薔薇の言葉

フランス語・フランス語教育/フランス語圏の諸相と女性事情/メディアと現代女性など

2012年09月

s7699


         ********************************************
            ベルグニウ教授講演会【大阪】
         内的発話の表出と表象:フランス文学の場合
        ********************************************
講演者:Gabriel Bergounioux教授 (オルレアン大学)
演 題:Emergence et representation de la parole interieure : le cas de la litterature francaise
司 会:Olivier Birmann教授(関西学院大学)
日 時:10月28日(日)午後2時〜午後5時
場 所:大阪府立大学中之島サテライト 2階講義室
http://www.osakafu-u.ac.jp/contribution/lifelong/extension/place/satellite.html
使用言語:フランス語(通訳なし)
大阪府立大学・日本フランス語学会 共催


        ********************************************
          ベルグニウ教授講演会【東京】
        ********************************************
講演者:Gabriel Bergounioux教授 (オルレアン大学)
演題:Saussure et la question du sens: le devenir de la theorie de l'arbitraire dans la linguistique contemporaine
司会:山田広昭教授 (東京大学)
日時:2012年11月3日 (土) 14時〜16時
場所:東京大学駒場キャンパス18号館4階コラボレーションルーム3
使用言語:フランス語 (通訳なし)
東京大学・日本フランス語学会共催


なおベルグニウ教授の主な研究業績は以下のサイトでご覧になれます
Biographie et apercu des publications de Gabriel Bergounioux sur le site de l’Universite d'Orleans http://www.univ-orleans.fr/lettres/recherche/coral/bergounioux.html

http://courrier.jp/blog/?p=12388

この記事は、米誌「アトランティック」に掲載されて全米で話題になったアン・マリー・スローターの論文が元になっています。スローターは、オバマ政権で国務省政策企画室長を務めたエリート中のエリートです。彼女には育ち盛りの子供が2人いますが、夫は育児にとっても協力的。やりがいのある仕事に高い報酬、上司は理解ある女性(ヒラリー・クリントン)。恵まれた環境で思う存分、キャリアに邁進していたはずのスローター。そんな彼女が政府で2年間、がむしゃらに働いて出した結論が、「仕事と家庭の両立は不可能」というものだったのです。


「女性は仕事と家庭を両立できない」世界の反応は?
http://courrier.jp/blog/?p=12432

インド・英国:
この2国は、インディラ・ガンディーとマーガレット・サッチャーという女性首相をそれぞれ経験している。ただ、「男のような女」にならなければ成功できない、というイメージと戦わなければならない。

北欧:
女性の社会進出における先駆者として、世界の眼差しが注がれていることを知っている。ただ、民間部門の女性マネジャーや経営幹部は、米国に比べてまだまだ少ない。

ドイツ:
ドイツからは、葛藤している様子が感じられる。ある有名な雑誌は、「専業主婦のほうがいいと認めてしまったキャリアウーマンの話」としてこの記事をまとめた。一方で、女性が男性と同じ選択肢を持つためには、社会的・経済的変化が必要だという本来の主張を強調した雑誌もあった。

フランス:
フランスといえば、「フェミニズム」は女性らしさを否定するアメリカ的なムーブメントだととらえている国。しかも、クリスティーヌ・ラガルドIMF専務理事のように、エレガントさを保ちながら成功する女性を輩出している。案の定、記事に対してややそっけなく、軽蔑している様子すら見える。

日本:
依然として男性社会であり、性差別的な風潮のなか、女性たちはまだまだ平等を実現できていないことを嘆いている。

中国:
いま、高学歴で社会的に成功する若い女性たちが増えている。彼女たちは、夫(および義理の母)がいれば自由が失われてしまうと考え、そもそも結婚したいかどうかもわからないと言っている。

ブラジル:
ジルマ・ルセフ大統領がロールモデル。ただ、まだ差別が残っていることが強調されている。

オーストラリア:
この国でも、ワークライフバランスをめぐる議論は活発。2010年にジュリア・ギラードが初の女性首相となったが、彼女には子供がいないから成功できているのではないかという指摘も。

24-heures-en-images


http://next.liberation.fr/arts/2012/09/25/la-joconde-a-une-soeur_848751

ダヴィンチのモナリザに関し、オリジナル版より10年も前に書かれたもう一つのモナリザ・ヴァージョンが存在していた。この事実が35年来の研究と科学的手法を使った緻密な検証により明らかにされたというニュースです。

比較的優しいテーマを取り扱っている記事なので、中級クラスでグループ講読を試みたところ、難しいと言いつつ、かなりの学生たちが興味をもって和訳についてきました。ただ、条件法過去の推測を示すメデイア用法(反実仮想の用法ではない使い方)に気づいたのは極めて少数でした。
この記事にはsoeurという言葉が何度か出てきますが、タイトルのsoeurは姉と訳すべきで、本文中のルーヴル美術館にかかっている元来のモナリザを示すsoeurは妹と訳さなくてはならない点なども、少々微妙でそこまで理解し訳し切れていた学生はいなかったようです。

受動態(しかも過去形)が多く出てくるので、その点でも珍しく、価値ある教材!でしょうか。
次回の授業ではフランス語版のレジュメを作成します。

http://next.liberation.fr/arts/2012/09/25/la-joconde-a-une-soeur_848751

25 septembre 2012
La Joconde a une soeur

Selon des experts de la Fondation Mona Lisa, le peintre italien Leonard de Vinci aurait realise deux tableaux de la Joconde.

Le grand maitre de la Renaissance Leonard de Vinci aurait realise deux versions de La Joconde. Une version anterieure de la celebre Mona Lisa exposee au Louvre a Paris, sera presentee jeudi a Geneve par la Mona Lisa Foundation, une association basee a Zurich.

La Fondation publiera le meme jour un livre de 320 pages, intitule Mona Lisa, la version anterieure, qui rassemble les preuves, selon ses auteurs, demontrant que cette version anterieure a bien ete peinte par le Maitre.

Parmi les participants a cette conference de presse, figure le Professeur Alessandro Vezzosi, directeur du Musee ideal de Leonard de Vinci, a Vinci (Italie), expert reconnu du peintre et de la Mona Lisa.

(AFP)

Montpellier celebrera le premier mariage gay
Cree le 27-09-2012 a 18h27 - Mis a jour a 20h08Par Le Nouvel Observateur avec AFP

Najat Vallaud-Belkacem a propose a Vincent Autin, president de l'association Lesbian and Gay Pride, et son compagnon d'y etre maries des promulgation de la loi.

Montpellier celebrera le premier mariage gay
Cree le 27-09-2012 a 18h27 - Mis a jour a 20h08Par Le Nouvel Observateur avec AFP
Najat Vallaud-Belkacem a propose a Vincent Autin, president de l'association Lesbian and Gay Pride, et son compagnon d'y etre maries des promulgation de la loi.

O15I000Z



松尾芭蕉を敬愛し、日本文学に対しても一方ならぬ思いがあるというダニー・ラフェリエールは、その3月11日の地震をうけ、6日後の17日、詩編「私の部屋の中の日本」を「リベラシオン」紙に発表した。

http://www.liberation.fr/monde/01012325983-le-japon-dans-ma-chambre

Par DANY LAFERRIERE Romancier

Que faisais-tu

quand la terre a tremble

au Japon?

J’etais dans ma chambre

a ne rien faire.

Tout semblait enfin si calme autour de moi.

Soudain les elements dechaines

a l’autre bout du monde :

l’eau, le feu, la terre et l’air radioactif.

Ne manque que le vent pour emporter

ces iles ailleurs.

Les petits avions flottant.

Les camions poids lourds qui tanguent.

On dirait des megots

dans un cendrier rempli d’eau sale.

Un paysage noye effraie

mais n’emeut pas.

Seule la mort d’un etre humain

parvient vraiment a toucher le cœur d’un autre.

Cette jeune fille drapee de jaune

que des photographes insouciants ont changee

en mater dolorosa

est devenue l’arbre qui cache le paysage devaste

et les corps gonfles d’eau.

J’entends murmurer mon vieux maitre Basho :

≪Regarde, regarde,

les vraies fleurs

de ce monde de souffrance.≫

Qui, parmi nous, peut

ressentir une si insoutenable douceur ?

Est-on oblige de pleurer

quand celui qui vit le drame

fait ce qu’il peut

pour ne pas perdre la face ?

Le Japon garde tout

au plus profond de lui-meme.

Gare a l’implosion.

Ces images sautillantes captees

par les cameras de securite installees

dans les immeubles de la ville

sont gorgees d’emotion.

Tetanise par ces images qui montrent

les gens se depechant de quitter le bureau.

Rien de ce genre pour Port-au-Prince.

Les cameras sont arrivees apres.

On ignore de quoi on a eu l’air pendant.

Encore absorbe par la douleur

quand un flash l’aveugle.

C’est pourtant son moment de gloire.

Et cette menace constante :

≪Le bilan des morts risque

de s’alourdir.≫

Pourquoi ne compte-t-on jamais les vivants ?

Au kiosque de la gare

je vois le mot Japon

dans toutes les langues

sauf en japonais.

Les hebdomadaires ou mensuels

qui ne parlent pas encore du Japon

ressemblent a ces vieux magazines qui trainent

chez le dentiste d’une bourgade de l’Idaho

et racontent une Amerique d’avant le Watergate.

A la tele on ne quitte plus le present.

Meme les reportages qu’on a vus trente fois

sont presentes comme du direct.

Cet officiel a bout de nerfs

tente de temporiser les secouristes

qui piaffent d’impatience pour aider

le trop fier Japon.

Dans le Paris-Geneve on se demande

comment voudrait-on mourir si on etait au Japon.

Par le feu ou par l’eau ?

Une majorite preferait finir ecrasee sous sa maison.

La terre tremblait encore quand on a annonce

au pauvre Japonais une possible catastrophe nucleaire.

Le voila coince entre ceux qui lui cachent la verite

et les autres qui ne craignent pas de le desesperer.

J’ai vu, pour la plupart, ces journalistes

l’annee derniere a Port-au-Prince.

Certains etaient aussi au Chili.

Est-ce un nouveau metier ?

Kadhafi est assez intelligent

pour reconnaitre ce qu’il doit au Japon

tout etant trop ruse pour offrir

cette fois son aide.

Il faut savoir faire le mort.

La Libye et le petrole ; le Japon et le nucleaire.

Le petrole et le nucleaire alimentent

des debats passionnes dans les pays industrialises.

On oublie au passage la Libye et le Japon.

Fierte haitienne et calme japonais.

Mieux vaut la grace de la fleur de cerisier

pour faire face aux pires catastrophes.

Au lieu de chercher a se rappeler

la date d’un seisme

ne serait-il pas plus sage de l’oublier

ou de la remplacer par le souvenir

d’un premier baiser ?

C’etait Haiti. C’est le Japon.

Je suis cet ecrivain japonais

present lors du seisme de Port-au-Prince.

Je ne bouge plus de ma chambre.

Dernier livre paru : ≪Tout bouge autour de moi≫

(Ed. Grasset, 2011).

frameimage-1


皆さま

「女性作家を読む研究会」では、下記の通り、ルイ=ソロ・マルティネル氏の講演会を開催いたします。6日の午後3時からからは日仏会館にて女性史に関するシンポジウムがおこなわれますが、こちらの講演会は午前中に設定いたしましたので、是非ご参加下さいますよう、ご案内申し上げます。
ルイ=ソロ・マルティネル氏はマルティニックやクレオールの女性文学に明るく、ラフカディオ・ハーンの研究でもよく知られています。
参加される方は西尾までご連絡下さい(講演会の後、昼食会を予定しております)。

          ーーー

日時:2012年10月6日 10時半〜12時 
場所:慶応義塾大学・日吉キャンパス・DB112番教室(地図ず膿靴侶物)
講演:ルイ=ソロ・マルティネル氏
シモーヌ・シュヴァルツ=バルト女史の『奇跡のテリュメに雨と風』を読む
ー創始者となる女性の神話の構築 小説舞台のダイナミズムからヒロインの運命までー
使用言語:フランス語

参加無料:どなたでもご参加頂けます。
企画担当・司会:西尾治子 連絡先:coquelicot_hj2004@yahoo.co.jp

O15I000Z

森鴎外、別居「気性合わず」 元妻親族の文書発見 磐田(2012/9/13 14:13)
文豪森鴎外(1862〜1922年)と最初の妻登志子が離婚した経緯を、親族が記したとみられる史料が磐田市で見つかったと、同市教委が13日発表した。

ことしは鴎外生誕150周年に当たり、関係者は「鴎外の人生を明らかにする貴重な史料」と注目する。

15日から公開 旧赤松家記念館
森鴎外の最初の妻、登志子の父は、1893〜1912年、磐田市で過ごした海軍中将赤松則良。赤松は沼津兵学校の運営や磐田原の茶園開墾などを行った。

同市教委と同図書館は15日〜10月14日、旧赤松家記念館(同市見付)で書簡を展示する。30日午後2時から同図書館(同)で杉本さんが「森鴎外・赤松登志子の結婚と離婚」と題して講演する。聴講希望者は15日から同記念館で配布する整理券を持参する。問い合わせは市教委文化財課<電0538(32)9699>へ。

http://www.at-s.com/news/detail/450476251.htmlhttp://www.at-s.com/news/detail/450476251.html

010000001018


これまでの「東京日仏学院」は、「アンスティチュ・フランセ東京」と改称さることになりました。


第4回 美食の祭典
2012年09月29日 (土) - 2012年09月30日 (日)
入場無料/飲食有料
お問い合わせ: 東京日仏学院(9/1よりアンスティチュ・フランセ東京へ名称変更) (03)5206-2500
日本とフランスの文化・ガストロノミーを堪能するスペシャルな二日間!
第4回目を迎える今年は、展覧会や映画上映会、DJ ClicKのライブ&DJセット(9月29日)で皆さまをお迎えします。中庭には多数のブースが登場し「美食の祭典」ならではの味覚をお楽しみいただけます。そして日本茶のテイスティング&講習会や子供向けのお料理入門ワークショップは今年初登場! また、五感を頼りに進んでいく参加型スペクタクル「プロムナード・ブランシュ」で主役となりましょう!
イベント当日は、ラ・ブラスリーにて「美食の祭典」特別ランチメニューをご用意いたします(11:45〜)
* プログラムの詳細は公式サイト(下記)あるいは別紙プログラムでご確認下さい。

プログラム(予定)
09月29日(土)
11:45 - 15:00: ランチ(『美食の祭典』特別メニュー)
12:00 - 20:00 : 美食のアーケード(飲食ブース)/似顔絵
14:00、16:30 : 子供向け料理ワークショップ
14:00、15:30、17:00 : 『色彩の味覚』ソフィーのレザテリエ(アトリエ)・ ワークショップ
14:00 - 17:00 : アラン・ミシャールとマチアス・ポワッソンによる『プロムナード・ブランシュ』
14:30 - 15:15 : 『Bossa Connection』ライブ
15:00 - 17:00 : 食べるべきか、愛を交わすべきか…[映画上映]:『夜霧の恋人たち』(フランソワ・トリュフォー)
15:30 - 16:00 : フレアバーテンディング
15:30 - 16:30 : ステファン・ダントンによる日本茶のテイスティング&講習会
16:15 - 17:00 : 『Bossa Connection』ライブ
17:00 - 18:00 : 竹内寿幸による『キュイジーヌ・ライブ』キャンセル
17:00 - 19:00 : アラン・ミシャールとマチアス・ポワッソンによる『プロムナード・ブランシュ』
18:00 - 19:30 : 『ClicK Here』ライブ
20:00 - 00:00 : DJ ClicK

09月30日(日)
11:45 - 15:00: ランチ(『美食の祭典』特別メニュー)
12:00 - 19:00 : 美食のアーケード(飲食ブース)/似顔絵
14:00、16:30 : 子供向け料理ワークショップ
14:00、15:15、16:30 : 『色彩の味覚』ソフィーのレザテリエ(アトリエ)・ ワークショップ
14:00 - 16:00 : アラン・ミシャールとマチアス・ポワッソンによる『プロムナード・ブランシュ』
15:00 - 16:00 : ライブ:SHU
15:00 - 17:00 : 食べるべきか、愛を交わすべきか…[映画上映]:『お茶漬けの味』(小津安二郎)
15:30 - 16:30 : ステファン・ダントンによる日本茶のテイスティング&講習会
16:15 - 16:45 : フレアバーテンディング
17:00 - 18:00 : 竹内寿幸による『キュイジーヌ・ライブ』キャンセル
17:00 - 19:00 : アラン・ミシャールとマチアス・ポワッソンによる『プロムナード・ブランシュ』
18:00 - 19:30 : 『ClicK Here』ライブ

そして9月13日(木)から10月28日(日)まで、メディアテークとラ・ブラスリーにてフロラン・シャヴエ展覧会『美味なる日本』

アクセス

ルドン1


9/29(土)跡見女子大学・文京キャンパス

東京フランス語学研究会では、第4回研究会を以下のような要領で開催いたしますので、関心のあるかたはどなたでもご参会ください。

東京フランス語学研究会 第4回研究会
 日時: 9月29日(土) 13時から14時30分
 場所: 跡見学園女子大学文京キャンパス 2号館7階 M2707教室 (*)
 (*) 当初予告の教室から変更されましたのでご注意ください。
 発表者: 岸本聖子(大阪大学大学院)
 題目:devoirの本質的機能―真理的用法に関する一考察―(仮題)

#跡見学園女子大学文京キャンパス(丸の内線茗荷谷駅徒歩2分)
 http://www.atomi.ac.jp/daigaku/institution/access.html
 (▲ このページの案内には新座キャンパスと文京キャンパスの両方が掲載されておりますのでご注意ください)

最新の予定については、下記ホームページの「今年度の研究会」の項目でご確認ください。
おかげさまで、今年度の発表者はすべて決まりました。2013年度に発表をお考えの方は、このメールの発信アドレスへの返信、または下記ホームページの「お問い合わせ」の項目から、世話人あてにご連絡ください。

#東京フランス語学研究会ホームページ:
 http://lftky.jimdo.com/

世話人:渡邊淳也 (筑波大学)・塩田明子 (慶應義塾大学非常勤)


みなさま

下記の要領で日本フランス語学会第280回例会を開催します。
発表要旨とあわせてご案内させていただきます。

なお、会場が4月〜6月例会で使用した教室および学会HPで当初ご案内していた教室と異なりますのでご注意ください。
今回以降、4月〜6月例会と同じ建物の7階が会場となります。

みなさまのご参加をお待ちしております。

酒井 智宏 (日本フランス語学会・企画運営担当/跡見学園女子大学)

日本フランス語学会第280回例会 

日時: 2012年9月29日(土) 15:00-18:00
会場: 跡見学園女子大学文京キャンパス 2号館 7階 M2707 教室
(東京メトロ丸ノ内線 茗荷谷駅下車 徒歩2分、東京メトロ有楽町線 護国寺駅下車 徒歩8分)
※ 4月〜6月例会で使用した教室および学会HPで当初ご案内していた教室と異なります。ご注意ください。

(1) 佐々木 幸太 (関西学院大学大学院)「客体変化動詞 mettre と始動表現 se mettre a Inf.」

(2) 山田 里奈 (早稲田大学大学院)「en plein N の特性について」

司会: 守田 貴弘 (東京大学)

*跡見学園女子大学へのアクセス (文京キャンパスでの開催となりますので十分ご注意ください。)
http://www.atomi.ac.jp/daigaku/institution/access.html

*学会ホームページ
http://www.sjlf.org/

*日本フランス語学会事務局
〒150-8366 東京都渋谷区渋谷4-4-25
青山学院大学フランス文学科合同研究室内
belf-bureau@cl.aoyama.ac.jp
-----------------------------------------------------------------------------------
(1) 佐々木 幸太 (関西学院大学大学院)「客体変化動詞 mettre と始動表現 se mettre a Inf.」

フランス語では,事行主体Xが対象Yを場所Zに移動させることを表す場合に,mettreを用いることがある.
  (1) Voulez-vous mettre du sucre dans votre cafe ?
  (2) Elle a mis des gants.
 (1)であれば,XがYを移動させ,その結果,「YがZにあること」が実現する.またmettreは(2)のように衣料品Yを身につける場合にも用いることができる.辞書の記述や発話例の分析などからも,mettreの基本義は対象物を移動させることでYのありかたを変えることを表す客体変化動詞であるといえる.
 またXによってYが移動させられない場合でもmettreを用いることがある.
  (3) Il ne faut jamais mettre son chat en colere.
  (4) Pour acheter une voiture, il s’est mis a travailler encore plus. (谷口, 1991)
 (3)であれば,XがYの状態を変えることを表すためにmettreを用いている.そして(4)のように行為の始動を表す場合にもmettre用いることがある.
 本発表の目的はYの空間移動が基本義であるとされるmettreが,se mettre a V.inf.というアスペクトマーカーの形成に役立つ仕組みを,発話例(コーパスは,おもに現代フランス語の小説約750冊と新聞)の分析にもとづいて明らかにすることである.

(2) 山田 里奈 (早稲田大学大学院)「en plein N の特性について」

物体Xを場所Nの中心に位置づけることを表すマーカー ≪ marqueur de centrage ≫と説明されるX en plein (Prep) Nは、Nの前に前置詞が置かれる(en plein dans la cible)こともあるが、en pleinの後ろに直接名詞(N)を接続させることもできる(en pleine campagne)。後者の場合、Nにはen pleine natureやen plein airのように、成句表現とされるほど頻繁に使われているものと、 ?en pleine salleのように文脈がないと使用の難しいタイプのものがある。これは、しばしば類義表現とされるX au milieu de NがNに対して持つ好みとは異なる:au milieu de la salleは ?en pleine salleよりも自然に使うことができる。本発表ではen pleinに続くNの性質を分析しつつ、en pleinの本質とその文体的効果の関係を探る。

ラトゥール・アンリ・ファンタン


2012年秋季試験   出願受付期間:6月25日(月)〜9月8日(土)

試験日程:

DELF A1 A2
筆記試験  : 全センター共通  10月28日
口頭表現試験 : 東京・横浜 10月28日 他センター 10月28日

DELF B1 B2
筆記試験  : 全センター共通 10月14日
口頭表現試験 : 東京・横浜 10月21日 他センター 10月21日

DALF C1
筆記試験  : 全センター共通 11月11日
口頭表現試験 : 東京・横浜 11月25日 他センター 11月4日

DALF C2
筆記試験  : 全センター共通 10月28日
口頭表現試験 : 東京・横浜 11月4日 他センター 11月4日

http://www.calosa.com/delfdalf/calendrier_jp.htm#automne

このページのトップヘ