コルニション/ブラウンマッシュルームの酢漬け花ズッキーニのピッツア&トム・フレッシュ

2008年07月20日

美味しいさくらんぼとニセミラベル

大好物のさくらんぼ。生食用も美味しいですが、加熱するととーっても美味なさくらんぼがフランスにはあります。18072008-1



























それはグリオットGriotte。
サワーチェリーの一種と思われますが、グリオットは明るい透き通るような赤色をしています。中はちょっと緑がかった透き通った黄色。
キュートな外見にもかかわらず、食べると甘味があまり感じられません。
おじさんに「グリオットをちょうだい」と言うと、すごく心配そうに「これは加熱用だよ、普通のさくらんぼとは違うよ」と念を押されました。


「大丈夫、分かっているから!ジャムを作るつもり」と言ったら、「そりゃ、うってつけ」と笑顔が返ってきました。
いつもちょっと変わったものを購入するので、使い方わかってんのかな?ときっと心配してくれたんですね。グリオットは、旬が短いためか、人気がないのか・・・うちの方ではそんなに売っていません。18072008-2



























しかし、手作りのグリオットのジャムは絶品です。
黒さくらんぼは、加熱すると文字通り黒っぽい色に変化しますが、グリオットだともっと明るい赤色になります。味は甘酸っぱく、微妙なスパイシーな味も感じられます。生だと、あまり味がないような気がしますが、火を通すとこんなにも違うものかと、そのビックリも嬉しいのです。
他にもお菓子に入れて加熱するのも良いですし、軽く煮詰めてソースにしてアイスクリームにかけるのも、うーん、もうたまらない!

別のお店でオーガニックの小さなプラムを見つけました。
大きさはさくらんぼくらい。赤とオレンジがあって、赤のほうを買ってみる。
名残り惜しそうにオレンジ色のを横目で見ていたら、3個ほど袋に入れてくれました(おねだりビームが効いた ?)。18072008-3



























プラムとしか書いていなかったので、何の種類?ミラベルじゃないよね?としつこく「どして坊や」のように尋ねると、「じゃあ、ニセミラベルとでも言っておこうかねぇ。はは。」と、おばさん結構ノリが良い ?(っていうか、なんだか私の振る舞いは迷惑客のものみたいですね・・・つい夢中になっちゃって、ごめんなさい^^;)

なかなか甘くて美味しいですけど、やっぱりおばさんが言ったように、ミラベルとは味が違います。夫はプラム類があまり好きではないので、何に使おうか迷いました。18072008-4



























遠い記憶をたどって、「ニセミラベルのコブラー」を作ってみることにしました。
コブラーはビスケット生地のようなものをフルーツにかけてオーブンで焼いたものです。プラムやアンズなどのちょっと酸味のあるフルーツで作ると美味しい。
写真の見た目はちょっとクラフティっぽいですが、生地がもっとザコっとした感じです。

ずっと忘れていたコブラーの素朴な魅力を再発見した気分です。ついでに古いレシピの切り抜きとかもチラリとみたのですが、忘れているものってわりとあるんですよね。あ〜ちゃんとレシピの整理をしなければ、でも重い腰があがらない^^;

にほんブログ村 トラコミュ お菓子へ
お菓子


poppetfrance2 at 07:41│Comments(10)TrackBack(0) 果物 | お菓子/デザート

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by カイエ   2008年07月20日 22:39
さくらんぼのジャムを見てたら
オッソーイラティが食べたくなりました。
ポプラさんにこの食べ方教えてもらって以来、はまってしまってるもので(笑

フランスでは梅がなくとも
他の桃系の果物は一杯ありますよね。
羨ましいなぁ。
2. Posted by ポプラ   2008年07月21日 02:02
カイエさん、こんにちは。

そういえば、グリオットのジャムとオッソ・イラティの組み合わせはやってみたことがなかったです・・・いつも黒さくらんぼのジャムだったから。今度やってみよう!

確かに桃系の果物は多いけれど、やっぱり梅ほど特徴のある香りのものはみかけませんよ〜。ほら、プラム系はあまり香りが強くないし・・・。
3. Posted by melocoton   2008年07月21日 05:18
わ〜、さくらんぼのジャムおいしそう!
それにしてもそちらのおじちゃんたちも結構面白いですね(笑)。

今日マーケットで去年ミラベルを売ってたおじちゃんを捕まえて、

'今年はどうして売ってないの??’

と詰め寄った怖いアジア人は何を隠そう、私です(爆)。

4. Posted by ポメマル   2008年07月21日 15:26
またまた好奇心を呼び起こしそうな食材ですね。
日本では見かけないグリオットですね。
加熱しないとおいしくないのは日本では売れないでしょう。
とってもきれいな赤になるなんて実物をみてみたいです。

コブラーというお菓子は知りませんでした。
早速検索してみたらあるんですね。
簡単そうでとってもおいしそう。

つい先日までブルーベリーの生がたくさんあったのに残念です。

5. Posted by ポプラ   2008年07月21日 16:48
melocotonさん、こんにちは。

うちの方の人たちって、ちょっと見、無口ですごく無愛想なんですけど、やっぱりのんびりしているのか、刺々しくないんです。そういう人たちがチラリという冗談や皮肉はギャップもあってなかなか面白いです

melocotonさんも「詰よりタイプ」?(爆)私も食材のことになると夢中になっちゃって・・・あとからハッと気づいたりするんですが、でもお店の人みんな気にしてないみたいだから(笑)
6. Posted by ポプラ   2008年07月21日 17:03
ポメマルさん、こんにちは。

日本にもサワーチェリーのような品種があると聞いたことがあるんですけど、あまり流通していないのかもしれませんね。うちの方でも生グリオットはどちらかというとレアなので、ジャムなどを家で作る人が減っているのかも。

コブラーは簡単で美味しいです♪
熱々にアイスクリームを添えるとおもてなしにも良いですね。このお菓子はプラム系のものでやっても美味しいですよ^^
7. Posted by ぴかまま   2008年07月21日 20:31
グリオット、この辺で売ってるサワーチェリーによく似てます。
ドイツでは、というかベルリンでは品種を書いて売られているのはジャガイモとリンゴくらいなもんで、チェリーも甘いか酸っぱいかとあとは産地くらいしか、マルクトでもわからないんですよ・・・。
8. Posted by salahi   2008年07月22日 02:17
今年のサワーチェリーは帰国直前に出始めたので、その時に1kg分のシロップ煮を作っただけです。
まだ出回ってるので、他にも何か作りたいな〜とは思ってるんですが、どうもやる気が^^;
でも、ボヤボヤしてるとシーズンが終わってしまいますね。

ちなみにうちの辺りでは10年前に比べ売ってる店が増え、品質もアップ。そして何故かシーズンも随分長くなりました。
9. Posted by ポプラ   2008年07月22日 05:25
ぴかままさん、こんにちは。

グリオットがどの種類のサワーチェリーにあたるのか、私もちょっと分からないんですよ。こちらでは多くの野菜果物は産地や品種が書いてあるものなんですが、グリオットは出ていることも少ないからか、「グリオット」としか書いてないんです。もしかしたらドイツで出回っているのと同じ種類かもしれませんね^^
10. Posted by ポプラ   2008年07月22日 05:33
salahiさん、こんにちは。

帰省の時期と旬の短い果物が出回るのが重なると忙しいですよね。私も逃してなるものかと、行く前に出て!帰るまで待っていて!と言っても仕方がないのに、勝手なお願いをしてしまいます(笑)

サワーチェリー、こちらでももっと売る店が増えるといいのになと思います。そしてお値段の方ももう少し安いと助かるんですが・・・。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
コルニション/ブラウンマッシュルームの酢漬け花ズッキーニのピッツア&トム・フレッシュ