2016年08月25日

敦賀で海釣り

完全休養日の今日、同じく仕事休みの三男と敦賀の海へ釣りに。
turi1ikadaturi2






湾に浮かぶ筏に船で向かい、さっそく釣り開始。

kawahagikisuaji





(左)まず私が早速、ウマズラをゲット。(中)息子もキスを。(右)今夜のおかず、アジの南蛮漬けにするアジもご覧のとおりたくさん。

筏の上でビールを飲みながらのんびりと気分転換できました。夏の仕事もあと少し、明日からまた頑張ろうという気になりました。

2016年08月24日

8月23日の朝

8月23日の朝食風景です。
natunoasa-meinnatunoasa1






この日は朝食をパスして朝早くから山に登る方もいなく、総勢25名のにぎやかな朝食となりました。

natunoasa2natunoasa3お盆すぎて空気が澄んできたように感じます。青空がきれいです。いつまでもここに座っていたい!と言われるほど吹き渡る風が気持ちいいです。

2016年08月13日

夏の花が真っ盛り

庭の花が真っ盛り
massakari-meinmassakari3massakari2massakari1choushoku1












ひまわり、マリーゴールドなど夏の花が花盛り。

(右)12日の朝食風景

2016年08月04日

8月4日の伊吹山

休み明けの今日、朝一から伊吹山山頂へ。
sangoumekinmizuhikiubayuri





(左)三合目。今日も暑くなりそうな天気。 (中)キンミズヒキ (右)ウバユリ

6goumegekaikion





(左)6合目付近から山頂を見上げる。うすいベールに包まれて幻想的。
(中)麓を見下ろして。(右)9合目付近に咲くキオン

sanchou-meinsannchou-metakarakou






(左)山頂に到着。お花畑の一番きれいなところは中央登山道のネットの中でしょうか。(右)山頂の凹部分にはメタカラコウがいっぱい

ruritoranookinbaisoutomoesou





(左)伊吹山固有種、ルリトラノオが花盛り。(中)キンバイソウ (右)トモエソウ

2016年07月30日

夏の庭の花が咲き始めました

春に植えた夏の花が咲き始めました。
sarubiyanatunoniwa1natunoniwa2






7月30日朝の朝食風景です。
choushoku-meinn1choushoku1






フロックスが満開。
さわやかな風が気持ちいい〜

7月29日の伊吹山三合目

今日も夕方、早く来られたお客様を連れて伊吹山三合目へ。ユウスゲは残念ながらアブラムシの攻撃を受けて激減。かわりに今日は山野草の観察会。
sangoumekansatukaikooniyuri





(左)ごらんのとおり、一面レモンイエローだった高原が緑一色となりました、でもその中には夏の山野草がいろいろ咲いてます。(右)コオニユリ

yamahagiokatoranoosibaguri





(左)ヤマハギが咲き始めました。(中)オカトラノオ (右)シバグリの実

※夏のユウスゲ鑑賞ツアー、山野草鑑賞ツアーは本日をもって終了しました。夏のシーズンが終わる秋より山野草ご案内できたらと思います。

2016年07月21日

7月21日の伊吹山三合目

今日のユウスゲ鑑賞ツアーの様子です。ユウスゲ 、まだまだキレイです。
kanshou1kanshou2kanshpu3




nanbangiserushurosoukomatunagi





(左)オオナンバンギセル 横にしてみると煙管(きせる)の形
(中)シュロソウ チョコレート色の花
(右)コマツナギ


2016年07月18日

ユウスゲ祭り、無事終了

ユウスゲ祭り、無事終了しました。最高の天気に恵まれたくさんの方にユウスゲを見てもらうことができました。陽希さん、萩原さんありがとうございました。

kinen1kinenn2






会場を伊吹山三合目に移して。参加者第2陣の記念撮影。ユウスゲをバックに1枚、伊吹山をバックに1枚。市役所より先にアップしました。

nodate-youkisannodate-hagiwarasan






今回やってみたかったことの一つ、伊吹山での野点。
田中陽希さん、萩原浩司さんお二人に喜んでもらえました。

市役所スタッフの方、ユウスゲの会の方、主役お二人の方のおかげでユウスゲ祭り、大いに盛り上がりました。ありがとうございました。

田中陽希さん、編集長、萩原さんと伊吹山登山

明日のユウスゲ祭りのスペシャルゲスト、グレートトラバースの田中陽希さんと「実践にっぽん百名山」でおなじみの編集長、萩原さんらと伊吹山登山。
sanchou-youkisanyoukisan-7goumeyoukisan-hagiwarasan






私らは3合目まで車で上って、そこからスタート。陽希さんだけは麓から。途中7合目付近んで抜かれてしまう。さすが〜人力だけで百名山、二百名山を踏破されただけあってその体力は驚異的。

yuusugeyuusuge-utiawase三合目に戻ってガスの中で花開いたユウスゲを見て萩原さんが感動されてました。
夕食後お二人を囲んで祭りのスタッフと翌日のユウスゲ祭りの最終打ち合わせ。

ユウスゲ祭りが成功しますように!

2016年07月15日

小学校ユウスゲ鑑賞会

連日の伊吹山三合目です。
今日はうちの隣のI小学校のユウスゲ鑑賞会。去年、I小の児童が伊吹山の自然保護のための募金活動を行い、その募金を寄付してもらったお礼に我々のボランティアグループでユウスゲの花を案内しようという事で今回の鑑賞会が。
学校長をはじめ幾人かの先生方、とってもイイ話という事で新聞社の方も同行。

I−shou4i-shou2i-shou3



simotukesouturiganeninjinoodaikonsou





(左)シモツケソウ 山頂のシモツケソウは獣害で少なくなりましたが、三合目では広がりつつあります。(中)ツリガネニンジン (右)オオダイコンソウ

子どもたちも先生方も、学校の裏山にこんな素晴らしい景色が広がってることにびっくりしている感じでした。学校長にはぜひ来年は学校行事として全校で三合目にユウスゲを見に来てくれるようお話しました。


Profile
GyaOデイリーランキング総合ベスト5
QRコード
QRコード
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)