October 21, 2005

FUCKという言葉についての考察

一昨日のことだ。COMPUTER MUSICという授業の中で教授のルーが僕らに宿題を出した。「明後日までにComputer music tutorialの58ページから118ページを読んで、各チャプターごと(計16チャプター)の要約を最低五枚以内のペーパーにまとめてきて」って。そのComputer music tutorialというテキストはCOMPUTER MUSICの歴史やら音楽デバイスの仕組みやらを解説したテキストなのだが、その厚さはタウンページより厚く、文字も細かい。そのウチの60ページを二日以内に読み、かつまとめなければならないらしい。二日間満足に眠れないことが決定した瞬間だった。そんな時、俺の口からごく自然に発せられた言葉が「FUCK」。ルーはその言葉を聞き「たしかにFUCKだね!」ってケラケラ笑ってた。かわいいヤツだ。

そう今日はこの「FUCK」という言葉について話したい。日本の義務教育の中では間違いなく教えられない言葉だが、誰もが聞いたことのある言葉でもあると思う。意味はみなさんご存知の通りである。直訳は相当気分の悪い言葉だ。ただ、この言葉、アメリカの音楽、映画などでは超頻出である。もう、そういう意味では「でる単」の一番最初にきてもおかしくないぐらいだ。そんなこんなで日本人もこの言葉を知っている。

俺には癖がある。何か嫌なことがあると「FUCK」と叫ぶ、もしくは呟いてしまう。これは中学生の頃から洋楽を聞き、多少なりともアメリカナイズされた僕の悪い癖である。アメリカに行く前、日本でこれを聞いた人が「アメリカでそんなこと言ったら、人格疑われるよ」と俺に言ったことがあった。俺も「あぁ、マジで直さなきゃなぁ」と思っていた。しかし、事件は起こった。サマープログラムの体育の授業でテニスをやっていた時のことだ。授業も終盤、最後の試合でダブルスを行った。なかなか白熱した試合で、夢中でラケットを振っていた俺はミスをしてボールをネットへ。そして、思わず大声で「FUCK!!」。瞬間、我に返り「あぁ、やってしまった」と思ったのも束の間、体育の先生が試合を止めて「しゅん、それは英語ではない・・・」と一言。場が凍ってしまった。「あぁ、やっぱり相当悪い言葉なんだなぁ」と思った僕は二度とその単語は使わないと誓ったのだった。

だが、しかし、自分の学校でアメリカの若者と生活するにあたってこの言葉に対するイメージは完璧に覆された。例えば、友達に少し馬鹿にされたり、からかわれたりすると奴らは「ふざけんなよぉ」的な軽いノリで"Fuck you!"とか言うし、友達との会話で「ちょっとそのコップとって」と言いたいとき奴らは"Pass the fuckin cup."と意味のわからないところでこの言葉を使う。ひどいヤツは会話のほぼ半分はFUCK及びFUCKINなんじゃないかってヤツもいる。あと、"Thank you" のかわりに"Fuck you!"っていうヤツもいたな。とにかく、若者の中でこの言葉はとても頻繁に使われている。ある友達に「FUCKって言葉がこんなに使われているとは思わなかった」と言ったら「時と場合だよ。俺も先生とか親の前では間違っても言わないし、ネガティブなシーンで使ったらマジで喧嘩になるしね」と言っていた。(ちなみにコイツは会話の半分がFUCK及びFUCKINで構成されるアイツだ)つまり、そういうことなのだ。日本でもよく「死ね」(これもだいぶ悪い言葉だが)などと友達同士ふざけ合いながら使うことがある。しかし、これをもし先生もしくは親に使った場合、もう非行少年である。これとほとんど同じだ。(ただ、出現頻度は間違いなくFUCKのほうが高いが)

そんなこんなで結論としては「FUCKは悪い言葉。基本的に使うことは避けましょう。ただ、親しい友達の間でコミュニケーションツールとして使われることがアメリカの生活において数多くあります。その際、慣れない間は本当に気をつけて使いましょう」ということです。
あ、上記した音楽教授のルーに関しては問題ない。彼は音楽教師の仮面を被った、ただの音楽マニアだから。僕と同じ人種だから。あと、上記の課題もなんとか終わりました。あぁ、眠い。

pops_over_here at 14:00│Comments(11)TrackBack(0)clip!思うこと 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ひとし   October 21, 2005 18:05
課題お疲れ様です。てかお初です♪
「FUCK」については僕も心配してた一人だったんですが、大事には至らなかったようで(笑)現地でどう解釈されているかよく分かりました。
それでは、更新楽しみにしていますです。
2. Posted by 玄ーShizuka   October 22, 2005 19:47
僕のとなりに住んでるやつもしょっちゅうFuckやらFuckin'を使うな。。
しかもそいつ早口だから、僕が聞き取れるそいつの英語はほぼ100パーセントF-wordって感じ。。
ここらへんは女の子でも道端で「Fuck!」って叫ぶ子いるぞ。緑いわくユタではありえないらしい。ま、確かにカリフォルニアで綺麗な言葉が使われてるとは思えないけどね!!
僕もそのうちCalifornicateされて普通に使えるようになるのかな!!今はまだ怖くて使えん。。
3. Posted by na-nanana-n   April 23, 2008 18:41
A: これはペンですか?
B: いいえ、それはりんごです。
A: おお!、残念である、りんご…これはりんごです…
B: はい、それはりんごです。
A: ところで、これはペンですか?
B: いいえ! それはりんごです!
A: おお、すみません! これはりんごです!
B: はい、いいぞ、あなたが賢い、いいぞ。いいぞ。
A: はい、これはりんごです…しかし、これはペンですか?
B: Nooo!それ、りんご!りんごはりんごですか?!
A: これはペンです!OK!ペンを書いてください!
B: NOOOOOOOOO! いいえ! ファック!りんご!りんご!りんご!これはりんごです!
A: ファックしてください!これによるFuckingがペンを書くということです! ペンをファッ
クしてください!

4. Posted by もりむ   April 24, 2008 01:34
ちわ。去年に記事みたいだけど、リンクされているところから飛んできました。

> コイツは会話の半分がFUCK及びFUCKINで構成される
イギリスでカンタベリーからロンドンに行く途中まさにこの状態の集団に会ったことある。なんか滑稽だった。

このフラッシュも面白いよ。
http://quadpoint.org/flash/v=fuck
5. Posted by    April 24, 2008 16:40
主語を俺か僕かどちらかに統一しろ。一応大学生なんだろ。
6. Posted by      April 25, 2008 11:14
>5

へんなとこでつっこむひつようなっしんグぅ〜
7. Posted by mary   May 07, 2008 22:42
I'm cold.
8. Posted by ………   August 22, 2008 00:20
1 最低5枚以内………?
教授のルーは
日本語が下手なのだね。
9. Posted by ooo   January 14, 2009 14:41
参考URL
http://news23vip.blog109.fc2.com/blog-entry-999.html
10. Posted by     March 01, 2009 14:57
でもまあ英語圏以外の人間なんかが
おいそれと使ってはまずいよね
意味の激しい単語だし
俺たちは愛嬌ある呼び方は姓でなく名前で呼ぶくらいで充分
11. Posted by Maiyabon   April 26, 2010 19:52
私はボストンに住んでいるんですが、サウスボストン出身の人のモノマネをするときはだれでもfuckを多様しますね!口は悪いけどみんないい人です。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔