薔薇の言葉

フランス語・フランス語教育/フランス語圏の諸相と女性事情/メディアと現代女性など

2014年02月

13






Municipales : le difficile apprentissage de la parite

VIDEOVILLES - Jusqu'au second tour des municipales, le JDD s'associe avec sept ecoles de journalisme : retrouvez chaque jour un reportage video des etudiants de Lille, Strasbourg, Grenoble, Cannes, Toulouse, Tours et Lannion. Lundi, detour a Semblancay et Ambillou, petites communes d'Indre-et-Loire confrontees aux nouvelles regles sur la parite.

EPISODE 27 C’est une des nouveautes de ces municipales : l’obligation de parite. Sur les listes, autant d’hommes que de femmes avec alternance obligatoire. Auparavant imposee aux seules communes de plus de 3.500 habitants, la parite doit desormais s’appliquer dans les villages de plus de 1.000 habitants. La consequence la plus immediate et complexe a gerer pour les candidats : le recrutement des femmes. Pas toujours pretes a s’engager, elles ne se bousculent pas sur les listes electorales.

A Ambillou (Indre-et-Loire), le cas d’Astrid Jacques fait figure d’exception. Tete de liste dans son petit village de 1700 habitants, elle a compose son equipe sans difficulte. De nombreuses volontaires se sont manifestees ; elle a meme du en refuser. La plupart viennent du milieu associatif. Non loin d’Ambillou, la parite a, au contraire, entraine quelques complications. A treize kilometres environ, dans la commune de Semblancay geree par Antoine Trystram, candidat a sa propre succession, les femmes ont ete difficiles a convaincre. Pour lui, les mentalites du milieu rural pourraient etre un obstacle.

Les mairies sont, de fait, accaparees par les hommes. En Indre-et-Loire, seule une quarantaine de maires sur 277 sont des femmes. Les raisons de cette faible representativite feminine sont multiples : refus de l’exposition publique, environnement defavorable, poids culturel, manque d’estime de soi, pression de l’engagement. Laurence Herve, presidente de Femmes 3000 Touraine, association pour la participation des femmes dans la vie publique, les encourage pourtant a s’engager.

Faute de femmes volontaires, certaines petites communes pourraient n'avoir qu'une liste a presenter aux electeurs. La parite va donc sans doute peser sur l’offre electorale. Les resultats des 23 et 30 mars reveleront, eux, si la loi a amorce une reelle feminisation des conseils municipaux.

Julie Dubois et Zoe Bos (EPJT, Tours) - leJDD.fr
lundi 24 fevrier 2014

Ambillou
A Ambillou, la parite n'a pose aucun probleme. (EPJT)
ET AUSSI

Carignon, retour rate?
MOTS-CLES ASSOCIES

http://www.lejdd.fr/Politique/Municipales-le-difficile-apprentissage-de-la-parite-654481

[ 講演会 ]19〜21世紀フランスにおける共和国イデオロギーと人種主義

使用言語:フランス語 (通訳付き)
日時: 2014年03月06日(木) 18:30 - 20:30
場所: 1階ホール
講演者:キャロル・レノー=パリゴ (パリ第一大学、パリ政治学院)

【要旨】
自由や解放といった価値を担い、人権という思想を具現化していながらも、共和国のイデオロギーは、人類の多様性に対して不平等で階層的な側面も持ち合わせている。19世紀末、フランスがより永続的な共和国の体制に入ると、植民地の拡大という文脈とも相俟って、共和国のエリート層によって形作られた人種的な偏見がフランス社会に広く浸透することになる。1950年代以降、共和制下の政府は人種差別撤廃に向けた意志を法律にも盛り込もうとするが、そのような公然とした態度とは裏腹に、その行動は曖昧さを多分に含んでもいた。フランス社会における人種差別は現在でも根強く、言説のレヴェルだけではなく、実生活のなかでも、例えば、住居/雇用/教育/余暇などにおける機会の不均等が見られる。

【プロフィール】
グルノーブル政治学院を卒業後、フランス国立社会科学高等研究院(EHESS)で博士号を、パリ第一大学で研究指導資格(HDR)を取得。キャロル・レノー=パリゴは、現在、パリ第一大学、ニューヨーク、パリ政治学院などで教鞭をとる。知識人の歴史および人種(主義)化の歴史を専門とする。

【主著】
Parcours politique des surrealistes 1919-1969, Editions du C.N.R.S, 1995, reimpression 2001
La Republique raciale 1860-1930. Paradigme racial et ideologie republicaine, Paris, PUF, 2006
Races, racisme et antiracisme dans les annees 1930, PUF, 2007
De l'Identite nationale. Science, race et politique. Europe-Etats-Unis. XIXe-XXe siecle, PUF, 2011.

【ディスカッサント】 アルノ・ナンタ(日仏会館、フランス国立日本研究センター)

【共催】
「人種表象の日本型グローバル研究(科研基盤(S))」竹沢泰子(京都大学)代表
日仏会館フランス事務所

* 尚、3月8日(土)にも京都大学品川オフィス(東京)で講演会が予定されております。
詳細は下記をご覧ください。
Annonce Carole Reynaud-Paligot 8 mars Shinagawa.docx

01_an04













Aujourd'hui, il y a une science des femmes, une feminologie

Antoinette, nee le 1er octobre 1936 et decedee le 20 fevrier 2014, restera comme l’une des grandes figures du feminisme francais et mondial. Figure de proue du Mouvement de liberation des femmes (MLF), penseuse et ecrivaine, fondatrice et directrice des editions Des femmes, vivier extraordinaire de textes ecrits par/sur des femmes, elle incarne, parmi d’autres, le feminisme de la difference, prenant la releve de l’egalite des droits, reclamee par Simone de Beauvoir. Hommage DesLettres a cette personnalite decisive de notre temps, voici sa reponse a Caroline Fourest, auteure de Le feminisme pour les Nuls, ou elle revient sur la genese de cette revolution.

15 Decembre 2008

Contrairement aux propos de Caroline Fourest auxquels j'entends repondre, c'est bien un jour d'octobre 1968 que le MLF est ne. Le 1er octobre, Monique Wittig, Josiane Chanel et moi-meme, nous avons propose pour la premiere fois une reunion entre femmes. Nous venions d'un comite d'action culturelle (le CRAC) cree en mai 1968 dans la Sorbonne occupee, nous etions de gauche, mais sans lien avec une quelconque organisation politique. Auparavant, il n'existait pas de groupes non mixtes independants. Cette non-mixite et cette independance politique programmees ont fonde l'identite du Mouvement de liberation des femmes.

Plusieurs facteurs, economiques, politiques, culturels, ont rendu possibles cette rupture historique et ce saut qualitatif. Le mouvement n'a pas ete "decrete" comme il est dit dans l'article, il n'y a pas de generation spontanee, mais il y a eu, assurement, un engagement fondateur.

D'octobre 1968 a mai 1970, date de sortie publique du MLF a l'universite de Vincennes, il y a eu deux ans de reunions et d'actions a Paris et en banlieues, de voyages en Europe, de rencontres. Souvenirs, agendas, notes de reunions, tracts, photos, l'attestent. Les femmes qui ont vecu cette periode sont pour certaines toujours la, archives vivantes, actrices et auteures de leur propre histoire.

Pourtant, dire cette realite a ete qualifiee d'"OPA" dans l'article precite. Deux ans de vie y sont effaces, deux annees de lutte eradiquees, pour faire de l'annee 1970 l'"annee zero" du MLF. La reconnaissance du MLF par les medias - sa legitimation par la societe du spectacle -, a l'occasion du depot d'une gerbe a la femme du soldat a l'Arc de triomphe, le 26 aout 1970, est ainsi substituee a sa naissance reelle. Mais faire prevaloir le bapteme sur la naissance revient a priver les femmes de leur pouvoir propre de creation.

Ce coup d'eclat mediatique a ete suivi en novembre 1970, en assemblee generale, de la distribution d'un tract "Pour un mouvement feministe revolutionnaire". La proposition de remplacer "femmes" par "feminisme" et de supprimer le terme de "liberation" a alors provoque un debat houleux. Refusant la rupture de 1968, certaines tenaient a se situer dans la continuite d'un feminisme ancien et a se reclamer de la pensee du Deuxieme sexe (1949) de Simone de Beauvoir.

Le travail de Psychanalyse et Politique s'attachait, quant a lui, au contraire a deconstruire le feminisme comme ideologie et a faire emerger un sujet femme.

J'aurais encore decide en 1979 d'"exploiter" le "sigle MLF". A cette date le mouvement etait menace d'emiettement ou de detournement par les partis. Beaucoup de feministes avaient abandonne ce sigle. Nous qui l'avions toujours revendique avec une permanence irrefutable, nous avons reinscrit son existence en creant une association 1901. Et nous en avons protege le nom, bien plus precieux qu'une marque.

Ainsi, le 1er octobre 1968 est ne un puissant mouvement de civilisation qui a ouvert un champ nouveau de pensee. Les femmes sont passees de l'experience a un savoir. Aujourd'hui, il y a une science des femmes, une feminologie. Tandis que d'autres sigles sont tombes dans l'oubli, MLF rayonne.


images-6








フランス女性の自由のために戦った歴史的な人物、 アントワネット・フークが2014年2月20日の夜中、この世を去りました。77歳でした。

コルシカ島出身でエックサンプロヴァンスで学を修めた後、1966年、ソルボンヌ大学でロラン・バルトのセミネールでモニーク・ウィテグと邂逅。1969年からはジャック・ラカンのセミネールにも出席したとされている。リュース・イリガライとともにフェミニズム理論の研究を分かち合ったこともあった。

精神分析家で哲学者のA・フークは、フロイドの精神分析が男性中心主義であることを批判し、「第二のリビドー」と彼女が名づける女性のリビドーの存在を提唱した。

70年代には、フェミニズム運動MLFの中心となって活躍し、凱旋門の地下に無名の女性戦士の墓を建立したほか、71年にはフランスのフェミニズム運動における最大の功績と目される「343名のマニフェスト」に署名し、シモーヌ・ヴェイユ大臣が推進した女性の妊娠中絶権の獲得に貢献した。

その後はフランスを去り、一時、アメリカで女性のための精神分析医としてフランス人やカナダ人の患者を診療した。1994年からはパリ第八大学(ソルボンヌ)の研究所長を勤め、2002年からはパリテ監視局のメンバーでもあった。その後、フランス初の女性のための出版社を創設、オーディオ本と呼ばれる女性作家の作品のCD版を発売。また、政治家として1994年から1999年までEU議員も勤めた。

2日前から、ル・モンド、リベラスィオン、エクスプレス、フランス・キュルチュール、パリズィアン、フィガロ、などあらゆるメディアが、現女性大臣たちや元オランド大統領のパートナーのヴァレリー・トリールヴェレールがその死を悼みツイッターでつぶやいた感謝や賞賛の言葉まで取り上げるなど、フランスの女性たちに多大な影響を与えたA・フークの死を大きく報じている。

Quelle etrangete que d’entendre, ce samedi 22 fevrier 2014, les grandiloquents hommages a Antoinette Fouque, disparue jeudi a l’age de 77 ans.

Figure historique du feminisme francais des annees 70, creatrice et directrice des editions des Femmes (1973), Antoinette Fouque fut l'animatrice du groupe "Psychanalyse et Politique", l'un des courants majeurs du feminisme en France. Elle avait ete deputee europeenne (Radicale) de 1994 a 1999.
En savoir plus sur http://www.lexpress.fr/actualite/politique/deces-d-antoinette-fouque-co-fondatrice-du-mlf_1494212.html#kqTSEJpXx3g983Oc.99

image



























日本先天異常学会は放射能の恐ろしさを知っていた!

調理法による放射能低減率

・ 玄米を白米にすると1/2-1/3に

・野菜はよく洗い表面の葉を1−2枚捨てると1/40に

・人参,かぶ、大根などは地上に出ている部分を切り落とすと1/15に

・リンゴなどもよく洗って皮をむけば1/10に

・葉物野菜は茹でこぼすと1/2–1/5に

・乳製品(クリーム、バター、チーズ)は牛乳の1/4—1/10

・ 魚は水洗いで30%、食塩水に晒すと60-70%除去される

・肉は骨つきを避ける、カットして塩水に晒し、煮こぼすと1/3ー1/10に

自分と子どもを放射線から守るには、世界文化社, 2011より
http://blog.livedoor.jp/home_make-toaru/archives/7561406.htmlhttp://blog.livedoor.jp/home_make-toaru/archives/7561406.html

1kgあたり100Bqの放射性セシウムを含有したものは、3.11までは「高濃度放射性廃棄物」としてドラム缶に封入して分厚いコンクリートで固められた専用の施設で厳重に保管することが義務づけられてたのに、3.11以降は「食品」として全国に流通して普通に食卓に上ってるという恐怖の現実。
http://blog.livedoor.jp/home_make-toaru/archives/cat_191808.htmlhttp://blog.livedoor.jp/home_make-toaru/archives/cat_191808.html


画像のお菓子はとても美味しかった頂きものです。Mille mercis!!

サンドやショパンとも親しくオペラ歌手であり作曲家でもあったポリーヌ・ヴィアルドに関する講演とコンサートが来る3月8日に東京にて開催されます。
19世紀のフランス女性が作曲した大変珍しい楽曲の数々を生演奏で聴くことができます。
お忙しいことと存じますが、ご興味がおありの方、とりわけ関東在住の皆様方、どうぞ奮ってご参加下さいますようご案内申し上げます。

日時:3月8日(土)14時〜18時
日仏会館(東京・恵比寿)ホール

国際女性デーにフランス女性作曲家を聴く
Pour la journee internationale des femmes
Deux compositrices francaises
        
ルイーズファランクとポリーヌ・ヴィヤルド
Louise Farrenc et Pauline Viardot

日仏女性研究学会は毎年3月に、日仏会館フランス事務所の共催を得て、国際女性デーにちなんだイベントを開催してきました。今年はこれまでとは少し趣向を変えて、コンサートを企画しました。19世紀フランス音楽界に凛と輝く二人の女性作曲家、ルイーズ・ファランクLouise Farrenc(1804-1875)とポリーヌ・ヴィアルドPauline Viardot(1821-1910)の作品を取りあげます。
ピアノ曲やアンサンブル、独唱曲とともに、ジャポニスムの影響を受けた珍しいパントマイム音楽も紹介します。コンサートに先立ち、同時代のフランスの女性たちやこの二人の作曲家をめぐるプレ・トークもお楽しみ下さい。
A l'occasion de la journee internationale des femmes, nous organisons chaque annee avec le bureau francais de la Maison Franco-Japonaise, une manifestaion pour la cause des femmes. Nous proposons pour la prochaine fete des femmes, un concert, ce qui constitue une reelle nouveaute. Il sera consacre a deux brillantes compositrices francaises du 19eme siecle, Louise Farrence(1804-1875) et Pauline Viardot(1821-1910), et sera precede de deux communications, l'une portant sur les femmes de l'epoque, l'autre sur la presentation de ces deux compositrices.

主催:日仏女性研究学会
共催:日仏会館フランス事務所  知られざる女性作曲家&小林緑カンパニー
後援:日仏音楽協会 独立行政法人国立女性教育会館

https://sites.google.com/site/farrencviardot/ 


『摩擦する「母」と「女」の物語―フランス近代小説にみる「女」と「男らしさ」のセクシュアリティ』

46a4d7beba9fecb31c56968569fd37ca


内容
「子ども」たちはごまんと登場する。だが、その「子ども」たちは、彼らが書かれるために存在するのではなく、「女」が「母」になる瞬間として描かれるのだと。本書が注目するのは、それゆえ、「母」になる「女」がその過程で経なければならない「身体」の経験、そして「セクシュアリティ」の問題である。

単行本: 265ページ
出版社: 晃洋書房 (2014/01)
ISBN-10: 477102488X
ISBN-13: 978-4771024885
発売日: 2014/01

第3回 世界8大学合同国際学生フォーラム 震災復興と国際連携:
「世界の災害、その時あなたは何ができますか?」 
本フォーラムは2009年度からお茶の水女子大学を中心に行ってきた世界8か国8大学のサイバーコンソーシアム 「多言語・多文化サイバーコンソーシアム (Multilingual & Multicultural Cyber Consortium: MMCC) 」を基盤として開催されます。 世界中から学生が集う国際学生フォーラムで、テーマに関する様々な発表、イベント、ディスカッションなどが行われます。「国際交流論I」を履修し、発表を希望する学生を募集します。

テーマ
「震災復興と国際連携:世界の災害、その時あなたは何ができますか?」
趣旨と目的
本フォーラムは、日本を含む世界8か国の大学生が1週間ともに生活をしながら、テーマに関する議論を深めることを通して、グローバルな視点からグローバルな課題解決に取り組むことができる人材の育成を目的としています。フォーラム期間中の主な使用言語は日本語ですが、日本側(お茶の水女子大学)の発表等は英語で行われます。
プログラムとスケジュール
        日程:2014年3月8日(土)〜3月17日(月)
8日(土) 学生寮チェックイン
9日(日) オリエンテーション & キャンパスツアー & 歓迎会
10日(月) ポスターセッション & パネルディスカッション & 講演
 15時:講演
 「戦後ヨーロッパの言語教育政策と複言語・複文化主義:ヨーロッパからアジア、そして世界へ」

11日(火) 学外研修:東日本大震災関連イベントへの参加
12日(水) モナシュ大学(オーストラリア)とのTV会議
13日(木) 参加者プレゼンテーション & ディスカッション
14日(金) ・ワークショップ & シンポジウム & ドキュメンタリー上映
 <テーマ>「陸前高田の復興における外部者の役割と新しい公共の形成」

このページのトップヘ