薔薇の言葉

フランス語・フランス語教育/フランス語圏の諸相と女性事情/メディアと現代女性など

Vous avez de ces mots: ≪trop≫, c’est ≪tres≫?
https://plus.lesoir.be/221950/article/2019-05-03/vous-avez-de-ces-mots-trop-cest-tres

https://www.facebook.com/ejung.choi?fref=pb&__tn__=%2Cd-a-R&eid=ARBfMynQKVaERHJRVEF5YIy0vE3g5KKymnpLjRUQP02c6vXviELpmIsTS-eKj-OMIRou9YxN8ek83lps&hc_location=profile_browserhttps://www.facebook.com/ejung.choi?fref=pb&__tn__=%2Cd-a-R&eid=ARBfMynQKVaERHJRVEF5YIy0vE3g5KKymnpLjRUQP02c6vXviELpmIsTS-eKj-OMIRou9YxN8ek83lps&hc_location=profile_browser

https://www.facebook.com/olivia.ervi/videos/10215484785010626/UzpfSTEwMDAwNTA3MDMzMDE1NzoxMDg5NDI0MzY0NTY5ODk4/?id=100005070330157&fref=pb&__tn__=%2Cd-a-R&eid=ARAoNoG2BjGnwnFVlZM0XC4cVuk531HPlwVatjdhvyM1H-6AFYjub4I1I_PmZ_ykIYOxSSHAHHlJNyQ0&hc_location=profile_browserhttps://www.facebook.com/olivia.ervi/videos/10215484785010626/UzpfSTEwMDAwNTA3MDMzMDE1NzoxMDg5NDI0MzY0NTY5ODk4/?id=100005070330157&fref=pb&__tn__=%2Cd-a-R&eid=ARAoNoG2BjGnwnFVlZM0XC4cVuk531HPlwVatjdhvyM1H-6AFYjub4I1I_PmZ_ykIYOxSSHAHHlJNyQ0&hc_location=profile_browser

he has good sociality. と he has good sociability. はどう違いますか?
説明が難しい場合は、例文を教えて下さい。


It sounds more natural to say "he is very social" though

-------

That's what the dictionary says, too (from AHD):

<sociality>
1a. The state or quality of being sociable; sociability.
1b. An instance of sociableness.
2. The tendency to form communities and societies.

<sociability>
1. The disposition or quality of being sociable.
2. An instance of being sociable.

Their meanings should derive from the adjectives 'social' and 'sociable'. The less complex, sociable, means to be fond of the company of others, or to be pleasant and friendly. It can also mean "affording occasion for agreeable conversation and conviviality." All in all, it conjures up the image of agreeable interaction. 'Social', on the other hand, is a more far-reaching term. A person is social by simply being present in a group, or attending a get-together, but he's not necessarily sociable.

In the following COCA extracts, the terms appear synonymous:

The organization of a memorable and peaceful festival was a triumph for the committee and for the town as a whole, since festival periods are noted as occasions during which alcohol and intense sociality set a backdrop not only for pleasant celebration but also for friction and violence between men.

Standing in the center of the room, Captain Halvorsen is a tall man with thinning red hair; he smiles politely as he talks to the passengers. Maud guesses that he must dread this evening and the enforced sociability.

However, in the next passage 'sociality' could hardly be replaced by 'sociability':
The sociality of some groups is short-lived: in some spider groups the siblings remain together for a couple of instars after eating their mother, and young scorpions remain with their mother [for] part of their development.

From the BNC and COCA search results of 'sociality' and 'sociability', it can be deduced that, of the two terms, 'sociability' is the one you'd want in your everyday vocabulary since 'sociality' is highly academic: 95% of its results derive from academic sources, 5% from magazines, and practically none from fiction, newspapers or spoken language.

52695079_2473357252738547_4924661728395919360_n















駐日欧州連合代表部では、2001年から毎年5月9日のヨーロッパ・デー(欧州連合の誕生日)を中心に文化・スポーツ等のイベントを開催し、日・EU間の相互理解を深め、人的交流をはかっています。

このイベントには、EU情報センターが設置されている大学を含め多くの機関が参加しており、4月末から6月までの間に、 展示・講演会・映画祭・スポーツイベント等各地で様々なイベントが開催されます。(詳しくは駐日欧州連合代表部のウェブサイトをご覧ください。https://eeas.europa.eu/delegations/japan/19235_jahttps://eeas.europa.eu/delegations/japan/19235_ja

2019年:パネル展示&EUクイズ「EUにおける王室」

2019年の日・EUフレンドシップウィーク企画では「EUにおける王室」をテーマに、現在の各国の王室を紹介するとともに、王室が人々にとってどのような存在なのかを紹介していきます。EUオリジナルグッズがもらえるEUクイズも実施します。

場所:図書館新館1階ラウンジ
期間:2019年3月15日(金)〜5月31日(金)

※どなたでも見学可能です(入場無料)

http://www.mita.lib.keio.ac.jp/guide/eu/friendship.html


慶應義塾大学がTHE世界大学インパクトランキングで91位にランクイン

Times Higher Education(THE)が、2019年4月3日(水)に発表した "2019 THE University Impact Rankings"(以下、インパクトランキング)において、慶應義塾大学は世界91位にランクされました。世界トップ100位以内に入った日本の大学は、京都大学(48位)、東京大学(52位)、慶應義塾大学の3大学です。
今回初めて実施されたインパクトランキングは、大学の「社会的なインパクト(影響力)」を測定するもので、世界76か国から450機関以上(日本からは42機関)が参加しています。

慶應義塾大学は、目標17においては世界37位、日本の大学の中では1位でした。
目標17の詳細はこちらをご覧ください。https://www.unic.or.jp/files/Goal_17.pdf

総合順位 91位
個別順位 目標17
パートナーシップで目標を達成しよう
Partnership for the Goals 37位
目標3
すべての人に健康と福祉を
Good Health and Wellbeing 101-200位
目標9
産業と技術革新の基礎をつくろう
Industry, Innovation and Infrastructure 37位
目標16
平和と公正をすべての人に
Peace, Justice and Strong Institutions 67位

https://www.keio.ac.jp/ja/news/2019/4/5/27-52343/https://www.keio.ac.jp/ja/news/2019/4/5/27-52343/

ponyo_banner











Ponyo sur la falaise, une heroine japonaise

Hayao Miyazaki developpe un monde enchanteur qui rend sensible une proximite a la nature, a l’invisible, a la magie. "Ponyo sur la falaise" raconte la rencontre entre un petit garcon et un poisson a figure humaine. Comment s’articule l’humain au non humain dans le cinema de Miyazaki ?

En 2001, Le Voyage de Chihiro enregistre 25 millions d’entrees au Japon, un record jusque la jamais battu. Le realisateur s’appelle Hayao Miyazaki. Il a deja realise Le Chateau dans le ciel et Mon Voisin Totoro en 1988, ce qui lui permet de fonder son propre studio de production Ghibli avec Isao Takahata, le realisateur du Tombeau des lucioles.
Le Voyage de Chihiro est diffuse dans le monde entier. Les critiques y voient des references aux Metamorphoses d’Ovide ainsi qu’une etrange rencontre entre philosophie japonaise et pensee occidentale.
Plus largement, le cinema de Miyazaki est fait de vent, de tempetes, d’avions, d’enfants et de personnages etranges… Tous les delires sont assumes, toutes les fantaisies sont permises, du moment qu’elles sont au service d’une vision du monde propre au realisateur qu’est Miyazaki.

L'invite du jour :
Thierry Hoquet, philosophe, professeur a l’Universite Paris Nanterre

https://www.franceculture.fr/emissions/les-chemins-de-la-philosophie/philosopher-avec-miyazaki-14-ponyo-sur-la-falaise-une-heroine-japonaisehttps://www.franceculture.fr/emissions/les-chemins-de-la-philosophie/philosopher-avec-miyazaki-14-ponyo-sur-la-falaise-une-heroine-japonaise

2019-05-17(金) 17:30 - 20:30
会場 日仏会館ホール

なんらかの形で、メディアの問題は毎週のように取り上げられる。映画、テレビ、インターネット、報道機関、音楽、スマートフォン―あるいは単に、タッチスクリーンや、ディスプレイといった今日の「スクリーン」など。これらのメディアやスクリーンが日々問いかけるのは、私たちが世界を把握し、空間を生き、歴史のうちに自分たちを位置付け、文化を作る方法である。現在ではいわゆるGAFA (グーグル、アップル、フェイスブック、アマゾン)などが、生活や社会を否応なく支配しているように見える。しかし、その支配が確立されるに呼応するかのように、アメリカだけでなくヨーロッパや日本でも新しい思想や批評が次々と生まれてきたことも事実だ。これらの思想は、芸術、経済学、美学、哲学、建築、社会学など多岐多様な理論にまたがっている。なかでもポストモダニズム、ポスト構造主義、さらには新自由主義理論などが、映像や記号によって織り成されるネットワーク世界やテクスト−世界、あるいは織物としての世界の到来を告げてきた。
本シンポジウムでは、以上の問題を多角的観点(政治学・社会学・美学・経済学)からアプローチし、メディアはどこまで、あるいはどのように社会構造、創造の条件、交流のあり様を「形成する/伝える」のかを考察したい。

プログラム
17:30 開会挨拶
17:45 基調講演  小熊英二(慶應義塾大学)
「ファクト」と「フェイク」の間にあるもの:メディアと映画にいま何ができるのか?
18:30 ラウンドテーブル:「映画/運動/政治」
司会:マチュー・カペル
富田克也(映画監督)、村上良太(ジャーナリスト)、マリー・ラントン (映画監督)

報告者  小熊英二(慶應義塾大学)、富田克也(映画監督)、村上良太(ジャーナリスト)、マリー・ラントン(映画監 督)、小林康夫(青山学院大学)、エマニュエル・アロア(ザンクトガレン大学)、マルク・アリザール(哲学者)、廣瀬 純(龍 谷大学)、マウロ・カルボーネ(リヨン第3大学)、スティーブン・サラザン(東京藝術大学)、伊藤洋司(中央大学)、木 下千花(京都大学)、クリスティアン・フェゲルソン(パリ第3大学)、吉見俊哉(東京大学
司会 坂井セシル(日 仏会館・フランス国立日本研究所)、マチュー・カペル(同前)、澤田 直(立教大学)、三浦信孝(日仏会館副理事長)、 シルヴィ・ブロッソ―(早稲田大学)

定員  130
参加費 無料
事前登録 アンスティチュ・フランセ東京
言語 日本語、フランス語(同時通訳あり)
主催 日仏会館・フランス国立日本研究所
協力 (公財)日仏会館、在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本、パリ第三大学・映画視聴覚研究所、立教大学、在日スイス大使館


https://www.mfjtokyo.or.jp/events/symposium/20190517.htmlhttps://www.mfjtokyo.or.jp/events/symposium/20190517.html

世界最大級のクラシック音楽祭「ラ・フォル・ジュルネTOKYO」が5月3日(金・祝)から5日(日・祝)まで、東京・丸の内の東京国際フォーラムをメイン会場として開催されます。今年のテーマは「ボヤージュ 旅から生まれた音楽(ものがたり)」です。

ラ・フォル・ジュルネ TOKYO 2019「ボヤージュ 旅から生まれた音楽(ものがたり)」
会期 2019年5月3日(金・祝)〜 5日(日)
場所 東京国際フォーラム(〒100-0005 東京都千代田区丸の内3-5-1)とその周辺

ルネ・マルタンの一押しプログラム
エクトル・ベルリオーズ『イタリアのハロルド』
 若き日のベルリオーズによって書かれた交響曲の傑作の一つ『イタリアのハロルド』。フランスはもちろん世界で活躍するヴィオラの巨匠、ジェラール・コセが出演。

日時 2019年5月3日(金)11:30〜12:15
ヴィオラ ジェラール・コセ
オーケストラ タタルスタン国立交響楽団
指揮者 アレクサンドル・スラドコフスキー

セルゲイ・プロコフィエフ『ピアノ協奏曲第3番』
プロコフィエフが長期滞在先のフランスサン=ブレバン=レ=パンで書いた作品。1921年12月16日にシカゴで行われた世界初演は大成功を収めた。

日時 2019年5月4日(土)17:00〜17:50
ピアノ アレクサンダー・ガジェヴ
オーケストラ ウラル・フィルハーモニー・ユース管弦楽団
指揮者 エンへ

ミクロコスモス『La Nuit devoilee ヴェールを剥がれた夜』
 20〜21世紀の作曲家12人の音楽を通して、夜の夢のような神秘的な世界に誘うプログラム。

日付 2019年5月4日(土)17:00〜18:00
合唱 ミクロコスモス
指揮者 ロイック・ピエール
詳細とチケット購入 ラ・フォル・ジュルネ TOKYO 2019公式ホームページ

https://jp.ambafrance.org/article14499https://jp.ambafrance.org/article14499

このページのトップヘ