野鳥の観察を都内で

都内でも、空を見上げると、いろいろな野鳥を見ることができます。都会で疲れた心を、野鳥を見ることで、心が癒されることでしょう。

ヒバリが枯れ草の中に

0425ヒバリ5177今朝は雲が見られましたが、段々と雲も少なくなり、お昼前にほぼ青空が占めるようになりました。この青空は、午後になっても変わらず、気温も暖かさを増したようです。でも、風は冷たく吹いていました。その、風に向かって行くように、今日も多摩川へ出かけることにしたのです。河川敷に着くと、土手沿いの遊歩道を進むことにしました。その土手を見ると、数日前に草が刈られたようです。その草の刈りこんだ土手を眺めていると、ヒバリの姿が目に入ったのです。そのヒバリまでの距離は、近かったのですが、割合落ち着いた雰囲気だったようです。そして、ヒバリは小さな虫を見つけたようです。その後、ヒバリは少しずつ遠ざかって、いつの間にか姿が見えなくなってしまいました。
今日、掲載する写真はヒバリです。撮影機材は、キャノンEOS7D、レンズがキャノンEF500mmF4Lに1.4×テレコンバージョンレンズを装着したものです。撮影データ、焦点距離が1120mm(35mm換算)、シャッター速度が1/1000秒、絞りがF8、ISO感度が200です。

キアシシギがポーズを

0424キアシシギ7770今朝は、曇り空から始まったようです。お昼ころには、雲が段々と少なくなっていくようです。午後になると、青空が少しずつ広がっていきました。その青空を眺めながら、多摩川へ出かけることにしたのです。河川敷に着くと、川岸に沿った遊歩道を、上流に向かって進むことにしました。途中、遊歩道沿いの林の中に、ガビチョウを見つけました。でも、そのガビチョウには逃げられて、撮影することはできませんでした。そして、更に上流へと向かったのです。すると、何時もの観察場です、知り合いのカメラマンが待っていたようです。そこで、キアシシギの情報を聞くことが出来ました。直ぐに、その場所に行ってみると、川の浅瀬の中にいるキアシシギを見つけることが出来たのです。その後、暫くの間、このキアシシギを楽しむことが出来ました。。
今日、掲載する写真はキアシシギです。撮影機材は、キャノンEOS7D、レンズがキャノンEF500mmF4Lに1.4×テレコンバージョンレンズを装着したものです。撮影データ、焦点距離が1120mm(35mm換算)、シャッター速度が1/1000秒、絞りがF5.6、ISO感度が400です。

キビタキに会えて

0423キビタキ4992今朝は、青空が眩しいほどでした。昨日は雨に降られたので、青空を見られるのは嬉しいことです。午後になっても、青空は広がっており、風が少し冷たかったのですが、段々と暖かさが感じられるようになりました。その温かくなった空気の下、今日は野鳥観察園へ出かけることにしました。野鳥観察園では、キビタキが出現したことが話題になっていましたが、私の目の前にはなかなか現れてくれませんでした。今日こそ、キビタキを見たいと思っていたところです。一緒に探していたカメラマンに、慌ただしい動きが見られました。直ぐに近づいて探してみると、枝に留っているキビタキのオスを見つけました。少し黄色の色彩が薄く感じましたが、キビタキのオスです、ようやく見ることが出来たは、とても嬉しいことでした。
今日、掲載する写真はキビタキです。撮影機材は、キャノンEOS7D、レンズがキャノンEF500mmF4Lに1.4×テレコンバージョンレンズを装着したものです。撮影データ、焦点距離が1120mm(35mm換算)、シャッター速度が1/1000秒、絞りがF5.6、ISO感度が2000、露出補正が+1です。

柳の枝にアオジが

0422アオジ3632今日は、朝から曇り空です。予報では、夕方まで雨の心配はないようなので、多摩川へ出かけることにしましたか。昨日、河川敷でアカハラを見たのですが、直ぐに見失ってしまったので、今日はリベンジです。河川敷に着くと、昨日見た場所を重点的に探すことにしたのです。ところが、アカハラはどこへ行ったのか、見つけることが出来なかったのです。それで、川岸に向かう小道を歩くことにしたのです。暫くすると、小道を横切る野鳥が見えました。その野鳥は、近くの柳の枝に留りました、確認すると、アオジでした。探していたアカハラではなかったのですが、雨が降る直前だったので、良かったことと思うことにしました。
今日、掲載する写真はアオジです。撮影機材は、キャノンEOS7D、レンズがキャノンEF500mmF4Lに1.4×テレコンバージョンレンズを装着したものです。撮影データ、焦点距離が1120mm(35mm換算)、シャッター速度が1/1000秒、絞りがF5.6、ISO感度が800、露出補正が+1です。

コアジサシが石積みの上に

0421コアジサシ3509今日は、曇り空から始まったようです。お昼前には、小雨が時々降るような空模様になりました。午後になっても、はっきりしないお天気は続いていましたが、午後2時ころには出かけることにしたのです。雨はほとんど止んだ状態になったので、多摩川へ向かいました。多摩川に着くと、川面が広がる観察場で、野鳥を探すことにしたのです。観察場に立ってみると、知り合いのカメラマンが既に撮影をしていました。そのカメラマンの隣に位置を決めて撮影を始めると、コアジサシが4羽、石積みの上に留っているのが見えました。少し遠かったのですが、今シーズン初の撮影になりました。今後、コアジサシがさらに増えることを期待することにしました。
今日、掲載する写真はコアジサシです。撮影機材は、キャノンEOS7D、レンズがキャノンEF500mmF4Lに1.4×テレコンバージョンレンズを装着したものです。撮影データ、焦点距離が1120mm(35mm換算)、シャッター速度が1/1000秒、絞りがF5.6、ISO感度が640です。

アオゲラは歩きながら

0420アオゲラ2218空を見上げると、今朝も青空が広がっていました。少し風が冷たく感じられたのです、気温は平年並みに戻ったようです。でも、お昼ころになると、大分暖かさが感じられるようになりました。そして午後です、今日は野鳥観察園へ出かけることにしたのです。園内に着くと、先ず桜並木の下を歩くことにしました。直ぐに、桜の木の上の方に野鳥を見つけたのです。その野鳥を確認してみると、シメだったのですが、枝被りで撮ることが出来なかったのです。そこで、更に園内の奥の方へと向かいました。あまり進まなかったところです、突然、目の前にアオゲラが現れたのです。そして、アオゲラの着地する瞬間を眺めることが出来ました。その後、アオゲラは地上を歩き始めたのです。私のイメージでは、アオゲラの歩く姿は考えていなかったので、ちょっとびっくりしました。アオゲラは、その場で地上を歩きながら、土の中にいた虫を探して食べていたようです。
今日、掲載する写真はアオゲラです。撮影機材は、キャノンEOS7D、レンズがキャノンEF500mmF4Lに1.4×テレコンバージョンレンズを装着したものです。撮影データ、焦点距離が1120mm(35mm換算)、シャッター速度が1/1000秒、絞りがF5.6、ISO感度が1250です。

見張り中のツバメです

0419ツバメ1592今日は、高遠城址公園へお花見に出かけることにしました。我が家から出発する時は快晴でした。ところが、山梨県に入ったころから、空模様が一変したのです。時々、かなり強い雨に降られましたが、予定通り、高遠城址公園へ向かうことにしました。その途中のことです、パーキングエリア内で見かけるツバメを撮ることにしたのです。我が家の上空でも、ツバメの飛んでいる姿を見ることがありますが、ツバメの巣はあまり見る機会がなかったのです。そこで、パーキングエリアのトイレの入り口に近いところを探してみました。すると、予想通りツバメの巣を見つけることが出来ました。この時は、雨が降っていたためか、1羽が巣の前で見張りをしていたようです。
今日、掲載する写真はツバメです。撮影機材は、オリンパスOMD-EM1、レンズがライカ100−400mmDGです。撮影データ、焦点距離が800mm(35mm換算)、シャッター速度が1/250秒、絞りがF5.7、ISO感度が1600です。

セグロカモメが水を飲んで

0418セグロカモメ1082今朝は雨が降っているものと思っていましたが、既に曇り空になっていました。予想以上に、天気の回復が早かったようです。日差しが降り注ぐようになると、気温がぐんぐんと上がっていきました。初夏というより、夏日になったような気がしたのです。その暑さの中、午後になってから、今日は多摩川へ出かけることにしました。河川敷に着くと、セッカの鳴き声が響き渡るようでした。それで、セッカを追うことにしたのですが、上空から葭原の中にと入ってしまうのです。結局、葦に留っているような姿を見ることが出来なかったのです。そこで、上流へと移動することにしました。その途中のことです、浅瀬に休んでいるセグロカモメを見つけたのです。このセグロカモメは、見つけた時から、およそ1時間もその場所でのんびりと過ごしていました。のんびりしていても、暑さは応えるようです、セグロカモメは時々水を飲んでいたのです。更に、水浴びをするものと思って待っていたのですが、水の中に入ったのは頭部のみでした。多分、水飲みだけだったようです。
今日、掲載する写真はセグロカモメです。撮影機材は、キャノンEOS7D、レンズがキャノンEF500mmF4Lに1.4×テレコンバージョンレンズを装着したものです。撮影データ、焦点距離が1120mm(35mm換算)、シャッター速度が1/1000秒、絞りがF5.6、ISO感度が250です。

タシギが草の中に

0417タシギ7877今朝は青空を見ることが出来ました。予報では、夕方に雨が降るということが、ウソみたいに感じましたが、お昼ころになると、雲が空のかなりの部分を占めるようになったのです。午後になって、雨が降る前に野川へ出かけることにしました。今日は、タシギを探すことにしたのです。先ず、タシギが出現していた場所へと向かいました。着いて見ると、直ぐにタシギを見ることが出来たのです。これまで、何度か、ここで探したのですが見つけることが出来なかったので、嬉しいことでした。初めは、草の陰に隠れていましたが、段々と姿を現してくれたようです。でも、タシギが姿を現したのは、一瞬ことでした。
今日、掲載する写真はタシギです。撮影機材は、キャノンEOS7D、レンズがキャノンEF500mmF4Lに1.4×テレコンバージョンレンズを装着したものです。撮影データ、焦点距離が1120mm(35mm換算)、シャッター速度が1/1000秒、絞りがF5.6、ISO感度が500、露出補正が+0.3です。

ホシハジロが一緒に

0416ホシハジロ9943今日も、晴れ間が広がっていました。昨日より気温が上がる予報が出ていたので、初夏の装いです。午後になると、雲が多くなりましたが、初夏の陽気は変わらないようでした。その温かい陽気に誘われて、今日も多摩川へ出かけることにしました。昨日、キンクロハジロを見つけた場所です。キンクロハジロと一緒にいた野鳥が気になったのです。その場所に着いて見ると、その野鳥を直ぐに見つけることが出来たのです。確認してみると、ホシハジロのオスでした。このホシハジロを見ていると、キンクロハジロの群れと行動一緒にしていました。それで、見つけることがちょっと難しかったのかもしれませんね。
今日、掲載する写真はホシハジロです。撮影機材は、キャノンEOS7D、レンズがキャノンEF500mmF4Lに1.4×テレコンバージョンレンズを装着したものです。撮影データ、焦点距離が1120mm(35mm換算)、シャッター速度が1/1000秒、絞りがF5.6、ISO感度が320、露出補正が+1です。
月別アーカイブ
楽天市場
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ