薔薇の言葉

フランス語・フランス語教育/フランス語圏の諸相と女性事情/メディアと現代女性など

2009年05月

fbg_Rosa_Rose_Celeste







コンドルセー夫人についてWIKIより

Sophie de Condorcet (1764, Meulan – 8 September 1822, Paris)
Sophie de Grouchy (Sophie de Condorcet) (1764 - 1822), French writer & wife of Nicolas de Condorc
et.

As a hostess, Madame de Condorcet was popular for her kind heart, her beauty, and her indifference to class and social origins. Unlike her fellow-Girondist hostess Madame Roland, her salons always included other women, notably Olympe de Gouges. She was, however, also a writer and a translator in her own right, very well-educated for her day, and completely fluent in English and Italian[1]. She produced influential translations of Thomas Paine and Adam Smith.

In 1786 Sophie de Grouchy, then 21 or 22, and an acknowledged beauty, married the famous mathematician and philosopher Marie-Jean-Antoine-Nicolas de Caritat, Marquis de Condorcet (17 September 1743-28–29 March 1794)[2][3]; he was then 42 and was Inspector-General of the Mint and a prominent French Academician. Although he was twenty years her senior, the two shared many intellectual interests, and had a strong and happy marriage.

After her marriage, she started a famous salon at l'Hotel des Monnaies[www.nuff.ox.ac.uk/Users/McLean/ddhc3.pdf], opposite the Louvre, while her husband was Inspector-General of the Mint, and later at the Rue de Lille, Paris, that was attended by, among many others, many foreign visitors including Thomas Jefferson, [[4]] the British aristocrats Charles Stanhope, 3rd Earl Stanhope, David Murray, 2nd Earl of Mansfield and the 7th Viscount Stormont, the economist Adam Smith, the Marquis de Beccaria, Anne Turgot, the writer Pierre-Auguste Caron de Beaumarchais, the pamphleteer Olympe de Gouges, and the writer and hostess Madame de Stael, and also many French philosophers. This salon played an important role in the rise of the Girondin movement that stressed the rights of women.
Sophie de Condorcet allowed the Cercle Social ― an association with the goal of equal political and legal rights for women ― to meet at her house. Its members included women's rights advocate Olympe de Gouges who had published the Declaration of the Rights of Woman and the Female Citizen. It has been argued that Sophie de Condorcet's own interest in women's rights were responsible for her husband's arguments for greater rights for women in the ten-pages-long essay Sur l’admission des femmes au droit de cité (3 July 1790). Unfortunately, this essay had little influence in its day, being overshadowed by the more passionate essays by British feminist Mary Wollstonecraft (who visited Paris from 1791 to 1793) and Olympe de Gouges; the latter certainly attended Madame de Condorcet's salons.The Condorcets had a daughter Louise Alexandrine de Condorcet, called Liza or Eliza, who was born in 1790. Eliza survived the French Revolution, along with her mother.


続きを読む

ル・モンドの記事より

「ママお洗濯、パパゲームーあるいは不平等な親業の割り振り」

1960年から始まった女性の大量の労働市場への参入は、恐らく20世紀の静かな革命といえるだろう。1962年から2005年の40年足らずの間に、働く女性の数は42%から82%へと移行し倍増した。
「ヨーロッパのあらゆる国々と同様にフランスでも、女性のエネルギーはなにものも止められない大きなうねりとなって、そのパーセンテージを上昇させた。」と社会学者のマルガレット・マルアーニは、その著書『女性の職業と雇用』(La Decouverte 出版) のなかで述べている。多くの人々がこの大変動は男性と女性の境界線を覆すに足るだろうと考えた。職業のパリテ(職業の男女同数制)は、当然、家庭内でのパリテを生み出すだろうと言われていたからだ。

"Maman lave et papa joue, ou l'inegale repartition des taches parentales"
Extrait :
L'arrivee massive des femmes sur le marche du travail a partir des annees 1960 est sans doute la revolution silencieuse de la fin du XXe siecle : en une quarantaine d'annees, de 1962 a 2005, le taux d'activite des femmes a double passant de 42 % a 82 %. " En France comme partout en Europe, l'activite feminine a progresse a la maniere d'une lame de fond que rien n'arrete", resume la sociologue Margaret Maruani dans Travail et emploi des femmes (La Decouverte). Beaucoup ont cru que ce bouleversement suffirait a bousculer les frontieres du masculin et du feminin : la parite professionnelle, disaient-ils, engendrera naturellement la parite domestique.

Article publie le 08 Avril 2009
Source : LE MONDE
Taille de l'article : 245 mots

http://www.lemonde.fr/cgi-bin/ACHATS/acheter.cgi?offre=ARCHIVES&type_item=ART_ARCH_30J&objet_id=1077514


Cf 5月4日付けの日経新聞も


変装

国際女性デー・日仏シンポジウム
女性の貧困化に社会はどう立ち向かうのか
〜グローバル危機の中での日仏比較〜
総合司会:長谷川イザベル(日仏女性研究学会)
14時 〜14時5分:開会のあいさつ マルク・アンベール(日仏会館研究センター所長)
14時5分 〜14時10分:後援団体あいさつ 辻村みよ子(東北大学教授)
第一部:「女性の貧困:現状と構造的原因」
司会:石田久仁子(日仏女性研究学会)、辻山ゆき子(日仏女性研究学会)
● フランスの現状、日本の現状
14時10分 〜14時30分:カトリーヌ・シモン(ル・モンド記者)―「貧困・不安定雇用の女性たち、メディアの視点」
14時30分 〜14時50分:いちむらみさこ(ホームレス・アーティスト)―
「路上生活から見えること ― ノラの活動と246キッチン」
14時50分 〜15時10分:質疑応答
● 構造的原因:フランス、日本
15時10分 〜15時30分:ソフィ・ポンティユ(国立統計経済研究所 エコノミスト) ― 「フランスの女性の経済的依存と貧困」
15時30分 〜15時50分:大沢真理(東京大学教授) ―「再分配が作り出す貧困大国ニッポン」
15時50分 〜16時10分:質疑応答
16時10分 〜16時40分:休憩
第二部:「女性の貧困化にどう立ち向かうのか」
司会:中嶋公子(日仏女性研究学会)、ダヴィッド=アントワーヌ・マリナス(日仏会館特別研究員)
16時40分 〜17時40分:パネルディスカッション
17時40分 〜17時45分:閉会のあいさつ 加藤康子(日仏女性研究学会)

2009年3月8日(日)
14時〜17時45分
日仏会館ホール
入場自由・無料 日仏同時通訳あり
主催:日仏会館研究センター、日仏女性研究学会
後援:グローバルCOE「グローバル時代の男女共同参画と多文化共生」(本拠点:東北大学、連携拠点:東大社研)
経済のグローバル化による競争の激化は日本に限らず世界の至る所で貧富の格差を広げ、働いても日々
の生活に困窮する人々、いわゆるワーキングプアを大量に作り出しました。さらにサブプライムローンの
破綻から始まった深刻な経済危機が雇用状況を悪化させ貧困化に追い打ちをかけています。
今年の国際女性デーは、これまでの格差社会や貧困をめぐる言説の中で忘れられてきた困窮する女性
たちに焦点をあて、日仏比較の視点から、貧困と差別の問題にアプローチします。このシンポジウムは、
日仏会館研究センターの研究プログラム(2009年 〜 2012年)における第一研究領域「社会的な排除と
包含」の一環として行われます。
プログラム:
● 詳細についてはホームページをご覧下さい:
http://www.mfj.gr.jp

● お問い合わせ(月〜金9時30分 〜18時)
Tel : 03-5421-7641 / Fax : 03-5421-7651
フランス外務省 – CNRS

国立在外共同研究所UMIFRE 19
〒150-0013 東京都
渋谷区恵比寿 3-9-25
日仏会館
フランス事務所
© M a r c e l C e r f École Kakezuka 加計塚小
MFJ 日仏会館 Skywalk動く歩道 Yebisu
Garden Place 恵比寿 ガーデン プレース
vers Meguro

♂男の脳・女の脳―脳に性差はあるのか♀

カトリーヌ・ヴィダル(パストゥール研究所、神経生理学)
田中冨久子(横浜市立大学名誉教授、生殖生理学・脳科学)
山内兄人(早稲田大学教授、神経内分泌学)
司会 井上たか子(獨協大学名誉教授、日仏女性研究)

 日時:2009年5月16日(土)14:00〜18:00
 場所:日仏会館 1Fホール
   入場無料 同時通訳 定員120名
 主催:日仏会館
 協力:日仏女性研究学会、日仏理医工農学系8学会

1970年代にジェンダーという用語が導入されて以来、セックスは
生物学的な性、ジェンダーは社会的・文化的に構築された性として
定義されている。しかし、ジェンダーという用語に対する反発は
現在も根強く残っている。「男女の特性である男らしさ、女らしさは
脳の性差に基づいている」という脳科学の研究成果が引かれ、女は
「生まれつき」おしゃべりで、地図が読めないのに対して、男は
数学が得意で、闘争的であるといった違いが強調される。
男女の脳はほんとうに違うのか。違うとしてどこが違うのか。
その違いはどのようにして生じるのか。「自然」によるのかジェンダー
によるのか。こうした問題を解明するために生物学とジェンダーの
視点から徹底的に討論する。

参考文献
C・ヴィダル:Cerveau, Sexe, et Pouvoir 『脳、性、能力』集英社新書
田中冨久子:『脳の進化学 男女の脳はなぜ違うのか』中公新書ラクレ
山内兄人:『性差の人間科学』コロナ社

バラ阿部

統計に基づいて実施された女性の健康に関する調査内容が研究書となって、この四月に出版された。
社会関連や衛生関連分野、バイオ医学、医療保険、国立癌研究所といった医学関連分野やl'Inserm、l'Insee等の統計調査局の協力を得て、提出されたデータを総合分析し研究したものである。
女性に関する研究調査は、2008年に厚生省の依頼により、フランスにおける女性の健康に関する包括的な現状について実施された研究で、統計学者、伝染病学者、医師、人口統計学者、社会学者などの協力により実現した。
この調査は単に女性の健康の現状を報告しているだけでなく、健康に関して男女間にみられる不平等や
差異にも目を配り、この点を強調している。

  ------------------------

"La sante des femmes en France", Drees, La Documentation francaise, collection etudes et
statistiques, avril 2009, 285 pages, 17 euros

  ----------------------------

La Direction de la recherche, des etudes, de l'evaluation et des statistiques (Drees) publie un
ouvrage dont l'ambition est de dresser un etat des lieux complet sur la sante des femmes en
France en 2008.

"Ce travail partenarial de grande ampleur a ete realise au cours de l'annee 2008 a la demande de la ministre de la sante afin de disposer d'un etat des lieux de la sante des femmes en France",
expliquent-ils. Il a ete realise avec l'aide de statisticiens, d'epidemiologistes, de medecins, de
demographes et de sociologues.

Outre un etat des lieux, l'ouvrage met egalement l'accent sur les differences entre hommes et femmes, les disparites territoriales ainsi que les inegalites sociales en matiere de sante.

Le document de pres de 300 pages s'articule autour de 72 fiches completees par trois dossiers sur
des problematiques specifiques, assortis d'une synthese.

Les fiches qui reprennent l'approche des problemes de sante retenue par la loi de sante publique du 9 aout 2004, sont regroupees par grands themes, tels que "sante sexuelle et reproductive",
"perinatalite", "maladies infectieuses", "maladies chroniques et vieillissement", "cancers", "addictions" ou encore "sante mentale" et "precarite et sante".

Les trois dossiers thematiques qui viennent completer ce panorama portent sur "perinatalite et sante des femmes" qui aborde notamment l'evolution du nombre de maternites et un bilan du plan perinatal, "sexualite contraception, prevention et rapports de genre" qui presente une synthese de publications recentes des chercheurs de l'unite mixte Inserm-Ined U822, et "violences, sante et evenements difficiles: situation comparee des femmes et des hommes" qui analyse les grandes specificites des liens entre violences et sante chez les femmes, au regard de celles des hommes.

"Aucune etude exhaustive n'avait ete consacree aux femmes dans ce domaine depuis fort longtemps, alors meme qu'elles restent encore victimes d'inegalites choquantes", observe Roselyne Bachelot,
en preface de l'ouvrage.

La ministre evoque en particulier les "inegalites sociales" qui touchent les femmes, notamment dans les pratiques de depistage et le suivi des grossesses et dans la prevalence de certaines maladies.

"Devant de tels constats (...), il faut agir avec force, pour elaborer de nouveaux objectifs de sante
publique, mettre en place des programmes pertinents et garantir a toutes les femmes une qualite
de vie au long cours", affirme-t-elle.

Elle precise que cet ouvrage constitue "un outil d'aide a la prise de decision" qui sera mis a jour
tous les cinq ans.

家族の変装ルイ14世1670

このページのトップヘ