2016年09月28日

南アルプス、間ノ岳と北岳に登ってきました。

昨日、日帰りで、南アルプスの間ノ岳と北岳に行ってきました。
北岳は今回で3回目、間ノ岳は去年雪に阻まれ今回はリベンジ。
aino-meinkitadake






(左)北岳のトラバース分岐から見る間ノ岳。標高は奥穂高と同じく日本3番目の高さ
(右)北岳山荘と北岳。最後、この山荘から北岳の上りが一番きつかった〜
fuji-daitenori-fuji






(左)間ノ岳に向かう途中見えた富士山。ここから見る富士山は左右対称で美しく思わず見とれてしまう。(右)その富士山をそっと手に載せてみた(^^♪
kitadaketorikabutoyamahotarubukuroibukitoranoo






出逢った花をいくつか紹介
(左)キタダケトリカブト(中)ヤマホタルブクロとアキノキリンソウ。ホタルブクロの色がきれい。(右)イブキトラノオとクガイソウ。本家、伊吹山では終わってる花がここではまだ咲いていました。

暗いうちに出発して夕方のバスの最終便に間に合うように必死で歩きました(^^♪ 今回登ったのは富士山に次ぐ2番目と3番目の高さの2座。行動距離は22キロ。歩いた時間は10時間ちょっと。標高が3000mと高いだけあってハードな山行きでした。でも、リベンジ達成ときれいな富士山が見られて大満足。懐が深く雄大な南アルプス、ますます好きになりました。
日本アルプスの百名山、残すところ南アルプスの最深部の4座を残すのみ。少しずつ楽しみながら登りたいと思います。
ヤマレコ↓
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-969999.html

2016年09月25日

彼岸花

higan-meinhigan-ibukiyama






コテージのベッドメイクをしていて、窓から外を見たら、隣の小学校の彼岸花のきれいなこと


higanbana以前はあちこちでたくさん咲いていましたが、圃場整備などですっかり少なくなりました。
秋らしい風景です。

2016年09月23日

小学校の写生

隣の小学校の写生で子供たちがうちへ。
shasei1shasei2shasei4






春に学校で伊吹山について授業をさせてもらった4年生。みんなかわいい子供ばかり。いい絵かけたかな〜

2016年09月19日

コスモスが満開になりました

庭のコスモスが満開になりました。
niwa-hana-daikosumosu






庭のマリーゴールドなどの花も秋に入りさらに勢いを増した感じがします。


yuushoku1yuushoku2連休、無事終了。台風接近の不安定なお天気の中、二日間ともたくさんの方に来ていただきました。ほんとうに頭の下がる思いです。十数年来のお客様や初めての方、皆さんあたたかいご家族ばかりでした。夕食の写真がないと思い、勝手に撮らさせてもらいました。先日の山行きでカメラを落とした際に壊れたようでうまい具合にピンボケ状態です。

2016年09月16日

横山岳に行ってきました

湖北にある関西百名山の一つ、横山岳(1132m)に登ってきました。20年ぶりです。花の山だけあっていろんな花が目を楽しませてくれました。

yokoyama-tozangutikariganesouyamatoubana





(左)横山岳登山口、横山岳の山頂が少し見えます。
(中)カリガネソウ 伊吹山では見ない花(右)ヤマトウバナ

mitubabenkeisousisiudomitubahuuro





(左)ボタンヅル (中)シシウド (右)ミツバフウロがたくさん咲いてます

kyounotakiturihunesounantenhagi





(左)経の滝 数日前の大雨で水量が豊か
(中)ツリフネソウ (右)ナンテンハギ



gochousinotakifumoto-miorositefusigurosennou





(左)五銚子の滝 名前の通り5つの滝が、かなりの落差。
(中)登ってきた谷を見下ろして。(右)フシグロセンノウ

akigiriokumomijihagumayamajinohototogisu





(左)アキギリ (中)オクモミジハグマ (右)ヤマジノホトトギス

yamabousituribanaakinoginryousou





(左)ヤマボウシの赤い実 食べると甘〜い (中)ツリバナ 
(右)今回見つけて一番うれしかった花 アキノギンリョウソウ

yokoyamadake-sanchoubiwakosanchou-seihou





(左)登山口から登ること2時間半で横山岳山頂(西峰)に到着
(中)東峰へ向かう途中から見る琵琶湖。晴れていたらきれいだろうな。
(右)振り返って、さきほど上った山頂

bunabayasihotutuji(左)下山はブナ林を降りるコース。夜の会議に間に合うようにトレラン気味に走ります。(右)ホツツジがたくさん咲いてます。


花の多い山で女性に人気の山ですが、決して女性向、初心者向きの山ではありません。本流コースの傾斜のきついこと(笑)でも途切れなく咲いてる花が疲れを癒してくれます。
往復4時間の忙しい山歩きでしたが、楽しい一日でした。
<登山口までペンションから約1時間>


2016年09月12日

9月12日の伊吹山

昼間、伊吹山山頂へ。今回も中腹まで自転車で。
fumotogennoshoukosidehsajin





(左)麓から山を見上げる。山頂付近はガスに覆われてます。 
(中)ゲンノショウコの赤花、白花 2合目
(右)シデシャジン 1合目から三合目の間で長い間咲ています。

nantenhagiturihunesou6goume





(左)大きな花をつけたナンテンハギ。三合目
(中)ツリフネソウ 横から見ると釣船に見えるかな 2合目
(右)ガスが下りてきて幻想的。6合目付近

sanchoukisewatasiogamagiku-siro





(左)三合目から1時間ほどで山頂に到着。あいにくのガスガスそのあと雨。
(中)キセワタ(右)白花のシオガマギク 



2016年09月07日

賤ヶ岳から山本山へ縦走

天気予報が雨だと思っていたら朝起きたら晴れ。せっかくのお休みどこかへ行かなければと思って思いついたのが賤ヶ岳から山本山の縦走。
asahiyamajinnjasizugatake-tozangutirihuto





(左)まず車に積んでいた自転車を山本山の登山口にデポ。
(中)車で賤ヶ岳登山口に移動。(右)今日は登山リフトはお休み。歩いて山頂まで1500m。

biwakoibukiyamayogoko





(左)30分ほどで山頂に。奥琵琶湖が眼下に。(中)顔出し看板の右に伊吹山が霞んで見えます。(右)余呉湖もよく見えます。

yamamotoyama1yuuhodouyamamotoyama2





(左)目指す山本山が連なる山の一番向こうに見えてます。あそこまで7,5キロ
(右)きれいに整備された遊歩道。左は田園風景。右は琵琶湖。湖からの風が心地いい。
(右)山頂から歩くこと1時間。山本山が近くに見えてきました。ゴールはすぐそこ。

horikiritouchaku左)山本山に近づくと、山本城の遺構があちこちに。写真は堀切にかかる土橋。
(右)賤ヶ岳登山口から3時間ほどで山本山の登山口へ。そこから自転車をこぐこと30分で再び賤ヶ岳登山口へ。
総移動距離は約15キロ、かかった時間3時間半。夏休みでなまった体にはちょうどいい運動量でした。賤ヶ岳から山本山までの遊歩道、湖の辺の道の一つで遊歩百選にも選ばれてます。湖北を代表するハイキングコースで私の好きなところです。

2016年08月31日

8月31日の伊吹山

8月の最終日の今日、久しぶりに伊吹山山頂まで登ってきました。
すっかり秋の装いです。
sanchousangoume






(左)今日の伊吹山山頂。
(右)麓から中腹まで自転車をこいで。


botanzurumizuhikisouibukikogomegusa





(左)センニンソウ(仙人草) 2合目林道
(中)ミズヒキソウ(水引草)3合目林道
(右)イブキコゴメグサ(伊吹小米草)が咲き始め 伊吹山固有種 三合目

sarasina-meinibukitorikabuto






(左)サラシナショウマ (晒菜升麻)がピーク。中央登山道 
(右)イブキトリカブト(伊吹鳥兜)  西登山道

ibukireijinsoukoibukiazamiakinokirinsou





(左)イブキレイジンソウ (伊吹伶人草 )伊吹山固有種 伊吹山頂
(中)コイブキアザミ (小伊吹薊)伊吹山固有種  伊吹山頂
(右)アキノキリンソウ (秋の麒麟草)伊吹山頂

2016年08月25日

敦賀で海釣り

完全休養日の今日、同じく仕事休みの三男と敦賀の海へ釣りに。
turi1ikadaturi2






湾に浮かぶ筏に船で向かい、さっそく釣り開始。

kawahagikisuaji





(左)まず私が早速、ウマズラをゲット。(中)息子もキスを。(右)今夜のおかず、アジの南蛮漬けにするアジもご覧のとおりたくさん。

筏の上でビールを飲みながらのんびりと気分転換できました。夏の仕事もあと少し、明日からまた頑張ろうという気になりました。

2016年08月24日

8月23日の朝

8月23日の朝食風景です。
natunoasa-meinnatunoasa1






この日は朝食をパスして朝早くから山に登る方もいなく、総勢25名のにぎやかな朝食となりました。

natunoasa2natunoasa3お盆すぎて空気が澄んできたように感じます。青空がきれいです。いつまでもここに座っていたい!と言われるほど吹き渡る風が気持ちいいです。

Profile
GyaOデイリーランキング総合ベスト5
QRコード
QRコード
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)