菊花賞

◎ベストアプローチ
母父がハイペリオン系とオールドファンにはたまらないステイヤー血統。人気薄ならこれを狙わない理由はない。
「前走で伸びを欠いたのは休み明けが原因かもしれません。この中間は在厩しての調整で、1週前にCWで長めをサラッと。今週もジョッキーが騎乗してコースでやりましたが、状態に関しては高いレベルで安定していると思います。1度使ったことで馬がシャキッとしてきたし、折り合いの不安がないので長丁場はむしろ歓迎かもしれません。偶数枠で後入れはいいと思うし、1勝馬でも強敵相手に善戦してきましたからね。全てがうまく噛み合うようなら」(田代調教助手)。

秋華賞

これと言う馬もいないがレベルが低いわけでもなく、非常に難解である。前にいく馬が有利なのか、差し馬が来るのか何とも判断しにくいが、矢作氏の「抜群でした」を信用してリスグラシューに◎とした。上積みは確実。勝負所のモタつきも叩いた今回はないと見る。
「いつも通り1週前にシッカリ負荷をかけてあるので、今週はラストを伸ばす程度の予定でしたが、予定より時計が速くなりましたね。それでもやり過ぎたという感じではなく、余裕を残して全体時計と上り時計ともに速かったので問題はないと思います。週末は天候が崩れるようで、勿論、良馬場に越したことはありませんが、稍重だった桜花賞の走りを見る限り心配はないでしょう。京都コースは初めてになりますが、今までどこの競馬場でも結果を出しているし、内回りも関係ないので何とかGIを取らせてあげたいですね」(矢作調教師)。

◎リスグラシュー
○ミリッサ
▲ラビットラン
△アエロリット
△ディアドラ
☆ファンディーナ

毎日王冠

◎ソウルスターリング
久々に中々のメンバーが揃った毎日王冠である。そんな中相変わらず変なことをしてくる藤沢厩舎には相当の自信が有るに他ならない。他の有力馬が休み明けだったり、斤量差が有利だったりというのも当然頭にあるとは思うが、それでも秋華賞のメンバーの方が相当楽である。とはいえ藤沢には過去何度騙されたことか…
「前走後は山元トレセンで休養。8月18日に帰厩して暑さと相談しながらの調整をしてきました。ここまでは順調そのものですよ。春と比べて体が大きくなっているし、1週前の動きも良かったですが、今週の追い切りもとても良かったと思います。今回は古馬のGI馬がいるし、この時期の3歳牝馬が勝つのはとても難しいこととは分かっていますが、この馬は力がありますからね。今回は試金石の一戦になると思っています」(藤沢和雄調教師)。

スプリンターズステークス

社台系はレッドファルクス、メラグラーナ、モンドキャンノの3頭。いずれも調教からは勝負気配がありどれが勝って不思議はない雰囲気だ。ただ、これだけ少ないということは影響力のある馬主の絶対勝負に他ならないと見る。
当然最も影響力があるのは吉田和美メラグラーナである。ある程度前に行くのか、いつも通り後ろからなのかは微妙だが、最後の直線は必ず切れる。
「先週ビシッと追い切ってあるので、今日は馬ナリでしたがいい動きでした。上積みは見込めるし、前走よりいい状態で出走できると思います。この馬は包まれると良くないので、前走のようにスムーズな競馬ができればいいと思います。中山コースにはいいイメージがあるし、この馬をよく知っているジョッキーの騎乗ということも心強いですね。GIで相手は揃いますが好レースを期待したいですね」(池添学調教師)。

◎メラグラーナ
○レッドファルクス
▲ダイアナヘイロー
△ワンスインナムーン
△セイウンコウセイ
☆モンドキャンノ

神戸新聞杯

◎ダンビュライト
ルーラーシップ産駒の二頭でまよったが、これ以上ないほどの調教を披露したダンビュライトを◎とした。クラブホースだけにここが勝負の可能性が高い。
「前走後は放牧に出してリフレッシュ。いい休養になったと見えて馬体のシルエットがいい方に変わってきました。ここまでシッカリ乗り込んできたし、坂路で好時計をマークしているように更に成長してきた感じがあります。今回はダービー馬も出てくるので、どんな競馬をしてくれるか楽しみですが、本番に出るためには賞金が微妙。何とか権利を獲りたいと思っています」(音無調教師)。

ローズステークス

◎ラビットラン
○ミリッサ
▲ファンディーナ
△モズカッチャン
☆クイーンマンボ

天候は大荒れの可能性もあり馬場は少なくとも重が予想されるが、特に重歓迎という馬もいないようだ。
気になるのは角居三頭出し。普通厩舎多頭出しは勝負気配なしと見るのがセオリー。ただ、牝馬重賞での信頼性が高い角居厩舎、秋華賞出走権利がかかる吉田和子氏とくれば狙うしかない。重馬場は未知数だが、ダート実績から苦にしないと見るが、問題は出遅れ癖。そこは厩舎を信じるしかない。
「初芝の前走が素晴らしい瞬発力で勝ってくれました。芝の適性が高かったということなのかもしれませんね。この中間は短期放牧を挟みましたが、仕上がりは速いタイプ。今日も思った以上に時計が出たし、能力が高いことは間違いないと思います。相手は強くなりますが、どこまでやれるか楽しみにしています」(辻野調教助手)。

セントウルステークス

◎プレイズエターナル
ダーレーの二頭出しはプレイズエターナルが勝負と見る。大外から逃げるフィドゥーシアに玉砕覚悟で競りかけていくのが人気のファインニードル。確実に末が伸びるプレイズエターナルがゴール前で差し込むというのが陣営の作戦か....
「前走は前残りの競馬だった割にはよく頑張ってくれたと思います。中間はミニ放牧を挟みましたが、中2週続きということで今週はラスト重点。状態は変わりありません。開幕週の馬場で前が止まらないでしょうが、キレイな馬場は歓迎。坂がある阪神もいいと思うし、後は展開の助けがあるようなら」(安田隆行調教師)。

小倉2歳ステークス

◎ヴァイザー
○モズスーパーフレア
▲シトリカ
△フローラルシトラス
△アサクサゲンキ

血統的には長いところという印象だが、調教での小気味良い走法とブランド力でヴァイザーを信頼。
最内シトリカの逃げも侮れない。
「早くに勝ったので、ここを目標にジックリと調整ができました。1週前に速いところを済ませてあるし、この後に輸送も控えているので、今日は予定通り馬ナリの調整です。前走からガラッと変わった印象はありませんが、1度使ったことでシッカリはしてきましたね。小柄な馬で仕上がり早だし、距離の短縮にも対応できると見ています」(高橋亮調教師)。

キーンランドカップ

◎ヒルノデイバロー
○ソルヴェイグ
▲メイソンジュニア
△モンドキャンノ
☆ナックビーナス

ここを目標にきっちり仕上がったと見るヒルノデイバローを狙う。前走は勝ちに行ってない余裕の2着、今回当然上積み十分である。どうしても賞金を加算したいソルヴェイグも本気モードである。
「前走は勝ち馬が思った以上に渋太かったですね。ここを見据えた作りだったので、1度使った上積みは十分見込めます。1週前の追い切りが時計以上に切れが感じられたし、今日の追い切りも良かったですから。ここまではイメージ通りの調整ができているし、状態もいいので楽しみにしています」(昆調教助手)。

札幌記念

◎エアスピネル
例年もう少しメンバーが揃う印象だが、エアスピネルにとってはラッキーと言えよう。ターゲットもはっきりしているので競馬もし易いと見る。
「早めに函館に入厩して入念に乗り込んできました。1週前に本馬場でやってあるので、今日はラスト重点。直線でもう少しグッときて欲しかったですが、馬場が馬場でしたから。それでもここまでは予定通りに調整ができていますからね。距離も力の要る馬場も問題ないし、この秋が楽しみになるようなレースをしてくれればと思っています」(笹田調教師)。

関屋記念

◎ロードクエスト

ダノンの二頭出し、藤澤厩舎の二頭出しとうるさそうで気になるが、前が早くなると信じてロードクエストに◎。小柄な馬だけに休み明けの前走はやはり太め。それでも今回を想定したというコメントがいい。
「先週シッカリ負荷をかけてあるので、今週は馬ナリですがこれで十分だと思います。前走はこのレースを考えての騎乗をしてもらい、自分の競馬に徹しましたが、今回はジョッキー共々勝ちに行く競馬をするつもりでいます。ここは負けられないくらいの気持ちで臨みますよ」(小島茂之調教師)。

レパードステークス

◎エピカリス

3歳限定のG3なら断然エピカリスである。格がまるっきり違うし、これほどの馬は普通ここには出てこない。状態も調教を見る限り全く問題なく、前走取り消しの影響は考える必要なしと見る。
相手は三頭出しのタガノ。1番枠のグルナが引っ張ってハイペースにしてディグオが直線で差し込む作戦か。

「アメリカからの輸送の影響や疲れがないと判断してここに出走することを決めました。蹄の不安も非常に軽いもので、今では完全に治まっています。馬体重なども以前レースを使っていた時と変わりないですからね。今日の追い切りも併せ馬で予定通りにできたし、動きも本当に良かったですからね。休み明けでも問題はないし、GIレベルの馬。好勝負を期待しています」(萩原調教師)。

クイーンステークス

◎パールコード
2週前からジョッキーが調教に乗るなど勝負気配ありありのパールコードを狙う。主戦の川田は土曜日小倉からこの馬のために札幌に移動、勝負だからこそという雰囲気。
「前走後は放牧に出し、栗東に戻ってからはここを目標に調整してきました。2週前にジョッキーの騎乗でビシッと追い切ってから札幌に移動。1週前は芝コースで洋芝の感触を確かめました。今週も芝で長めからやりましたが、深い芝でラスト1ハロンが11秒台。先週とは動きが全然違いましたね。今回はGI馬もいて相手は強くなりますが、脚質的に小回りは合うし、力の要る洋芝でもう一押しが利くようなら……と思っています」(片山調教助手)。

中京記念

◎ダノンリバティ
比較的マイルが得意という印象の音無厩舎からダノンリバティを狙う。調教は不良の坂路で楽な手応えながら50秒5と破格のタイムである。かなり状態はいいと見た。
「前走後は放牧に出してリフレッシュ。帰厩後はここを目標に調整をしてきました。8日に併せ馬をして、13日にも坂路である程度やってありますが、今回は休み明けということで今日もシッカリとやりました。動きが良かったし、いい仕上がりで臨めそうです。時季とか左回りが特別にいいとかではありませんが、昨夏の関屋記念で2着と走っていますからね。条件面はいいと思うので楽しみはありますよ」(音無調教師)。

函館記念

◎サトノアレス
初めて見た函館記念はサッカーボーイが当時の日本レコードをマークしたレースである。三コーナーからまくり気味に進出し、直線に入ったと同時に強烈な脚で抜け出したため、カメラがついていけず画面に映っていない状態が数秒間あったほどである。
当時は別定だったが、その後洋芝になり、ハンデ戦になり、メンバーも時計もそれなりになってしまったが、今年はなぜかあの時の雰囲気がある。
狙いはそのサッカーボーイと同じ3歳チャンピオンのサトノアレスとした。人気だが初の古馬との混合重賞ということでオッズはそれほどでもない。陣営は距離が長いことで弱気だが54キロならこの距離でもお釣りが来るだろう。
「中1週なのでそれ程速い時計は必要ありませんからね。ラストを併せる程度で十分です。1度使った上積みは見込めますよ。前走がある程度の位置でリズム良く運ぶ競馬ができたことは収穫。後方からの競馬だけではうまくいかないことがありますからね。ハンデは54キロとマズマズでしたが、古馬が相手の重賞は楽ではありませんからね。距離も伸びそうで伸びなかったスプリングSを見ると短い方がいいのかも……と思いましたが、今回の距離に対して鞍上が手応えを掴んでくれましたから」(藤沢和雄調教師)。

七夕賞

◎ヴォージュ
人気は断然の実績からゼーヴィント。ただこの馬で勝ちに行くならシルク三頭出しは不自然である。ここは脚部不安明けの試し打ちと見て△。
本命は先行して勝ちきれるヴォージュとした。夏競馬は実績よりも調子であり、近走の内容は準オープンとは言え時計的にもかなり優秀である。
相手は福島と相性がいいと言うフェルメッツァ、勢いあるタツゴウゲギも侮れない。
「前走から中2週で輸送もありますからね。追い切りは目一杯やる必要がないのでこれで十分です。時計的には少し速かったかな……といった感はありましたが、それは元気があるということ。東京で勝ちましたが、本来は前々の競馬で適度に流れる小回りの方が合う馬。相手は揃いますが、この馬もまだ伸びシロがありますからね。ここで結果が出るようならサマー2000シリーズも視野に……と思っています」(西村調教師)。

ラジオNIKKEI賞

◎クリアザトラック
昨年はマカヒキ、一昨年はラブリーデイが活躍し、毎年話題に事欠かない金子真人HD。今年の重賞勝鞍は日経賞のシャケトラだけで、3歳勢ではクリアザトラックが僅か2920万で稼ぎ頭である。
ということでここでは金子馬が勝負なら、同じノーザンファームで既に満腹状態のサトノは無理に意地を張らないと見る。
「追い切りは追走して前を行く馬をアッサリ交わしたようにいい動きでした。何より折り合いが付いていたし、色々と経験して馬に落ち着きが出てきたことは何よりです。初めて古馬を相手に戦った前走を勝ったように能力の高い馬。輸送は問題ないし、小回りの1800mも大丈夫だと思います。後は当日にテンションさえ上がらなければ楽しみですね」(前川調教助手)。

宝塚記念

果たしてキタサンブラックに死角はあるのか?
過去8枠だったのは一度だけ、その時は馬券圏外に敗れている。ただそれは18頭立ての17番枠で、今回のように11頭立てなら特にフリはなさそうである。馬場は天気予報では不良まで行きそうな雰囲気だが…

狙いは六頭出しでキタサンブラックの躍進に待ったをかけたいノーザンファームから、さらにオーナー二頭出しのミッキーロケットとした。
大阪杯では着順こそ7着だが、勝ち馬とは0.5差であり、流れや位置どりによっては逆転も可能である。
「前走後はゲートに縛り付けをしてから放牧に。2週続けて併せ馬でビシッとやったので、大分馬体は絞れてきました。ただ、先週追った後に多少余裕があったので、今週もシッカリ追い切りました。この一追いでちょうど良くなると思います。前走はゲートの中で暴れて行き脚が付かず後方から。今回はゲートを決めて、ある程度のポジションで流れに乗ったレースができれば……と思っています」(音無調教師)。

◎ミッキーロケット
◯キタサンブラック
▲シャケトラ

ユニコーンステークス

◎リエノテソーロ
珍しく社台系はアンティノウスの一頭だけ。前走の内容、鞍上からすれば馬券からは外せないが、ここはオーナー2頭出しの3組の方が気になるところ。
狙いは、調教での鋭い反応が秀逸だったリエノテソーロ。人気だがエピカリスがいないここでは実力も抜けていると見る。しかも「レース後も全然疲れがなくて、G1レースがいいステップになった」という陣営のコメントもダート馬としての期待を覗かせている。
「前走後は在厩しての調整。1週前にジョッキーの騎乗で長めからシッカリやってあるので、今週はラストの反応を確かめる程度でしたが、仕掛けてからの伸びは弾けるような感じでしたね。状態としては今までで一番いいと思います。芝も走りますが、ダートの方がいいことは確か。マイルもGIで2着と問題ありません。ダート路線の今後に向けて、是非とも賞金を加算したいですね」(武井調教師)。

エプソムカップ

◎ダッシングブレイズ
ノーザンファーム勝負ならフルーキーが怪しいところだが、ここは調教の動きが非常に良かったダッシングブレイズを狙う。本馬は1,600でしか勝ったことがないが、途中ペースが落ち着き易い東京の1,800なら問題無いと言えよう。
「前走はエンジンの掛かりが遅いこの馬にとってスローペースが応えましたね。使った後も疲れは見られないし、今週の動きも良かったのでいい状態で臨めそうです。この距離は守備範囲だと思うし、安田記念を見送ってここまで待ったレース。何とか初重賞を……と思っています」(吉村調教師)。
プロフィール
懸賞・小遣い ちょびリッチ
Visitors
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ