2016年05月27日

ゲンジボタル鑑賞ツアー

hotaru1hotaru2今シーズン初めてのゲンジボタル鑑賞ツアー
夕食後、お泊りの二組のお客さんを連れて近くの村居田へ。
情報通り、すさまじい数のホタルが飛んでました。
いや正確にはほとんど飛ばずに、土手や石垣にきらきらとぎっしりと光ってました。羽化したばかりなんでしょうか。
その数500匹以上?これほどの数を見るのは久しぶり。
鑑賞ツアーは場所を変えて、6月まで毎晩行きます。

天の川ほたるまつり 6月3〜12日


2016年05月26日

ゴテチャが咲き始めました

庭のゴデチャが咲き始めました。
gotechagotecha2choushoku






今朝の朝食風景。
毎年来ていただいてる横須賀市のT中学校の先生方。
今日も生徒さんの体験の日。お天気が持ちそうで何よりです。
いっぱい思い出を作ってね。

2016年05月21日

外で朝食を始めました

外で朝食を始めました。
昨夜は仙台、千葉など遠方の方ばかり。
遠い所をありがとうございました。
soto2soto-choushoku1soto3





popi-mankaipopi-sirobana






満開のポピーの中に一輪だけ白い花が。

2016年05月18日

山頂を越えて北尾根へ

お客様を三合目までご案内した後、春の陽気につられて山頂へ、そして北尾根まで足を延ばすことに。
yamahatazaoiwatukubaneutugi5goume





(左)ヤマハタザオ 小さくて地味な花(中)イワツクバネウツギ 絶滅危惧種
(右)5合目から伊吹山を望む。緑が濃くなってきました。

nirinsouhakusankitaone-irikuti





(左)山頂付近にはまだニリンソウが咲いています。(中)北尾根の向こうには白山が霞んで見えてます。雪がだいぶ解けたようでゼブラ模様になってます。
(右)北尾根入口に到着。

himerengerashoumonkazurayamabukisou






フラワーロードと言われる北尾根だけあってたくさんの花が迎えてくれます
(左)ヒメレンゲ (中)ラショウモンカズラ (右)ヤマブキソウ

ibukiyamahimehuurotukubanesou





(左)北尾根からドライブウエイ方向を見上げてみる。(中)ヒメフウロ (右)ツクバネソウ

ibukihatazaohosobanoamanaibuki-sanchou






伊吹山に戻って
(左)イブキハタザオ (中)ホソバノアマナ (右)今日の伊吹山山頂

あわただしい一日でしたが、たくさんの花に目を楽しませてもらいました。やっぱり春は北尾根に行かないと!



2016年05月15日

ひなげしが咲き始めました

庭のひなげしが咲き始めました。
hinagesi-meinhinagesi2





hinagesi-nanaohinagesi-appu







♪丘の上ひなげしの花でー占うのあの人のこころー♪
うちのひなげし、花びらが4,5枚しかないのにどうして占うんだろう(笑)

2016年05月13日

高島トレイルー赤坂山

琵琶湖対岸のマキノから赤坂山に登り、高島トレイルを歩いてきました。
makinotaniutugisarasa





(左)マキノスキー場から高島トレイルに入ります。
(中)タニウツギの咲く登山道。(右)サラサドウダンも咲き始めています。

akasakayamaooiwakagamikisumire





(左)2時間ほどで赤坂山に到着。(中)麓では花が終わってるオオイワカガミが山頂付近にはたくさん咲いています。(右)伊吹山にはめったに見られないキスミレもここにはあちこちに咲いてます。

miyououtakasimatoreiru






高島トレイル、気持ちのいい穏やかな稜線歩きがほとんどですが左のような険しい岩場も。でもしっかりと柵がしてあり安全です。

nihonkaibiwakobuna






トレイルコースからは琵琶湖が見えたり(中)、日本海が見えたり(左)、ブナ林の中を歩いたり(右)、楽しいコース。

滋賀、福井県境の全長80キロに及ぶ高島トレイル。今回は下見がてらにマキノから歩いてきました。赤坂山は伊吹山と同じく、新、花の百名山の一つであちこちで花が咲いていました。連休前はオオイワカガミが全山で見事に咲いていたと思います。
高島トレイル、こんな近くにこんないいコースがあるとは。これからも暇を見つけて少しずつ歩いていこうと思います。滋賀のいい所、また一つ見つけた感じです。マキノまで車で約1時間。

2016年05月12日

5月12日の伊吹山三合目

連休明け、最初の保全活動です。
ibukiyama-keitoraborantja






(右)今日の作業は獣害ネットの補修をしたり、笹などを刈りとったり。


11時ごろまでガスに覆われていましたが、お昼ご飯を食べるころにはご覧のような素晴らしいお天気に。鳥の声を聴き、山を見ながら軽トラの荷台でお弁当を食べる。最高の気分。今日の報酬はこれで十分(笑)

tigoyurisumireibukisimotuke





(左)チゴユリ      (中)スミレ科スミレ     (右)イブキシモツケ(木)

ezonotatitubosumirehouchakusouazukinasi






(左)エゾノタチツボスミレ    (中)ホウチャクソウ   (右)アズキナシ(木)

amadokoro






アマドコロ

2016年05月06日

つつじが満開。GW前半 無事終了

satuki-meinsatuki1







庭のつつじが満開になりました。



satuki-2rinaresuまだ仕事は続いてますが、ゴールデンウイーク、前半無事終了しました。
たくさんの方のご利用ありがとうございました。登山ブームで登山が目的の方が多かったような気もします。今回の連休、比較的お天気は良かったのですが、風の強い日もあり登山お方は苦労されたかもしれません。


2016年04月24日

4月24日の伊吹山3合目

朝食を出し終えた後、伊吹山三合目に移動して山野草の保全活動のボランティア。そのあと、花の花の師匠について山野草の開花調査。どれくらいの花が咲いているか。木の花を合わせて30数種類。
4,24boranthia4,24boranthia2mitubatutiguri






ご覧のとおりのいいお天気。日曜日という事で登山者も多い。
(右)ミツバツチグリ

kusabokenirinsouodorikosou






左から、クサボケ、ニリンソウ、オドリコソウ

kijimusirousubasaisinmegi






左からキジムシロ、ウスバサイシン、メギ

katakuriikarisouhitorisizuka






左からカタクリ、イカリソウ、ヒトリシズカ

nagahamomijiitigoibukisumirehotarukazura






左からナガバモミジイチゴ、イブキスミレ、ホタルカズラ(1合目)

inuzakuragomagiaodamo






左からイヌザクラ、ゴマギ、アオダモ 1合目林道

kobanogamazumiyamaaiurasimasou






左からコバノガマズミ、ヤマアイ、ウラシマソウ 1合目林道
ヤマアイ(山藍)古来より染料として 用いられた。ただし、普通は青にはならない。

goyouakebiakebi-obanamitubatutuji






アケビ三種、左からゴヨウアケビ、アケビ、ミツバアケビ 林道にて
ゴヨウアケビ(五葉通草)アケビとミツバアケビの自然雑種。両親が生えているところでまれに見られる。小葉は3個または5個。ふちには波状の鋸歯がある。花は暗紫色。果実はできない

yabusanzasiurasimasou2(左)ヤブサンザシ(藪山査子)
(右)ウラシマソウ 釣り竿を持ったウラシマソウにたとえて。釣り糸を手にとって。



2016年04月23日

五色の滝 国見岳

山仲間と五色の滝、国見岳へ。まずは今年初めての五色の滝。
gosiki2gosiki1gosiki3






まずは今年初めての五色の滝。冬の間に沢を渡る丸木橋はことごとく流されてますが、靴を脱いで渡ることはできます。昨日の雨で少し増水してますが危険なことはありません。新緑が眩しいくらいきれい!

国見岳に移動して花散策。
iwautiwa-pinkuiwautiwa-sirotamusiba






(左、中)イワウチワ(岩団扇)のピンクと白 (右)タムシバ こうやって手に取ってみるの初めて。花はいい匂いが。別名ニオイコブシ。

chigoyuriookamenokifuirisihaisumire




(左)チゴユリ(稚児百合) 五色の滝 (中)オオカメノキ(ムシカリ)国見林道
(右)フイリシハイスミレ(斑入紫背菫)

五色の滝は現在橋が流されているため、靴を脱いで渡る箇所が3か所あります。
国見林道は姉川の上板並地区から入ります。国見峠からの北尾根はわかりやすい道で春の山野草がたくさん咲いています。

Profile
GyaOデイリーランキング総合ベスト5
QRコード
QRコード
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)