大成を見せようぜ!今日は空振り三振10個までOK!ストレートに振り負けるなよ」と鼓舞。(矢澤のホームランは)まさに言葉通りのホームランだった。

「練習試合を含めても初めての本塁打。ベンチで『笑顔で思いっきり振ってこい』と言われたので、ストライクの直球を思いっきり振りました」(矢澤)

(2016
728日 日刊スポーツ)



popo0803 at 22:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)塾高野球部(15年8月〜) | 新聞・雑誌記事

(神奈川新聞)東海大相模戦/エース森田

DSC_0272

2
年生エース森田 『勝利呼ぶ大胆な攻め』

 

臆しては勝てない。慶應の2年エース森田は昨夏全国王者の東海大相模打線を大胆に、冷静に攻め続けた。

 

一回に先制を許したが「5-3くらいになると考えていたので」と気にしない。六回に相手主砲の赤尾にバックスクリーンに飛び込む特大弾を浴びても、味方の大量援護を背に気持ちはぶれなかった。1死満塁とされながらも内角へのストレートで三ゴロ併殺打に切って取った。

 

「相模打線には内角をうまく使わなければ勝てない」。強打を恐れるあまり外角にかわして痛打されるチームを見てきた。だからこそ、ブルペンでは打者を立たせてインコースひざ元への精度を高めてきた。この日、与えた3死球も強気に攻め抜いた証しだ。

 

両輪として支えてきた3年生右腕木澤が本調子でない。背番号1を担い「プレッシャーよりもうれしい気持ち」と笑う2年生は、「これまで木澤さんに引っ張ってきてもらったので今度は自分が力になりたい」とまだまだマウンドでエンジョイし続ける。

 

2016728日 神奈川新聞)
DSC_0388 - コピー



popo0803 at 22:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)塾高野球部(15年8月〜) | 新聞・雑誌記事

(神奈川新聞)東海大相模戦(160727)

DSC_0273

『「初球」打ちで攻略』

慶應の4番正木が左翼スタンドに突き刺した2本のアーチが、昨夏全国覇者の大会3連覇の夢を打ち砕いた。

一回に高校通算18号となる逆転3ランを放つと、五回に中押し2ラン。いずれも最初のストライクを捉えた。

「(ここまで)4番らしい活躍を出来ていなかった。プレッシャーはあるけど、期待されているのでチャンスで打ちたかった」。昨秋から4番に座る2年生は充実の表情を浮かべた。

DSC_0408
DSC_0731

積極的な打撃は慶應ナインに共通していた。チームの9安打は初球打ちの4本を含め、すべて最初のストライクを振った打席で生まれている。

春の県大会準決勝で横浜に1点に封じられてから、チームは全打者のこれまでの打席内容を分析。簡単に追い込まれて苦しむ打者が多いことから森林貴彦監督(43)は「プロでも2ストライク後の打率は1割台。初球から打てないのは心の弱さ」と5割程度だったファーストストライクのスイング率を75%に上げることを徹底してきた。

それは「相手投手のレベルが上がるほど、追い込まれたら厳しい」と前年覇者の左右エース攻略の解にもなった。


就任1年目で横浜スタジアムでの初采配。大一番で完勝の瞬間、指揮官の目にこみ上げるものがあった。「昨年の全国優勝校を倒せるチャンスは限られた学校にしかない。選手たちがやり切ってくれた」。

北神奈川を制した2008年の記念大会以来となるベスト4に進んだ。


(2016年7月28日 神奈川新聞)


popo0803 at 09:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)塾高野球部(15年8月〜) | 新聞・雑誌記事

2016年07月27日

塾高4強!昨夏覇者の東海大相模を3発KO

タイトルは日刊スポーツの記事から。

いやいや、言葉に表せないくらいの気持ちの良い勝利でした。東海大相模に準々決勝という大舞台で3発でコールド勝ちなんて。誰がこんな試合展開を予想したことだろう。

何度か書いたけど、このチーム、本当、物凄く進化しています。1試合ごとに。この潜在能力、伸びしろ、まだまだこれからどこまで伸びていくのだろう。本当に楽しみ、頼もしい後輩たちです。

美味しすぎる祝杯をあげたので、観戦記はまだまだ時間がかかります。だけど、熱い瞬間は皆さまと共有したくて、3発をはじめ、何枚か写真を添付します。しかし、正木のホームランも、そして誰もがビックリした矢澤のホームランも大きかった。凄すぎです。

1
回裏、正木スリーランホームラン
DSC_0408
DSC_0436

5
回裏、正木ツーランホームラン。レフトスタンド上段まで飛んだどでかいホームランでした。
DSC_0731
DSC_0772

8
回裏、コールドを決めた矢澤のスリーランホームラン。
DSC_0026

ホームインした矢澤を西澤が抱きかかえて祝福。
DSC_0072

森田は東海大相模を10安打2失点に抑えた。森田の成長も物凄いものを感じる。
DSC_0389

塾歌斉唱。 
DSC_0124

そしてスタンドへ勝利の報告。さすがにこれまでとは喜び方が違う。
DSC_0131

観戦記は今日は無理かな・・・。

これまでも何回か書いてきましたが、このチーム、2008年に46年振りの夏の甲子園に出場した時のチームと同じ匂いを感じます。チームと言うのはグラウンドで試合をする選手だけではなく、選手、応援指導部、チア、保護者まで一体となった総合的なチームのことです。

今年は、何か起こりそうな気がするな。楽しみです。

2016727日(水)

全国高校野球選手権神奈川大会(準々決勝)

@横浜スタジアム

東海大相模 100 001 00  =2

慶應義塾   303 020 03×=11

(慶)森田−西澤

(東)山田啓、安里、北村−今江

【本】正木2、矢澤(慶)、赤尾(東)

【三】瀬戸西(慶)、黒沢(東)

【二】山田啓2、喜友名(東



popo0803 at 23:58|PermalinkComments(4)TrackBack(0)塾高野球部(15年8月〜) 

いざ準々決勝、東海大相模戦

準々決勝で対戦する東海大相模、塾高は数少ないチャンスを集中打でものにする強さを持っており、東海大相模投手陣をいかに打ち崩すことが出来るか注目だ。

東海大相模とは塾高が46年ぶりの甲子園出場を決めた2008年の夏の大会、決勝戦で神奈川の球史に残るような激戦を制した時の対戦以来、以降、公式戦は5連敗中である。

この夏、何としても勝って準決勝に進みたい。

今日は、観戦に行ってきます。絶対に勝つ!「死にもの狂い」の気持ちで勝利を掴んで欲しいと思います。


DSC_0217



popo0803 at 03:47|PermalinkComments(2)TrackBack(0)塾高野球部(15年8月〜) 

鎌倉学園戦 tvkインタビュー/西澤、下山

鎌倉学園との激戦を制した塾高、tvkのインタビューは先制ヒットを打った西澤と二本のタイムリー三塁打を打った下山

DSC_0304

◆西澤

Q:今日の試合、全体の流れをどのよう感じていましたか?

西:先制した時は行けるのかな、って気持ちが多分ダメだったんですけど、そこから逆転されて、点取ろうという、最後までやることはやろうということをチームで言ってて、それをしっかり徹底したら4点取って、4点差ついたんですけど、最後のどっちが勝つかわからない、本当に僕もわからなかったんですけど、最後にああいう形で勝てて良かったです。

Q
:先制のタイムリーを打った西澤君、あの時点からどんどん試合は動いていったんですが、特に最後のシーン、どのようなことを考えていました?二本も代打ホームランが相手にでましたよね。

西:二本のホームランは想定外だったのですが、とりあえず森田が冷静に、焦らないようにということで、僕が焦ったらそこで負けちゃうので、森田をどれだけ持たせるか、気持ちを切らさないか、ということを意識しました。

Q
:この試合を勝ったことは大きいと思いますが?

西:チームの勝利は嬉しかったのですが、ここから厳しい戦いになると思うので気持ちを切り替えて、ここから泥臭く行きたいと思います。
DSC_0306

◆下山

Q:振り返ってみればあの二本のタイムリースリーベースは実に大きな意味を持ちましたね?

下:はい、そうなって良かったです。

Q
:今日は1年生として、相手の鎌倉学園の強い気持ちもあったと思いますが、どのように感じて試合をしていましたか?

下:これまでの試合でなかなかチームに貢献できなくて先輩たちに迷惑をかけていたので、あそこで二本打てて良かったです。

Q
:六回の最初のスリーベースヒットもどうしてもtんが欲しい場面だったが、どのような感触だったか?

下:インコースにいい球が来て体が反応した感じです。

Q
:大会に入って4本のスリーベースヒットがありますが、走塁も見事で、足に自信ありまか?

下:あります。

Q
:次の試合以降、どういう戦いをしていきたいですか?

下:どちらのチームが来ても強豪ですし、厳しい戦いになることは見えているので、今日の試合のことを自信にしてしっかり練習して、成長して勝っていきたいと思います。
DSC_0309



popo0803 at 03:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)塾高野球部(15年8月〜) 

2016年07月26日

あらためて鎌学戦、力を出し切った両チーム

改めて昨日の激戦、塾高対鎌倉学園の5回戦、ネット観戦だったが、現地にいないのに何だったのだろう、鎌倉学園の全員一丸となって最後まであきらめない死にもの狂いの力、あの恐ろしさ、鎌倉学園の物凄い迫力が伝わってくる試合だった。やめてくれ〜、と叫びたくなるような試合だった。恐ろしかった、鎌学の迫力が・・・。

帰宅してから最終回の攻防を録画で見た。無死一塁で一本目の本塁打を打った谷口。森田の外角低めのストレートをきれいに救うと打球はぐんぐん伸びてレフトスタンドへ。何というきれいなホームランだったことだろう、技術もパワーも素晴らしい。そして何よりも思い切りがいい。

続いて代打に主将の山本が出てきた。怪我?の影響か、今の大会、初打席と言う。打席では物凄く気合いを入れて森田に立ち向かう。そして打球はレフトへの痛烈な当たり。コースが少しでもずれていらば長打になっていた。

一死で続いて代打、地主ブログでも書いたけど、春季県大会の「元4番レギュラー」は、塾高との試合、延長戦で最後のタッチアップを自分の悪送球で許し、そこからスランプに陥りこの夏はレギュラーから外れての登録となった。
DSC_0282

塾高に対する人一番強いリベンジの気持ちを持って入った打席。森田のストレートをこれもこれ以上ない渾身の振りでひっぱたくと、これがまた物凄い弾丸ライナーでレフトスタンドへのホームランで6-7と塾高に1点差に迫った。
DSC_0279

派手なガッツポーズも見せずに黙々とベースを回る地主。まだ追いついたわけじゃない、嬉しい気持ちをぐっと抑えながらの本塁打だったのかもしれない。

塾高のリベンジを強い気持ちで成し遂げた地主。ここで出てきてホームランを打つか?相手チームながらあっぱれ、その思いを想像すると、涙が出てきてしますう。

高校野球のドラマってその試合だけで発生するものだけでなく、地主のようにそれまでの数々の悔しさを乗り越えて迎えるドラマがある。そこに球児たちの熱き想いが重なり、誰もが予想もしなかったような感動のドラマを見せてくれるのである。そこには選手たちの心身の成長も見える。それが高校野球の面白さなのである。

まだまだ試合は終わらない。4点差を1点差にまでに詰めた鎌学は連打で一死12塁。同点、いや長打が出れば逆転サヨナラの場面だ。

マウンドの森田も真っ赤なを顔をして懸命の投球を続ける。しかしここは最後の力を森田が出して踏ん張った。二塁ゴロで4-6-3の併殺でゲームセット、鎌学の怒涛の攻めを断ち切り、辛くも塾高が逃げ切った。

この二塁ゴロもセンターへ抜けそうな難しい打球。でも、塾高の二遊間、矢澤、瀬戸西は本当に守備が上手だ。見事に捌き、1塁もぎりぎりアウトを取ったのだった。

試合終了後の鎌倉学園の選手の表情が印象的だった。みんな力を出し切って戦いを終えたというすがすがしいう表情、笑顔を見せているのだ。素晴らしいな、こういうの。それほど鎌学の最後の攻撃は彼らのすべてを差し切った怒涛の攻撃だったのである。
DSC_0285

DSC_0291
DSC_0293
DSC_0288

さすがに森田は疲れた表情。
DSC_0287

握手も両チームの選手が心から相手を称える。
DSC_0289

塾歌斉唱。
DSC_0300

奥から大串、瀬戸西、木澤。
DSC_0296

さすがに悔しさがこみ上げて涙が止まらない選手もいる。
DSC_0299

これぞ「夏の高校野球」という試合を見せてもらった試合だった。これだから高校野球は面白い。塾高と鎌倉学園の伝統校、これからも数々の名勝負を残していく事だろう。僕らもこれからも一緒にしびれていきたい。



popo0803 at 23:50|PermalinkComments(2)TrackBack(0)塾高野球部(15年8月〜) 

(神奈川新聞)鎌倉学園戦(5回戦:160723)

鎌学戦新聞1

『慶應辛くも逃げ切る』
 
2本塁打で1点差に迫られ、さらに連打を許した。九回1死一、二塁。それでも、エース森田は「気持ちで負けない」。フルカウントからの6球目、外角に落ちる変化球で狙い通り二ゴロ併殺打に仕留め、辛くも逃げ切った。
 
ただ、流れを変えたのも背番号1だった。点差を2点に広げられた三回途中から救援し、八回まで5安打10奪三振。切れのある直球、鋭いスライダー、落差あるスプリットで1試合10得点の鎌倉学園を翻弄し、逆転劇を呼び込んだ。
 
もちろん納得はしていない。「自分の甘さが最後に出た。試合終了まで集中しないと」と右腕。それこそ名門のエースのプライドだろう。
 
ここまでは3試合連続コールド勝ち。指揮を執って初めての夏に、森林貴彦監督〈43〉は「高校野球って、やっぱりすごいですね。しんどかったですけど、接戦を制したことを弾みにしたい」と笑顔だった。
 
(2016年7月26日 神奈川新聞)
鎌学戦新聞2

(写真提供:独自さん)

13620289_1060322740730830_6324168241310232897_n


popo0803 at 08:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)塾高野球部(15年8月〜) | 新聞・雑誌記事

2016年07月25日

(速報)鎌倉学園戦(5回戦:160725)

現地からの速報です。

六回表、集中打で5-3と逆転!!

八回表、下山タイムリー三塁打で2点追加!!

最終回、鎌学、ツーランホームランで7-5と2点差!
さらにソロホームランで7-6と1点差!!
頑張れ、森田!!

試合終了!!逃げ切った!!


13686626_913015245494792_15954740065559865_n
◆2016年7月25日(月)
全国高校野球選手権神奈川大会(5回戦)
@保土ヶ谷球場
慶應 010 004 020 =7
鎌学  003 000 003 =6
(慶)柏木、森田−西澤
(鎌)横田、清水
 
(メンバー)
5 下山
4 矢澤
9 大串
7 正木
3 綿引
8 水久保
6 瀬戸西
2 西澤
1 柏木
 
◆1回表
下山:一ゴロ失策
矢澤:投犠打、一死2塁
大串:右飛、下山タッチアップで3塁へ
正木:遊ゴロ
 
◆1回裏
(先発柏木)
二飛
四球
三振
三振
 
◆2回表
綿引:左前
水久保:捕犠打
打者瀬戸西の時、牽制悪送球で綿引3塁へ
瀬戸西:二ゴロ(綿引動けず)
西澤:右前タイムリー、(慶1-0鎌)
柏木:遊ゴロ
 
◆2回裏
遊ゴロ
二内野安打
二ゴロ、二死2塁
左飛
 
◆3回表
下山:中飛
矢澤:一ゴロ
大串:四球
正木:右飛
 
◆3回裏
二ゴロ
四球
遊内野安打、一死1、2塁
左前タイムリー、正木後逸し1塁走者も生還、打者3塁へ。一死3塁。(慶1-2鎌)
右前タイムリー、(慶1-3鎌)
(柏木に代わりピッチャ―森田)
バントが内野安打、一死1、2塁
三振、二死1、2塁
左前も2塁走者本塁タッチアウト!!
 
◆4回表
綿引:中飛
水久保:二飛
瀬戸西:中前
打者西澤の時、瀬戸西二盗、二死2塁
西澤:遊ゴロ
 
◆4回裏
三振
三振
四球
1塁走者を森田牽制で刺す。

◆5回表
森田:三強襲安打
下山:投犠打
矢澤:捕邪飛
大串:遊ゴロ

◆5回裏
中前
投犠打、一死2塁
三振
投強襲安打、二死1、3塁
三振
二死1、3塁のピンチ乗り切る

現場からの声では、塾高はボール打ちが多く、高め低めを打って凡打。鎌学の投手横田、荒れ球で的が絞りにくそう、とのこと。

2点はワンチャンスで返せる得点差。後半に入り、焦ることなく勝機をうかがってほしい。ワンチャンスを活かすこのチームの強さをここから見せて欲しい。絶対にチャンスは来るのだから。

◆6回表
正木:三内野安打
綿引:左前、無死1、2塁
水久保:投犠打、一死2、3塁
瀬戸西:遊タイムリー内野安打、一死1、3塁、(慶2-3鎌)
打者西澤の時、瀬戸西が二盗、一死2、3塁
西澤:遊ゴロ失策(1塁悪送球)で、綿引、瀬戸西生還し逆転!!(慶4-3鎌)
一死2塁
森田:一飛、二死2塁
下山:右中間タイムリー三塁打、二死3塁、(慶5-3鎌)
矢澤:三邪飛

鎌学も勝利を意識してエラーが出たものの、この集中打が出せるところがこのチームの強さ。先頭打者がでて送りバントをせずに強行策でチャンスを広げた場面、そして一死1、3塁から瀬戸西の二盗で2、3塁とチャンスを広げた場面など、森林監督の采配も相変わらずズバリ的中、本当に素晴らしい!!

まだまだこれからどうなるかわからない。気を引き締めて終盤を迎えたい。

◆6回裏
遊内野安打
遊ゴロ併殺
三振

◆7回表
大串:四球
正木:遊ゴロ併殺
綿引:右飛

◆7回裏
三振
三振
三振

三者連続三振!森田、全開!!

◆8回表
水久保:中飛
瀬戸西:四球
打者西澤の時、瀬戸西二盗、一死2塁
西澤:四球、一死1、2塁
森田:中飛、二死1、2塁
下山:中越2点タイムリー三塁打、(慶7-3鎌)

下山、今日二本目の三塁打。しかも両方とも二死でここでもう一本欲しい、という場面でのタイムリー。実に勝負強い。頼もしい一年生である!!

鎌倉学園、横田から清水に投手交代

矢澤:遊飛

◆8回裏
遊ゴロ
三振
遊ゴロ

◆9回表
大串:右飛
正木:遊飛
綿引:二ゴロ

◆9回裏
センター水久保がレフト
レフト正木に代わりセンター新美。
 
四球
代打がツーランホームラン!7-5と2点差!!(慶7-5鎌)
頑張れ、森田!!

左飛
レフトにソロホームラン、7-6と1点差!!(慶7-6鎌
森田、明らかに球威が落ちてきているらしい。
なおも中前、右前で一死1、2塁のピンチ!!
頑張れ!マジ頑張れ!!

鎌学も死にもの狂い!!
塾高も死にもの狂いで頑張れ!!

二ゴロ併殺で試合終了。

よく凌いだ!!
厳しい勝利だった!!
涙が出てくるよ!!
鎌学3
鎌学1



popo0803 at 12:29|PermalinkComments(2)TrackBack(0)塾高野球部(15年8月〜) 

2016年07月24日

鎌倉学園戦にドラマあり??

5回戦で塾高が対戦する鎌倉学園は、4回戦の藤嶺藤沢戦、9回裏に同点に追いつき、延長11回裏サヨナラ勝ちをして5回戦に勝ち進んだ。

2016723

全国高校野球選手権神奈川大会(4回戦)

@サーティーフォー相模原

藤嶺藤沢 020 100 000 00  =3

鎌倉学園 000 000 111 01×=4

鎌倉学園でサヨナラの決勝打を打ったのは背番号17を付けた「元4番」の地主選手

地主には忘れられない試合があるという。それは今春の県大会2回戦の塾高戦。延長11回裏一死3塁のピンチで、塾高大串の浅いライトフライから、三塁走者の木澤がタッチアップしたシーン。この時にライトを守っていたのが地主。タッチアップの三塁走者の木澤も十分に刺せるはずだったが、まさかの送球ミス、サヨナラ負けを喫したのだった。
(鎌倉学園戦 観戦記)
DSC_0738

昨秋から4番を任されていた。チームを牽引し、勝たせる存在でなきゃいけないのに、なかなか立ち直ることが出来ず、練習でもミスを連発。鎌倉学園の竹内監督からも「もう少し頑張れ」と言われるほど、スランプに陥った。

春季県大会塾高戦のスコアボード、鎌倉学園のメンバーには4番地主があったが、この夏を前に、4番どころかスタメンも外された。
DSC_0798

プライドを捨て、1年生と一緒に打撃練習、1150本のティーバッティングをひたすら続け、バットは誰よりも振って挑んだこの夏の大会。初戦のSFCでは守備固めに出場しただけで、あの19-9の大乱戦でも打席に立つことはなかった。

しかし春の塾高戦でのサヨナラ負けから、藤嶺藤沢戦ではサヨナラ打を放ったヒーローになった。


次戦は苦い思い出のある塾高戦だが、「ずっと意識してきた。絶対に打ちたい」と意気込む。

自分の一振りでリベンジの舞台を掴んだからこそ、気合いは十分だ。

サヨナラ勝ちで勢いに乗る鎌倉学園、そしてリベンジに燃える地主選手に塾高は強い気持ちを持って、気持ちで負けないように向かっていく。地主にはドラマを作らせない。塾高の新たなドラマを作るのだ。

(本記事は2016年7月24日読売新聞の記事を参照して書いています)。



popo0803 at 23:58|PermalinkComments(2)TrackBack(0)塾高野球部(15年8月〜) 

【観戦記16-08】県相模原(4回戦:160723)

全国高校野球選手権神奈川大会、塾高は4回戦で県相模原と対戦。10-06回コールドで快勝し、5回戦に駒を進めた。 
DSC_0510

2016723日(土)

全国高校野球選手権神奈川大会(4回戦)

@サーティーフォー相模原

慶應義塾 014 302 =10

県相模原 000 000 =0

6回コールド)

(慶)森田、渡邊−西澤

(相)石井、河原、堀場−後藤

【三】大串(慶)

【二】瀬戸西、正木、山本(慶)、浅岡(相)

(メンバ)

5 下山

4 矢澤

98 大串

79 正木

3 綿引

8 水久保

 H 山本

 R 田口

 1 渡邊

6 瀬戸西

2 西澤

17 森田

地元相模原高校の試合とあって、球場は予想以上にたくさんの野球ファンで埋まった。もちろん、半分以上は相模原ファンである。

試合開始前のエール交換の塾高スタンド。 
DSC_0565

試合開始です。 
DSC_0574
DSC_0575
DSC_0576
DSC_0578

塾高先発は森田。先頭打者にヒットを打たれ、犠打で一死2塁とランナーを背負うも、後続を断ち危なげのない安定した立ち上がりを見せた。
DSC_0740 - コピー

先取点を取ったのは塾高。2回表、一死から水久保が死球で出塁。水久保、ガッツポーズで1塁へ向かう。

瀬戸西はファールで粘った7球目を振り切ると打球はライトオーバーの二塁打で一死23塁とチャンスを広げた。 
DSC_0638

塁上でふぅーっと大きく息をつく瀬戸西
DSC_0650

3
塁に進んだ水久保も気合いが入る。 
DSC_0653

打席は西澤。ワンボールからの二球目、森林監督はスクイズを仕掛けると、西澤がこれをしっかりと決めて水久保がホームイン、塾高が1点を先制した。森林監督はヒットエンドラン、スクイズなど、カウント、状況に応じてオーゾドックスに仕掛けてくるが、ここもそれが見事に決まった。見ていてとても安心感があるズバリ采配がとても気持ちいい。  
DSC_0662
DSC_0667

スクイズ成功してベンチに戻る西澤。彼の笑顔はいつも暖かくて爽やかだ。いいね。 
DSC_0691

その裏の相模原の攻撃。二死から2塁打を打たれて初回に続いて2塁にランナーを背負った。

ここで8番の石井の打球はセンター前へのライナー。同点打か、と思われたその打球にセンター水久保が素晴らしい反応を見せた。ダッシュして地面すれすれでスライディングキャッチする大ファインプレーである。(試合を決めた水久保の大ファインプレー)  
DSC_0748
DSC_0750

相模原は力のあるチームで、今大会中盤の山となる試合だった。塾高が点を取ったすぐその裏に相模原に同点にされていたら、この試合はまた違う試合展開になっていただろう。相模原の同点打を阻止したこの水久保の大ファインプレーは、この日の試合のキーとなる大きなプレーだった。

ファインプレーにどや顔でベンチに戻る水久保。
DSC_0770

ファインプレーの後に潮合の流れがこっちに来ることは野球でよくある。この水久保のファインプレーも塾高に勢いをつけた。

3
回表、一死から矢澤がライト前ヒットで出塁すると、大串のカウント2-2からヒットエンドランを仕掛けると、これが成功して一死12塁。ショートがセカンドカバーに入って広くなった三遊間を狙ってしっかりと転がした大串の打撃も見事である。

正木四球で一死満塁とチャンスを広げると、綿引はセンター前にタイムリーヒットで矢澤、大串の二者生還し3-0とリートを広げた。 
DSC_0799
DSC_0800

2
塁から激走してホームに走る大串。 
DSC_0808

スタンドは若き血。 
DSC_0855
DSC_0854
DSC_0856

3
年生一人で応援指導部をリードする山本。彼の熱い気持ちは野球部を甲子園へ導いてくれることだろう。 
DSC_0859

なおも一死12塁から水久保のファーストゴロで二死23塁とすると、瀬戸西がレフト前タイムリーヒットで正木、綿引が還り5-0と更に突き放した。 
DSC_0884

二打席連続でタイムリーを打った瀬戸西、いい笑顔です。 
DSC_0895

4
回表、再び塾高打線が火を噴いた。

一死から下山がレフト前ヒットで出塁。1年生ながらサードのポジションを掴んだ期待の1年生である。 
DSC_0931

矢澤四球で一死12塁で打席には大串を迎えた。大串は今大会に入って打撃は物凄く好調である。その大串が初球を力強く振り切ると、打球はライトオーバーの三塁打、下山、矢澤が生還し2点を追加して7-0とリードを広げた。

好調な打撃に加え、ここ一番の勝負強さもある大串。塾高主将としてチームを引っ張るその姿はとてもたくましく頼もしい。
DSC_0937
DSC_0941
DSC_0944

1
塁から矢澤が一気にホームイン。
DSC_0948

3
塁上で大串はガッツポーズ。
DSC_0952

なおも一死3塁から正木がセンターへ犠牲フライで大串還りこの回3点目で8-0とリードを広げた。
DSC_0963

盛り上がるスタンド。 
DSC_0975

山本8点差に落ち着いた表情でグラウンドを見つめる。 
DSC_0977

5
、ベンチ前で円陣を組む選手達。
DSC_0048

6
回表、先頭の矢澤が四球で出塁すると、一死から正木がレフトへ二塁打で一死23塁から綿引がセンターへの犠牲フライ(写真)で1点追加。
DSC_0102

なおも二死2塁で水久保の代打、山本が送られた。伝令としてもマウンドに走ることがある山本、きっと明るいキャラなんだろうな、打席での構えにも雰囲気がある。その山本も初球を打つと三塁線を破る二塁打で正木が還り、10-0とコールドとなる点差を付けた。 
DSC_0116

2
塁ベースで笑顔の山本
DSC_0132

山本の代走に田口。 
DSC_0156

10
点差をつけた6回裏、塾高は2番手の渡邊をマウンドに送った。僕は初めて見る投手だ。ひょうひょうとした雰囲気だけど、マウンド度胸はありそうだ。
DSC_0192

渡邊は先頭を三振に打ち取るも、ヒット、エラーで一死12塁とランナーを背負った。ここでベンチから先ほど代打で出場しタイムリーヒットを打った山本が伝令に走る。

山本はマウンドで何かを話した後、一人一人と握手を始めた。伝令でマウンドに行った選手が、各選手と握手するのって見たことがない。なんだか面白いな。新しいリラックス方法かもしれない。
DSC_0204


伝令で気持ちを切り替えたか、渡邊は背二者連続三振でゲームセット。最後の打者を三振に打ち取り、雄叫びをあげる渡邊。  
DSC_0219

そしてどや顔(笑)。いいね。
DSC_0227

整列。 
DSC_0237

ホームに整列して塾歌斉唱。  
DSC_0243

スタンドに勝利の報告。
DSC_0250
DSC_0253

エールを切る応援指導部山本主将。 
DSC_0263

試合は圧勝となったが、公立の強豪相手に森林監督は試合後のインタビューで「接戦をやるつもりの準備と想定してきた。実力の差は紙一重だった。運があって大差になった」と謙虚に振り返った。

この試合のキーは2回裏の水久保の守りだったことは間違いない。あれで相模原に流れを渡さずに、塾高が一気に攻めていけた。

しかし、打線もとても好調である。これで3試合連続のコールドゲーム。特に3番大串から6番水久保までが調子いい。ここまでの3試合の成績を見てみると、

大串 9打数6安打6打点

正木 7打数4安打5打点

綿引 10打数4安打5打点

水久保 8打数5安打6打点

5
回戦は今春の県大会2回戦で対戦した鎌倉学園2点のリードを追いつかれて延長に突入し、延長12回にサヨナラ勝ちをした。鎌倉学園も初戦でSFCと壮絶な試合をしたが、春のリベンジをすべく、彼らの集大成をぶつける試合をしてくる。塾高も鎌倉学園を上回る熱い気持ちで勝利を掴みに行きます。明日は、ネット観戦です。

もともと、例年の塾高に比べれば小粒で大砲がいないチーム。集中して、繋いで、粘り強く点を取っていく、そんなチームだ。そんなこのチームは、攻守走において、春から相当の成長をしていることを感じます。

近年の塾高の中ではスター選手がおらず、戦力的には劣るとも見られがちだったチームが、もしかしたら今年のチームは頂点を取ってくれるかもしれません。そんな予感を感じます。

まだまだ選手たちに伸びていく潜在能力があるのもこのチームの魅力です。これから厳しい試合を一試合一試合積み重ねる中、選手達は僕らが想像する以上に急成長していくかもしれません。そんな楽しみも感じます。

2008年、夏の甲子園に46年ぶりに出場した山崎錬が主将だった時と、なんだか同じ匂いを感じます。

さあ、頂上まであと4つ。熱い気持ちで頑張ろう!!

5回戦

725日(月)

第一試合 1100

保土谷球場

対鎌倉学園

※記事が面白ければ「拍手」へのクリックをお願いします。また、コメント、拍手へのコメントに感想等残していただければ、また、次の励みになりますので、どうぞよろしくお願いいたします。



popo0803 at 23:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)塾高野球部(15年8月〜) | 観戦記

試合を決めた水久保の大ファインプレー

塾高対県相模原、2回裏二死2塁。1-0と塾高が1点をリードした2回裏の県相模原の攻撃の場面。県相模原8番の石井の打球はセンター前へのライナー。

これにセンター水久保が素晴らしい反応を見せてダッシュし、地面すれすれでスライディングキャッチする大ファインプレー。

相模原は力のあるチームで、「実力差は紙一重(森林監督)」のチーム、今大会中盤の山となる試合だった。塾高が点を取ったすぐその裏に相模原に同点にされていたら、この試合はまた違う試合展開になっていただろう。

このファインプレーでピンチを乗り切った塾高は、3回表に4点を追加し相模原を突き放した。

相模原の同点打を阻止したこの水久保の大ファインプレーは、この日の試合を決めた大きなプレーだった。
DSC_0748
DSC_0750
DSC_0760

ファインプレーにどや顔でベンチに戻る水久保

DSC_0770
DSC_0772



popo0803 at 12:06|PermalinkComments(4)TrackBack(0)塾高野球部(15年8月〜) 

塾高軟式は桐蔭学園に初戦敗退(160723)

全国高校軟式野球選手権・神奈川大会、塾高は初戦で桐蔭学園と対戦したが1-3で惜敗、初戦で涙をのんだ。

2016723日(土)

全国高校軟式野球選手権神奈川大会

慶應義塾 000 100 000 =1

桐蔭学園 100 000 11×=3

(スタメン)

8 前濱佑星(3年・横浜早渕中)

7 川合駿介(2年・静岡大浜松中)

4 西岡航平(3年・鎌倉腰越中)

3 金井洸樹(3年・慶應義塾中等部)

5 大友快(3年・目黒十中)

9 平颯一郎(3年・文京音羽中)

6 庄古知滉(3年・慶應義塾普通部)

1 山元大輝(2年・世田谷砧中)

2 石見耕太郎(2年・慶應義塾中等部)

初回、犠飛で先制を許すが4回、西岡、金井、大友の3連打で同点。

7回、二死2塁から内野悪送球で勝ち越しを許し、9回にも犠飛で失点。

塾高は6安打、5四死球ながら要所を抑えられ、初戦敗退。

(以上、事務局より)



popo0803 at 11:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)塾高軟式野球 

2016年07月21日

塾高野球部、雨天順延による日程変更

本日の雨天により、各球場で試合が中止となり、明日予定されていた4回戦、5回戦の日程が変更となりましたのでご注意ください。

23日(土)は軟式の試合を見に行こうと思っていたのですが、硬式と重なり行けなくなってしまいました。残念!!


4回戦

423日(土)

1100

@相模原球場

対県相模原

422日(金)からの変更

5回戦

425日(月)

1100

@保土ヶ谷球場

藤嶺藤沢と鎌倉学園の勝者

424日(日)からの変更



popo0803 at 23:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)塾高野球部(15年8月〜) 

2016年07月19日

(日刊スポーツ)塾高対海老名

日刊スポーツに今日の試合についての記事がありました。大串と正木がいい笑顔で握手しています。

「慶應圧勝 4番正木適時打、3番大串3ラン/神奈川」



popo0803 at 23:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)塾高野球部(15年8月〜) | 新聞・雑誌記事

塾高対海老名(3回戦:160719)

現場速報からです。
13754110_909302172532766_3220168789417464014_n

塾高は矢澤が2安打3打点、大串がスリーランホームラン3打点、正木3安打3打点と大当たりで11得点。
投げては2回戦に続いて井上が先発し、柏木、森田と継投して海老名を5安打完封し、4回戦に駒を進めた。

◆2016年7月19日(火)
全国高校野球選手権神奈川大会(3回戦)
塾高  240 14 =11
海老名 000 00 =0
(5回コールド)
(慶)井上、柏木−西澤
【本】大串(慶)
【三】矢澤(慶)
【二】正木2

(メンバー)
5 下山
4 矢澤
9 大串
7 正木
3 綿引
8 水久保
6 瀬戸西
2 西澤
1 井上

(試合経過)
■1回裏
下山:中飛
矢澤:三ゴロ
大串:四球
正木:右越タイムリー二塁打、二死2塁、(慶1-0海)
綿引:左前タイムリー(返球の間に2塁を狙うがタッチアウト)。(慶2-0海)

■1回裏
遊飛
左前、一死1塁
左飛
二盗失敗。

■2回表
水久保:セーフティーバント成功(三内野安打)
瀬戸西:投犠打、一死2塁
西澤:中飛
井上:二ゴロ失策、二死1、3塁、打者下山のとき井上二盗
下山:四球、二死満塁
矢澤:右中間3点タイムリー三塁打、二死3塁。(慶5-0海)
大串:四球、二死1、3塁
正木:左前タイムリー、二死1、2塁、(慶6-0海)
綿引:中飛。

■2回裏
左前
右前、無死1、2塁
右直、一死1、2塁
遊ゴロ野選(瀬戸西3塁送球がフィルダ―チョイス、一死満塁
右飛、二死満塁
二飛

■3回表
水久保:死球
瀬戸西:四球、無死1、2塁
(海老名ピッチャー交代)

西澤:投犠打、一死2、3塁
井上:遊ゴロ(本塁タッチアウト)、二死1、3塁
下山:一ゴロ。

■3回裏
中前
三ゴロ(走者2塁へ)
四球、一死1、2塁
遊飛
三邪飛

■4回表
矢澤:セーフティーバント成功(投内野安打)
大串:右直
打者正木のとき矢澤二盗、一死2塁
正木:ライト線タイムリー二塁打、一死2塁、(慶7-0海)
綿引:左邪飛
水久保:左飛。

■4回裏
(井上に代わりピッチャー柏木。)
右前、無死1塁、
三振
遊ゴロ併殺。

■5回表
(海老名ピッチャー交代。)
瀬戸西:死球
西澤:投犠打野選(2塁送球セーフ)、無死1、2塁
柏木:捕犠打、一死2、3塁、
下山:中犠飛、二死2塁、(慶8-0海)
矢澤:死球、二死1、2塁、
大串:ライトに3ランホームラン。(慶11-0海)
(海老名ピッチャー交代。)
正木の代打堀内:遊ゴロ。

■5回裏
代打堀内がそのままレフト、サード下山に代わりセカンド宮尾、セカンド矢澤がサード、水久保に代わりセンター新美、柏木に代わりピッチャー森田。
三ゴロ
中飛
三ゴロで試合終了。

◆4回戦
7月22日(金)
第一試合 11:00〜
サーティーフォー相模原球場
対県相模原


popo0803 at 13:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)塾高野球部(15年8月〜) 

2016年07月18日

【観戦記16-07】SFC対鎌倉学園(1回戦:160712)

大変遅くなりました、SFC観戦記です。

この夏SFCの初戦は古豪鎌倉学園。会場は藤沢八部球場、この球場に軟式の試合では何回か来たけれど、硬式の大会で来たのはいつ以来だろう。 
DSC_0499

いつもSFCの保護者の方々からとてもご熱心なお声かけをしていただいており、いつか試合を見に行きたいと思いながらもこのチームは県大会に出場できなかったこともあり、残念ながらここまで応援する機会もなかったが、この試合、平日ではあったが休みが取れたので初の観戦である。

平日の第一試合ということもあり、球場はすいているのだろう、と思ったらとんでもない。試合開始の1時間ちょっと前に車で着くと、もう、駐車場はほぼ満車になりそうな状態。

入口で係りのおっちゃんに、もしもここがいっぱいになったらどこに止めたらいいの?と聞いたら、近くにはないんだよね、とのこと。危ない、危ない。

第一試合がSFC鎌倉学園、第二試合が日大藤沢西湘と、ドンピシャで湘南・西湘地区の地元4校がこの藤沢八部球場で試合するのだから、地元の応援も集まったことだろう。

ちょうど日大藤沢の保護者の方々が話しているのが聞こえたが、集合は10時だったとか。第一試合開始は11時からで日大藤沢は第二試合なのだから、まあ、なんと気合いを入れて早くから集合していることなのだろうか。 
DSC_0502

2016712日(火)

全国高校野球選手権神奈川大会(1回戦)

@藤沢八部球場

鎌倉学園 149 05 =19

慶應藤沢 270 00 =9

5回コールド)

(慶)中村、小野、●守安、加藤−高野

(鎌)清水、横田、染野−米倉

(メンバー)

5 上田

4 杉山

19 中村

2 高野

3 最首

 R 中島
 3 藤澤

917小野

7 竹増

 1 竹安

 1 加藤

 H

8 渡辺

6 松永

この球場は出場選手の名前が手書きで表示されるいまどき珍しいレトロな掲示板である。いつも思うけど、どうしてこういうのってもう少しきれいな字で書くことが出来ないのだろう。きっと書きにくい太い筆みたいので慌てて書いているのだろうけど、それにしてもな。。。。。 

よくよく見ると、4高野6小野7番の竹増の文字からはペンキが流れ落ちて、まるでホラー映画の様である。特に竹増はひどいな(笑)。右上の時計は1051分を指している。(写真を拡大して見てみてください)  
DSC_0620

ところが試合が始まってしばらくした時に撮った写真を見てみると、試合開始前に流れ落ちていたペンキがきれいにふき取られている。きっと本部席あたりからみっともないと指摘されたんだろうな。右上の時計は1144分を示している。 
DSC_0987

でも、裏方もきっと高校生が頑張っているのだよね?面白かったのでネタとして書いちゃったけど、こういうレトロな部分がやがてなくなる時も来る。その時にこういう風景が懐かしくなるのだから、今をエンジョイしておこう。 

試合開始前の選手たちのパフォーマンス。毎年、パフォーマンスが違うのは、自分たちのスタイルを考えているのだろう。円陣での掛け声の後、全員でバックススクリーンの方に向かって両手を指す。  
DSC_0618

さあ、試合開始です。 
DSC_0624

整列。 
DSC_0628
DSC_0629
DSC_0631

先攻は鎌倉学園。ベンチから元気に声を出す控え選手達。  DSC_0635
DSC_0636

SFC
先発は中村。 
DSC_0655

いきなり先頭打者にライトオーバーの三塁打を打たれると、死球で無死13塁から3番打者を6-4-3の併殺打に打ち取る間に三塁ランナー生還し1点を先制された。まだ初回、中間守備からの併殺で1点を許したが、続く4番を1塁ゴロに打ち取り、この1点は仕方ない立ち上がりとなった。

その裏SFCも先頭のキャプテン上田が初球を引っ張ると、1塁へのライナーはファーストがジャンプするもミットを弾きライト前ヒットで出塁。ガイドブックのチーム紹介には上田5割近い打率を残してきっという。切り込み隊長として見事すぎるくらいの活躍である。

ちょっと準備が出来ず写真撮り損ねたので、ガイドブックのチ−ム紹介を貼ります。すまん。 
DSC_0505

2
番は杉山。去年からセカンドレギュラーで出場していた選手だ。なかなかバックスイングがカッコいい。 
DSC_0676

杉山はフルカウントから粘った8球目をレフト前ヒットで続く。  
DSC_0678

3
中村の送りバントは三塁前へ。相手のまずい守備もあり1塁セーフ(記録は内野安打)で無死満塁と思わぬチャンスが広がった。

4
高野も去年のチームでキャッチャーを守った選手だ。(確か)初球を叩くと打球はぐんぐんと伸びてセンターオーバーの二塁打で二者が生還し、2-1と逆転した。
DSC_0694

1
塁ランナーの中村も一気にホームを狙ったが、ここはホームタッチアウト。

ノーアウトだし、ここは無理して突っ込ませずに、無死23塁で攻撃を続けられた方が鎌学バッテリーも嫌だったろうが、思わず三塁コーチャーが手をグルグル回したくなるような高野の当たりだったし、先頭打者からの4連打は、思い切ってランナーを突っ込ませたくなるようなイケイケどんどんの勢いがあった。だからここは三塁コーチャーの判断を責めるのも酷である。 
DSC_0720

2
回表SFC中村の制球が乱れた。先頭打者に四球を許し、犠打、四球で一死12塁。ここでベンチから背番号15藤澤が伝令に走る。
DSC_0759

しかし次打者には死球で一死満塁とピンチを広げた。鎌学スタンドは硬派な応援団が応援を盛り上げる。  
DSC_0765

制球が思うように定まらずマウンドで苦しむ中村を心配そうな表情で見守るキャプテン上田。 
DSC_0766

杉山は「大丈夫だよ、まだまだこれからだ」とでも言ってるかのように暖かい表情で中村にボールを返す。実に優しくていい表情だな。

このあたりの落ち着きやピッチャーに声をかけるタイミングは、去年も内野の中心として2年生ながら夏の大会を経験しているさすが杉山、中村を落ち着かせる。 
DSC_0769

ピンチを迎えたこの場面、上田杉山、それぞれの優しい表情を切り取った瞬間、こういうのが写真の魅力でもある。  

しかし次打者にも四球を与え一死満塁で9番を迎えた。だがここも苦しい投球が続き、フルカウントから投じた6球目が外れ押し出しの四球、犠打を挟んだ4連続四死球で鎌学に1点を与え同点とされた。

さすがにSFCはここで投手交代。中村がライトに入り、ライトの小野がマウンドに上がった。
DSC_0772

小野にとっては予想もしていなかった早い登板だったかもしれない。準備はどのくらいできていたのだろうか。ストライクが入らずツーボールと苦しい投球だ。打者にとてみれば、ストライクゾーンを絞って打てる絶好のカウントだ。 

そしてそのストライクを取りに行った3球目を狙い打たれると打球は右中間を破る走者一掃の三塁打、2-5と再び逆転された。実にもったいない点の取られ方でSFCとしては悔いが残る。

なおも一死3塁のピンチが続くが、強い当たりのショーゴロを渡辺がナイスプレーで捌く。
DSC_0785

そして次打者もレフトフライで何とか後続を断った小野
DSC_0793

鎌学に先制され、すぐに逆転したと思ったらまたすぐにその倍返しで逆転され・・・・。いったいこの試合はこれからどのような展開になるのだろう。

それはここまではボクシングにたとえれば、両者様子見のジャブの打ち合いに過ぎなかったのだ。しかし、ここから急に渾身の力を込めたストレートの打ち合いが始まったのだ。それは誰も予想もしなかった壮絶な殴り合いだった。

先に仕掛けたのはSFC

3
点を追うSFC2回裏の攻撃は、7竹増のライト前ヒットから始まった。
DSC_0808

8
渡辺はレフトオーバーの二塁打で無死23塁。  
DSC_0809

渡辺、塁上でいい笑顔である。 
DSC_0812

そして9松永がセンター前タイムリーで1点を返し3-5、なおも無死13塁。 
DSC_0815
DSC_0839

1
番に戻りキャプテン上田はピッチャー強襲ヒットで渡辺が還り4-51点差に詰め、なおも無死12塁。
DSC_0843
DSC_0851

杉山犠打を相手がエラーして無死満塁とチャンスを広げた。 
DSC_0861

この杉山の懸命の走りが相手エラーを誘い出したかもさいれない。
DSC_0880

まだまだSFC打線の勢いは止まらない。3中村がレフト前タイムリーで5-5とついに同点に追いついた。
DSC_0888
DSC_0896

一体何なんだ、この勢いは!SFCの物凄い爆発力にビックリ、そして感動である。

SFCの各打者、ファーストストライクからしっかりと打ってきており、その積極性がこの連打につながっている。


なおも一死満塁から、打席は初回に逆転ツーベースを打っている高野。強振した打球は右中間を破る走者一掃の三塁打で、ついに8-5と逆転に成功した。
DSC_0902

塁上でガッツポーズの高野。気持ちで負けないフルスイングで良く打った。  
DSC_0940

ここで鎌学は先発の清水から横田に交代。

しかしその横田もSFCの流れを止めることが出来なかった。SFC5最首がライト前ヒットでこの回なんと7点目の得点を入れて9-5と大きく鎌学を突き放した。  
DSC_0947

初回の4連打にもびっくりしたけれど、この回はなんと犠打を挟んでの7連打で7をあげたのだ。SFCの何というパワーなんだろう。もうビックリ以外の何物でもない。物凄い集中力、集中打である。このSFC打線のパワー、あっぱれである。

2
を終わって9-5。このままでは終わらないまだまだ荒れそうな雰囲気である。その中でSFCは猛攻により逆転したこの流れを相手に渡したくない。そのためには、3回表の鎌学の攻撃をしっかりと抑えて0点で抑えることが出来るかどうかが大きなポイントであった。

そして3回表、鎌学の攻撃。マウンドの小野が先頭の4番打者に四球を与えると、ヒット、四球で無死満塁とピンチを迎えた。4点あるのだからランナーを溜めるのが一番悪いケースであるが、小野は乱調で苦しい投球が続く。

そして8番、9番に連続の押し出しの四球で2点を与え9-72点差に詰められると、なおも無死満塁から、1番打者にライト前ヒットを打たれ9-81点差。

ここでSFC小野から守安へ投手交代。
DSC_0006

なおも無死満塁からショートゴロで併殺崩れの間に3塁ランナー生還し、ついに4点の貯金を吐き出して9-9の同点に追いつかれた。

なおも一死13塁から再びショートゴロで併殺崩れの間に3塁ランナー生還し、9-10と逆転を許す。 
DSC_0020

なおも二死1塁からまた連続四球で二死満塁とランナーを背負うと、6番打者に走者一掃の三塁打を打たれ、この回一挙9失点で9-14と大逆転を許した。

初回に鎌学に1取られ、SFC2取って逆転すると、鎌学が4取って逆転、すぐにSFC7取って逆転すると、さらに鎌学が9取って再度逆転、恐るべき倍返し攻撃。いったいどんな試合なんだと。こんなノーガードの殴り合いのような試合は今まで見たことがない(笑)。  
DSC_0033

試合は5回表にも5安打2四球で5点を失い9-1910点差を付けられて5回コールドで試合終了、激しかった試合に幕を閉じた。

SFC
は勝てる試合を落とした残念な試合だった。3回までの両チームの内容を見てみると、鎌学は6安打なのに11四死球が絡み14得点をあげた。一方、SFC11安打と鎌学の安打数を上回るが、四死球はゼロ9得点。この四球の数の差がこの試合の勝敗を決めたのである。

しかしながら、SFCが見せた初回が4連打、2回は犠打を挟んだ7連打と、その打線の爆発力、繋ぐ力は物凄いものを見せた。試合には残念ながら負けてしまったが、この連打は選手たちが一生懸命練習をしてきた成果が出たものであり、悔しいけどSFCの力を見せることが出来た試合でもあった。

試合終了で整列する選手達。 
DSC_0061
DSC_0062
DSC_0063

そしてベンチ前で悔しい思いで鎌倉学園の校歌を聞く。悔し涙を流す選手もいた。
DSC_0069
DSC_0070
DSC_0072
DSC_0074

スコア。
DSC_0096

球場外に出てきた選手達。悔しさに涙がこぼれる。 
DSC_0099
DSC_0102

そんな選手達を木内監督が肩を叩きながら、それぞれの頑張りを称えて慰めてまわる姿がとても優しくて印象的だった。  
DSC_0103
DSC_0105

応援指導委員会に向けて、監督、そして上田主将がお礼の挨拶を述べる。  
DSC_0119
DSC_0128
DSC_0130

上田主将もお礼、感謝の言葉を述べながらも涙が止まらない。 
DSC_0152

大会が近づくにつれて、学校で多くの仲間から頑張れよ、と励ましの言葉をもらったという。みんなで一緒に勝って塾歌を歌いたかったのに、勝てなくて本当に申し訳ない。今はまだ気持ちの整理が出来ず上手く話をすることが出来ないが、気持ちの整理を付けて、必ず改めてお世話になった皆さんに感謝のお礼を伝えさせていただきたいと思います、と話す上田主将はとても立派だったな。その言葉にとても感動しました。 

最後に塾歌を演奏して全員で斉唱。応援指導委員会のリーダーと上田やその他3年生が健闘を称えあって熱く抱き合う。 
DSC_0162
DSC_0167
DSC_0169
DSC_0172
DSC_0173

こうして激しいSFCの夏は終わった。悔しい初戦敗退となったけど、応援する人の記憶に残る活躍を見せてくれた熱い試合だった。

この試合、SFC中村、小野、守安、加藤4人の投手で15四死球を与えた(加藤は四球0)。この投手陣の乱調が敗戦の原因のひとつとなったわけだが、4人の投手のうち、中村、加藤2年生、守安はまだ1年生である。

彼らにとってこんなに悔しいマウンドはなかったことだろう。この夏の悔しさと自分の力不足を十分に認識して、来年の夏には今年のリベンジを果たすように精一杯練習して頑張って欲しい。

そして自分たちには来年リベンジするチャンスがあるが、3年生の先輩はこの夏で高校野球を引退するのである。3年生には高校野球でこの悔しさをリベンジするチャンスはもうない。

そんな3年生に自分たちの成長した姿と来年、勝利を送ることがお世話になった先輩への恩返しであり、この夏、思うような投球が出来なかった2年生投手陣の重要な仕事である。そのことを十分に肝に銘じて頑張って欲しい。

新チームの成長、僕はそこに注目
して活躍を期待して応援していきます。


※記事が面白ければ「拍手」へのクリックをお願いします。また、コメント、拍手へのコメントに感想等残していただければ、また、次の励みになりますので、どうぞよろしくお願いいたします。



popo0803 at 22:19|PermalinkComments(2)TrackBack(0)観戦記 | 慶應湘南藤沢高

2016年07月14日

塾高対川崎商(2回戦:160714)

現地からの速報を記載します。(写真はAOさんからお借りしました)
13690821_906069362856047_603293404387123_n
◆2016年7月14日(木)
全国高校野球選手権神奈川大会(2回戦)
@横浜スタジアム
川崎商業 001 00  =1
慶應義塾 312 23×=11
(5回コールド)
(慶)〇井上、木澤−西澤
【本】水久保(慶)
【三】下山2、西澤(慶)
【二】綿引、水久保(慶)
 
(メンバー)
5 下山
4 矢澤
9 大串
7 正木
3 綿引
8 水久保
6 瀬戸西
2 西澤
1 井上
 H 山本
 1 木澤
 
(試合経過)
■1回表
遊ゴロ
二飛
中飛。
 
■1回裏
下山:二ゴロ失策で二進
矢澤:捕犠打、一死3塁
大串:左前タイムリー、一死1塁。(慶1-0川)
大串二盗、一死2塁
正木:遊ゴロで大串三進、二死3塁
綿引:ライト線タイムリー二塁打、二死2塁。(慶2-0川)
水久保:中前タイムリー、二死1塁。(慶3-0川)
水久保二盗、二死2塁
瀬戸西:三振。
 
■2回表
左飛
右飛
一ゴロ
 
■2回裏
西澤:三塁強襲ヒット
井上:投犠打(一死2塁)
下山:中越タイムリー三塁打、一死3塁。(慶4-0川)
矢澤:二直、二死3塁
大串:左飛。
 
■3回表
中飛
四球、一死1塁
一犠打、二死2塁
左越タイムリー二塁打、二死1塁。(慶4-1川)
中飛。
 
■3回裏
正木:四球
綿引:二飛
水久保:左越タイムリー二塁打(返球の間に三進)、一死3塁。(慶5-1)
瀬戸西:スクイズ成功、二死走者なし。(慶6-1)
西澤:左中間三塁打、二死3塁
井上:四球、二死1、3塁
下山:四球、二死満塁
矢澤:二飛。
 
■4回表
遊ゴロ
遊ゴロ
二ゴロ
 
■4回裏
川崎商業投手交代。
大串:三内野安打
正木:三ゴロ(大串2塁封殺)
綿引:遊ゴロ(正木2塁へ)、二死2塁
水久保:レフトにツーランホームラン、二死走者なし。(慶8-1川)
瀬戸西:右前、二死1塁
西澤:死球、二死1、2塁
井上の代打山本:三振。
 
■5回表
代打の山本に代わりピッチャー木澤。
三ゴロ失策(下山はじく)
捕犠打、一死2塁
三振
三振。
 
■5回裏
下山:左中間三塁打
矢澤:死球、二盗、無死2、3塁
大串:四球、無死満塁
正木:中犠飛、一死1、3塁。(慶9-1川)
大串二盗、一死2、3塁
綿引:投ゴロ(3塁走者矢澤挟殺、その間に綿引2塁へ)、二死2、3塁
水久保:中前2点タイムリー
慶應11-1川崎商となり、5回コールド終了。
 
水久保は4打数4安打6打点の大暴れ。三塁打が出ればサイクルヒットであった。
 
投手は先発井上が4イニングを1安打1失点、
木澤は1イニングをノーヒット2奪三振。
 
◆3回戦
7月19日(火)
第一試合 11:00〜
バッティングパレス相石スタジアムひらつか
海老名と横浜清陵総合の勝者


popo0803 at 14:46|PermalinkComments(6)TrackBack(0)塾高野球部(15年8月〜) 

2016年07月13日

SFCの観戦記はもうしばらくお待ちください

SFC対鎌倉学園の観戦記、もう少し時間がかかりますので、申し訳ありませんがもうしばらくお待ちください。

つなぎの写真を貼り付けます。
DSC_0531
DSC_0622
DSC_0950
DSC_0653
DSC_0880
DSC_1004
DSC_0119



popo0803 at 23:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)慶應湘南藤沢高 

2016年07月12日

神奈川県開会式(160710)

DSC_0496

昨日は神奈川県の開会式に行かれなかったので、録画していた
tvk放送から開会式の様子です。

開会式前の球場外では、恒例の第一シード4校主将のインタビュー、この夏の第一シードは、横浜、塾高、日大、藤沢翔陵4校である。
DSC_0482

塾高、大串主将へのインタビュー。
DSC_0483

Q.
秋は2回戦敗退、そしてそこからのベスト4ということで、急成長を遂げているな、という印象ですが?

A.ベスト4に入れたのは嬉しいんですけど、これが自分たちの目標ではないので、この後、更に上を目指せるように、その気持ちは忘れないで頑張ってきました。

Q.
色紙を見せてください。

A.「徹底できた確率が優勝の確率」。もちろん全国制覇を目標にしているのですけど、その中でどうやったら自分たちが勝てる確率をあげることが出来るかを考えた時に、チームで同じことを全員で徹底するということが、一番チームワーク、チーム一丸になれるなと思ったのでそういうことにしました。

Q.
最後に意気込みを。

A.チーム全員で全力を尽くして頑張っていきますので、応援よろしくお願いします。

「徹底できた確率が優勝の確率」とは、他校とはもちろんのこと、今までの塾高キャップテンが掲げてきたスローガンとも一味違った言葉で興味深かった。

近年の塾高に比べると、スバ抜けた大砲もおらず、細かいプレーにまでこだわった全員での繋いでいく野球が今年のチームカラーである。小さな力が集結してこそ大きな力となるのであり、終結に向けた全員の意識、行動の徹底が勝利の鍵を握る、ということだと思う。らしくていいな。


ちなみに他校の色紙は、横浜が「全国制覇」、日大が「執念」、藤沢翔陵が「強心」である。他行は、まあ、毎年出るようなよくある言葉だけど、大串の色紙は独創性があってひねりが光る。いいな、いいな。

2016球児たちの意気込み」コーナーでは、プロ注目の横浜のエース藤平(右側)と下平(左側)がインタビューに出てきた。藤平は体がでかいよ。
DSC_0488

さあ、いよいよ入場行進。全国で2番目に多い188校計3535の球児の入場行進がである。

塾高の紹介は8年ぶりの甲子園を狙う慶應義塾。森林新監督のもと、エンジョイベースボールの精神を受け継ぎ戦います。
DSC_0492
DSC_0491

そしてSFC「守り勝つ野球で上位を伺う慶應湘南藤沢。東京六大学野球でのOBの活躍が励みです。」と。おっちゃんが邪魔だ(>_<)。
DSC_0493
DSC_0494
DSC_0495

最近はSFCから大学野球部で頑張る選手も増えてきたが、六大学で活躍した選手となると、2014年に卒業した竹林とか稲垣(貴)あたりだろうか。

レフトスタンド最上段には塾旗が靡く。応援指導部山本主将らにとっても熱く応援してきた3年間の集大成。素晴らしい応援を思いっきり見せてくれることだろう。
DSC_0498

選手宣誓は抽選会で98回大会にちなんでトーナメント番号98番を引いた横浜立野高校の小原主将。人前は本当に苦手で、宣誓だけは引きたくなかった、とのことらしいが、昨夏の全国選手権大会を制した東海大相模などの強豪が集う最激戦地区の神奈川だけに、「注目が集まる重要な大会。強い気持ちで務めたい」と腹をくくったという。
DSC_0497

「宣誓!我々選手一同は、今まで支えてくれた人たちへの感謝を胸に、これまでに努力してきた成果を発揮し、この大会で思いのすべてを出し切り、ひとつひとつのプレーに責任とこだわりを持って最後まであきらめず全力でプレーすることを誓います」

力強い立派な宣誓だった。「ひとつひとつのプレーに責任とこだわりを持って」という言葉が新鮮で良かったな。

県内11球場で187試合の熱戦が繰り広げられる。今年はどんなドラマが待っているのだろうか。楽しみな夏が始まった。

参考データ)

今年の第
98回全国高校野球選手権大会の地方大会参加校は、昨年より32校少ない3,874校で、13年連続の減少と高野連より発表された。第84回、85回大会に過去最高の4,163校を記録して以降減り続けているという。13年連続の減少とはかなりショックだな。

慶應
普通部の野球部部員も減少傾向にあり、最近は錦織効果か、テニスや相変わらずサッカーも部員が多いと聞いた。野球、頑張って欲しいな。

地方大会の参加校が最も多いのは愛知の190校で、188校の神奈川、177校の大阪、170校の千葉、162
校の兵庫と続く。ちなみに最小は鳥取の25校。北海道は南北合わせて昨年よりも9校減った。

連合チームは計61校。内、統廃合によるもの11校、東日本大震災の影響によるもの1校、部員不足によるものが49校とのこと。



popo0803 at 01:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)塾高野球部(15年8月〜) | 慶應湘南藤沢高

2016年07月11日

(神奈川新聞)SFC紹介(160618)

昨日、初戦を勝利で飾った志木高。さあ、神奈川は明日、SFC1回戦で登場します。

初戦の相手は古豪、鎌倉学園。春季県大会では2回戦で塾高に2-3で惜敗するなど、実力のある強豪校である。同じ湘南地区で、昨秋の地区予選では同じブロックで対戦し、4-8で敗れている。

2015822

神奈川県秋季県大会湘南地区予選

@日大藤沢グラウンド

鎌倉学園 000 400 220 =8

慶應藤沢 000 030 001 =4

大正10年創部の鎌倉学園に対し、SFCの創部は平成4年、今年のチームは第23期となる。新しい歴史を作るべく、第23SFC野球部は勝利に向けた熱き気持ち、高い志を持って、チャレンジャーとして明日の初戦に臨みます。

SFC
の関係者からもいつも熱いお声かけを頂き、明日は休みが取れたので応援に行きます。このチームは秋春共に県大会には出場できなかったため、明日が初めての観戦となります。絶対に勝利が見たいぞ!!

以下、神奈川新聞からチーム紹介です。

DSC_0761

『打に頼らず守り切る』

◇投

右腕中村(175センチ)と左腕小野(165センチ)が競い合う。中村は球威のある直球で三振が奪える。小野は伸びのある直球と切れのあるスライダーで内野ゴロを量産。加藤、守安、浅井、長尾も控え。小刻みに継投できる。

◇攻・守

強肩で投手陣の信頼も厚い捕手高野、主将の三塁上田が内野を引っ張る。上田は先頭打者としてシュアな打撃と俊足で攻撃の口火を切り、中村、高野の34番が得点につなげる。ともに打率は4割を超える。

◇ここに注目

連携プレーの向上を掲げ、守り切れる守備陣に成長した。投手陣も陣容に富み、打線に頼らず守り勝つ野球で上位を狙う。

◇部員:41

◇過去10年尾の成績

4回戦

1回戦

初戦(2回戦)

4回戦

初戦(2回戦)

1回戦

初戦(2回戦)

2回戦

3回戦

4回戦

◇メンバー

1 中村 司(2年:広島・西条)

2 高野 佑樹(3年:慶應藤沢)

3 最首椋太郎(3年:慶應藤沢)

4 杉山 隆正(3年:愛知・沢上)

5 上田 裕太郎(3年:慶應藤沢)

6 松永 裕汰(3年:慶應藤沢)

7 山西 健太(2年:大阪・箕面一)

8 渡辺 光貴(3年:慶應藤沢)

9 小野 一真(3年:千葉・花園)

10 水島 健介(3年:北海道・伏見)

11 関 航祐(3年:境木)

12 加藤 優希(2年:慶應藤沢)

13 守安 隆将(1年:慶應藤沢)

14 水口 凌(1年:慶應藤沢)

15 藤澤 孝行(3年:慶應藤沢)

16 田中 雄剛(3年:慶應藤沢)

17 中島 颯太(3年:慶應藤沢)

18 荒木 大輔(2年)

19 竹増俊一郎(3年:慶應藤沢)

20 長野 拓海(3年:東京・用賀)

(記録)

長野 愛(3年:慶應藤沢)



popo0803 at 23:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)登録メンバー(SFC) | 慶應湘南藤沢高

【観戦記16-06】志木高対大宮武蔵野(160710)

98回全国高校野球選手権埼玉大会、昨日開会式を迎え、今日は志木高が早速に1回戦で登場。大宮武蔵野と対戦し、終始1点を競り合う接戦は、延長10回に志木高が勝ち越し初戦を突破した。

今日は神奈川県の開会式もあり、志木高との試合と日程が重なった。どっちに行くかとても迷ったが、志木高の試合もあまり見られる機会がないし、是非、来てください、というお声もいただくし、やっぱり試合を優先しようかな、ということで志木高観戦に行きました。 
DSC_0443

2016710日(日)

全国高校野球選手権埼玉大会(1回戦)

@市営大宮球場

慶應志木  020 001 010 1 =5

大宮武蔵野 200 010 010 0 =4

(慶)青山、中原、松本、○衛藤−橋本

(武)中野−久保

【三】越智(慶)

【二】谷上、工藤、橋本(慶)、高山(武)

(メンバー)

6 工藤

4 飯野

9 河村

3 金澤

8 越智

5 平家

7 谷上

2 橋本

1 青山

 H 大嶋

 1 中原

 1 松本

 H 武井

 1 衛藤

本日は第二試合。 
DSC_0763

球場に到着すると、入口で志木高と武蔵野両キャップテンが呼ばれ、本日の運営等についての説明を受けていた。
DSC_0766

昨日の雨から一転して今日は物凄い暑さ。試合は第一試合の球場の様子。でも、やはりこの暑さとスタンドの応援の熱さが僕は大好きだな。いよいよ高校野球の夏が始まったことを実感します。 
DSC_0769

志木高先攻で試合開始。 
DSC_0836
DSC_0837
DSC_0838

初回、志木高は一死から飯野がライト前ヒットで出塁するも、続く河村のサードライナーに飛び出しゲッツーで3人で終わる。  
DSC_0846
志木高先発は背番号10を付けた青山。立ち上がりボールが上ずりコントロールが定まらず苦しい投球が続く。3つの四球と2本のヒットで2点を先制された。 
DSC_0856

武蔵野のチア。塾メジャレツのユニフォームとそっくりで、最初、あれっ、今日は女子高が来たの?などと思ったほどだった。
DSC_0868

2
点を追う志木高は2回表、一死から5越智はカウント2-23球ファールで粘った8球目をセンター前に打ち返す。 
DSC_0898

キャプテン平家もセンター前で続き一死12塁。
DSC_0908

そして谷上はライト線への二塁打で2塁から越智が生還し、まず1点を返した。 
DSC_0912

塁上でガッツポーズの谷上
DSC_0929

なおも一死23塁で8橋本はライトへの犠牲フライ。谷上橋本も武蔵野の左腕中野の投球を逆らわずに右へ打ち返した打球だった。左腕攻略の右狙いが意識されていることを感じた。  
DSC_0937

タッチアップで同点のホームを踏んだ平家はよっしゃ、とでも言ったポーズ。 
DSC_0953

そしてこの笑顔だ。 
DSC_0966

2
回裏、まだ志木高青山は制球定まらず先頭に四球を許す。犠打で一死2塁で1番打者の打球はライトへの飛球。多少浅かったが、3塁ランナーがタッチアップでホームに向かう。しかしここはライト河村が懸命にバックホーム、ランナーを余裕を持ってホームで刺した。このプレーに青山は落ち着いたか、3回は三者凡退で武蔵野を抑えた。 
DSC_0978

本塁タッチアウトで小さなガッツポーズを見せる橋本。 
DSC_0989

好返球を見せた河村も笑顔でベンチに戻り、選手たちに手荒な祝福を受ける。 
DSC_0994

4
回から志木高は青山に代わって二番手に背番号1を付けた中原がマウンドに上がった。  
DSC_0049

先頭打者はカッコいい写真にも載せた飯野が難しいゴロを軽快に捌いて一死。  
DSC_0058

しかし、ここから二者連続四球を与えると、柴田監督は早々に中原を諦め、3番手に松本をマウンドに送った。とても思い切った早い切り替えにビックリである。

しかし、この起用に松本は見事に応え、二者連続三振でピンチを食い止めた。ナイスピッチである。 

マウンドからガッツポーズでベンチに戻る松本。 
DSC_0066

受ける柴田も嬉しそうだ。  
DSC_0083

5
回裏、先頭に二塁打を許し、犠打で一死3塁からセンターへの犠牲フライで再び1点のリードを許すが、この日の志木高は取られたらすぐに取り返すで、流れを相手に渡さなかった。

6
回表、先頭の越智がライトへの三塁打でチャンスを作ると、平家はセンターへ犠牲フライ。  
DSC_0112

3
塁からユニフォームを真っ黒にした越智がタッチアップで余裕のホームインですぐに同点に追いついた。
DSC_0123

平家、いい笑顔だね。 
DSC_0146

7
回、エール交換を切る野球部員。志木高には応援指導部がないため、塾高の応援指導部が応援に駆け付けることもあるが、今日は神奈川開会式のためこちらに来ることも出来ず、野球部員が頑張った。 
DSC_0152

これも応援指導部張りのジャンプでスタンドを盛り上げる。 
DSC_0162

応援が休みの時の武蔵野チア。みんな、それぞれ派手なタオルを使っていてバラバラだけど、なんだかキャラクターが沢山いるみたいで華やかだな。 
DSC_0247

8
回表、志木高は一死から平家、谷上が連続四球で一死12塁とチャンスを作った。そして打者橋本2球目、二塁ランナーの平家が相手投手のモーションを完全に盗んで三盗に成功。1塁ランナーの谷上はスタートを切りそこなってそのままだったので、ここは完全に平家が行けると自信を持って敢行した単独スチールだ。 

このスチールが実に大きかった。橋本はセンターへ大きな犠牲フライ、平家が還り、この試合、志木高が初めて武蔵野をリードした。 
DSC_0260

平家は右手で拳を作りながら生還。単独スチールが得点に結びついたのだから気持ちが良かったことだろう。 
DSC_0270

スタンドの選手も肩を組んで若き血。 
DSC_0301

マウンドは7回から4番手の衛藤が上がっている。 
DSC_0319

7
回をしっかりと抑え、8回も簡単に二死を取った。このまま志木高が逃げ切る勢いだったが、夏の大会は何が起きるかわからない。

二死からライト前に打たれると、これをライト河村がそらしランナーはまさかの3塁まで進む。それでも次打者を打ちとれば終わるのだが、次打者の強烈な当たりはサード平家のグローブを弾く強襲ヒットで三塁ランナーが還り、今度は武蔵野が同点に追いついた。

それぞれのチーム、3年生にとっては集大成となる夏の大会。。負けたら終わり、だから仲間と一試合でも多く試合がしたい、負けたくない、そんな武蔵野の強い気持ちがこの同点打を呼んだのだ。

両チーム、熱いぞ。この熱さが高校野球の魅力。両チームの必死の展開にスタンドも盛り上がる。

そして9回は両チーム無得点で試合は延長戦に突入した。

チャンスを作ったのは志木高。先頭の越智がこの日3本目のヒットとなるセンター前ヒットで出塁。フォローが大きく力強いスイングだ。
DSC_0331

平家、ここはしっかりと送り一死2塁。この日の平家は2安打、2犠打(うち一つは犠牲フライで打点1)、四球と見事な打席を見せてチームに大きく貢献した。キャプテンとしてチームをしっかりと引っ張れたのではないだろうか。

谷上はライトフライで越智は三進し二死3塁で打席は橋本。この日の橋本2つの犠牲フライの打点21つの犠打と8番打者ながらここまで勝負強い活躍を見せてきている。この打席も橋本のバットに期待がかかる。

スタンドで応援に力が入る野球部員。
DSC_0354

そして、その橋本が見事に期待に応えた。

ワンボールからの2球目(だったか?)を叩くと打球はぐんぐんと伸びてレフトオーバーの二塁打で越智が生還し、5-4と志木高が1点勝ち越した。 
DSC_0359

塁上の橋本はベンチに向かって最高の笑顔とガッツポーズ。最高の笑顔である。しかし、本当に橋本8番打者でこの試合、見事すぎるくらいの活躍を見せてくれた。  
DSC_0371

スタンド勝ち越し若き血。  
DSC_0393

1
点のリードをもらって衛藤のピッチングは危なげがなかった。10回裏、武蔵野を三者凡退に抑え、志木高はついにこの熱き戦いを制したのだ。 
DSC_0415
DSC_0423

両チームキャプテンが互いを称えあう。武蔵野のキャプテンも爽やかないい笑顔だ。力を出しきったからこそ、悔しいけど精一杯やった満足感にもあふれた笑顔なのだと思う。  
DSC_0426

埼玉県大会は神奈川と違い、勝ってもホーム上で校歌を歌わない。スタンドに挨拶に来た選手。  
DSC_0428
DSC_0430

スタンドの応援をリードした3人の野球部員、お疲れ様。 
DSC_0446
DSC_0448

球場外で保護者に応援の挨拶をする野球部。 
DSC_0452

集合写真も撮っていました。  
DSC_0458
DSC_0460
DSC_0461
DSC_0462
DSC_0470
DSC_0471
DSC_0472

そしてミーティング。 
DSC_0473
DSC_0474
DSC_0475
DSC_0476
DSC_0477

実力からしたらもっと完勝をしなけらばならない相手だったのかもしれない。しかし、夏の大会の初戦、こういう接戦をしっかりと戦い勝利を掴んだ意味は大きい。暑い一日にとても熱い試合で応援も燃えました。このまま勢いに乗って、ひとつでも多く勝ち上がって欲しいと思います。

2回戦

712日(火) 

1000

川口市営球場

対久喜工業

※記事が面白ければ、次回観戦記の励みにしますので、「拍手」のプチッとクリックをお願いいたします。


popo0803 at 00:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)観戦記 | 慶應志木高

2016年07月10日

【写真】今日のSMILE&BEST(志木高対武蔵野:160710)

志木高対大宮武蔵野戦から、今日の笑顔とカッコいい写真。観戦記は後ほど。

SMILE
谷上(2回:タイムリー二塁打)
DSC_0929

平家(2回:同点のホームイン)
DSC_0966

河村(2回:ライトからの本塁返球で刺殺)
DSC_0994

橋本(10回:勝ち越しタイムリー二塁打)
DSC_0372

この写真が渋くてカッコいいな

飯野二塁手

DSC_0058



popo0803 at 23:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)慶應志木高 | オンラインアルバム

2016年07月09日

(神奈川新聞)塾高紹介(160617)

DSC_0760

明日から第
98回全国高校野球選手権神奈川県大会が始まります。毎年、開会式に行ってるのですが、明日は埼玉県大会で志木高の初戦があるので、そっちに行く予定です。塾高の試合が見られるのは24日(日)の5回戦からかな…。神奈川新聞の塾高チーム紹介です。

『新体制で甲子園狙う』

◇投

2年森田(175センチ)と3年木澤(182センチ)の右2枚がダブルエース。森田は140キロ超の速球と豊富な変化球で春の県大会でも好投した。昨夏の経験がある木澤は、鋭い腕の振りから威力十分のストレートで相手打線を封じ込める。

◇攻・守

出塁率の高い下山、矢澤の12番だけでなく、打率4割の主将大串、チャンスに強い4番正木らにつながりや粘り強さがある。春は接戦を多くこなし、遊撃瀬戸西、捕手西澤を中心にした守りは緊迫した場面でも乱れない。

◇ここに注目

森林監督率いる新体制で甲子園を狙う。新生エンジョイベースボールはパワー野球ではなく、細かいプレーや走塁にもこだわっている。

◇部員110

◇過去10年の成績

5回戦

ベスト4

優勝(46年ぶり選手権大会出場)
3回戦

ベスト8

4回戦

ベスト8

ベスト8

5回戦

ベスト8

◇メンバー

1 森田 晃介(3年:橘)

2 西澤 俊哉(3年:大阪・箕面市立第六)

3 綿引 達也(2年:千葉・我孫子)

4 矢澤 慶大(2年:愛知・小牧)

5 下山 悠介(1年:千葉・打瀬)

6 瀬戸西 純(3年:横浜市立六浦)

7 正木 智也(2年:東京・雪谷)

8 水久保佳幸(3年:埼玉・朝霞市立第三)  

9 大串 亮太(3年:慶應義塾普通部)

10 木澤 尚文(3年:千葉・船橋市立二宮)

11 柏木 啓祐(3年:慶應義塾中等部)

12 寺山 陽太(2年:南生田)

13 山本 賢太(3年:東京・板橋区立赤塚第一) 

14 田口 巧 (3年:アムステルダム日本人)

15 渡邊 哲成(2年:東京・錦糸)

16 宮尾 将 (1年:法政二)

17 堀内 一優(3年:東京・練馬区立開進第一)

18 新美 貫太(2男:愛知・阿久比)

19 井上 伶 (3年:北海度・札幌市立北辰)  

20 林 和孝 (3年:慶應義塾普通部)

(記録)

福田 拓也 (3年:厚木)


(神奈川新聞:2016617日)



popo0803 at 23:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)塾高野球部(15年8月〜) | 登録メンバー(塾高)

2016年04月29日

【観戦記16-05】桐光学園(準々決勝:160424)

僕は法政二の観戦記、「このチームからは自然と体の中に沁み付いているエンジョイベースボールの野球を感じる」と書いた。そして、神奈川新聞は桐光学園との準々決勝を『これが「エンジョイ・ベースボール」の進化形だ。』と表現した。ぴったりの表現だと思う。 
DSC_0655

このチーム、物凄く進化しています。それも慶應野球の精神である「エンジョイ・ベースボール」の精神を継承して進化しているのです。そこに僕は彼らの進化の物凄さと迫力を感じるし、このチームのまだまだ伸びる秘めた力を感じるのです。物凄く応援のし甲斐があります。

やはり神奈川新聞に『緊迫した終盤も、ベンチでは「勝ち負け抜きで楽しいね」と会話が弾んでいたというと書かれていました。こういうことを飾らずに平気で言える彼らは本当に凄いのです。

もちろん勝負にこだわっているのだが、それ以上に勝負を心から楽しむことが出来ている時の塾高生は、とかく「スポーツにおいては塾高生の弱さにもなりがちな余裕や希薄なハングリー精神」が、逆に「ガツガツせずに心から野球を、勝負を楽しむ力」といった彼らの強み・武器に代わり、更に強力に彼らを進化させていくのだと思います。

これは塾高生高だからこそ出せる独特な力であり、それをこのチームからはとても強く感じるのです。だから、このチームの試合は見ていて楽しいし惹きつけられるのです。久々に感じた塾高生の力、とても楽しみです。

感覚的な表現で上手く伝えることが出来ず、わかりにくいかもしれませんが、このブログの読者にもたくさんいらっしゃる塾高OBの方なら、もしかしたらその感覚を少しはわかっていただけるかもしれません。

その感覚を少しでもお伝えいたしたく、熱く書きます、桐光学園との準々決勝、観戦記です。 
DSC_0419

2016424日(日)

神奈川県春季県大会(準々決勝)

@保土ヶ谷球場

慶應義塾 000 030 020 =5

桐光学園 100 002 010 =4

(慶)木澤、○森田−西澤

(桐)中川−大坪

【三】渡部(桐)

【二】瀬戸西(慶)、渡部、中川、小林(桐)

(メンバー)

9 大串

4 矢澤

3 綿引

7 正木

8 堀内

8 新美

5 水久保

6 瀬戸西

2 西澤

1 木澤

1 森田

球場入口の張り紙。いつも達筆で感心するのだが、今回はちょっと????  
DSC_0626

試合開始です。  
DSC_0671
DSC_0674
DSC_0675

準々決勝から女子高バトン部の応援も参加して、賑やかな応援スタンドだ。
DSC_0684

桐光学園先発は中川。塾高は中川が1年生の時、2014年夏の大会の5回戦で対戦し1失点に抑えられて涙を流した時の投手だ。地面すれすれからボールが投げられてくる右アンダースローの投手である。初回、簡単に三者凡退に打ち取られた。
DSC_0693

一方、塾高先発は木澤
DSC_0754

桐光学園がその木澤の立ち上がりを襲った。1回裏、一死から渡部の打球はライト線に落ちる打球、普通なら二塁打で抑える当たりだが、ライトの大串が極端に右中間寄りに守っており、ライト線まで懸命に走るもなかなか追いつかず、その間に渡部は3塁まで進んだ。かなり極端な守備位置を取っていた塾高である。

内野フライで二死3塁から4番中川がレフト前ヒットで桐光学園が先制点をあげた。さすが地区大会から6戦連続して2桁得点をあげている打線、打球は力強く迫力がある。 

2
回裏は四球のランナーを背負った一死1塁、次打者の当たりはレフト線への打球。打たれたと思ったが、ここはレフト線の浅いところに正木が構えていた。

正木
のほぼ正面への打球となり、ヒットと思い2塁へ向かった1塁ランナーは懸命に戻るが正木からファースト綿引へ送球されゲッツーでピンチを逃れた。

1
回の大串、そしてこの回の正木と、かなり極端な守備位置を取った塾高。桐光学園のデータを分析した上での守備位置なのだと思う。

ゲッツーを取り喜ぶ綿引。帰塁できなかった1塁ランナーの桐光学園棒田は呆然と立ち尽くす。普通ならレフト線へのヒットで3塁を狙おうかというコースであっただけにショックも大きい。 
DSC_0714

笑顔でベンチに戻る綿引矢澤。 
DSC_0737

キャプテン大串もライトからニコニコでベンチに戻る。 
DSC_0742

木澤3回からは落ち着いた。
DSC_0781

3
回裏、連続三振で二死とするが次打者にストレートの四球で二死1塁とすると、すかさず西澤がマウンドに走り、一言二言に加えて優しく木澤「尻タッチ」。法政二戦でも見せたこの西澤木澤への尻タッチ。彼の優しさが感じられていいな。 
DSC_0757

4
回裏も先頭打者にセンター前ヒットで出塁を許したが、次打者を1-6-3のゲッツーで桐光学園に流れを渡さない。

一方の塾高打線もなかなか中川を打てない。4回を終わってヒットは水久保1安打のみ。4回までの12個のアウトのうち、セカンドゴロがなんと5つもあった。

アンダースローの投手に対して、大振りすることなく、センター返しを意識した打撃をチーム全体が強い意志で実践しているのだと思う。中川攻略に向けて、戦略がチーム全体に行きわたっているのだと感じた。

そして5回表、塾高はこの回先頭の堀内がレフト前ヒットで出塁、反撃ののろしをあげた。 
DSC_0792

水久保はバント失敗で追い込まれたツーストライクから強打はライト前ヒットで無死12塁。バント失敗をカバーして繋いだこの一打は大きかった。 
DSC_0804

瀬戸西、ここはしっかりと送って一死23塁と一打逆転のチャンスを作る。 
DSC_0810

打席は8西澤。初球を叩いた打球はライト前へ。 
DSC_0812
DSC_0815

バックホームを焦ったライトがこれを後逸、3塁ランナーの堀内に続き、2塁ランナー水久保もホームイン、2-1と逆転に成功した。 
DSC_0825

西澤3塁まで進んだ一死3塁で打席は木澤。ツ−ボールからの3球目にスクイズ敢行、外角に外れるポールに対して木澤が飛びついてボールを転がした。見事なスクイズ成功である。どうしても成功させてやるんだ、という木澤の魂を感じた絵にかいたような飛びつきスクイズだった。  
DSC_0873

飛びついた木澤はホームベース奥に腹這いに倒れ、起き上がって1塁に走り出す時には3塁ランナー西澤がホームイン、塾高、大きな大きな追加点を挙げて3-1とリードを広げた。
DSC_0886

相手エラーが絡んだとはいえ、3本の単打に2つの犠打で3点をあげたこの攻撃は、長打力を打つ打者がいない分、繋ぐ野球で泥臭く、渋く点を取る今年のチームを象徴した野球だった。こういう野球も見ていてとても面白い。

6
回裏、桐光学園は2番からの攻撃だ。上位打線を迎えるこの回を抑えて終盤に突入できるか、木澤にとってとても重要なイニングである。桐光学園はベンチ前でいつもより長い円陣を組んだ。  
DSC_0983

セーフティーバントを警戒して前進守備を指示する西澤。この優しい笑顔は、いつもとても印象的だな。 
DSC_0984

しかし、先頭打者にライトオーバーに二塁打を打たれ、内野フライの一死から4番中川にこの日3本目のヒットとなるライト前ヒットを打たれ一死13塁とピンチを迎えた。中川の打球はとても強く、どこに投げても打たれそうな雰囲気がある。

ここで5番大坪はレフトへ犠牲フライ、1点を返され3-21点差。

次打者に四球で二死12塁としたところで、塾高は木澤から森田に交代した。
DSC_1001

マウンドの森田、このピンチは何としても抑えたいところだが、レフトオーバーの二塁打を打たれ、2塁ランナー生還し、3-3と振り出しに戻った。
DSC_1010

7
は両チームともに三者凡退。7回裏二死からの桐光学園のライトへの打球は大串がバックしてフェンス手前で捕球する大きな当たり。ちょっとヒヤッとした。外野の芝生席でのんびりと観戦しているご家族がのどかでいいね(笑)。 
DSC_1041

「あぶねぇ〜」とでもいった表情でベンチに戻る大串。いいな、こういう笑顔、楽しそうだね(笑)。主将のこの明るさが、このチームカラーを作り出していることは間違いない。 
DSC_1051

再び試合が動いたのは8回。

8
回表、先頭打者の森田が打席に入る。終盤、1点を競り合う緊迫した場面の先頭打者、普通は緊張した表情で打席に入るシーンを見ることが多い。ところがツーストライクと追い込まれてベンチを覗く森田の表情を見てびっくりした。

ニコニコと楽しそうな表情を見せているのだ。だ、この笑顔は。何とリラックスした表情なことか。この緊張感を楽しんでいるとしか思えない笑顔。大したものである。

DSC_0005

そして森田は死球で出塁。ノーアウトで勝ち越しのランナーが出た。中川はツーストライクと追い込んでからの死球、痛かった。

打席には大串。そしてここでまたまたビックリである。打席に入る大串はベンチを見ながら思いっきりの笑顔を見せていた。何だこの楽しそうな笑顔は!!

バントを絶対に成功させなくてはならないこのプレッシャーのかかる場面で、その緊張を楽しむかのようなこの笑顔。「胃液が出るような緊張を楽しめ」とエンジョイ・ベースボールで前上田監督は書いていたが、とはいえ、今までの塾高選手でもこのような場面でのこのような満面の笑顔はあまり見た記憶がない。森田大串も、凄すぎるぞ、こいつら。 
DSC_0006

そして大串はしっかりと送りバントを決めた。それまでの笑顔は消えて、決めるところはしっかりと決める。このギャップ、カッコいいね。凄すぎです。 
DSC_0008

このバント処理を投手の中川がファンブルし、焦って投げた1塁送球が悪送球となり無死12塁とチャンスを広げた。
DSC_0013

矢澤、綿引と打ち取られ、正木は四球の二死満塁で打席は堀内5回にも先頭打者でヒットを打ち3得点のきっかけを作った堀内は、この打席もセンター前にはじき返し、森田、大串が生還し5-3と再び桐光学園をリードした。

無死12塁のチャンスを潰して無得点で終わるととても嫌な雰囲気になるところだったが、二死から堀内が良く打った。実にしぶとい攻撃、これもこのチームの強みである。
DSC_0070

生還した森田、大串の笑顔コンビ。笑顔からのMake Chanceが実を結んだ。
DSC_0114

殊勲打の堀内。吠える! 
DSC_0145

2
点をリードして残り2イニングの守り。しかし、簡単には終わらない。8回裏、桐光学園は先頭がヒットで出塁すると4番中川にはこの日4本目のヒットとなる右中間二塁打を打たれて無死23塁と一打同点のピンチを迎えた。

ベンチから背番号19近藤が伝令で走る。ここも森田をはじめ、みんな柔らかな表情で、この大ピンチを楽しんでいる感じだ。 
DSC_0199
DSC_0203

打席は前の打席で犠牲フライを打っている5番大坪。強振した打球は高く上がった1塁後方へのファールフライ。綿引、打球を振り向くことなくダッシュでライトファールグラウンドに走ってから打球を見上げると、そこは落下地点よりかなり行き過ぎていた。

慌てて落下地点に向かい今度はダッシュで戻る綿引。奥には第一試合で東海大相模に勝って準決勝進出を決め、この試合の勝者と対戦する横浜高校の選手がプレーを見つめる。
DSC_0209

そして、手を精一杯伸ばしてダイビングすると、綿引のファーストミットの中にボールが収まった。ファインプレーというか、とにかく森田を助けるための死に物狂いな懸命のプレーだ。 
DSC_0215

綿引はファインプレーの喜びに浸ることなく、捕球後すぐにランナーを牽制すべくボールを持って内野フィールドへ走って戻る。  
DSC_0233

そして何事もなかったことを確認して、やっとホッとした表情を見せた。  
DSC_0246

ボールを森田に渡し、とにかく良かったな、ワンアウト、とでもの表情の二人である。この試合はたくさんの選手たちの表情が見られて面白いのだ。 
DSC_0253

しかし一死23塁から次打者に犠牲フライを打たれ1点を返された。この場面、1点は仕方ない。2点目を取られないこと、つまり、あと一人をしっかりと打ち取ることに森田は全力を注ぐ。

スタンドも応援指導部の山本主将が必死の応援でグラウンドの選手と一緒に戦う。 
DSC_0288

なおも四球を与え二死満塁と大ピンチを迎えた森田だったが、最後はレフトフライに打ち取り、なんとか1点のリードを守った。

9
回表、塾高は瀬戸西がセンターオーバーの二塁打で追加点のチャンスを作る。 

西澤送って一死3塁で打席は森田。ここはスクイズも十分に考えられる状況。

初球、桐光学園バッテリーはウエストで様子を見る。そしてワンボールからの2球目、森林監督はスクイズを仕掛けたが、桐光バッテリーは再びウエストし、森田はバットを当てに行くことも出来ず、三本間に瀬戸西が挟まれてアウト、チャンスを潰した。
DSC_0309
DSC_0318

そして1点リードで迎えた最終回の守り。スタンドからは大声援が続く。
DSC_0328

しかし一死からセンター前ヒットで、四球で一死12塁と逆転ランナーを背負う。打席は3番、そしてその後にはこの日4打数4安打と大当たりの4番中川が控える。絶対絶命のピンチである。中川まで絶対に回したくないのだが・・・。 
DSC_0336

ここでまた近藤がベンチから伝令に走った。この絶体絶命の大ピンチ、またしてもマウンドに集まった選手達の表情は驚くばかりの笑顔が並ぶ。なんてこった!この試合、再三見せてきたピンチや緊張する場面でのたくさんの心からの笑顔、これぞこのチームの強さのひとつの秘密かもしれない。 
DSC_0337

そして3番齋藤の強い打球はセカンドゴロ、矢澤からセカンドに入った瀬戸西に送られてツーアウト、そして瀬戸西からファースト送球の4-6-3のゲッツーでこの大ピンチを凌ぎ、試合終了。中川まで打順を回すことなく、塾高としては最高の形で手に汗握る大接戦を制した。この試合、桐光学園は3つのゲッツーでチャンスを潰し、守っては2つのエラーが失点に絡んだのが痛かった。

写真は最後のアウトを捕球する1綿引と手前でガッツポーズの森田
DSC_0346

綿引、瀬戸西らも喜びに溢れる。  
DSC_0372

整列に並ぶ右から大串、木澤、森田、西澤。背番号1木澤が自分をリリーフした森田の頑張りを称えるべく左手で森田の肩を抱き寄せている。

何気ないシーンだけど、木澤森田を暖かく称え肩を組むこのシーンに、僕は木澤の後輩を思う優しさを物凄く強く感じて感動した。なかなか出来ない仕草である。

DSC_0394

投手という同じポジションだからこそ分かる森田のプレッシャーを称える先輩木澤後輩への気配り、これもエンジョイ・ベースボールの条件のひとつなのである。いい奴だな、木澤この写真からも、僕はこのチームの強さを見たような気がした。

スタンドに勝利の報告。みんな、いい顔である。 
DSC_0395
DSC_0398
DSC_0399
DSC_0400
DSC_0402
DSC_0403
DSC_0407 - コピー
DSC_0408

スタンドもホッとした表情。そこには勝利の喜びと共に、全力を出し切って勝利を掴んだ満足感も見える。 
DSC_0417

さあ、いよいよ次は横浜高校との準決勝。勝てば久々の関東大会出場です。強豪横浜相手に、エンジョイ・ベースボールが進化中の塾高がどんな戦いを見せてくれるのか、物凄く楽しみな準決勝は、430日(土)、1230から保土ヶ谷球場で行われます。

※記事が面白ければ「拍手」を押していただきたくお願いします。



popo0803 at 06:10|PermalinkComments(3)TrackBack(0)塾高野球部(15年8月〜) | 観戦記

2016年04月27日

【写真】掛け合い


桐光学園戦の観戦記が書けるまでのつなぎの写真です。

今回は選手ではなく、5回のグラウンド整備時にグラウンドに向かって掛け合いをする控え選手。だいたい誰か一人の事が多かったが、この試合ではなんと二人が順番に出てきた。

近年は野球部員の元気よく好き勝手叫ぶ掛け合いがお決まりになってきたな。選手がこんな掛け合いをするのも塾高くらいのものか(笑)。掛け合いするのは太田諏訪内、元気がいい。

DSC_0927

DSC_0947




popo0803 at 23:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)塾高野球部(15年8月〜) | オンラインアルバム

2016年04月25日

(神奈川新聞)桐光学園戦(160424:準々決勝)

「慶應攻撃しぶとく」

「エンジョイ野球進化」

これが「エンジョイ・ベースボール」の進化形だ。慶應が攻撃の選択肢を増やした新スタイルで得点を重ね、一昨年夏、昨夏と敗れていた桐光学園に競り勝った。

0-1
5回一死23塁。西澤の適時打に敵失も絡んで逆転すると、すかさずスクイズで3点目を追加。「西澤も、いつかスクイズをやろうかと考えていたら(初球を)打っちゃって」と昨秋、パワー野球を志向した上田誠前監督(58)からチームを引き継いだ森林貴彦監督(42)が明かす。

同点の8回には、死球の走者を主将大串がバントでしっかり送り、堀内の決勝2点打につなげた。キャプテンは「今年はでかいのを狙うよりも、得点パターンを増やしている」と語る。

慶應を4度甲子園に導いた名監督に約20年、師事してきた新指揮官は「自分たちで動いて、パスボールでも内野ゴロの間の1点でも、渋い点の取り方でいい」と言う。ただ、野球を変えたのではなく、長打力を期待できない今年のメンバーに合ったスタイルを選択していると強調する。

エンジョイの精神も、継承している。緊迫した終盤も、ベンチでは「勝ち負け抜きで楽しいね」と会話が弾んでいたという。「今日みたいな(緊張する)試合でも、心から楽しめたらいいプレーが出るんです」(森林監督)。

今春は鎌倉学園に延長サヨナラ勝ち、法政二に終盤の逆転勝ち。進化したエンジョイ・ベースボールは相当しぶとい。

2016425日 神奈川新聞)

DSC_0443



popo0803 at 22:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)塾高野球部(15年8月〜) | 新聞・雑誌記事

2016年04月24日

秋季準優勝の桐光学園に勝って第一シード獲得!

春季県大会準々決勝は秋季県大会準優勝の桐光学園との接戦を制し、準決勝進出を決めた。これで夏の大会は2年ぶりの第一シード獲得です。

物凄く素晴らしい試合でした。感動した試合でした。素晴らしい、素晴らしい、本当に素晴らしい。秋は横浜隼人の前に敗れ初戦敗退となったけど、一冬超えて、このチームは今、間違いなく進化しています。とても楽しみです。

小粒なんだけど、スタンドの選手までも含めた全員がそれぞれの立場で全力を尽くし、仲間への気配りを見せながら大型チームにも勝つだけのチーム力・チームワークを持ち、熱い気持ちを持って戦っている。なんだか見ていてとても気持ちがいいぞ。

2016424日(日)

神奈川県春季県大会(準々決勝)

@保土ヶ谷球場

慶應義塾 000 030 020 =5

桐光学園 100 002 010 =4

(慶)木澤、○森田−西澤

(桐)中川−大坪

【三】渡部(桐)

【二】瀬戸西(慶)、渡部、中川、小林(桐)

久々に熱い気持ちが湧いてきました。法政二戦も熱く観戦記を書けたけど、この試合も熱く観戦記が書けそうです。でも、今週は遅い日が多く、観戦記はちょっと時間がかかりそうなので、しばらくお待ちください。

写真は5回表、塾高3点目となる木澤のスクイズ。ウエスト気味のボールに飛びつくようにして見事に決めた貴重な追加点だった。木澤が気持ちを見せた美しいスクイズでした。
DSC_0873



popo0803 at 23:58|PermalinkComments(5)TrackBack(0)塾高野球部(15年8月〜) 

2016年04月21日

(神奈川新聞)川崎北戦(4回戦:160420)

0421川崎北新聞

「ダブルエースで導く」

慶應の2年生右腕・森田が4回を1安打零封。「テンポよく投げられた」という背番号1がチームを3年連続の8強に導いた。

2回戦(対鎌倉学園)
3回戦(対法政二)は森田と本格派右腕の3年木澤がともに登板し、いずれも3-2で競り勝った。昨秋就任した森林監督は「冬の間に森田が成長し、ダブルエースになってくれた」と投手陣に手応えを感じている。

準々決勝は地区大会から6戦連続で2桁得点をしている桐光学園と当たる。森田は「木澤さんもいるが、緊迫した場面で出番があるはず。自分の力を試したい」と気合いを込めた。

2016421日 神奈川新聞)

DSC_0612 - コピー



popo0803 at 23:58|PermalinkComments(1)TrackBack(0)塾高野球部(15年8月〜) | 新聞・雑誌記事