2017年03月23日

春を探しに 鈴鹿、藤原岳 孫太尾根に

春を探して一人、鈴鹿、藤原岳、孫太尾根へ
今年は鈴鹿も雪が多く、福寿草はまだ見られないという事でしたが日の当たる孫太尾根では福寿草のほか、いろんな山野草が咲いているという情報を得て出発。まず下山する大貝戸登山口に自転車をデポして孫太尾根へ。
suzukafukujusousetubun





(左)孫太尾根から見る鈴鹿の山々。アルペンチックでかっこいい〜。
(中)今年の初、福寿草。雪が多くて咲いていたのはこの一輪だけ
(右)セツブンソウ。こちらのは岩陰に一輪、一輪と咲いてます。

hirohanoamanaseribaourenomoto





(左)ヒロハノアマナ 絶滅危惧種 伊吹山では2合目だけに咲きます
(中)セリバオウレン 線香花火のよう
(右)オモトの赤い実 オモト、漢字では万年青と書きます。

fujiwara-sanchousontaone(左)山頂を目指す登山者のグループ。予想以上の雪に戸惑っておられる様子。
(右)下山後、自転車で出発地点に戻る途中で、今日歩いてきた孫太尾根を眺める。

最後の自転車も出発地点まで春の暖かい風を受けて気持ちよく走ることができました。
春を満喫できた一日。
https://www.yamareco.com/modul…/yamareco/detail-1091135.html


2017年03月20日

獅子舞がやってきた

獅子舞がやってきた!今日は早春の村の行事、「伊勢講」の日。
1軒1軒、獅子舞がやってくる日。
sisimai-meinsisimai1






朝食のあと、もうすぐ獅子舞が来るからとお泊りのお子さんたちに言うとみんな喜んで外へ。しばらくして獅子舞が。玄関で舞ってもらった後は皆さんの健康を祈って一人ひとり頭をがぶっ。
お子さんの次はお母さん、そしてお泊りにの方ほぼ全員に。ついでに私も。

sisimai2sisimai3sisimai-sub-shou






これだけのことをしてもらって1000円はお得感があります(^^♪
皆様にとってこれからも健康で健やかな1年でありますように。

2017年03月14日

二条城

京都へ家族でお墓参り、そのあと二条城へ。
nijoujou1ninomaruteienisigaki






35年ぶりの二条城。世界文化遺産。大政奉還の場所、将軍の泊まるところというイメージがあったんですけど、今回行ってみて天守閣の跡や立派な石垣と堀を備えた堅固な城郭という印象を持ちました。梅の開花は5分〜7分。
dasimaikoorenjisibori






<京都の町で見つけたおもしろいもの>
(左)だしの自販機。焼きあごや昆布を使った濃縮だし。700円。外国人の人が間違って買って飲んだらどうするんだろう(笑)
(中)京都らしい道路のバリケード 舞妓はん
(右)ホテルのランチビッフェでオレンジの絞り機。オレンジ2個を機械の上に入れるとオレンジが割れ果汁が絞られ、下のコップに注がれる。珍しいのと美味しいのとで私ら家族だけで12個を消化(笑)

2017年03月10日

長尾寺、セツブンソウ群生地へ

友人と近くにあるセツブンソウ群生地、長尾寺へ
setubunsou-dainagaodera






(左)セツブンソウの群生 (右)山里にひっそりたたずむ長尾寺。


setubun-1roubaishasin






(中)境内の中に咲くロウバイの花。落ちた花でもいい香りが。
今日はあいにく、数日前の雪でセツブンソウの大半は雪の下。でもこんな時期に咲く花だから仕方がないです。溶けた雪の下から弱々しく咲くから余計いとおしい。

2017年03月06日

伊吹山 平等岩と円空仏

連日の伊吹山。今日はテレビの撮影スタッフを8合目にある平等岩までご案内。
行きは膝上までの雪に悪戦苦闘。帰りは今日もみんなで尻セード(笑)
番組は生涯12万体という仏像を作った円空さんの特集。
300年ほど前、平等岩で修業して桜の木で180僂僚衆賁夢儔擦魄某瓩砲盪弔靴討い襦
5goume-kamerabyoudouiwa






(左)5合目から平等岩を撮影。(右)円空さんをはじめ槍ヶ岳、笠ヶ岳を開山した播隆上人もここで修業したとか。ここから見える琵琶湖を西方浄土にたとえて。

enkuubutuenkuubutu2








山の撮影のあとは、撮影スタッフと一緒に十一面観音が安置されている麓、春照大平観音堂へ。初めて見る地元の観音さま。温和な表情に見とれてしまう。
女流作家の白洲正子さんもここを訪れ「ここの観音さまに出逢った時の感動が忘れられない」と著書に記されてます。
裏の墨書には1日で彫ったと書かれてある。まさに超人。偶然にもその時の円空さんは私と同じ58歳、作った日は3月7日でちょうどいま頃。
拝観申し込みは伊吹山文化資料館へ。
放送日はBS−TBSで3月27日(月)「にっぽん!歴史鑑定」夜10時〜 私もちょろっと出ています。


2017年03月05日

3月5日の伊吹山

朝、お客さんを見送った後、山仲間6人と伊吹山へ。今年4度目の山頂へ。快晴で山頂からの眺望はまずまず。山頂で乾杯したあと尻セードしながら高速下山。2合目で遅めの山ごはん。メニューは昨夜仕込んでいたパエリヤとタジン鍋。山でみんなで食べるご飯はうまい!
sangoume-mein6goume






本日も快晴。日曜日という事で登山者が多い。ざっと200人くらい。

kanpaisirise-do






(左)6合目からの急登をあえぎながら登り切り山頂に到着。スパークリングワインでみんなで乾杯。(右)尻セードで高速下山
山頂でみんなに尻セードの仕方をレクチャーしたものの、約1名スピードがコントロールできず、みんなが集まってるところに激突(笑) 全員が倒れることにより衝撃吸収(^^♪

yamagohanpaeriya






びわ湖を見ながらサンセットディナー、、と言いたいところですがまだ3時半。全然寒くもなく高原を渡る風が気持ちいい。

セツブンソウが咲き始めました

セツブンソウが咲き始めました。
setubunsousetubun-appu






絶滅危惧種で可憐で貴重な花。麓が終わったら伊吹山の中腹で咲きます。伊吹でこれが咲くと春が来た!という感じです。

2017年02月27日

2月27日の伊吹山

ぶらっと一人で伊吹山に登ってきました。今年になってから3度目。
3goume5goume6goume





(左)3合目に到着。一面銀世界のようですが、あちこち土が見え始めてます。
(中)5合目。スノーシューで登る登山者。
(右)そろそろ6合目。ここから急登が待っている。暑くてここまで半袖。

biwakosanchou-nisitozandousannchou-yamagoya





(左)9合目。琵琶湖を横手に見ながら(中)西登山道方面に降りてみる
(右)雪に埋もれた山小屋。

sannchou-meinhakusan






(左)山頂、大雪原の中の伊吹山寺とトイレ
(右)今日は今までで一番の眺望。白山がよく見える

biwako-meinjuugainetto






(左)下山開始。琵琶湖を見ながら。(右)今回の登山の目的の一つ。去年、5合目付近に試験的に設置した獣害ネットの状況を見てくること。雪の重みでごらんのとおり、ネットが切れたり支柱が傾いたり。自然の力には驚かされる。

2goume-biwako2合目付近から琵琶湖を見る。
今日は平日なのにたくさんの登山者が登っていました。ざっと50人くらい?

雪はまだまだたくさんあるものの、確実に雪解けは進んでます。春が来るのはもうすぐです。

2017年02月24日

今日の奥伊吹スキー場

午前中、奥伊吹スキー場へ。白馬栂池以来の久しぶりのスキー。
oku1oku2penshon






このところ暖かい日が続いていたので、雪が少々固いですが、新雪が少し積もってまずまずのコンディション。冬型で風は冷たいですが青空に雲が浮いてほのぼのとした感じで滑っていて気持ちよかった〜 今日現在で積雪240僉
(右)うちに帰って伊吹山を見てみると下から中腹まではだいぶ雪が消えてました。でもあと何度か寒波が来るでしょうね。

2017年02月21日

ラグーナテンボスに行ってきました

昨日、今日と愛知、蒲郡のラグーナテンボスに行ってきました。
花の少ない今の時期、めいっぱい花の庭を楽しんできました。
同じ庭を昼間と夜と2回訪れ、夜は3Dマッピングとイルミネーション、ライトアップされた幻想的な庭に息子たちもみんな感動。
ragu1ragu4






(左)ライトアップされた庭。ガラス板で覆われた回廊の上を歩きます。なんか不思議な感じ。
(右)昼間の庭

ragu2ragu3ruminarie

Profile
Archives
GyaOデイリーランキング総合ベスト5
QRコード
QRコード
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)