pina078
3月は入退去が活発になるため1ヵ月以上もブログを放置プレイしてしまいました。

実際の所はほぼ全ての管理・客付け業務を外注しているため、本来であればそれほど時間を取られないが、今回はちょっとしたトラブルがあったのである。


部屋を貸し出す時、オーナーによって色々な貸し出しパターンが存在する。

最低限の手直しで貸し出す「コスト抑制型」や、管理会社の言いなりで入退去の度に高額な費用を支払う「昔ながらの地主型」、自ら修繕・清掃を行い洒落た部屋にする「DIY大家型」等がその一例である。

私は趣味の日曜大工を行う秘密基地物件は別だが、それ以外は業者にお願いをして個性的な部屋作りを心掛けている。

費用は少し割高になるが、個性的な部屋は入居者を募集する時に客付け会社が「決め物件」として紹介しやすく、部屋が埋まらないと悩む必要がないからである。

決め物件とは
部屋を借りる時に不動産屋が使うお決まりの手法で、最初にグレードの低い部屋を紹介して徐々にグレードを上げる事で、最終的に契約してもらえる部屋の事。

しかし今回は決め物件が仇となり、ちょっとしたトラブルへと発展してしまった。

ピナちゃんの体調を考えて借りていた事務所を今月末に引き払い、マイホーム物件の賃貸用の一室を事務所にしようと準備をしていたが、3月の頭に事務所予定の部屋に入居希望者が現れたのである(驚)

「上品なOLの方ですごく気に入っていましたよ!」と、浮かれた声で連絡をしてきた担当者に、その部屋は募集を中止している事を伝えると、客付け会社の連絡ミスにより募集が止められていなかった事が発覚した(涙)


「お断りしましょうか?」と申し訳なさそうに担当者は言ったが、ミスとはいえ裏を返せば募集をしてすぐに客付けをしてくれる敏腕客付け会社で、この担当者に恥をかかせるわけにはいかないし、何よりも部屋を気に入ってくれた入居希望の女性を断るのも忍びない。

小汚いおっさんと報告されれば有無を言わさず断っていた所だが、上品なOLと報告してくる辺りも敏腕担当者である。自分も住むことになるビルに小汚いおっさんは私一人で十分なのだ。


「断らなくてもいいよ」と伝えて電話を切ったものの、これからはマイホームの改装を楽しもうと頼みの秘密基地物件も全て客付けを行ってしまい所有物件はすでに満室で、会社の登記もマイホーム物件へと移してしまっている(汗)

自宅部分に事務所を作ろうかとも思ったが、プライベートな空間に仕事の関係者が出入りするのは避けたいので、最悪の場合は近所の区分マンションを借りて登記を移し替えようかと考えていると、名案?を思いついたのである。

倉庫があるじゃないか!!

まさか事務所で使用するとは考えてもいなかったが、マイホームビルの一階の駐車場の奥に日曜大工グッツを保管しようと倉庫スペースを作るファインプレーをしていたのである。


しかし倉庫を事務所にするには、いくつかの問題があった。

物を保管するだけの予定だったのでエアコンは使えないし、床・壁・天井は解体したままの姿で、床はボコボコ、壁はコンクリートがむき出しで所々穴があいている悲惨な環境である。

ビフォア
pina074
このままでは流石に人を呼べないし仕事にならないと左官屋の友人を焼肉に誘い、肉を一口食べた瞬間に「それは手付けだ」と勝手に契約を結び、3月の忙しい時期という事もあり大文句を言われながら生コンを用意してもらった(安堵)

ついでに外壁部分の塗装を行っていた友人に壁と天井も塗ってもらった(感謝)

pina075

pina076

pina077
なんと言う事でしょう。
朽ち果てた倉庫が何となく事務所っぽくなったではありませんか。

画像はまだ下塗りの段階なので完成はしていないが現在は上塗りも終わり、明日は事務所の引っ越しで退去日ギリギリになってしまったが、何とか無事に事務所移転が済みそうです。

後は夏までにエアコンを取り付けたいと思います。