野鳥の観察を都内で

都内でも、空を見上げると、いろいろな野鳥を見ることができます。都会で疲れた心を、野鳥を見ることで、心が癒されることでしょう。

ワカケホンセイインコが電線に

0620ワカケホンセイインコ4083今朝は、空を見上げると、雲が多かったのですが、日差しは見られました。午後になると。雲は少なくなり、青空も見えるようになったのです。珍しく、今日は近くでの会議があったので参加することにしました。そして、夕方には自宅に戻って、野鳥を待つことにしました。すると、賑やかな鳴き声が聞こえてきました。探して見ると、南側にある電線の上に、ワカケホンセイインコが留まってくれたのです。直ぐに、カメラを用意して撮影を始めたのです。ところが、少し近付こうとした時です、ワカケホンセイインコは飛んでいってしまいました、ちょっと残念なことになりました。
今日、掲載する写真は、ワカケホンセイインコです。撮影機材は、カメラはニコンD500、レンズがニッコール200-500mmです。撮影データは、焦点距離750mm(35mm換算)、シッター速度が1/800秒、絞りがF8、ISO感度が1000です 。

オオタカの幼鳥がポーズを

0619オオタカ1588今朝は、ベランダに立ってみると、青空が広がっていました。それが、段々と雲が増えていきました。午後になると、お昼前より雲が少なくなったようです。その少なくなった雲を見上げながら、今日は、先週オオタカを見た公園へ向かうことにしました。着いてみると、午後1時ころに、成鳥が食べ物を運んだようです。ちょっと到着する時間が遅かったようです。オオタカの幼鳥は、運んできた食べ物をほぼ食べ終わったようでした。幼鳥は3羽いるのですが、その中の1羽がポーズをとっているような姿でしたので、撮らせてもらいました。丁度、口を開けたポーズです、赤い舌が印象的でした。
今日、掲載する写真は、オオタカです。撮影機材は、キャノンEOS7D、レンズがキャノンEF500mmF4Lに1.4×テレコンバージョンレンズを装着したものです。撮影データは、焦点距離1120mm(35mm換算)、シッター速度が1/1000秒、絞りがF5.6、ISO感度が2500、露出補正が-0.7です 。

セッカが小枝に留まって

0618セッカ8148A今朝は、青空の中に、雲があちこちに見られました。午前10時ころには、厚い雲が見られるようになりました。午後になると、更に青空が少なくなって、雲がかなり広がっていたのです。その雲を眺めながら、今日も多摩川へ出かけることにしました。多摩川に着くと、昨日の場所より、更に上流へと向かうことにしたのです。河川敷の中の遊歩道を歩いている時です、上空にセッカの姿が見えたのです。直ぐに、そのセッカを追って見ていると、草むらの中の小枝に留まったのです。それも、一瞬のことで、あっという間にセッカは飛んでいってしまいました。
今日、掲載する写真は、セッカです。撮影機材は、キャノンEOS7D、レンズがキャノンEF500mmF4Lに1.4×テレコンバージョンレンズを装着したものです。撮影データは、焦点距離1120mm(35mm換算)、シッター速度が1/1000秒、絞りがF5.6、ISO感度が400、露出補正が-0.3です

チョウゲンボウが現れて

0617チョウゲンボウ8554今朝も、空を眺めていると美しい青空が見られました。その青空の中に筋雲が点々と見られ、それは美しい姿を見せていました。午後になると、その雲は少なくなり、青空がほとんどを占めるようになりました。その青空の下、今日は多摩川へ真っすぐ向かいました。今日の目的は、チョウゲンボウです。情報で聞いた場所へと直行したのです。ところが、その場所で1時間近く待ってみたのですが、チョウゲンボウの姿を見ることができなかったのです。それで、場所を変えて、野鳥を探すことにしました。暫くすると、上空にチョウゲンボウが現れたのです。チョウゲンボウは、僅か数分のことでしたが、上空を飛んでくれました。チョウゲンボウを見ることができたのです、今日もラッキーだったようです。
今日、掲載する写真は、チョウゲンボウです。撮影機材は、キャノンEOS7D、レンズがキャノンEF500mmF4Lに1.4×テレコンバージョンレンズを装着したものです。撮影データは、焦点距離1120mm(35mm換算)、シッター速度が1/1000秒、絞りがF6.3、ISO感度が800、露出補正が+2です

オナガは川の中に

0616オナガ6903今朝は、窓を開けてみると美しい青空が広がっていました。雲はほとんど見られず、空気も乾いた感じがしていました。午後になると、積雲が見られましたが、上空は青空が広がっていました。その青空を眺めながら、今日は野川を散策することにしたのです。かなり、上流に向かって進んだところです、オナガの騒々しい鳴き声が聞こえてきたのです。探して見ると、川岸に近い場所です、オナガを見つけました。オナガは川の中に入って、水飲み・水浴びをしていたようです。
今日、掲載する写真は、オナガです。撮影機材は、キャノンEOS7D、レンズがキャノンEF500mmF4Lに1.4×テレコンバージョンレンズを装着したものです。撮影データは、焦点距離1120mm(35mm換算)、シッター速度が1/1000秒、絞りがF6.3、ISO感度が640です。

ホオジロの囀りが聞こえて

0615ホオジロ5762今日は、朝から強い雨が降っていて、夕方になっても雨は降り続いていました。そこで、今日は、昨日の多摩川での野鳥を紹介することにしました。イカルチドリが飛んでいってしまった後のことです。ホオジロの囀りが聞こえてきたのです。探してみると、柳の木のてっぺんに留まっているホオジロを見つけました。この時期に、ホオジロを多摩川で見ることができるのは、ちょっと珍しいような気がしたのです。それで、暫くホオジロの囀りを聞くことにしました。ホオジロの囀りを聞いていると、とても力強さが感じられました。
今日、掲載する写真は、ホオジロです。撮影機材は、キャノンEOS7D、レンズがキャノンEF500mmF4Lに1.4×テレコンバージョンレンズを装着したものです。撮影データは、焦点距離1120mm(35mm換算)、シッター速度が1/1000秒、絞りがF5.6、ISO感度が250、露出補正が+1.7です。

イカルチドリが水際に

0614イカルチドリ1244今朝も、ベランダに立つと晴れ間が広がっていました。午前10時過ぎには、雲がモクモクと現れましたが、日差しは強めにあたっていたのです。午後になると、雲が更に増えていましたが、まだ青空がみえていました。その青空を見上げながら、今日は多摩川へ出かけることにしたのです。多摩川に着くと、今日は岸沿いを歩きながら、野鳥を探すことにしました。川岸に着いた時です、水際にイカルチドリを見つけました。先日、イカルチドリを見つけた場所に近いところでした。このイカルチドリに、少しずつ近づいていた時です、あっという間に、対岸に飛んでいってしまいました。
今日、掲載する写真は、イカルチドリです。撮影機材は、キャノンEOS7D、レンズがキャノンEF500mmF4Lに1.4×テレコンバージョンレンズを装着したものです。撮影データは、焦点距離1120mm(35mm換算)、シッター速度が1/1000秒、絞りがF5.6、ISO感度が320です。

オオタカは銀杏の木に

0613オオタカ6077今朝は、久しぶりに見る快晴でした。それがだんだんと雲が見えるようになりました。午後になると、雲が少なくなって、再び青空が広がっていました。その青空を眺めながら、今日は杉並にある公園へと向かいました。現地に着いてみると、久しぶりにオオタカの姿を見ることができました。オオタカは銀杏の木に留まっていたのです。そのオオタカを見つけたのか、カラスがオオタカを攻撃し始めたのです。すると、銀杏からオオタカが飛び出して、2羽のカラスが追いかけて、飛んでいってしまったのです。その後、オオタカの姿を見ることが出来なくなったので、帰ることにしました。
今日、掲載する写真は、オオタカです。撮影機材は、キャノンEOS7D、レンズがキャノンEF500mmF4Lに1.4×テレコンバージョンレンズを装着したものです。撮影データは、焦点距離1120mm(35mm換算)、シッター速度が1/1000秒、絞りがF6.3、ISO感度が6400、露出補正が+1です。

ツバメの親子を見つけ

0612ツバメ1913今朝は、雲が多めの空模様でした。ちょっと、青空を見るのは難しそうに見えたのです。午後になると、青空が少し顔を出し、僅かに日差しも見られるようになりました。その少しの青空を見上げ、今日は多摩川へ出かけることにしました。河川敷に着くと、所々に水溜りが見られたのです。その水溜りを避けながら、歩いていると、電線に留まっているツバメが目に入ったのです。電線には、ツバメの幼鳥が3羽、留まっていました。そのツバメの幼鳥が気になったので、暫く眺めていたのです。すると、親鳥が餌を与えるため、飛んできたのを見ることができました、ラッキーでした。
今日、掲載する写真は、ツバメです。撮影機材は、キャノンEOS7D、レンズがキャノンEF500mmF4Lに1.4×テレコンバージョンレンズを装着したものです。撮影データは、焦点距離1120mm(35mm換算)、シッター速度が1/1000秒、絞りがF5.6、ISO感度が500、露出補正が+1です。

カワセミが飛んできて

0611カワセミ9552今朝は、曇り空から、段々と晴れ間がみえるようになりました。予想は、雨が降るものと思っていたので、嬉しく思ったのです。午後になると、青空がさらに増えて、日差しが眩しいほどでした。その青空を眺めながら、今日は杉並区に用事があったので、午後2時半過ぎになってから、近くの公園へ向かいました。すると、カメラマンを5人ほど見ることができたので、直ぐに仲間に入れてもらいました。目の前が池です、カワセミが飛んできて、近くの枝に留まってくれたのです。この公園では、久しぶりに見るカワセミです。やはり、カワセミは美しい鳥です、ずーっと眺めていたかったのです。でも、直ぐに飛んでいってしまったのが、ちょっと残念に思いました。
今日、掲載する写真は、カワセミです。撮影機材は、キャノンEOS7D、レンズがキャノンEF100-400mmです。撮影データは、焦点距離は640mm(35mm換算)、シッター速度が1/125秒、絞りがF5.6、ISO感度が6400、露出補正が+2です。
月別アーカイブ
楽天市場
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ