February 29, 2008

君去りし夏

若かりし頃の ひと夏の想い出・・・
そういったところでしょうか?

今 思い出してもなんとなく甘酸っぱいような
そんな感覚になる

英題が「SIXTEEN IN THE SUMMER」ですから
浜省自身の16歳の頃の想い出なのかもしれません
(その割には「仲間達は酔いつぶれて寝てます」けれど 笑)

年代こそ違いがあるにせよ 
誰でもこういった思い出はあるのでしょうか?
「今頃 あの人どうしているのかな〜・・・」
思い出すだけであまく切なくなってしまう
幼い恋愛だったけれど一生懸命に相手を好きだった
というような 元彼や元彼女のこと・・・



popsdog1 at 00:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!誠実 | 歌詞

February 06, 2008

紫陽花のうた

美しい詩のような歌です

まるで風景画でもみているような・・・

大人の恋の歌かな・・・

もしかして不倫の関係のふたりなのかもしれません
あるいは 彼女からすれば「いい友達」だけれど
彼が彼女に密かに恋しているだけかな?
(「彼女はブルー」の続きの歌かな?)

とてもプラトニックな感じで 
やさしい空気とゆったりとした時間が流れています

 

    何も奪わずに
    何も求めず
    君と愛したいと願う

    すべてを与えて
    何も求めぬ
    君と暮らしたいと願う

    I'll give you my heart
           I'll give you my soul
           Stay with me together

美しくやさしく温かく涼しげな歌です

    
   

    



popsdog1 at 18:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!やさしさ | 誠実

February 01, 2008

彼女はブルー

大好きな曲ですね〜
胸がきゅっとしてしまい思わず目が”うるっ”っとしちゃいます

浜省の曲によくあるパターンで
 
 好きな女の子には他の彼氏がいて
 その子が彼とダメになっちゃって・・・
 彼女は友達としてその男の子を頼ってくる
 男の子にしてみれば
 思ってもみなかった ある意味チャンスに
 戸惑いながらも心が揺れてしまう

そんな歌です

私もこの男の立場に立ったことが何度かありまして・・・
この歌 とても人ごとではなかったのです

また歌い方といい メロディーといい
せつなくこの心に響いてきてしまうのですよ

浜省のやさしさというか 誠実さというか
彼の人柄がそのままダイレクトに伝わってくるのです
それはまるで この歌の主人公の男の子と彼女と
どちらも包み込んで心を温めてくれているような・・・
いや 聴いている私たちまでも包んでいるようです

是非一度聴いてもらいたいな!
とくに今 片想いにちょっと疲れを感じているあなた
聴いてもらいたいな

  今夜 君とどこか陽気な店で踊りたい
  でも君の心 は今もブルー
  その肩先をそっと抱きたいけど このまま帰るよ
  明日も 友達で会えるから



 



popsdog1 at 23:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!誠実 | やさしさ

January 31, 2008

ふたりの絆

イントロの出だしのギターのカッティング
そこを聴いただけで ご機嫌になれそうなポップナンバー!
     pop'n Roll !
って叫び出したくなるくらいです(笑)

   君の夢の中に俺を入れてくれたら
   俺の夢の片方を君に分け与えたい
   そうさ これが初めての恋じゃないからわかる
   とぎれることのない二人の絆

   愛することに意味など聞かないでくれ
   ただ君の肩の上で少し休ませてくれ
   そうさ これが初めての恋じゃないからわかる
   傷つくことのない二人の絆

   何から何まで君の思い通りさ
   君に夢中だからって振り回さないでくれ
   そうさ これが初めての恋じゃないけどひとつ
   確かなことはこれが最後の恋

   Baby! I'm Your Man
       これが最後の恋

好きなフレーズです

こんな感じでご機嫌なポップロックにのり
恋に落ちた男の子の気持ちを陽気に歌っています

こんな歌詞の抜粋だけではなかなか伝えずらいかもしれませんが
幸せな気持ちを歌っているのですが
ただ単に陽気に突っ走っているだけではなく
歌詞・・・というか歌の端々に
このふたりがそれぞれ 
これまで乗り越えてきた傷みを抜けてきて
今ここで繋がったのだということが
にじみ出ているんですよね

だからふたりが出会えたことが尚更うれしくて大切なのだ
そんな想いが見えてくる
やさしくなれる

浜田省吾とはそういう歌を描く人なのです



popsdog1 at 19:10|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!誠実 | ポップス

January 13, 2008

さよならゲーム

さよならゲーム
野球の歌と違います

元気のいい明るいポップロック調で
グングンくるテンポでどんどん押してくる感じの曲です

一言で言い表すなら・・・そうだなあ

   今からすぐに 
   二人で新しい人生の扉を開こうぜ!

って歌ですね

   奇跡なんだ 出会う確率なんて
   魔法なんだ 恋するなんて

その通り! この世界に60億人以上いる中で
出会い恋する確率と
昨日落としてしまったコンタクトレンズを見つけ出す確率と
どちらが高いのでしょうね〜?

まさに奇跡に「乾杯!」ですね

   今すぐ 未来も傷だらけの昨日も
   束ねてダッシュボードに放り込んで
   
   無理矢理 休暇をとって旅に出ないか!?

   今すぐ 憂鬱も退屈も
   みんなバックシートに投げ込んで
   でかいツラしたコンピュータも
   なりっぱなしの携帯電話も
   
   部屋に残したまま 旅に出ないか!?

このあたりのフレーズ好きですね〜
元気が出るというか 楽しいというか
束縛されるものを振り切り「自由への脱出」
みたいで浪漫を感じてしまいます(笑)

   今すぐ ルールも駆け引きも
   まとめてスーツケースに詰め込んで
   砕けて消えた計画(ゆめ)も
   答えなどない真実も
  
   抱えて俺の部屋で暮らさないか!?

   本気だぜ!Roadmapも
   書き込まれた予定表も
   破り捨てて俺と生きてみないか!?

70年代の「アメリカンニューシネマ」を思い描いてしまうのは
私だけでしょうか?

ストレス抱えながら生きているすべての人の
一時の夢のような曲なのかもしれません

   
   

   


   

  



popsdogサイド
曲の検索について

アルバム「FATHER'S SUN」の
「A LONG GOOD-BYE」以前の
曲については 下記リンク内
「goo版『浜田省吾の曲について』
から検索してみてくださいね
みなさんの声を聞かせて!