ポロリのハローグッドバイ

関西を中心とした出会い体験記です。 風俗や出会い系、クラブなどの色んな女の子たちとの美しい出会いと別れについて深く追求していきます。 殆どは多くの人が体験するあるあるネタだと思います。

クラブ遊び

荒らせなかったクラブ荒らしシリーズ⑤ シュバル編

こんにちは、絶賛禁欲月間中のポロリです。


今日書くのはクラブ潜入記パート5。


とあるリア友と会話をしていて、そいつもたまにクラブに行ってナンパをしているというので、一緒に行くことに。


目的地は心斎橋にあるクラブ「シュバル」。
2014年にオープンしたクラブ。
彼はもっぱらここで活動しているという。
もちろん、ナンパアカウントを持つガチ勢程ではなく、時間ができたら気まぐれで行く程度のものらしい。
おれもおれも。


2015年5月の週末の夜23時。


彼の仕事が終わるのを待ち、心斎橋駅に集合する。
まずは一杯飲んでからにしようということになり、駅近くのバーへ。 


おれは最近多い梅酒、からのハイボールの流れ。
友達は延々とビール。


酒を飲みながら、互いの近況を一時間ほど語り合い、バーを出る。
なんか、おれの昇進を祝う、とか言って酒代を奢ってくれた。
ラッキー。サンキュー。
奢ってくれたこと自体よりも、相手を祝福しようとする気持ちをそんな風にサラッと行動で示してくれたことが嬉しい。
そんな彼のことがおれは好きだ。


バーの前で、偶然、友達の友達にバッタリと会う。
おれはその人と初対面だった。
ちょうどその人もナンパしにクラブに行こうとしていたらしい。


詳しくは書かないけど、クリエイティブな仕事っぷりで雑誌とかにも載っているほど結構な有名人だった。
凄まじく業界人的なオーラが出ているその人と3人でシュバルへ向かう。




着いた。


クラブ前には30~40人程の男女が並んでいた。


当日に写メは撮らなかったが、読者であるポロリ一味の優秀な女スパイ様に頂いたシュバルの入口の写真を掲載しておく。


IMG_0343

なんか、シャネルのパクリみたいですね。外観。


列に並ぶこと十数分、おれたちの受付の番が来る。


オーラ出まくってる友達の友達が顔を利かせてくれたおかげで3000円の入場料が、なんと500円になった。
ワンドリンク付き。
ラッキー。サンキュー。


入場。


ロッカーに荷物を入れ、音楽が鳴り響くフロアへ。


フロアに足を踏み入れた瞬間、おれが直感的に思ったこと。




ああ。





クラブや!


そう、クラブなのである。当たり前やねんけど。
どうしようもなくクラブらしいクラブだった。
別にそんなにたくさんのクラブに行っているわけでもないけど、これこそクラブだよね~、という印象に綻びが一切見られない、模範的なクラブの光景が眼前に広がっていたのだ。
クラブに似つかわしくない異質な要素というものが一切なかった。
1か所だけスーパーマーケットの総菜売り場みたいになっているとかそういうことが全くなかった。そら当たり前や。


普通にオシャレな内装、普通にオシャレな照明、普通に綺麗なバーカウンター、定番のオールミックス。
まさにクラブってこれだよねみたいな王道感をひしひしと感じた。
これまでのクラブ潜入記パート1~4で直感的に感じた、そのクラブの持つ突出した特徴、ピカデリーのラグジュアリー感、アンモナの下衆感、G3のロックさ、G2のカオスさ、そういったものがおれには感じられなかったとも言える。
てゆうかこれまでの4つの記事はクラブごとの特徴を感覚的によう書き分けれたなと今になって思う。
自画自賛かよ!
ええやん。


このシュバルというクラブは、ただ単純に模範的なクラブの感じを味わいたいのならここに行けば間違いはないだろう、そういうクラブだと入ってみて思った。


とりあえずバーカウンターでジーマを頼み、3人で乾杯する。
友達の友達はクラブ内でもものすごいオーラで、コイツに抱かれたいと思わない女は一生処女やぞと言わんばかりのカッコよさを醸し出していた。
実際、知り合いだという何人かの超絶美女たちからバンバン声をかけられたりしていた。
あとで聞いたところによると全員セフレらしい。
まじかよ!


ダンスフロアへ。
客層を眺める。


なんか女の子の割合が結構多い。
下手したら男女比5:5ぐらいとちゃうか。
しかもカワイイ子が大勢いるぞ。ええやないか。


そして、男たちの顔ぶれを見てみる。
…なんか、イケメン多くない?
普通にオシャレで顔面偏差値が全体的に高い男で溢れかえっていた。
他の下衆感指数の高いクラブではありえないことや。


たびたび差別的な表し方で申し訳ないけど、なぜかボッチで紛れ込んでるオタク風の男とか、汗まみれで体臭が半端ない男とか、そういう人種が皆無だった。
ふっつーにみんなイケてた。
クラブの雰囲気って内装云々よりもそこに集まる人々の華やかさで決定されるんですね、などと言いたくなるような顔ぶれの人々が集まっていたように思えた。


そして、ナンパ行為も大いに行われていた。
アホみたいに後ろから羽交い絞めにする品の無いナンパではなくて、スマートな攻め方をする男が多いように見えた。
それに対する女の子たちの反応も全体的に良い感じでみんな楽しそうにしていた。
G2のあの修行みたいな苛酷な状況とは完全に別次元の出来事のように華やかな空間がそこにはあった。


おれもダンスフロアで佇んでいると、女の子たちとバンバン目が合うので、目が合ったら軽く会話をするみたいな感じで声掛けをしていった。
30分に5人ぐらいのペースで女の子と会話したりハグしたりして過ごした。


その間友達は完全に酔っぱらって踊っていた。
そして、友達の友達は気付いたら清楚系美女をバーカウンター前で口説いていた。
多分そのあと持ち帰ったんだと思う。


友達がおれの所に来て言う。
「ポロリの左後ろにいる子、ああいう子がめっちゃ好きやねん、おれ」


なので、おれは友達の示した女の子の肩を叩き、耳元で囁く。
「おれの友達がお姉さんのことめっちゃタイプって言ってるから話してあげてくれへん?めっちゃいい奴やから!」
そして、友達に女の子をパスする。
2人は楽しそうに話し出した。


おれは2人を置いてクラブ内をフラフラと彷徨ってみた。
メインフロアとは別に、奥の方にもう一部屋スペースがあった。
そこでは別の音楽が流れていた。
そちら側に足を踏み入れた瞬間、タバコの猛烈な臭いが鼻をついた。


分煙しとるぞこのクラブ。


ちなみにおれはタバコを吸わない。


てゆうか、本当に申し訳ないけどタバコの臭いというのがマジで嫌いで、タバコを吸う人の近くにいるとせっかく付けた自分の香水やオイルの香りがかき消されるような気がするので、基本的にタバコを吸う人と一緒にいたくない。
女の人にもそういう人は当然結構いると思う。
吸う方には本当に申し訳ないけど、てゆうか何を正直に書いてんねんという感じやけどさ。


喫煙スペースを完全に隔離しているという点で、このシュバルというクラブをおれは大いに気に入った。


引き続きクラブ内をウロウロして、友達のところに戻ってみるとさっきパスした女の子と相当いい感じになっていた。


十分楽しみもしたし、おれは役目を果たしたかなと思い、友達に先んじてクラブを後にしてネットカフェで休んで始発で帰った。


いいクラブだった。


★クラブ「シュバル」
・オーラ出まくっている人が一緒にいると500円で入れる。
・客はイケメン、美女が多い。(あくまでもポロリ主観)
・相当ナンパしやすい。
・分煙している。


http://cheval-osaka.com/






是非コメント下さい。喜びます。


過去編も並行してご覧ください。 
過去編 序章と目次 


これまでハローグッドバイした女の一覧はコチラ 

連絡先はこちら
pororiperori@gmail.com 

ツイッターやってます。
リアアカとか裏アカとか関係なく、フォローよろしくお願いします!→
@porpri_hlgb     


 

荒らせなかったクラブ荒らしシリーズ④ G2編

瞬希さんとクラブをハシゴした夜の話、パート4。


前回の続きです。


二人はこの夜最後のクラブ、「G2」へと向かうことに。
心斎橋駅近辺にある数々のクラブ、「アンモナ」「バンビ」「シュバル」「ジラフ」「G3」といった界隈から少し歩いたところに最後の目的地はある。


瞬希さんは行く道の途中で、
「G2かよ…」
としきりにおっしゃっていた。


G2はカオスな空間として名高い。
他のクラブにいた人たちが最後にハシゴしてきて集合するこのクラブは、ダンスフロアが超絶な人数によるおしくら饅頭状態でアウシュビッツ収容所ばりに地獄絵図な状況となる。
フロア内を歩くことさえままならないそのクラブに行くと、とにかく疲れる。
週末だと、バーカウンターにすらロクに辿り着けないぐらい混んでいることが多いのだ。


AM2時半とか3時とかそのくらいの時間に入場する。


「G3から来ました」
と言いながら手の甲に押されていたG3スタンプを見せる。


「どうぞ~」
受付は言う。


なんかタダで入れてくれた。
ラッキー。
系列店やねんな。明らかやけど。


ロッカーに荷物を入れていると、瞬希さんはロッカー内にいた女の子を速攻でナンパしていた。
なんという素早さだ。 


例によって何となく別々に行動する。
ダンスフロアへ。
相変わらずパンクしそうなほど人がギュウギュウ詰めで押し合いになっている。


そして、ダンスフロアにいる人々は誰一人笑っていない。
人の波に圧迫されてしんどそうにしている。


修行か!
みたいな状況の中、おれはVIPテーブル手前に空いている椅子を見つけ、そこに座った。


言うまでもなく、座ってると楽や。
座りながら、押し合いになっている人々の苦悶の表情を眺める。


なんでこの人達はここに来てるんやろうな。
全然楽しそうじゃないぞ。
辛うじて楽しそうなのは円形のお立ち台で踊っている女の子たちだけな気がした。


ふと、目の前を見ると女の子二人組がいた。
向こう側を向いているので顔は分からないが、まあまあオシャレでスタイルのいい後姿だ。
二人組は、悪いけど全然イケてないメガネの若干オタク風の男2人にナンパされて羽交い絞めにされていた。
酔っているのか疲れているのか、羽交い絞めにされていても女の子たちは抵抗する素振りを見せていなかった。
でも、会話も無さそうな膠着状態だった。見た感じ。


すると、人の波に押されて女の子の片方が椅子に座るおれにもたれかかるような形になり、お尻がおれの股間あたりにムニュっと押しつけられた。
自らの「猥褻色の覇気」が発動したおかげなのかと思い、せっかくだからこのお尻を手の甲で触ってみることにした。
柔らかいぜ。
その状態で数秒間、女の尻の弾力を楽しんでいたが、女は酔っているのか疲れているのかおれの手の甲の動きを一切拒否しようとしなかった。


せっかくだから手のひらで堂々と触ってみることにした。
怒られたら謝ればいいか、みたいな。
花柄の薄手のスカートの生地越しに女の尻を撫でる。
女は相変わらず酔っているのか疲れているのか一切避けようとしなかった。
どういうことやこれは。
このまま手マンとかされてもこの女は酔っているのか疲れているのか一切避けようとしないんじゃないかと思うぐらいこちらのアクションに対して無反応だった。
そして、羽交い締めにしている男のアクションに対しても無抵抗のままであった。
お人形さんかいな。
マグロちゃんかいな。
しかも、一瞬だけ振り向いた瞬間に女の顔を確認したら、信じられないほどの美女だった。


この状況について尻を撫でながらあれこれ考えていると、おれの真横に座っていたサッカーの柿谷みたいな結構イケメンの20代前半ぐらいの男に声をかけられた。
「この子たち、かわいそうっすよね!こんなダサい男たちに捕まって!お兄さんなら奪えるんとちゃいます?」


おれは言った。
「そう思ってさっきからお尻をずっと撫でてるんですよ!」


男は大笑いした。そして、言った。
「じゃあ、ブラジャーはずしちゃいましょ!」

そこから、おれと柿谷による女のブラジャーのホックを外すというミッションインポッシブルが開始されたが終始女は無抵抗だった。
なかなかホックが外れないところに熱狂する価値があり、、、てゆうか変態やろただの!みたいな流れになっているけど、とにかくエッチな遊びは楽しかった。


言うまでもなく、一般常識として痴漢は犯罪です。
でも、このクラブでそれを取り締まっていたら男の半分以上は逮捕されてしまうと思う。
そのくらい男女がギュウギュウ詰めにひしめき合う状態なのだ。


そのうち、ミッションは達成されないまま女の子たちはイケてないメガネたちに連れ去られてどこかへ行ってしまった。


引き続き椅子に座ったまま、隣の柿谷と情報交換しながら過ごす。


すると、目の前に誰かを探している風のショートカットの女子が一人で誰かを探していた。


「誰か探してんの?」
おれは女の子に言う。
「そうやねん!友達。あ、見つけた!」
女は言う。
おれが座る椅子の後ろにあるVIP席のテーブルを挟んだ向こう側に女の子の友達らしき人たちがこちら側に手を振っている。
そこまで辿り着くのは至難の技だろうなと思った。
とにかく歩くのもままならないほどの混み具合だから。


おれは言った。
「とりあえず記念写真撮らない?」
「いいよ!」


VIP席の向こう側にいた友達にジェスジャーで写メを撮ってもらうことを伝え、友達によっておれと女のツーショットが撮影された。


「ありがとう。おれのラインID、○○○○やから、よかったらあとで送って!」
「分かった!じゃあね!」
5時間後、その女からラインでほんまにツーショット写メが送られてきた。
ナンパ的に言うと一応ラインゲットできました。



そうこうしているウチに、柿谷はナンパしにダンスフロアのどこかへ消えていた。


おれは座ったまま、柿谷とは反対側の横の椅子に座ってきたギャルと余興で飛んできた風船を割りながら遊んだりしていると、女の子二人組が目の前に佇んでいるのに気付いた。
片方の女の子が中東系の外人にナンパされていた。
乳を揉まれ、キスを何度もされていた。
おれは、もう片方のナンパされていないきゃりーぱみゅぱみゅ似の少しふっくらした女の子の腰に腕を回してみた。
無抵抗だった。
からの、クラブでよく見かける寄生虫みたいに女の子に後ろからへばりついて乳を揉んだり手マンしたりという一番ダサい行為をおれはした。
これぐらいしかやる事が残っていなかった。
数分で飽きて、時計を見ると4時半になっていた。
ダンスフロアを後にする。


瞬希さんにクラブを出て外で待つ旨を伝える。


クラブの出口で待っていると、先ほどの中東系の男に絡まれていた女と、少しふっくらしたきゃりーぱみゅぱみゅが出てきて素通りしていった。


そして、瞬希さんが現れた。
横にはイケメンの男が立っていた。
瞬希さんの知り合いのナンパ師さんらしい。


瞬希さんは男に言う。
「この人、ポロリさん。エロブロガー」


エロブロガーて!それをリアルで言われると恥ずかしいがな!
とおれは心の中で瞬希さんにツッコミながら、
「いや~、エロいんですよ~」
と訳の分からない自己紹介をしながら男と握手をする。
すると、男は言った。


「あの、もしかしてツイッターのトップがチョコみたいな写真の人ですか?」
「あー多分そう、あれ、カフェラテのカップを中途半端に撮影したやつなんですけどね」


ちなみにおれのツイッターのトップ画は3年ほど前、出会いアプリの女と食事デートした時に中崎町のカフェ「太陽ノ塔」で中途半端に撮影されたものです。
KAOLOGの女① 現代社会を正しく生きる女




瞬希さんはそのナンパ師の方と引き続きクラブの出待ちをしてナンパをするという。


おれは辞去して、少しずつ昇りはじめた太陽の光を浴びながら心斎橋駅へと向かった。


クラブ放浪記、第1夜、終了。


結果的に、女の子ともイチャイチャできたしラインもゲットしたし色んなクラブの雰囲気を味わえたし、何よりも盟友の瞬希さんとの親交も深まったということで個人的には満足した一夜だった。


そして、瞬希さん視点で捉えたこの夜の記録はコチラ。
瞬希さんのブログになります。
ピカデリーサーカスみたいな夜






次回、荒らせなかったクラブ荒らしシリーズ⑤ シュバル編をよければお楽しみに。 



★クラブG2
・G3からのハシゴだとタダで入れる。
・ダンスフロアはアウシュビッツ状態だが、座っていたらそんなに疲れない。
・女の子とエッチなダサいじゃれ合いができる。
・ツーショット写メを撮ったらラインを交換してくれる。

http://g2-osaka.net/





 是非コメント下さい。喜びます。


過去編も並行してご覧ください。
過去編 序章と目次


これまでハローグッドバイした女の一覧はコチラ

連絡先はこちら
pororiperori@gmail.com

ツイッターやってます。
リアアカとか裏アカとか関係なく、フォローよろしくお願いします!→
@porpri_hlgb      

荒らせなかったクラブ荒らしシリーズ③ G3編

「ご注文、お決まりでしょうか?」
「おれは、ソイラテ。アイスで」
「ソイラテのアイスですね」
「瞬希さんはどうします?」
「おれは、テキーラサンライズ。…アイスで」
「えっ」
「えっ」
「………」
「………」
「…すいません」



そんな深夜のカフェ&バーでの休憩、からの、クラブ「G3」へ。


ソウルメイト、瞬希さんとクラブをハシゴして遊んだ夜の話パート3。


前回の続きです。


クラブ「アンモナ」の下衆感を充分に味わい、クラブ近くのカフェ&バーでシュールに休憩してから向かった「G3」とは、どんなスペックのクラブなのか。
それについてはおれよりも先に御子柴清麿さんがご自身のブログで既にアップされている記事を読んだ方が分かりやすいと思うので、勝手ながら記事をリンクさせて頂こうと思う。
セコいですか?すいません。
クラブ日記No.182 大阪遠征レポート(4度目) 其の二 VANITY OSAKA→G3


非常に整然としたスタイリッシュな文体で物事が的確に描写されているので、非の打ちどころがなく分かりやすいですね。


そんな素晴らしいブログで既に紹介されていようといまいと、ただG3に行ってみたかったおれは瞬希さんに場所を案内してもらいながら、道頓堀川沿いの目的地までたどり着く。


川沿いの受付で入場料金を払う。
2500円ワンドリンク付き。


建物の中に入る。



1階はバーになっていて、メインのクラブ自体は2階にあるとのこと。


パンチラ盗撮カメラ小僧が泣いて喜びそうなほど急な角度の階段を上り、クラブゾーンへ。


階段を上り切る。


激しい音楽、赤い照明、ボロボロのロッカー、狭い店内、狭いバーカウンター、ギュウギュウ詰めの男女。


視界に入った光景がおれに直感的に伝えてきたもの、それは…






なんか、ロックや!


なんか、ライブハウスっぽいやん、この雰囲気。
クラブやのに!ええやないか!
具体的な根拠はゼロやけど、ただただロックやん!
その言葉が実際当てはまるかどうかは置いといて、とりあえずこれはロックや!
ロックやぞこれは!



ここで話は変わるがおれの好きなロックバンドに「ミイラズ」というバンドがある。
メジャーデビューしてCDを何枚も出して大型のロックフェスにバンバン出演している今となっては邦楽ロックファンで知らない者はいないというぐらいの知名度を誇るオルタナティブロックバンド。
そのミイラズがまだインディーズでそんなに売れてなかった5年前ぐらいの頃。
おれは友達に誘われて彼らのライブを観に行く機会が5回ぐらいあった。
その時のライブ会場が大阪の福島駅近くの高架下にある「福島セカンドライン」というキャパ200人ぐらいの小さなライブハウスだった。
そこはすげー狭くてボロボロでロッカーとかも少なくて全体的に汚い感じやねんけど、ライブハウスならではの何とも言えない熱狂が凝縮された空間だった。
物販のミイラの包帯をモチーフとしたTシャツを身に纏ったカワイイギャル系のファンが大勢集まっていたのもギトギトしたライブハウスの内装とのコントラストが映えていて良かった思い出がある。


その「福島セカンドライン」が放っていた熱狂が凝縮したカンジを5年の時を経て思い出させてくれるような、そんなロックさをおれはこのG3というクラブに足を踏み入れた瞬間、何故だか直感的に感じた。
そう思った具体的な理由は語彙力がなくて稚拙な文章表現しかできないおれにはとても説明できなくて歯がゆいけど、ただ、直感的に感じた。そうとしか言いようがない。
その感覚がどんなものか理解したければ現場に行くしかない。
非日常的な空間とはそういうものだと思う。


客の年齢層や男女比やナンパのしやすさとかについては御子柴さんの紹介によって十分に為されているので省略させていただく。


ただ、おれが勝手に感じたそのロックさ加減が、クラブというアウェー感をいつも感じてしまう空間にいるにも関わらず、おれに親近感や安心感をもたらしたという事実を記しておきたい。
あくまでもアウェーであるクラブに潜入した時にいつも襲われる、自分が透明人間になったような、宙に浮いたような、名前を失ってしまったような異邦人的な気分というものをこのG3では感じなかったのだ。


そういう気分で、クラブ内を徘徊し、人でギュウギュウ詰めのお立ち台前まで進む。
丁度テキーラタイムが到来していた。


あれって普通、女の子だけにテキーラを配るもんやと思ってたから、貰おうともせずにぼんやりとテキーラを配る店員を眺めていたら、なんか快くおれにもくれた。 
一気に飲み干す。


うっすいテキーラだった。
一軒目に訪れたピカデリーで飲んだテキーラの10分の1ぐらいの薄さのテキーラだった。


だがしかし、そこに漂っている他よりも100倍濃い説明不可能なロックさ加減による親近感に十分に酔わせてもらったつもりだった。
だから、良かった。


女の子との絡みはほぼゼロだった。
ツイッターで呟くとしたら、
「G3に行ったけど地蔵だった」
の一言で片付くような結果だけど、それでも良かったと言える昂揚感を感じた。


でも、例によっていったんはぐれて再び合流した瞬希さんは「ナンパできる状況じゃねーじゃん」的な感じでテンションが下がっていらっしゃった。


なので、頃合いを見計らってその場をあとにすることにした。



その時点で多分AM2時ぐらい。


最後の目的地、クラブ「G2」へと二人は向かうことにした。 


次回、クラブハシゴ4連ちゃんの最終話、G2編をよければお楽しみに。
最後は女の子がちょっと出てきます。




★クラブG3
・狭いけどロック。(あくまでポロリ主観)
・男にもテキーラを配ってくれる。それって当たり前なん?


http://g3-osaka.net/







是非コメント下さい。喜びます。


過去編も並行してご覧ください。
過去編 序章と目次


これまでハローグッドバイした女の一覧はコチラ

連絡先はこちら
pororiperori@gmail.com

ツイッターやってます。
リアアカとか裏アカとか関係なく、フォローよろしくお願いします!→
@porpri_hlgb    
 
プロフィール
【名前】 ポロリ

【居住地】 大阪

【年齢】 アラサー

【職業】 サラリーマン

【趣味】 読書、映画鑑賞、アート鑑賞、ファッション、旅行、街をブラブラ、エロ全般

【コメント】 ブログをご覧いただきありがとうございます。
男と女のギリギリのドラマが大好きで自らの体験談を記録しています。
他にも映画や文学、パズドラなどの話も書いてるので良かったらご覧になって下さい。
男女問わず色々なご意見ご指導いただけると幸いです。
ぜひコメントやツイッターフォローをお願いします。
記事検索



連絡先はコチラ→pororiperori@gmail.com

  • ライブドアブログ