2006年02月22日

感動をありがとう!!

残念ながら最終戦はスイスに負けて7位入賞にしまった。でも、優勝候補のカナダや前回覇者のイギリスを破る金星をあげ、7連敗の末、8位だった前回よりも大きな成果を上げた女子カーリングチーム。

試合後のインタビューで
060221林涙「今回のオリンピックで私が果たしたかったのは、カーリングの魅力を日本全国の皆さんに伝えるということと、自分で満足の行く試合をすること、そしてチームでいい成績を収めることだったけど、結果として予選突破はならなかったけど、自分達で手ごたえは掴んだし、多くの方にカーリングを知ってもらうことが出来たということは、すごく今回の大会でよかったと思います。

こういったオリンピックで伸び伸びプレーできたのは、応援してくださる皆さんの言葉だったり、現地まで駆けつけてくださった皆さんのお陰だと思っています。そして、こうしていいチームメートにめぐり合えて、皆でプレーできたことが本当に幸せでした。」

小野寺
060221小野寺涙「前半はみんな良く投げてくれたのに、自分のミスで落とす試合があって・・・。でも、カナダ戦から立ち直って、前の負けがあったから、今までの4勝があると思うんで。強豪と台頭に戦えたという点では4年間やってきてよかったな、と思うんですけど、やっぱりどうしても結果が欲しかったんで悔しい気持ちもあります。

4年前にどうしてもオリンピツクにもう一度出たくて、こうして素晴らしい仲間がついてきてくれて、もう一回オリンピックに戻ってこれたのは本当にみんなのお陰なんで、本当に感謝してます。自分の夢についてきてくれた皆には感謝したいし・・・。心を鬼にしていろろいろ厳しくして、それでもみんなよくついてきてくれて、オリンピックにもう一度帰ってきて来れたし、世界ともこうして、こんなにいい試合が現実に出来た、って、本当に感謝したいと思います。」

060221スイス敗退NHKでも、今までの競技の中で一番応援FAXが多かったのがカーリングだという。みんなの素晴らしい笑顔と、ストーンを投げるときの真剣な眼差し・・・、このギャップにはまってしまった男性ファンも多いという。なんてったって僕もその一人だからな(笑)。こんなに連日カーリングをブログで書いてしまうなんて。

でも、林選手がインタビューで語った3つの目標、全て叶えたじゃないか。日本全国にカーリングの楽しさと感動を伝えてくれたみんなの活躍こそ、金メダルだよ。みんなのまいた種は近い日にきっと大きく育つよ。

たくさんの感動をありがとう。そしてたくさんの勇気をありがとう。4年後も絶対に見たいぞ。がんばれ!!


popo0803 at 00:44│Comments(6)TrackBack(0)オリンピック 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by くぅーちゃんのパパ   2006年02月22日 21:52
私もカーリングのテレビ中継に見入ってしまいました。この競技の面白さを知ることができてよかったです。
2. Posted by KOF   2006年02月23日 00:43
いいんです、これでいいのです!
その辺のスーパーで買い物していそうなごく普通の姉ちゃん達が頑張ったのだから親近感も湧いたのじゃないかなぁ。
いやぁ楽しかった、楽しませてもらいました。
おそらく帰国すればマスコミからの取材攻勢やらテレビ出演(バラエティも含む)などで多忙となるだろうが、でも彼女達には遠い存在になってもらいたくない。地元に戻り選手として又は指導者として携わり続けて欲しい。(つづく)
3. Posted by KOF   2006年02月23日 01:00
なぜなら、今回の活躍により日本全国にカーリングの種が行き渡っただろう。そして、その種を育てていくのが彼女達ではないだろうか?その資格は十分にある!
もしかしたら将来、沖縄からカーリングの代表選手を輩出なんて言うのもあるんじゃないかなあ。そうなれば彼女達の功績は金メダルも霞むほど光ると思う。
いつまでも選手として又は指導者としてごく普通の姉ちゃん達として親しまれてもらいたい。(またつづく)
4. Posted by KOF   2006年02月23日 01:27
そういえば、どっかの競技場で何とかスケートがやっていたらしいが、そこに出場しているある選手は五輪終了後にも引退するらしくその後キャスターになるとか言ってるそうだ。煙草にでもなるのか?
そんな事よりもやらなきゃならん事があるんじゃないかなあ?やる前から悲壮感漂わせてどーすんの?そんなんじゃ子供に楽しんでもらえねぇよ!
あぁカーリングは腹いっぱい楽しんじゃったなあ。だから何とかスケートは興味無し!
5. Posted by ポポ   2006年02月23日 23:03
くーちゃんパパさん

カーリングはストーンを投げる時だけでなく、どこにどう投げるかと作戦を考える様子と、決断を下すまでの時間、そしてストーンを投げた後の結果と選手の表情、これが実に面白い。だから試合時間はとても長くなるけど、作戦会議の時間を省いて放送せざるを得ない録画よりも、LIVEの方が圧倒的に見ていて面白いと思います。スウェーデン戦は負けてしまったけど最高だったな・・・。いずれにせよ4年後がまた楽しみですね。
6. Posted by ポポ   2006年02月23日 23:04
KOFさん

「その辺のスーパーで買い物していそうなごく普通の姉ちゃん達・・・」(笑)、まさにその通りだね。そんな彼女達が世界の大舞台で強豪と対戦し、大善戦したり、金星をあげたりと。プレー中の真剣な表情と、勝った時の無邪気な喜び、笑顔、そのギャップが僕らをひきつけた。たくさんの感動ももらったね。

こんなカーリングに夜中3時からライブで応援して夢中になっているのは僕ぐらいかと最初は思ったけど、そんななことはなかったね。カーリングをこれだけ日本中で注目させた彼女達の活躍はまさに金メダル。まだまだこれからの活躍を期待だ。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔