薔薇の言葉

フランス語・フランス語教育/フランス語圏の諸相と女性事情/メディアと現代女性など

2011年11月

下記の要領で日本フランス語学会第276回例会を開催します。
発表要旨と併せて改めてご案内いたします。

多数のご参加をお待ちしております。

なお、これまでの例会と校舎が異なりますのでご注意ください。

酒井 智宏 (日本フランス語学会・企画運営担当)

-----------------------------------------------------------------------------------

日本フランス語学会第276回例会 

日時: 2011年12月3日(土) 15:00-18:00
会場:慶應義塾大学三田キャンパス 南校舎 4階 441教室
(これまでの例会と校舎が異なります。ご注意ください。)

発表者:
(1) 新谷 真由 (筑波大学特任研究員)
「「悲観的」な色をめぐる考察―フランス語と日本語に借入された英語のblue―」

(2) 春木 仁孝 (大阪大学)
「フランス語の認知モードについて」

*三田キャンパス案内(南校舎は「キャンパスマップ」【6】)
 http://www.keio.ac.jp/ja/access/mita.html
*日本フランス語学会事務局
 〒560−0043
 大阪府豊中市待兼山町1−8
 大阪大学言語文化研究科内
 belf-bureau@lang.osaka-u.ac.jp
*学会ホームページ
 http://www.sjlf.org/

--------------------------------------------------------------------------------------
(1) 新谷 真由 (筑波大学特任研究員)「「悲観的」な色をめぐる考察―フランス語と日本語に借入された英語のblue―」

 Berlin & Kay (1969) とKay & McDaniel (1978) は,構造主義的視点からの色彩語研究が主流であった当時に,色彩および色彩語の意味を人間の普遍的認知能力から問い直した先駆的な研究である。両者が主張したことは,人類には普遍的な知覚能力が備わるため,知覚される内容は当然同じであり,知覚される焦点色 (color foci) こそが色彩語の意味であるということであった。しかしながら,色彩語が比喩表現として現れる場合,色彩語の意味が普遍的であるとは認めがたい例もある。例えば,「悲観」や「気の沈み」を表す色彩が,フランス語では黒 (noir) であり,英語では青 (blue) であるという非対称的な事実は,この反例となりうる。色彩語が比喩的な意味で用いられる場合,焦点色以上の何かが色彩語の概念化に関わっていることが考えられる。
 本発表では,以上を踏まえて,次の二点について議論を行う。(i) フランス語のnoirと英語のblueが比喩的に「悲観」や「気の沈み」を表す場合,それらが何に基づいて概念化されているのかを文化的な視点から探る。(ii) 英語で「悲観」を表すblueは,現代フランス語にle bluesという形で借入されている。日本語に借入された「ブルー」と対照的に分析することにより,両個別言語において借入語としてのblueがどのような位置づけを持つのかを明らかにする。

(2) 春木 仁孝 (大阪大学)「フランス語の認知モードについて」

昨年の例会で、再帰構文受動用法と英語などの中間構文の違いの多くを、フランス語と英語の認知モードの違いと関連づけて説明を試みた。今回は対象となる現象をさらに広げてフランス語の認知モードの傾向と、幾つかの問題について検討する。フランス語の現象においては発話空間(発話現場)や発話者を十全に考慮しなければ説明できないものが多いが、これはフランス語においては(身体的)インタラクションを通じた認知が重要であることに対応している。一方で、日本語などとくらべればフランス語には英語同様、メタ認知的な側面もある。モノやコトを主語に取る構文が多用される点や人称代名詞の用法などにそれが見られる。このようなフランス語における2種類の認知モードのあり方についても考えたい。

http://eelv.fr/2011/11/22/deces-de-danielle-mitterrand-reaction-de-cecile-duflot/http://eelv.fr/2011/11/22/deces-de-danielle-mitterrand-reaction-de-cecile-duflot/

Europe Ecologie Les Verts a appris ce matin avec une grande tristesse que Danielle Mitterrand s’est eteinte cette nuit a Paris a l’age de 87 ans. C’etait une grande dame, militante engagee, courageuse et determinee qui nous quitte aujourd’hui.

De son engagement dans la resistance francaise des 17 ans a la creation de sa fondation France-Libertes en 1986, de la defense des droits des peuples kurde ou tibetain, a son opposition en France a la politique d’immigration de plus en plus xenophobe, Danielle Mitterrand etait de tous les combats pour une planete plus juste et l’acces de toutes et tous aux droits fondamentaux.

Ces dernieres annees, elle consacrait encore la majeure partie de son temps et de son energie pour un combat fondamental, cher aux ecologistes, l’acces a l’eau pour tous, et au dela la protection et la promotion des biens communs du vivant.

Danielle Mitterrand a montre par ses actes qu’elle ne se sera jamais contentee d’etre la femme de…

Ces derniers mots sont un message d’espoir pour les generations futures et les Indignes partout sur la planete :

≪ Nouveaux resistants a l’ordre neoliberal, batisseurs d’un monde ou chacun trouvent sa part de vie, de liberte et d’action, experimentateurs de solutions alternatives aux problemes du temps… Qu’ils se rassemblent, s’unissent, fusionnent partout dans le monde pour mettre un terme a la dictature economique et financiere, suppot des dictateurs politiques. Celles-ci semblent etre, enfin, ebranlees par la colere des peuples. C’est heureux mais ce n’est qu’un debut. Je souhaite de tout cœur que nos propositions en faveur des biens communs du vivant soient comprises de tous et participent a l’urgente et indispensable metamorphose de la societe humaine vers une nouvelle civilisation ≫.

Danielle Mitterrand merite une grande place au sein de notre Pantheon national.

__________________________

Communique de Cecile Duflot :

C’est avec une grande emotion que nous apprenons le deces, cette nuit, de Danielle Mitterrand. Toutes nos pensees vont a sa famille et a celles et ceux aupres de qui elle a combattu depuis des annees, pour les droits et la dignite humaine.

Danielle Mitterrand etait une femme engagee depuis ses plus jeunes annees. Elle n’a jamais cesse de se ranger aupres de celles et ceux qui souffraient. De la Resistance au combat pour l’acces universel a l’eau, Danielle Mitterrand est restee une militante qui a toujours su assumer ses responsabilites et ses engagements sans se renier.
C’etait aussi une personne affectueuse et attentive aux autres. Elle a accorde jusqu’a ses derniers moments, beaucoup d’interet a celles et ceux qui partagent ses combats.

Son sourire, sa constance et l’eclat de son regard sur le monde vont nous manquer. Leur souvenir sera pour beaucoup d’entre nous une force pour ne jamais noyer l’utopie dans le renoncement conformiste.

Cecile Duflot
Secretaire nationale d’Europe Ecologie-Les Verts

Le feminisme comme mouvement d’asservissement de la femme

Publie le : samedi 19 novembre

Et si nous nous etions fourvoyes depuis le depart ? Et si le feminisme etait tout autre chose qu’un mouvement de liberation de la femme ?

Voici trois videos qui apportent un eclairage jamais presente par les medias de masse :

Alain Soral pose une analyse lumineuse

http://www.egaliteetreconciliation.fr/Le-feminisme-comme-mouvement-d-asservissement-de-la-femme-9108.html

Alain Soral, de son nom complet Alain Bonnet de Soral1, est un essayiste francais (egalement detenteur de la nationalite suisse2) ne le 2 octobre 1958 a Aix-les-Bains et se presentant comme un ≪ intellectuel francais dissident ≫.
Militant du Parti communiste dans les annees 1990, il devient en novembre 2007 membre du comite central du Front national, charge notamment des affaires sociales et du probleme des banlieues, jusqu'a son depart de ce parti le 1er fevrier 2009. Il preside depuis 2007 Egalite et reconciliation, association ≪ nationaliste de gauche3 ≫ dont il est le fondateur, et a exprime ses vues toutes les quinzaines en tant que chroniqueur au journal Flash dont il s'est retire depuis a la suite d'un differend portant sur l'evolution du journal. Il est directeur de la maison d'edition Kontre-Kulture.
Il se presente aux elections europeennes de 2009 en Ile-de-France en 5e position sur la ≪ liste antisioniste ≫ conduite par Dieudonne.
Marie, il vit a Bayonne et est instructeur federal de boxe anglaise (diplome obtenu en juin 2004). Il est le frere de l'actrice Agnes Soral.

Henri Laborit : fuite, lutte et inhibition de l’action

L’experience des deux rats en cage soumis a des chocs electriques presente une analogie frappante avec le couple enferme dans une societe marchande soumis a la propagande feministe. En effet, si on pense que les rats sont le couple, que la cage est la societe de consommation et que les chocs electriques sont la propagande feministe, l’analogie n’est-elle pas troublante ?

Pieges par la promesse de liberte
Nous ne voyons pas que la guerre des sexes est voulue par une societe marchande qui en tire profit parce que, pour un temps, nous en avons ete beneficiaires. L’effondrement economique mondial qui se profile actuellement commence a nous ouvrir les yeux.

Ainsi donc, Soral, Bernays et Laborit nous aident a comprendre comment le feminisme est devenu un mouvement d’asservissement de la femme. L’histoire nous a maintes fois donne l’exemple d’une revolution qui se transforme en piege pour ses protagonistes.


11月20日14時より、日仏会館にて、人文社会科学系若手研究者セミナーが開催されます。このセミナーは、若い気鋭の専門家が、一般の人にもわかる言葉で研究内容を披露し議論する、というのが特徴です。今回のテーマは、「ミシェル・フーコーと歴史」です。

詳細は以下のページをご覧ください。
http://www.mfjtokyo.or.jp/ja/events/details/144.html
日時: 2011年11月20日(日曜) 14:00
会場: 日仏会館6階601号室
司会: 廣田功(帝京大学)
発表者: 坂本尚志(ボルドー第3大学、京都大学)「ミシェル・フーコーにおける哲学と歴史」
      重田園江(明治大学) 「ミシェル・フーコー: 近代を裏から読む」

坂本さんは、今年の3月、フーコーについての浩瀚な博士論文"Le probleme de l'histoire chez Michel Foucault" で学位を取得されました。
重田さんは、『連帯の哲学機戞片α霆駛次砲悩G度の渋沢・クローデル賞本賞を受賞され、9月に『ミシェル・フーコー』(ちくま新書)を出されています。
ふるってご参加ください。

http://www.7sur7.be/7s7/fr/1504/Insolite/article/detail/1206127/2011/01/10/Un-troisieme-sexe-au-Nepal.dhtml


Le Nepal a decide de creer une nouvelle categorie de personnes pour son prochain recensement qui se deroulera en mai prochain. celle-ci s'intitulera "troisieme sexe".

"Etes-vous un homme, une femme ou un transexuel?, c'est en quelque sorte ce que le gouvernement nepalais s'apprete a demander a son peuple. Pour le prochain recensement du pays, les responsables politiques ont decide de prendre en compte cette minorite.

"Avant, nous n'avions que deux categories, les hommes et les femmes", explique au Sunday Bikash Bista, directeur du Bureau central de statistique a Katmandou. "Mais dans le prochain recensement, nous avons inclus une categorie troisieme sexe". La demarche a ete saluee par les militants pour l'egalite.

Tout a commence il y a deux ans lorsque la Cour supreme nepalaise a ordonne qu'une loi garantissant les droits des transexuels, des gays et des bisexuels soit promulguee. Une legislation qui est a l'origine de cette nouvelle methode de recensement. (CB)

10/01/11 17h19

除染技術の確立急務 無人都市にぼう然

http://www.minpo.jp/pub/topics/jishin2011/2011/11/post_2385.html


旧ソ連政府は原発事故発生後、プリピャチを含む周辺の汚染地域を「ゾーン」と呼ぶ立ち入り規制区域に指定し、11万6000人を強制移住させた。ソ連崩壊後、ウクライナ、ベラルーシ両国は住民の帰還を目指し、公共施設などの一部で除染に取り組んだ。しかし、効果的な手法を確立することはできず時間と予算だけが費やされたという。
 植物を植えて土壌中の放射性物質を吸い上げる方法も実践されたが、効果は見られなかった。マチは荒野に変わり果てた。

日本フランス語学会第275回例会

日時:11月20日(日) 14:00-17:00
会場: 京都大学 吉田南キャンパス 総合人間学部棟 1102教室

 アクセスは以下のページをご覧下さい。
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/access/campus/map6r_ys.htm

(1) 福田 由美子(関西学院大学大学院)「se douterの発話のしくみ」(仮題)

(2) 小宮 美奈 (宇都宮共和大学)「基本レベル (属レベル) を軸とする語彙素の意味変化―ベルギー南部言語地図を中心に―」

司会: 東郷 雄二 (京都大学)

=====
se douterの発話のしくみ

福田 由美子(関西学院大学大学院)

本発表では、douter に se を添える形式の機能を明らかにすることをめざす。
事態Xが生起する蓋然性を否定的にとらえていることを表すときには douter de X /que X を用いる。
(01) Je doute de l'efficacite de ce remede.
(02) Je doute qu'il vienne.
これに対して、Xの蓋然性を肯定的にとらえていることを表すときには se douter de X / que X を用いる。
(03) Elle se doute de la reussite de notre fils.
(04) Je me doute qu'il viendra.
(05) Je me doutais bien qu'il telephonera.
このように、se を添えることによって、Xに関する蓋然性の評価が douter をもちいた発話とは反対の方向になるのは、周知のことである。従来の se に関する説明には、「se は主語と同一指示である」、「seは、動詞の表す行為に対する主体の強い関与や自己投入を示す」、「発話主体は、行為者であると同時に受益者である」などがあり、se douter をもちいた発話のしくみに関してはStefanini(1962)、Franckel(1990)、曽我(1999)などが説明を試みているが、いずれも不明確な点がある。
本発表では、douterの語源から出発して、 douter / se douterの用法の変遷(現代フランス語における両者の使い分けに関わりがある)を辿り、さらに、インフォーマントの協力を得て se douter の使用実態を検討し、se douter を用いる発話のしくみの解明に努める。

=====
基本レベル(属レベル)を軸とする語彙素の意味変化―ベルギー南部言語地図を中心にー

小宮 美奈 (宇都宮共和大学)

本発表では、Lakoff (1987) を発展させたKleiber (1990) の認知意味論において標準フランス語におけるカテゴリーOISEAUのプロトタイプとされるカテゴリーMOINEAUに注目し、ベルギー南部言語地図の第6、8巻(ALW,1994,2006)において、カテゴリーOISEAUのなかでカテゴリーMOINEAUのプロトタイプ性が語彙として示されており、その語彙素が、地域により、カテゴリーOISEAUに総称化していること、また、カテゴリーPIGEONの語彙素がカテゴリーPIGEON DOMESTIQUEに特殊化していることなどの言語学的事実を指摘する。また、このことにより、ベルギー南部では、動植物語彙がBirlin(1974) らによる民間生物分類の属のレベルより生命形態および種のレベルの両方向に変化していることから、心理的に顕著な基本レベルを設定しても、その際用いられるワロン語等の地域諸言語の語彙素は、上位レベルへ総称化または下位レベルへ特殊化しており、基本レベルにとどまるわけではなく、むしろ、分類体系の構造および、プロトタイプの優位性こそが保持され安定しているといえることを示す。

=====

前日に同じ会場で開催されるフランス語談話会「否定をあらわすもの・否定があらわすもの」も御参加下さい。
--

平塚 徹
hiratuka@cc.kyoto-su.ac.jp


フランス語談話会

日時:11月19日(土)14時〜17時
会場:京都大学 吉田南キャンパス 総合人間学部棟 1102教室
 アクセスは以下のページをご覧下さい。
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/access/campus/map6r_ys.htm

テーマ:「否定をあらわすもの・否定があらわすもの」

■発表者:
・阿部宏(東北大学)
 「フランス語における矛盾文と疑似矛盾文について」
・有光奈美(東洋大学)
 「対比と否定性に関する意味のメカニズム」
・田中廣明(京都工芸繊維大学)
 「否定の諸相:否定から肯定へ、さらに程度へ」
■司会:
・大久保朝憲(関西大学)

参加無料・学会会員以外の方の参加も歓迎します。

※談話会終了後に懇親会も予定していますので、そちらにもぜひご参加ください!

翌日も同じく京大会館で日本フランス語学会第275回例会が開催されますので、こちら
も御参加下さい。

日本フランス語学会ウェッブサイト:http://www.sjlf.org/

=====

■要旨

●阿部宏「フランス語における矛盾文と疑似矛盾文について」

 フランス語の (1),(2),(3) のような This X isn't an X 型の矛盾文について分析し,(1),(2) は「望ましさ・望ましくなさ」という主観性を表すための発話であるが,(3) はそうではないことを,否定のメカニスム,同語反復文との関係,日本語との対照の観点から考察する.
 
 (1) (ある故障したロボットについて)Ce robot n'est pas un robot ! (Ce
n'est qu'une masse de fer !)「このロボットはロボットじゃない!(単なる鉄の塊だ!)」
  (2) (高度な視聴覚機能を備え柔軟な動きを示すロボットについて)Ce robot n'est pas (plus) un robot !「このロボットは(もはや)ロボットじゃない!」
  (3) Ce robot n'est pas un robot. Un homme est dedans.「このロボットはロボットじゃない(んだ).中に人が入っているんだ.」

●有光奈美「対比と否定性に関する意味のメカニズム」

本発表では、対比の中でも価値的な対比に注目する。
「生死 (dead and alive)」、「熱い、冷たい (hot and cold)」に関する英語表現の対比を論じ、その中で「dead」や「cold」の側のみが、強意語になる動機づけを明らかにしていく。

その後、「死」や「冷」と通ずる要素を持つ「恐ろしさ (awful, horrible,terrible)」に関連する英語表現を取り上げ、それらが強意語となる背景に共通して有標性や否定的価値が存在していることを指摘していく。

さらに、形状や数字に関する表現が、字義通りの意味ではなく、強意語として用いられるような場合、その背景にどのようなメカニズムがあると考えられるのか論じる。(丸暗記、丸飲み、quare等)

本発表では、主に、対比、形状、数字、量といった認知的性質と否定性の視点を手掛かりに、
意味変化における程度の甚だしさと完全性の違いが生じる意味のメカニズムを論じることを目指す。



第26回関西フランス語教育研究会(ランコントル)は2012年3月30日(金)、31日(土)の両日にわたり大阪日仏センター=アリアンス・フランセーズにて開催されます。
共通テーマは「Comment elaborer / utiliser notre materiel didactique ? 教材の作り方 / 使い方」、「Conception de la communaute d’apprentissage 学びのコミュニティづくり」の2つです。

現在ランコントルでは、大会当日のアトリエ担当者および来年夏に発行される紀要「RENCONTRES 26」の執筆者を募集しております。
詳細はホームページ http://www.rpkansai.com または contact@rpkansai.com にお問い合わせください。


Les 26emes Rencontres Pedagogiques du Kansai auront lieu les vendredi 30 et samedi 31 mars 2012, au Centre Franco-Japonais - Alliance Francaise d’Osaka.
Les deux grands themes pour ces Rencontres 2012 sont : ≪ Comment elaborer / utiliser notre materiel didactique ? ≫ et ≪ Conception de la communaute d’apprentissage ≫.

Les Rencontres 2012 vous interessent ? Vous voulez animer un atelier ou ecrire un article?
Consultez notre site http://www.rpkansai.com ou contactez-nous contact@rpkansai.com

A tres bientot !

Pour le comite des Rencontres, Seitaro Yamakawa, responsable du site des RPK.

このページのトップヘ