薔薇の言葉

フランス語・フランス語教育/フランス語圏の諸相と女性事情/メディアと現代女性など

2011年04月

Travail, pouvoir, justice : questions de genre
* Editorial
Sylvie Chaperon et Catherine Valenti
Editorial [Texte integral]
*Travail
Samuel Guicheteau
Ouvrieres au travail, travaux de femmes. Nantes, XVIIIe-XIXe siecles

[Texte integral]
Women at work and women’s labour in Nantes ine the 18th and 19th century
Obreras en el trabajo, tareas de mujeres, Nantes, siglos XVIII y XIX
Charles Sowerwine
Les femmes, le socialisme et l’organisation du travail : Oyonnax (Ain) 1890-1939 [Texte integral]
Roland Pfefferkorn
Le partage inegal des ≪ taches menageres ≫ [Texte integral]
*Pouvoir
Sandra Pere-Nogues
Le genre au prisme de l’archeologie : quelques reflexions autour de la ≪ dame de Vix ≫ [Texte integral]

Sophie Vergnes
Les dernieres Amazones : reflexions sur la contestation de l’ordre politique masculin pendant la Fronde [Texte integral]
The last Amazons: thinkings about the challenging of the male political order during the Fronde
Christine Dousset
Marie-Antoinette : la reine refusee [Texte integral]
Marie-Antoinette, the Rejected Queen
*Justice
Veronique Blanchard et Regis Revenin
Justice des mineurs, travail social et sexualite juvenile dans le Paris des annees 1950 : une prise en charge genree [Texte integral]

Juvenile’s Court, social work and sexuality of young people in Paris in the 1950s: a gendered care
Amelie Nuq
≪ Combattre les perversions morales qui les ont poussees au mal ≫ : la prise en charge de la deviance feminine par le tribunal pour mineurs de Valence (Espagne, 1939-1958) [Texte integral]

‘Fighting against the moral perversions which have driven them to the wrong path’: the way the Valencian Juvenile Court dealt with female deviance between 1939 and 1958
‘Luchar contra las perversiones que las han llevado hacia el mal’: la delincuencia juvenil femenina y el Tribunal Tutelar de Menores de Valencia (1939-1958)
*Comptes rendus de colloque
Melanie Lebeaux
Le mecenat des femmes en France et en Bourgogne (XVe-XVIe siecles). Nouvelles perspectives [Texte integral]
Journee d’etudes tenue a l’Universite de Liege le 10 mai 2010

すでにある学問の体系は他人たちが疑問に思った事に対して他人たちが与えた答えです。自分が疑問に思ったことは答えられていないばかりか、そもそも問われてさえいない場合も多い。既成の学問体系を学ぶだけでなく、その中においても自分自身の問いを手放さずに貫くこと。それが「学問」です。      
永井均


どこまで遠くへ行っても、学問も知もかならず、「あなたがいまここにいる」そこへと戻ってくるのでなければならない。 だから、「初心忘るべからず」―いま、学問の入口をくぐるこの初心を忘れないこと。 未知なものへのパッション、それこそが学問の扉をあける鍵なのだが、その道を行くことで、あなたが「いまここにいる」ことこそが、実は、限りなく未知のことだと解かってくる。
知はいつもオデュッセイア!―その航海のためには、海図と羅針盤とそして技法が必要だ。本という海図をひろげたまえ。 未知の島々、未知の大陸、未知の海。人間は冒険へと運命づけられているのだから。

『レポート・論文の書き方入門 第3版』
河野哲也 著

画像は19世紀女性作家ローザ・ボヌールの作品と本人の肖像画です。

Stag


_Dubufe

経済相、「複数通貨体制」への移行訴え − 2月15日
(パリ 2月14日 時事)ラガルド仏経済・財務・産業相は14日、今週後半にパリで開かれる20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議を前に記者会見し、フランスが議長国を務める今年のG20で「複数の国際通貨に基づく国際金融体制」への移行を進めていく方針を明らかにした。chamber_m

stainedglass_detail_m


* SJDF(日本フランス語教育学会)2011年度春季大会のお知らせ

日本フランス語教育学会春季大会日程変更のお知らせ
日本フランス語教育学会会員の皆様

日本フランス語フランス文学会の日程変更に伴い、日本フランス語教育学会春季大会日程を次のように変更させていただきます。正式なプログラムは後日HPにUPさせていただきます。
Suivant le changement du programme de la Societe japonaise de la langue et la litterature francaises, nous avons change notre programme du congres de printemps comme suivant. Le programme definitif sera insere sur notre site en temps utile.

2011年度の春季大会は、5月27日(金)、28日(土)、東京・神田の専修大学で開催されます。
Le congres de printemps 2011 aura lieu les vendredi 27, samedi 28 mai a l'Universite Senshu (Tokyo, Kanda).

5月27日金曜日le vendredi 27 mai
11:00-14:50理事会Conseil d'administration
15:00-15:50開会式・総会Ouverture, Assemblee generale
16:00-17:50ターブルロンドTable ronde sur les mobilites d'etudiants  
18:00-19:00講演Conference par le Prof.HIGUCHI Yoichi
19:10-21:00 懇親会Soiriee amicale
 
5月28日土曜日 le samedi 28 mai
 10:30-12:30 分科会  2教室
  Sessions de communications 2 salles

A 室                     司会 姫田
茂木 「フランス人チューターによるオンラインでの添削」 

大木 他「社会的文脈の動機づけにあたえる影響」

大木 他「ポートフォリオによる自律学習能力と動機づけの強化」

B 室
麻田 「TBI で Delf Prime A1に備える」     司会 大槻

中条 「「暴動」をめぐる談話と「問題」の構築」 司会 長谷川

RICO-YOKOYAMA Quelle place faut-il accorder aux sciences humaines et sociales dans
l’enseignement-apprentissage du Francais      司会 長谷川

12:35 閉会式
 閉会の辞 

 SJLLF(日本フランス語フランス文学会) 14時30分 開会式
   一橋大学への行き方と時間
   専修大から九段下まで5分
   九段下から地下鉄東西線〜JR中野経由で国立駅まで45分ほど、
   国立から一橋大まで6分
   移動は1時間あれば大丈夫です。

          日本フランス語教育学会 幹事長
Secrtaire general de la SJDF
            舟杉真一
Shinichi FUNASUGI

492





「女は妻であることを必要としない」       梅棹忠夫(文化人類学者)

201104101321000



日本フランス語フランス文学会2011年度春季大会

大会案内
日時:2011年5月28日(土)・29日(日)
会 場:一橋大学国立キャンパス 〒186-8601 東京都国立市中2-1 
中央線国立駅下車南口から徒歩約 6分


第1日 5月28日(土)

受 付 11:30 - 17:00 本館正面玄関ホール
開 会式 14:30 - 14:40 本館3階31番教室
司会 一橋大学 佐野泰雄
開会の辞 一橋大学 中野知律
開催校代表挨拶 一橋大学言語社会研究科長 糟谷啓介
会長挨拶 京都大学 吉川一義
研 究 発 表 会 本館2階、3階
第1部 14:50 - 16:20
第2部 16:30 - 18:00

懇 親 会 18:30 - 20:30
会場:一橋大学 東キャンパス マーキュリータワー7階
マーキュリーホール
Tel: 042-580-8800 (当日のみ)
会費:8,000円(学生・研究発表者5,000円)

第2日 5月29日(日)

受 付 9:00 - 14:00 本館正面玄関ホール
ターブル・ロンド  9:40 - 11:40 本館3階31番教室
「今、フランス語フランス文学とは」
吉川一義(京都大学)、柏木隆雄(大手前大学)、宮下志朗(放送大学)、古石篤子(慶應義塾大学)、月村辰雄(東京大学、司会)
この度の東日本大震災は、今後、日本におけるフランス語フランス文学の教育・研究にもなんらかの影響を及ぼすものと思われる。すでに大学教育におけるフランス語フランス文学の退潮が指摘されて久しいが、新しい事態を迎えて私たち教員はどのように教育に当たるべきなのか? また研究にどのような意義を見出すべきなのか? こうした問題について、従来の議論を踏まえた上であらためて検討を加えてみたい。

ワークショップI〜III 12:40 - 14:10
I ・・・ 本館2階24番教室
文学におけるセクシュアリテ ― 文学と欲望の問題 ―
高岡尚子(奈良女子大学)、吉川佳英子(京都造形芸術大学、コーディネーター)、関修(明治大学)、合田正人(明治大学)、若森栄樹(独協大学、司会)
フロイト以来の精神分析の成果と、フーコーの『性の歴史』による問題提起をふまえるなら、今日の文学研究においてはセクシュアリテのテーマは避けることができない。今ワークショップでは家族や同性愛、言語の視座から19世紀−20世紀の文学におけるセクシュアリテを考察していく。具体的な発表内容は以下の通り。
・「母親の身体」のセクシュアリテ(高岡)
ブルジョワ的倫理観の正当化とその言説化が繰り返された19世紀前半における女性のセクシュアリテへの関心と認識はどのようなものであったかを中心に考える。具体的には、ジョルジュ・サンドの『ジャック』を取り上げ、ジェンダーに関する問題点が集中して顕在化する「場」としての、「母親の身体」に注目したい。
・「性」や「種」の境界を越える可能性をめぐって―プルーストとコレット―(吉川)
性の別をそれと意識せず越えてしまう登場人物像を示すプルーストに対して、同時代の作家コレットは生物の種の違いをも越え得る人物を描き出す。知性の領域をはずれ感性に基づくことで19世紀からのレアリズムを巧みにかわすコレットへの、プルーストの晩年における共感を、1922年のプルーストの未発表の手紙を参照しながら示す積もりである。
・ゲイ文学=エイズ文学の境界に関する一考察(関)
現代フランス「ゲイ」文学におけるエルヴェ・ギベールとシリル・コラールを取り上げ、エイズ禍の前後で作品にどのような違いが生じているかを考察するとともに、1996年に始まった抗ウイルス薬の多剤療法によって慢性病化の経過を辿るエイズのもとでのルノー・カミュやギィー・オッカンガムの作風にも言及したい。
・言語とセクシュアリテ――エレーヌ・シクスーのジョイス論を起点として(合田)
エレーヌ・シクスーの博士論文『ジェイムズ・ジョイスの流浪または置換の技法』(1968)を起点とし、後の彼女の著述活動にジョイス論が及ぼした影響について考察する。彼女のジョイスの分析は、彼女の「位置」とも密接に結びついているようだ。ここでは、ラカン、サリヴァンの精神分析的見地にも訴えながら考えたい。)

250px-Cannes_-_Croisette


下記のようなお知らせが届きました。

------------------------
TV5MONDEでは、現在、カンヌ映画祭の体験リポーターを募集しておりますので、お知らせさせていただきます。リポーターは5月11日から17日までカンヌに滞在し、主に、作品、イベント、会場の雰囲気等の取材を行います。

今回の企画は、NTTぷららと共同で行っており、ひかりTVのTV5MONDE加入者であることが条件になっております。(4月30日まで新規加入者向け2ヶ月無料キャンペーンを行っております。)

募集についての詳細は、下記ページに記載されています。(募集は25日朝まで)

リポーター募集

尚無料キャンペーンについては、下記のページをご覧下さい。
TV5無料キャンペーン
-------------

カンヌ映画祭2011が開催されるのは、5月11日から22日までです。

過去の受賞作リストについては次のサイトが参考になります。
過去の受賞作リスト

43639279



L’Institut participe pour la premiere fois a la Journee de la Terre, dans un contexte terriblement pertinent.

En effet, si les evenements consecutifs au tremblement de terre du 11 mars nous ont ramene a notre infime condition face aux forces naturelles, ils nous ont aussi rappele a quel point nous devions repenser nos rapports avec la nature.

Mais comment, aujourd’hui, parler d’environnement sans se livrer a un festival de bons sentiments ? Comment le faire serieusement sans tomber dans les lamentations hypocrites et bien-pensantes d’un ecologisme politiquement correct ? Les evenements proposes par l’Institut s’attachent a traiter quelques problemes (pas tous !) dans leur complexite : la biodiversite d’abord, avec la magnifique exposition de l’UNESCO, La biodiversite c’est la vie, c’est notre vie, les problemes nord-sud, avec une conference engagee de l’ecrivain et journaliste Herve Kempf, et enfin avec une table-ronde exceptionnelle, organisee avec l’aide de la societe Pellenc ST et reunissant les meilleurs specialistes, sur la question du traitement des dechets.

Il s’agit ainsi, de facon concrete, a l’echelle de chacun, de faire mentir ces vers du grand poete Pablo Neruda : ≪la terre s'est imposee l'homme pour chatiment≫.


En partenariat avec : Pellenc Selective Technologies, TOTAL , Veolia Water Japan K.K., Schneider-electric, Maison Laurent-Perrier, Le Bretagne, Festival international du film d’environnement, Ambassade de France au Japon

http://www.institut.jp/fr/messagesJapon

Institut Franco-Japonais

Soixante minutes de paroles pour le Japon

Pour beaucoup d'artistes, d'intellectuels et de personnalites francaises, le Japon n'est pas simplement une "destination". Leur attachement, ancien ou recent, a sa culture et a ses habitants est le temoignage de l'apport indispensable du Japon a la civilisation mondiale, du caractere a la fois unique et universel de sa culture, de son art de vivre, de ses valeurs humaines qu'il est, plus que jamais, important de preserver et de perpetuer. Ils ont ete bouleverses par les drames qui ont recemment secoue le Japon, et beaucoup ont repondu a notre appel pour temoigner combien il etait important, a leurs yeux, qu'en ces moments difficiles nous soyons plus que jamais aux cotes du Japon et des Japonais.

Le film qui rassemblera leurs temoignages d'une minute chacun, sera bientot en ligne sur le site de Institut. Il a ete realise avec la precieuse collaboration du Reseau Asie-Institut des Mondes Asiatiques, FMSH / CNRS.

このページのトップヘ