エプソムカップ

良馬場、このメンバーならサトノフラッグが実力上位である。人気を落とした今回は狙い目と見て◎。陣営からは「今ひとつ闘争心に欠ける」というコメントが気になるが、牧場から乗り込み充分で馬の状態自体は「出来ている」というコメントから問題なしと見る。マイラーよりも中距離向きである東京1800ならこの馬本来の競馬が出来るだろう。

◎サトノフラッグ
◯アルジャンナ
▲シュリ
△ザダル
△ファルコニア
☆ヴェロックス

安田記念

本命はグランアレグリア。
藤澤和雄厩舎といえば牡馬牝馬を問わず、競馬ファンの記憶に刻まれた数々の名馬を排出しているという印象だが、JRAの距離体系などの体制批判から干された時期もあった。ほとんどが馬なりという調教も独特(今はあまり目立たないが)で、当初は違和感でしかなかったという予想家も少なくない。
安田記念はそんな藤沢厩舎が積極的かつ重点的に挑戦してきた言わば本気のレースであり、たとえ負けてもクレームのしようが無い「ルメール乗せ」でも、ここは勝ちにこだわっていると判断したい。
相手は、岩田康誠が調教をつける様になってから馬が変わったというケイデンスコール。「馬も人も一度自信を失うとなかなか戻れない、まず自信回復のスイッチを入れること」という岩田のコメントはジンと来た。

◎グランアレグリア
◯ケイデンスコール
▲ラウダシオン
△インディチャンプ
△サリオス
☆ギベオン

ダービー

どの角度から見てもエフフォーリアの実力は抜けている。中団前目で折り合いが付けば直線あっさりと抜け出すシーンが目に浮かぶ。ただ、あくまでも折り合えばである。気になるのはDMMの2頭出しである。武ディープモンスターが勝負とすると、石橋タイムトゥはエフフォーリアつぶしに来るだろう(1コーナーで外から被せる)。このパターンで人馬ともにカッとなって折り合いを欠くというケースを過去何度も見ている。

サトノレイナスはデビュー前から兄以上の活躍が期待されていたが、マイルしか使っていないのにこの人気は少々疑問である。ただ桜花賞までの成績をウオッカと比べると、全く引けを取らないというか時計的にむしろサトノの方が上である。

本命はワンダフルタウン。まだ見ていない人は、とにかくこの馬の未勝利戦を見てほしい。見れば恐らくこの馬の凄まじい競走馬としての素質を感じざるを得ないだろう。京都2歳で見せたレースセンス、落鉄しながらも勝ち切った青葉賞も評価したい。

◎ワンダフルタウン
◯エフフォーリア
▲ヨーホーレイク
△サトノレイナス
△シャフリヤール
△グレートマジシャン
☆バスラットレオン

オークス

確かに完成度ではソダシがダントツである。これといった死角もない。ただ3歳の乙女、過酷すぎる2,400メートルともなれば一筋縄にはいかないのが本来の競馬である。
狙いは岩田康誠が乗るタガノパッション。前走は弱い相手だったとは言えなかなかの好内容。如何にも府中が合いそうな競馬である。

◎タガノパッション
◯クールキャット
▲アールドヴィーヴル
△ソダシ
△ファインルージュ
△アカイトリノムスメ
☆ステラリア

ヴィクトリアマイル

なんとディープインパクト牝馬が半数以上の10頭、ディープ産駒は宮記念から春の天皇賞までも勝てるオールマイティな種牡馬だが、ベストはやはりマイル。ここはその代表格であるグランアレグリアに抗うこともなく◎。
相手もスピードが他とはかなり違うレシステンシアでほぼ間違いないだろう。

◎グランアレグリア
◯レシステンシア
▲テルツェット
△マジックキャッスル
△デゼル
☆ランブリングアレー

NHKマイルカップ

本命はバスラットレオン。
デビュー前の調教が素晴らしく、慌ててPOG指名したのがこのバスラットレオン。札幌では古馬でもなかなか出せない上がり33秒台をデビュー戦でマーク。その後今ひとつのレースが続いたが、前走の圧勝で完全に覚醒したと見る。
「ワクワクしながらレースを待っている」という矢作師のコメントからはかなり余裕があるようにも思える。
カブラヤオー、アイネスフウジン、イソノルーブルなど昭和や平成を彩った個性ある逃げ馬らに肩を並べる存在となることに期待を込めて、ここは厚く勝負したい。

◎バスラットレオン
◯ホウオウアマゾン
▲シュネルマイスター
△ルークズネクスト
△グラナディアガーズ
☆ソングライン

天皇賞

気になるのはやはり金子3頭出し、そして友道3頭出し。(ちなみに横山3人出しはあまり気にならない)
セオリーで行くと勝負はシロニイとなるが、さすがに芝未勝利ではここは厳しい。金子が勝負無しということなら友道はワールドプレミアで心おきなく勝負ということで◎。
「2周目の位置どりがいちばんのポイント」と具体的な内容に触れている点もいかにも勝負の時の友道師らしい。
相手は菊花賞で大物の片鱗を覗かせたディープボンド。前走の圧勝は馬場のせいだけではなく、この馬がかなり強くなっているという証である。

◎ワールドプレミア
◯ディープボンド
▲オーソリティ
△アリストテレス
△ディアスティマ
☆ウインマリリン



マイラーズカップ

例年に比べるとやや低レベルと思えるメンバーだが中々興味深いレースとなりそうだ。本命はセオリー通り2頭出しのラッキーFからエアロロノアが気配と見て素直に狙う。正直この馬は全く知らなかったが、調教は正に圧巻。相手はひと叩きでここが資金石となるアルジャンナ。相手なりに走る感はあるもののこのメンバーならという期待はある。

◎エアロロノア
◯アルジャンナ
▲ケイデンスコール
△ボンセルヴィーソ
△エアスピネル
☆パンサラッサ

皐月賞

陣営のコメントにマイナス要素が全く感じられないレッドベルオーブを狙う。ファピアノ系肌馬にディープインパクトという血統はコントレイルと同じ。主戦の福永が3週に渡り調教に乗るなど本気度合いは間違いところ。

◎レッドベルオーブ
◯アドマイヤハダル
▲ヨーホーレイク
△エフフォーリア
△ダノンザキッド
☆グラティアス

桜花賞

今年もレベルが高い混戦だが、完成度で阪神JFの2頭が抜けている。絶好の4番枠に入ったソダシ、調教からも状態はかなりいい。一方、不利と言われる大外となったサトノレイナスだが、こちらも調教では素晴らしい動きである。セオリーでは馬主2頭出しは勝負、厩舎2頭出しは遠慮ということであり、ソダシで間違いなしということになる。ただG1で国枝厩舎なら逆にサトノレイナスが勝負という方がむしろ可能性が高いと見て◎。

◎サトノレイナス
◯ソダシ
▲ファインルージュ
△アカイトリノムスメ
△エリザベスタワー
☆ジネストラ

大阪杯

東京マイルはある程度スタミナが必要となるケースが多いとして、安田記念やNHKマイルカップの予想では中距離での実績を重視している。
その安田記念を、しかもあのアーモンドアイを下して勝利したグランアレグリアは2000メートルでも充分通用するだろう。特にスローで流れての瞬発力勝負ならコントレイルより上と見る。心配される雨も宮記念の末脚を見る限り問題無さそうだ。

◎グランアレグリア
◯コントレイル
▲ブラヴァス
△サリオス
△レイパパレ
☆ワグネリアン

高松宮記念

雨でパンパンの馬場ではないだけに、マイラーにもチャンスがあると見て本命はインディチャンプとした。
レシステンシア同様1200の経験はないが、調教を見る限りかなり状態は良いこと、左回りを得意としていること、鞍上も特にこの条件を得意としていることが主な理由である。
「もともと叩き良化型、前回より今回の方が良いでしょう」という師のコメントは自信ありと見て間違いないだろう。

◎インディチャンプ
◯レシステンシア
▲ライトオンキュー
△ダノンスマッシュ
△ラウダシオン
△モズスーパーフレア
☆ミッキーブリランテ

スプリングステークス

土曜日の重賞が非常にかたかったので皐月トライアルは馬場もゆるくなる可能性が高く、荒れると見て馬券を考えたい。人気は未勝利を勝ったばかりのボーデン。いくら破格のタイムで走ったとしても所詮未勝利、跳びが大きく重い馬場は向かないと見る。
狙いはマンハンタンカフェ産駒ロードトゥフェイム。前走は不良馬場で快勝しているが、さらに今回状態は上向きと見る。「全力で勝ちに行く」という木幡騎手のコメントも頼もしい。

◎ロードトゥフェイム
◯ランドオブリバティ
▲ヴィクティファルス
△レインフロムヘヴン
△ボーデン
☆イルーシヴパンサー

金鯱賞

死角がないわけでは無いが、ここは素直にデアリングタクトに◎。狙うは2着サトノフラッグ◯。皐月賞以来となるルメールとのコンビは間違いなくプラス。皐月のようなことにはならないと見る。
◎デアリングタクト
◯サトノフラッグ
▲ポタジェ
△グローリーヴェイズ
△ブラヴァス

ディープ記念

正式名称は「報知杯弥生賞ディープインパクト記念」。オールドファンとしては「弥生賞」と言いたいところだが、どうもJRAは表記のレース名にしたいようである。
圧倒的人気のダノンザキッドがどんな競馬をするのか何故かあまり興味が湧いてこない。もちろん3歳ではトップクラスだとは思うが、どことなく地味である。それでいてこの人気では馬券的にも魅力が無い。
◎はキャリア1戦のホウオウサンデー。
新馬の内容もさることながら、勝利後なんとここ一本に狙いを定めたという陣営の入込み具合も気になる。

◎ホウオウサンデー
◯ダノンザキッド
▲ワンデイモア
△シュネルマイスター
△テンバガー
☆タイムトゥヘヴン

中山記念

「とにかく今は馬の状態がいい」という陣営のコメントからケイデンスコールを狙う。距離と右回りがどうかというところだが、今の出来の良さでカバーできると見るが。

◎ケイデンスコール
◯ヒシイグアス
▲フランツ
△バビット
△クラージュゲリエ
☆ゴーフォザサミット

フェブラリーステークス

正直軸馬探しにかなり苦労した。どの馬も強いというわけではなく、どの馬もいまひとつというのだから盛り上がりに欠けるというのも否めない。そんな中、今回のレースはノーザンファーム生産馬がいないというのが最大の特徴なのかもしれない。
というわけで鬼の居ぬ間にというわけでもないが、本命は数少ない社台系からレッドルゼルとした。
距離を疑問視する予想も多いいが、使っていないというだけで苦手という範疇では無いと見たい。血統的に見ても母父フレンチデピュティのコース実績はまずまずだし、ロードカナロア産駒はアーモンドアイを別としてもマイルでの活躍馬は多い。
外枠に前に行きたい馬もいてスローになる可能性は低く、差しのこの馬にとっては大外はかえってレースはしやすいと見る。

◎レッドルゼル
◯カフェファラオ
▲サンライズノヴァ
△オーヴェルニュ
△ワンダーリーデル
☆エアアルマス
☆ミューチャリー

共同通信杯

正直オッズを見て愕然としたが、初志貫徹紅一点のレフトゥバーズが本命。
キャリア1戦、おそらくクイーンカップ抽選漏れでやむなくこちらにまわったのではなく、最初から狙いはこの共同通信杯である。
とにかくその新馬戦は圧巻の一言。まともに追ったのは最後の250mだけで上がり33.4はバケモノ級と言わざるを得ない。420キロ前後の馬体は華奢に見えるかもしれないが、あの瞬発力はウオッカやグランアレグリアに匹敵する。
相手は5週連続で福永が調教に騎乗、藤原師も「期待の大きな馬」と惚れ込むシャフリヤール。実績馬のステラヴェローチェ、エフフォーリアも気配は悪くない。

◎レフトゥバーズ
◯シャフリヤール
▲エフフォーリア
△ステラヴェローチェ
△キングストンボーイ
☆ヴィクティファルス

きさらぎ賞

ホープフルSではスタート直後に前をカットされる不利で後方からの競馬となったヨーホーレイク。今回のメンバーなら多少後ろでも勝ち負けと見て◎。「もともとおとなしくて賢い馬」という陣営のコメントからもここは問題無しと見る。


◎ヨーホーレイク
◯ダノンジェネラル
▲ランドオブリバティ
△ドゥラモンド
△ラーゴム
☆ショウナンアレス

根岸ステークス

絶好の内枠を引いたレッドルゼルで問題無しと見る。良馬場まで回復する可能性はあるが、それでも比較的足抜きの良い馬場。スピード勝負なら馬券圏内はかたいだろう。また、関西馬ながら東京、中山で連対を外していないところも魅力である。
相手は難しいがヘリオス、テイエムサウスダンなど手広く狙うしかなさそうだ。

◎レッドルゼル
◯テイエムサウスダン
▲ヘリオス
△タイムフライヤー
△スマートダンディー
△デザートストーム
☆サブノジュニア
プロフィール

popo

懸賞・小遣い ちょびリッチ
 
Visitors
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: