チャンピオンズカップ

◎ゴールドドリーム

調教で抜群の走りを見せたゴールドドリームに迷わず◎
珍しくノーザンファーム生産馬はこの1頭だけであり、他馬に遠慮することは全く無い。
「今日の追い切りの動きは素晴らしかったですね。単走の予定でしたが、他の厩舎の馬と併せ馬の形になりましたが、実戦に向けていいシュミレーションになったと思います。前走から中2週、しかもレコード決着という速い時計で走りましたが、ダメージはなかったし、回復力が早くて体に硬さも見られません。この距離もデビュー戦から2連勝しているように問題はないし、GIでいいメンバーが相手になりますが、まだ底を見せていない馬ですからね。ここでも楽しみはありますよ」(平田調教師)。

ジャパンカップ

◎シュヴァルグラン

ノーザンファームは7頭出走で完全に勝負モードと見ていい。馬主の格から言えばトーセン、佐々木、窪田、三田となるが、あけましてオープン馬のトーセンバジルはさすがにないと見ると、勝負は佐々木かクラブ馬ということになる(窪田、三田は実績的に厳しい)。クラブ馬のルージュバック、リアルスティールも鞍上が魅力で捨て難いが、ここは前走パーフェクトなステップが踏めたシュヴァルグランの充実度に期待する。大外でポジション取りが難しいがそこは騎手の腕を信頼したい。
「前走後は予定通りここに。中2週で再遠征になるので、1週前も今週も馬ナリですが、これで十分です。前走で初の関東への輸送も左回りもクリアしてくれましたからね。収穫はあったと思います。状態に関しても、これで負けたら“勝った馬が強い というほどの仕上がりになっているし、確実にパワーアップしていますからね。いいメンバーが揃いますが、ここも好レースを期待しています」(友道調教師)。


マイルチャンピオンシップ

◎ロードクエスト

狙いはズバリ3歳馬ロードクエスト。
ここ数年では最もレベルの高い現3歳世代。この時期の京都外回りに適した瞬発力。抜群の内容だった一週前追い切り。
前走は乗りミスと主戦も認めており、度外視。成長力ある血統だがこのメンバーなら途上でも勝負になるとみる。
他では劣らず調教がよかったガリバルディも注。
「前走は少し出して行った分、掛かってしまった上にペースが遅く、外を回らされることになってしまいましたからね。それでも普段は掛からないので大丈夫。1週前に思った以上に時計が出たので、今週はサラッとの予定でしたが、掛かったことで時計が出てしまいました。でも無理をして出したワケではないので問題ないでしょう。京都は初めてになりますが、直線が長い外回りなら心配ありません。仕掛けてからの反応がこれほど速い馬はいないし、力も見劣らないので運び方一つでは……と思っています」(小島茂之調教師)。

エリザベス女王杯

◎タッチングスピーチ

このレースの勝ち方を誰よりも知っていると言っても決して過言ではないムーア騎乗のタッチングスピーチを狙う。末脚勝負になればミッキークイーンにもひけはとらない。
「リフレッシュ放牧明けになりますが、ここまで入念に乗り込んできたし、1週前の追い切りも併せ馬でシッカリやれましたからね。牝馬なので今週はあまりやり過ぎないように調整。距離を意識してこの中間は乗り込みの量を重点に置いてやってきましたからね。それに今は体に痛いところがなくなってフレッシュな状態。直線が長い外回りもいいし、馬場も問わない馬。昨年のこのレースが僅差の3着。その時と同じくらいのデキにあるので、今年も楽しみにしています」(石坂調教師)。

アルゼンチン共和国杯

◎クリールカイザー

半世紀を超える伝統のハンデ戦であり、格重視と行きたいところだが…
友道−佐々木の同厩舎同馬主2頭は普通勝負と見るのがセオリーだが、調教があまりにもお粗末。実績あるワンアンドオンリー、アルバートも完調に程遠く、押し出されて人気のモンドインテロは重賞実績無しの56.5は背負わせ過ぎである。
ここは、積極的に逃げることが予想されるクリールカイザーを狙う。特に厩舎コメントが前向きなのがいい。
「前走後は短期放牧を挟んでここに。中間は坂路で順調に乗り込めたし、1週前にシッカリ負荷もかけることができましたからね。今週は馬ナリでしたが、動きが良かったし、状態は前走以上です。前走もリズム良く走れていましたが、後続が早めに動いてきましたからね。それでもシッカリ脚を使ってくれたし、今回も前々の競馬で自分のリズムを崩さずに走ることができれば……と思っています」(相沢調教師)。

天皇賞

◎ヒストリカル

皇族の最新ニュースは三笠宮さまの薨去である。昭和天皇の弟であり、歴史学者としても知られる三笠宮と重なる馬はズバリ、天皇賞馬カンパニーの弟ヒストリカルである。
前走出遅れながら直線猛然と追い込んで来たその末脚は正に東京向き。勝負のオーナー2頭出し、前走以上の状態で突き抜けると見る。
「長距離輸送で減った体は回復しています。今日は併せ馬でラスト重点の追い切りでしたが、前走がローテーションを1週早めての出走だったので、1本追い足りない状態での出走。それだけに1度使った上積みが見込めます。相手は揃いますが、東京コースは比較的得意。自分の競馬をしてどこまでやれるかですが、ペースが速くなってくれるようなら……」(音無調教師)。

菊花賞

◎ウムブルフ

人気は春のクラシックを賑わせた二頭に集中しているが、血統的にこの長距離のG1が適しているとは言い難い。
金子馬3頭で勝負気配もイモータルがやや気になる程度。
狙いは母系、牝系にスタミナ充分の血統をそろえたウムブルフとした。前走の勝ちっぷりはステイヤー以外の何物でもく、陣営のコメントからも気配と見る。

「前走後は放牧を挟んでここに。前走で減っていた体は回復し、恐らくプラス体重で臨めるかも……。2週前の追い切りは幾らかモタ付いていましたが、先週の追い切りで動きが変わってきたので、今週はラスト重点。力を出せる状態に仕上がったと思います。前走が強い勝ち方だったし、ディープインパクト産駒でも母系が重厚なので距離の適性はあると思います。後はヨーイドンの瞬発力勝負ではなく、上りを要する形になれば楽しみですね」(橋本調教助手)。

秋華賞

◎カイザーバル

シンハライト回避で何が来てもおかしくないという雰囲気。紫苑Sを人気で勝ったビッシュが押し出されてここでも人気となったが、同厩舎ダイワも参戦ということで気配はやや薄い。ここは秋華賞ということで穴馬で勝負したい。
前走シンハライトと差のない競馬をしたカイザーバルが今回の調教でもかなり動きが良い。良血、エリート厩舎で人気薄なら狙う価値充分である。
「5日に坂路、10日にもCWである程度やってありますからね。牝馬でもあるし、今日はサラッとですがこれで十分でしょう。前走のローズSは苦手の道悪。春までは嫌気がさして走るのを止めてしまったりしていたので心配していましたが、精神面の弱さが解消したのか、よく頑張って権利を取ってくれました。馬体は減っていましたが、あのくらいの体重でいいと思います。この舞台も合うと思うし、充実してきた今なら楽しみはありますね」(岸本調教助手)。

毎日王冠

◎ディサイファ

調教から陣営の本気度が伺えるディサイファに期待する。ルージュバックは押し出されての1番人気という印象で、本来ならロゴタイプが軸馬にならなければというレースだが、陣営のテンションはどちらも低めである。
「札幌記念を見送り、夏場はジックリと休ませることにしました。そのお陰で馬は凄く良くなって帰ってきました。精神的にも余裕が出てきていい雰囲気になっています。中間の追い切りの動きも悪くないし、最終追いも良かったですからね。いい状態で出走できそうです。東京のこの舞台は言うことないし、秋初戦をいい形でスタートさせたいですね」(小島太調教師)。

スプリンターズステークス

◎シュウジ
調教で抜群の動きを見せたシュウジを狙う。絶好の枠から流れに乗って折り合えば、ビッグアーサーとも差はないと見る。

「(前走後は)栗東に移動してからも順調に調整ができています。1週前にジョッキーの騎乗で好時計をマークしているので、今週は息を整える程度で、との指示でしたが、この時計にはビックリしました。凄くいい雰囲気だし、予想以上の仕上がりで臨めそうです。どんな競馬でもできるし、中山も大丈夫。GIで一線級を相手にどこまでやれるかでしょうが、斤量差もありますからね。先々が楽しみになるようなレースを期待したいですね」(須貝調教師)。

オールカマー

◎ゴールドアクター
☆ショウナンバッハ
オリンピック、パラリンピックで盛り上がった夏だけに、オールカマーはその関連馬が穴を開けると見る。
気になるのは人気の無いショウナンバッハとマイネルメダリスト。
マイネルは近走の成績からさすがになさそうだが、バッハ会長は戸崎で過去にAJC3着があるだけに侮れない。
とは言えここはゴールドアクターも関連ということで仕方がなく◎。
「天皇賞はゴールデンウイークの渋滞を避けるために早めに京都に輸送した影響もあってか、パドックで急にイレ込んだのは誤算でした。前走後は放牧に出してリセット。帰厩後は順調に調整ができているし、体も大きくなっています。今日の追い切りで態勢は整ったと思うし、前向きな性格なので休み明けも問題ありません。後は当日にイレ込み過ぎず、落ち着いて臨めるようなら……ですね」(中川調教師)。

セントライト記念

◎マウントロブソン

ダービー以来となるマウントロブソンのパワーアップに期待する。春は3強に水をあけられたかたちとなったが、ここ勝負を匂わせる鞍上川田は買いと見る。中間のアクシデントは気になるが、今年からレース名に朝日の冠が付き、「5」はラッキーNo.となりそうだ。

「放牧先から帰厩する輸送時に落鉄。釘を踏んで挫石をしてしまったために調整が遅れてしまいました。今日はシッカリと負荷をかけましたが、まだピリッとしませんね。ダービーは出遅れてしまったので、帰厩後はゲート練習もしましたが、元々が大人しい馬なので問題はないと思います。ただ、この中間にアクシデントがあった今回はこの馬の地力に期待したいですね」(橋本調教助手)。

セントウルステークス

◎ビッグアーサー
G2にしては出走メンバーが寂しいここは、予定通り秋はここからというビッグアーサーで問題なしと見る。
「放牧に出して疲れを取ることに専念。帰厩後は順調に調整できています。1週前に坂路でビシッと追ってあるので、今日はラスト重点でしたが、いつもと変わりない動き。高松宮記念の時と遜色ない状態に仕上がったと思います。開幕週の速い時計にも対応できるし、レースに注文も付かないタイプ。本番に向けていい結果を期待したいですね」(藤岡調教師)。

新潟記念

◎ルミナスウォリアー
新潟巧者というより直線の長いコースで持ち味が出るルミナスウォリアーを狙う。

「前走後はいつも通り放牧を挟み、帰厩後はここを目標に調整してきました。前走は流れに乗れず、自分の競馬ができませんでしたが、新潟の外回りに替わる点はプラスに出ると思います。オープンでもやれる素質は持っていると思うので、前走以上のレースを期待したいですね」(和田正一郎調教師)。


新潟2歳S

◎キャスパリーグ

新馬戦の内容が良かったキャスパリーグが本命。土曜日小倉で乗っていた藤岡佑介はやはり気になるところ。唯一のディープ産駒、現時点での完成度など馬券圏内は必至と見る。
「一旦、放牧を挟んでここに。いつも通り日曜日に速いところを済ませてあるので、今日は馬ナリでサラッと。1度使ったことで馬がピリッとしてきたし、牝馬の割に落ち着きがある点も好材料。マイルは合うと思っている条件なので、ここも楽しみにしています」(浅見調教助手)。

札幌記念

◎レインボーライン

圧倒的人気のモーリスだが、初の札幌、実績の無い中距離など意外と死角が多い。
狙いは、追い切りから伺えるポテンシャルの高さを買ってレインボーラインとした。

「先週の水曜日に放牧先から札幌に入厩。見た目に大きくなって、馬体に実が入ってきた感がありますね。日曜日にやってあるので、追い日は馬ナリですが、動き自体は悪くありません。洋芝は経験済みだし、距離もダービーの内容から問題はないハズ。後は古馬を相手にどれだけやれるかですが、楽しみはありますよ」(浅見調教助手)。

関屋記念

◎ピークトラム

そろそろ重賞勝ちが欲しい橋口慎介厩舎ピークトラムを狙う。社台ファーム5頭も勝負気配と見るのがセオリー。
「前走は差し馬の展開でしたが、前に行った組の中では最先着の2着と、ここにきて本当に力を付けてきています。前走から中2週なので、追い切りはラスト重点でしたが、動きが良かったし、1度叩いた上積みは十分あると思います。新潟のマイルは谷川岳Sを勝っているし、平坦に替わる点もプラス材料。どんなレースもできるので展開に注文が付かないし、今回も楽しみしています」(橋口調教師)。

小倉記念

◎アングライフェン

リオオリンピック開幕。日本人のゴールドメダルを期待して小倉記念はステイゴールド産駒アングライフェンを狙う。
他の人気どころにやや終わった感があり、調教内容からも勝負気配と見る。
「輸送をすると体が減るので、7月29日に現地入り。今日は馬ナリの調整でしたが、体全体を使って走れていたし、いい動きをしてくれました。今は減った体を戻しつつの調整ですが、無事に輸送をクリアできたし、前走時と同じくらいの体重で出走できそうです。小倉は相性がいいコースだし、スムーズな競馬ができれば……と思っています」(山下調教助手)。

アイビスサマーダッシュ

◎ネロ
大外を引き当てたネロを素直に狙う。
休み明けをひと叩きされここは万全と見る。
「前走後は放牧を挟み、このレースを目標に調整してきました。放牧先でも緩めずに乗り込んでいましたからね。追い切りはやれば動く馬ですが、帰厩してすぐに好時計を連発できたのはこの中間、シッカリ乗り込んでいたからこそ。千直で結果を出しているように、この距離の走り方を馬が分かっているからだと思います。相手関係がどうこうと言うより、スムーズに運んで自分の力を出し切れば好レースになると思っています」(清永調教助手)。

中京記念

◎トウショウドラフタ
唯一昨日他場から中京に来た田辺騎手が乗るトウショウドラフタに期待する。
「前走後は疲れを取るために放牧に出し、6月下旬に帰厩しました。1週前の追い切りが予定より少し遅かったので、日曜日にもやりました。今週はテンションを上げないよう、単走で馬ナリですが、リラックスして走っていたように状態はいいと思います。今回は初の古馬が相手になりますが、54キロのハンデで出られるし、馬体も一回り成長。マイルはこなせると思うので、できれば良馬場で、持ち味の決め脚を生かせる流れになれば……と思っています」(萱野調教師)。
プロフィール
懸賞・小遣い ちょびリッチ
Visitors
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ