ポロリのハローグッドバイ

関西を中心とした出会い体験記です。 風俗や出会い系、クラブなどの色んな女の子たちとの美しい出会いと別れについて深く追求していきます。 殆どは多くの人が体験するあるあるネタだと思います。

石川

金沢ピンサロ「ピットイン」の女 雪の街に突如現れた白い砂漠の女

こんにちは、会いに行けるエロブロガー、ポロリです。


今日書くのは「日本海1県飛び美人伝説」を体感しに行く旅の第1弾として向かった石川県の話、後編。


前編はコチラ。


【石川県への遠征】 金沢21世紀美術館の思い出 【前編】



2015年1月。
イン金沢。


日が沈み、夜が来る。


お待ちかねの風俗ゾーンに潜入する時間が来た。


ホテルを出てすぐの100円市内観光バスの最終便に乗る。
「片町」エリアへ。
このエリアは北陸一の歓楽街として名を轟かせているようだ。
確かに、賑わっている所は多くの若者たちが行き交っていた。



しかし、おれが向かったピンサロやセクキャバが密集している地帯はお通夜かといぐらいヒッソリとしていた。
人影はまばら。
呼び込みの男たちがチラホラいるのはいる。
でも、こちらが意味ありげにその横を通り過ぎても全く声を掛けてこない。


どういうこっちゃ。
久しぶりの遠征先での風俗潜入で胸をときめかせて赴いたというのに何ということだ。
全然盛り上がってないぞ。
時間が早いんかな。
時間は、8時台。
まあそうなんかな。


別にいいぜ。
入る店は事前に決めていた。


その店とは、ピンサロ「Pit in」
ネット上で一番評判のいい店を普通に選んで入っただけだ。
ひねりの無いチョイスである。


小道に入るとすぐに見つかった。
店名がデカデカと書かれている看板の前に店員らしき男がいる。
おれは声をかける。
「やってますか~?」
「あ、こんばんは。ちょうど今オープンしたとこっすよ!」
愛想よく店員は応対してくれる。
ビルの内部へと案内される。


店の入り口で、CGの方がまだリアルに描けてるぞというぐらい盛り過ぎたパネルを4枚店員は見せてきた。


「この子が34歳で大ベテランの子で、他の3人が25,6ですね~。ご指名とか、あります?」と店員は言う。
「う~ん」とおれは唸る。
「どれでもいいなーっていう場合だったら、指名料1000円はもちろん頂かないんで」
「あー、どれでもいいなーって感じです」
「分かりました~」



プレイ料金8000円を支払う。
店内に通される。
10個ほどのソファが並べられた店内には他に客は誰もいなかった。
来るのんが早すぎなことを確信した。


真っ暗の室内に、ミラーボールの安っぽい明かりが舞い散る。
その中に一人、ソファに座り、どうでもいい音楽をぼんやりと聴きながら女と対面する瞬間を待つ。


果たして、どんな女が現れるのだろうか…。 



続きを読む

【石川県への遠征】 金沢21世紀美術館の思い出 【前編】

こんにちは、世間知らずのポロリです。


世間知らずなんで、「イスラム国に銃を売ってるやつらが一番悪い」とか思う、星の王子さまと中二病がハイブリッドしたようなエロブロガーになってしまったぜ。


今日書くのは、「日本海1県飛び美人伝説」を体感しに行く旅の第1弾、石川県金沢市に行ってきた話。
前編と後編に分かれます。


2015年1月。


特急電車、サンダーバードに乗って、北陸地方へ。
ちなみにもうすぐ北陸新幹線が開通するけど、それは東京―北陸間を結ぶ路線なので、大阪から北陸地方に陸路で行こうとしたら今後もこのサンダーバードに乗ることになります。



IMG_1488

急に視界に飛び込んできた車窓からの雪景色。
大阪市内ではこんなんありえへんぞ。


先日書いた川端康成の「雪国」の冒頭じゃないけど、突然目に入ってくる雪景色が織り成す静謐な白色ってめちゃくちゃ清らかに見えるから素直に好きだ。


大阪駅から3時間ほどで金沢駅に着く。


とりあえず改札を出た瞬間にたまたま目が合った女からいきなり超絶美女で伝説の真実味を予感させる出だしであった。


しかし、「他県の女の子は訳もなく可愛く見えるマジック」にかかっているだけの可能性もあると思い、おれは歩き出す。


外はあいにくの荒れ模様。
仕方なしに駅構内のショッピングフロアなんかをフラフラ歩く。


………うーお、ショップ店員、めちゃんこ可愛いぞ。
清楚系の美少女が肩をパックリ空けたトップスを可愛く着こなしているやないか。
いやいや、ショップ店員って可愛く見えるもんやろ基本。
着ている服がその店に置いている服で統一されているからオシャレなコーディネートもしやすいわけや。


タリーズコーヒーを発見する。
おいおい、カフェの店員までなかなかカワイ子ちゃんやぞ。
カワイ子ちゃんから買ったホットのソイラテを飲みながら、フロアを歩く買い物客の顔立ちをぼーっと眺める。


もちろん、顔立ちの整っていない女もいるにはいた。
でも、全体的に美人といえる女が多いように見えた。
どっちかというと大和撫子的な雅やかな美しさを持つ女が多かったように思う。
そして、何よりも歩いている人々、老若男女問わず、肌が綺麗な人がめっちゃ多かった。


たとえ年をとった人の肌でも、色白できめ細やかだった。
みんな吹き出物とか全然出てなかった。
これは錯覚ではないと思う。
理由はようわからんけど。


あと、偶然入った居酒屋兼食堂の店員の20歳ぐらいの女の子が注文を聞いたときの「喜んで!」という返事がエロかった話とかあるけど、まあどうでもいい。




目的地の1つ、「金沢21世紀美術館」へ。
100円で乗れる市内観光バスに乗って10数分で美術館前に到着する。 


その日の展示は「3.11以後の建築」、そして「ジャパン・アーキテクツ1945-2010」。
建築関係の展示は理論的な部分を読み取って行かなあかんことが多いのでちょっと退屈なところもあって、途中からだいぶ流して見て行った。


感想。


あまりにもこの美術館自体が有名で、その名に違わず近代的でクールでハイクオリティな建物の造りをしているため、「美術館自体が展示品を食べてしまっている」という状態に陥りやすい美術館、それが21世紀美術館という日本最高峰のアートスポットの実態である可能性を少し感じた。
一回しか行ってないのに決めつけるのは早計やけど、暖色がかったクリーム色の独特の照明だとか、迷路みたいな展示室の区切り方とかが逆に鼻についてしまった。
展示物というよりも、「21世紀美術館」を見に行ったという感じだった。


「博物館や美術館は内容を引き立てないといけません。だから建築はなるべく展示物の背景になるようにしています」
トップ建築家の谷口吉生はそう言った。
まさにその通りやわな。



仮に「モナリザ」とかがやってきたら当然展示物の方が光輝くだろう。
でも、今までよく知らなかった芸術家の決死の努力の結晶としてのアート作品に奇跡的な巡りあわせで出会う場所としてのアートスポットが21世紀美術館であるかと言われたら首をかしげざるを得ないと思う。


しかし、大阪に帰って数週間経った今、記憶を辿ることで新たな発見をする。
美術館の建物の構成以上の存在感を持つ要素があそこにあった。 


それは、美術館の職員の着るユニフォームである。


おれは職員が身に纏うあのパッチワーク柄の淡くて繊細な色合いをした北欧風の幻想的な服を見て、それをデザインしたデザイナーが誰であるかが何となく分かった。
あとでネットで調べてみると、その予想通りであった。


そのデザイナーとは、ファッションブランド「ミナ・ペルホネン」の皆川明である。 
このブランドの生地感とか、柄から感じられる空気感や世界観というのは本当に唯一無二だと思う。
個人的にも鞄や靴下などを所有していたり、女の子へのプレゼントでここのハンカチや食器なんかを贈ったことがある。
ちなみに、東京スカイツリーの職員のユニフォームもこの人のデザインによるものです。


2015年1月より、21世紀美術館はこのユニフォームにリニューアルしたらしい。
そのユニフォームの醸し出す雰囲気が今では一番色濃く印象に残っている。
本当に素晴らしい服だと思う。


要は、アートスポットの楽しみ方なんて人それぞれなんやという話である。





後編からエロくなるんで、もしよかったら更新をお楽しみに。 













過去編も、並行してぜひご覧ください。 
過去編 目次(まだ序章のみ) 

是非コメント下さい。喜びます。 

連絡先はコチラ→pororiperori@gmail.com 

ツイッターやってます。
リアアカとか裏アカとか関係なく、フォローよろしくお願いします!→
@porpri_hlgb   

金沢からの帰還、そしてスペックまとめ

「日本海1県飛び美人伝説」を体感しに行くシリーズ第1弾の目的地、石川県から帰ってきました。


結論から言おう。


美人ばっかでした。


まず、金沢駅の改札を出た瞬間、一番最初にばったり正面から目があった待ち合わせ中っぽい20代前半の女からいきなり超絶美人だった。
そんなファーストインパクトに戦慄しながらとりあえず駅周辺をウロウロしてみると次々に現れる美人の数々………。


詳しくは金沢編の街歩き記事で触れようと思う。



とにかく金沢は大阪よりもずっと寒かった。


IMG_1490
中途半端に撮影された金沢駅のシンボル「鼓門」の向こう側の見にくい降雪の模様。
たまたまそばにいた地元テレビ局のリポーターの女までもがイチイチ可愛かった。




からの、この遠征中にアポを取り付けようと思えばいけたかもしれないけどスルーした出会いアプリの女たちのスペックまとめ。


①21歳看護学生
戸田恵里香似。
ラインで1時間半の通話でオナニー指示をして十分楽しんじゃったのでもう会わなくてもいいかなと思ってしまう。


②30代アパレル店員。
バツ1子持ち。中谷美紀似。
住みが近いのでそのうち会えそうな感じで一応連絡は続いている。


③22歳保育士
そんなに可愛くないけど住みが徒歩圏内で余裕でいつでも会えるみたいな感じになってたけど、通話してみたらだいぶ依存症チックで鬱陶しくなってアポを延期してそのままフェードアウトする流れに。


④19歳JD
エプロンつけて料理してくれる予定が取り付けられていたけど写メを見たら全然可愛くないからそのままブッチした。


愛し続けたあの女を超える女が到底現れそうにないので、出会いアプリの女の子を記事としてアップすることは今後ないような気がする。
そもそも会おうとも思わなくなったという。
じゃあアプリやめろやという感じやねんけどな。
なんか、やっちゃうねんな。




今後の更新予定。


・大阪デリヘル「妹くらぶ」の女① でっかい妹が来た

・映像シリーズ② 「可愛いお嬢さんたちを追跡撮り 超接近図書館パンチラ59人270分」の感想

・金沢編① 街歩きをして見つけた美女たちの感想

・金沢編② 21世紀美術館を訪れた感想

・金沢編③ ピンサロ「Pit In」の女① 日中見かけたどの女よりも肌が乾燥した女

・過去編① 2014年11月の物語

・過去編② 2014年5月の物語

・過去編③ 2009年11月の物語

・過去編④ 2009年6月の物語

・過去編⑤ 2005年11月の物語

・過去編⑥ 2005年5月の物語

・過去編⑦ 2005年4月の物語

・過去編⑧ 2015年1月の物語


そして、「一体クラブの何が面白いのかを真剣に考えるためのクラブ潜入」シリーズ、別名「ポスト御子柴清麿はオレだ!ポロリの関西クラブ放浪記」カッコ仮、カッコ笑い。これをやっていこうと思う。
忙しいね。




是非コメント下さい。喜びます。


連絡先はコチラ→pororiperori@gmail.com


ツイッターやってます。
リアアカとか裏アカとか関係なく、フォローよろしくお願いします!→
@porpri_hlgb     
プロフィール
【名前】 ポロリ

【居住地】 大阪

【年齢】 アラサー

【職業】 サラリーマン

【趣味】 読書、映画鑑賞、アート鑑賞、ファッション、旅行、街をブラブラ、エロ全般

【コメント】 ブログをご覧いただきありがとうございます。
男と女のギリギリのドラマが大好きで自らの体験談を記録しています。
他にも音楽や文学やファッション、アートなどの話も書いてるので良かったらご覧になって下さい。
男女問わず色々なご意見ご指導いただけると幸いです。
ぜひコメントやツイッターフォローをお願いします。
記事検索



連絡先はコチラ→pororiperori@gmail.com

  • ライブドアブログ