薔薇の言葉

フランス語・フランス語教育/フランス語圏の諸相と女性事情/メディアと現代女性など

2015年06月

3eme Colloque Pluridisciplinaire International
Evaluation de la qualite des formations dans l’enseignement superieur
Universite Islamique du Liban (IUL), Autoroute Khaldeh, Beyrouth, Liban
26 - 27 novembre 2015

Le ≪ Processus de Bologne ≫ implique que les pays signataires s’engagent a mettre en œuvre des politiques d’amelioration continue de la qualite des programmes de formation dans leurs etablissements d’enseignement superieur. Dans un souci d’harmonisation au sein de l’espace europeen de l’enseignement superieur, ces pays ont etabli un certain nombre de principes, de regles et de normes au sujet de l’evaluation de la qualite des formations dans l’enseignement superieur : European Standards and Guidelines for quality assurance in the european higher education area (ESG). Le premier principe des ESG est que ce sont les etablissements d’enseignement superieur eux-memes qui ont la responsabilite premiere de la qualite des formations qu’ils organisent et de l’assurance de cette qualite. Ce principe peut interesser les universites dans un contexte de competition grandissante entre les systemes de formation superieure a l’echelle internationale. Comment, alors, le mettre en œuvre? Avec quels outils ? Quels changements implique-t-il pour les entites responsables des programmes ? Comment s’integre-t-il dans le dispositif institutionnel ? La qualite pedagogique du programme de formation ?

Pour repondre a ces questions et bien d’autres, il est envisage d’organiser un seminaire pour recueillir le temoignage des etablissements qui se sont, deja, engages dans cette voie.

Axe 1 : Politiques educatives et systemes d’enseignement :
a) Structure et systemes de l’enseignement superieur : europeen LMD, anglo-saxon, mixte …
b) Evaluation des processus : analyses des programmes de formation.
Dans quelle mesure un programme atteint-il les objectifs vises ? Quelles prestations pour quelles conceptions des curricula ? Quelles sont les ressources utilisees ?
c) Approches pedagogiques et didactiques dans l’enseignement universitaire.
Approches didactiques et finalites des formations.
Approches didactiques et savoirs disciplinaires.

d) Normes et qualite de l’enseignement/apprentissage.
Impact des Normes sur les approches de qualite et les attentes professionnelles.
e) Auto evaluation.

Atelier 1 : Acquis d’apprentissage, Evaluation des acquis, Pedagogie.

Axe II : Formation universitaire et besoins socio-professionnels.
a) Developpement des connaissances disciplinaires et leur contribution a des dynamiques transdisciplinaires et pluridisciplinaires.
b) Exigences des metiers emergeants et formation des futurs acteurs des entreprises : developpement de competences transferables.
c) Adequation des formations aux professions :
- Pertinence des plans d’etudes et competences des diplomes.
- Retour des employeurs et des associations professionnelles sur les formations universitaires.
- Formation superieure et apprentissage base sur la pratique : l’application des connaissances professionnelles acquises et contribution de la formation superieure a la creation d’un vivier de professionnels qualifies pour l’economie des pays.
- Formation doctorale : quelle formation pour quels enseignants chercheurs et quels besoins socioprofessionnels ?
d) Le recrutement, l'accueil et l'orientation des etudiants.

Atelier 2 : Professionnalisation, Normes internes, Normes externes.

Axe III : Outils de references et mesures.
- Normes, modeles cognitifs et cadres de references permettant de mesurer la qualite de la formation et d’apporter des remediations. Influence des disciplines ou des professions ?
- Evaluation de satisfaction, du contenu de l’action de formation, des acquis d’apprentissage et des transferts eventuels en situation de travail.
- Culture de l’evaluation.
- Evaluation institutionnelle des enseignants par les chefs des departements, par les etudiants et par les pairs.
Atelier 3 : Assurance qualite des formations et mise en œuvre par les etablissements de l’enseignement superieur.

2015年第8回日仏会館フランス語コンクール出場者募集

【課題テーマ】
第1部門(上級) Jusqu'ou va la liberte d'expression ?
第2部門(中級) Une phrase qui a marque ma vie

【応募資格】
日本在住者。年齢・国籍は問わない。ただし以下のいずれかの条件に当てはまるものを除く。
1. 両親のいずれかがフランス語を母語としている。
2. フランスないしフランス語圏に滞在した期間、またはLycee francais international de Tokyoなどでフランス語による学校教育を受けた期間が、満10歳以降、通算18ヶ月を超える。
3. 過去のフランス語コンクールまたは留学生試験で優秀な成績を収め、航空券を含む奨学金を受けたことがある。

第1部門 (上級) 目安: 仏検準1級
第2部門 (中級) 目安: 仏検準2級

【応募要領】
1〜4をA4用紙に印刷し、日仏会館に郵送して下さい。 9月29日(火)17時00必着

(送付先) 〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿3-9-25 (公財)日仏会館 フランス語コンクール事務局

★ 1. 自作のフランス語のスピーチ原稿:A4で2枚程度(スピーチ時間は第1部門 7分、第2部門 5分)
テーマは下記とし、タイトルは自由につける。
第1部門 (上級) Jusqu'ou va la liberte d'expression ?
第2部門 (中級) Une phrase qui a marque ma vie

★ 2. スピーチ原稿の日本語レジュメ(600字以内)

★ 3. 応募用紙 (日仏会館のウェブサイトからダウンロード)
応募用紙はこちらからダウンロード

★ 4. 応募書類受領確認用葉書(官製はがきの表面に住所、氏名を記入したもの)

(応募書類、官製はがき) 消せる筆記具(フリクション等)の使用不可。消せる筆記具で記載されたことにより不利益を蒙っても会館は責任を負いません。


フランス語コンク―ルは、日仏学術・文化交流を目的とする日仏会館が、フランス語教育の振興・普及を側面から支援し、言語と文化の多様性を重視した複眼的思考の養成をはかるため、日仏交流150周年を記念して2008年から開催しているスピーチコンテストです。
課題テーマに従ったフランス語のスピーチのあと審査員の質問に答えていただき、成績優秀者には東京・パリ往復旅費や4週間の語学研修費・滞在費等の賞が与えられます。
応募資格に年齢制限を設けていないため、全国各地から、高校生から社会人まで広い年齢層の参加がみられるのが大きな特徴で、書類選考で選ばれた15人による決勝大会では、一人一人の個性的で魅力あるスピーチを聞くことができます。

【審査】
・書類選考  応募締切 (必着) 9月29日(火)17時00
・決勝大会  スピーチと質疑 2015年11月23日(月・祝) 13:00-18:00頃 日仏会館ホール

第1部門 (上級) スピーチ7分以内、質疑応答5分
第2部門 (中級) スピーチ5分以内、質疑応答5分

決勝大会進出者は第1部門、第2部門合わせて15名とします。配点はスピーチと質疑応答が10点ずつで審査員7人の点数の合計により部門別に順位をつけます。


【審査員】
古石篤子(慶應義塾大学名誉教授)
塚本昌則 (東京大学教授)
Corinne Quentin(フランス著作権事務所代表取締役)
Juliette Salabert (フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本フランス語担当官)
Nicolas Mollard(日仏会館研究員)
Lena Giunta(フランス語教師)
三浦信孝 (日仏会館常務理事)

【賞】
第1部門(上級)
・日仏会館理事長賞
パリ往復航空券と4週間の語学研修・滞在(パリ ACCORD)
(語学研修期間2016年1月1日から2016年12月31日)

・エールフランス賞
パリ往復航空券と4週間の語学研修(アンジェ CIDEF)
(語学研修期間2016年8月もしくは9月)

・パリ生活社賞
パリ往復航空券と4週間の現地住居 (期日2016年12月31日)

第2部門(中級)
・在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本賞
(協力 エールフランス航空)
パリ往復航航空券と4週間の語学研修・滞在(ブザンソン CLA)
CLA語学研修期間 2016年2月、3月の中から4週間の集中研修講座
研修期間に対応する航空券(チケットお申し込み、2015年12月18日まで)


・奨励賞:ケベック州政府賞  APEF賞  日本ロレアル賞

・みゅう世界遺産賞 航空券が付いている賞の入賞者に「みゅう」パリによる世界遺産オリジナルツアー

・アンリ・ルルー賞 決勝進出者全員にお菓子詰め合わせ

・My Little Box賞 決勝進出者にスペシャルBox

主催 公益財団法人日仏会館

後援 在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本   ケベック州政府在日事務所   朝日新聞社   公益財団法人フランス語教育振興協会(APEF)   日本フランス語フランス文学会   日本フランス語教育学会

協力 エールフランス航空  有限会社パリ生活社 Miki Travel Agency Henri Le Roux 日本ロレアル株式会社 欧州ヤマト運輸 My Little Box株式会社 ACCORD(パリ語学学校) CIDEF(アンジェ西部カトリック大学語学学校) CLA(ブザンソン語学センター)

日時:7月18日(土)15:00〜18:00
会場:早稲田大学文学学術院(戸山キャンパス) 33号館
低層棟6階第11会議室
http://flas.waseda.jp/flas/access/

2015年度フランス語談話会
さまざまな視点からみた「視点」

パネリスト:
・ 小熊 和郎(西南学院大学)
「視点と主体のポジション配置」

・ 本多 啓(神戸市外国語大学)
「方法論としての視点: 話者の視点と分析者の視点」

・ 西田谷 洋(富山大学)
「物語論の視点を考える」(仮)

司会:須藤 佳子(日本大学)

日本フランス語学会webサイト:http://www.sjlf.org/


La derniere seance de l'annee du seminaire doctoral "Genre et recherche" de Sciences Po aura lieu la semaine prochaine, le 26 juin de 9h30 a 12h30, en salle S2 au 28, rue des Saints Peres Paris 7e sur "Genre et economie" avec Helene Perivier, economiste a l'OFCE et directrice academique de PRESAGE.
Au plaisir de vous y re-voir,

Le rire de la Meduse
Regards critiques

Textes reunis par Frederic Regard et Martine Reid
Avec un entretien inedit d’Helene Cixous
No 4. 2015. 1 vol., 184 p., broche, 15,5 × 23,5 cm. ISBN 978-2-7453-2806-9. 45 ?

≪ Le rire de la Meduse ≫ d’Helene Cixous a ete publie en 1975 dans la revue L’Arc et a ete traduit en anglais l’annee suivante. Depuis, il a inspire la critique feministe du monde entier, mais aussi de nombreuses ecrivaines et plasticiennes.
Le present volume entend prendre la mesure de l’impact exceptionnel d’un tel texte ; il entend ensuite en penser le contenu d’une maniere originale. Il souhaite ainsi rendre hommage a un ≪ manifeste ≫ qui, avec une force sans precedent, appelle a la fin de toute forme de domination, a la liberation de l’energie feminine, a son deploiement et a son envol, mais aussi au depassement des frontieres, des limites et du ≪ genre ≫. Il comporte un entretien inedit avec Helene Cixous.
> Frederic Regard a ecrit sa these de doctorat d’Etat sous la direction d’Helene Cixous et a publie plusieurs articles sur son travail, tant en France qu’en Angleterre. On lui doit notamment la presentation de la reedition du ≪ Rire de la Meduse ≫ aux editions Galilee. Professeur de litterature anglaise a la Sorbonne, il est l'auteur d’ouvrages sur le roman anglais, et a coordonne plusieurs volumes sur le recit d’exploration, la biographie et l’autobiographie en Angleterre. Il pilote un programme d’edition des Fondamentaux du feminisme anglo-saxon a ENS Editions.
Specialiste de litterature francaise du XIXe siecle, Martine Reid est professeure a l’universite de Lille 3. Elle est l’auteure de plusieurs ouvrages critiques dont le dernier, Des Femmes en litterature, a paru chez Belin en 2010. Elle a dirige plusieurs ouvrages collectifs sur le sujet et cree chez Gallimard, pour ≪ Folio ≫, la serie ≪ Femmes de lettres ≫.

film_08_02-1












6/26(金)〜6/29(月)まで 

有楽町朝日ホール、TOHOシネマズ日劇にて
フランス映画が公開されます!

ーーーーー
『ヴィオレット』(原題)
パリ文学界に衝撃を与えた実在の女性作家、その純粋な魂の軌跡

6月28日(日)13:30開場 13:50〜上映
有楽町朝日ホール(有楽町マリオン11F)

『セラフィーヌの庭』でセザール賞最優秀作品賞に輝いた名匠マルタン・プロヴォストが、“ボーヴォワールの女友達”と呼ばれた実在の女性作家、ヴィオレット・ルデュックの半生を描いた感動作。

ボーヴォワールに才能を見いだされ、パリ文学界に大きな衝撃を与えるものの、当時の社会に受け入れられず、愛を求める純粋さゆえに傷ついた彼女が、やがてプロヴァンスの光の中に幸福を見いだすまでを、生涯にわたり続いたボーヴォワールとの関係を中心に描く。

背景となる40〜60年代、サルトル、コクトー、ジャン・ジュネが出入りする出版社ガリマールなど当時の文学界の様子や戦後パリの新しい文化の胎動も見所の一つで、ヴィオレットのフェミニンなファッションとボーヴォワールのシックなファッションとの対比も大きな魅力。

ヴィオレットにはセザール賞ノミネート5回、2度の受賞に輝く名女優エマニュエル・ドゥヴォス、ボーヴォワールをサンドリーヌ・キベルランが演じている。

6月28日(日)13:30開場 13:50〜上映有楽町朝日ホール(有楽町マリオン11F)

最寄り駅=有楽町・銀座

12月から岩波ホール上映、全国で順次ロードショー予定。

http://unifrance.jp/festival/2015/films/film08http://unifrance.jp/festival/2015/films/film08

syokubutu_B









2015年06月29日(月曜) 18:00 - 20:00
会場:日仏会館ホール - 渋谷区恵比寿3丁目

モーリス・シャベール(フランスで最も美しい村連合前会長)
浜田哲(NPO法人「日本で最も美しい村」連合会長、北海道美瑛町長)
Colloque franco-japonais "Actions des Plus Beaux Villages et
developpement rural: les cas francais et japonais" (trad.simultanee)
Maurice CHABERT (ancien president de l'association les Plus beaux
villages de France), Satoshi HAMADA (maire de Biei a Hokkaido,
president de l'association les Plus beaux villages au Japon.

参加費:  無料
懇親会費(レスパスにて): 3.000円
同時通訳 / 定員 120名

後援 フランス観光開発機構、 在日フランス商工会議所

今回のシンポジウムは、「フランスで最も美しい村連合(Association des plus beaux villages de la France)」の前会長モーリス・シャベール氏(Gordes村長)をお招きし、.侫薀鵐垢糧しい村と美しい村運動をご紹介いただくと同時に、◆峇儻によって村おこし・地域おこしをしたいと考えている日本の地方自治体やNGO関係に、「最も美しい村」という活動(制度、認証)の紹介をすることが目的です。
シンポジウムでは、「最も美しい村」先進国であるフランスからあるモーリス・シャベール氏のほかに、日本からはNPO法人「日本で最も美しい村」連合会長である浜田哲・北海道・美瑛町長をパネリストとして招き討論していただきます。モーリス・シャベール氏は、「フランスで最も美しい村連合」元会長であるばかりではなく、「最も美しい村」世界連盟の創設者でもあります。また、浜田氏は美瑛町の町長として、フランスを手本として、この運動を日本で立ち上げた方でもあります。
この討論を通じ、フランスでは、地域の文化遺産や自然をどのように保護しながら観光に活かしているかが紹介されます。その結果、「最も美しい村」を通しての日仏の交流とともに、フランスへの日本人観光客の増加と、フランスからの日本の美しい村への観光客の増加が見込まれます。

自動起床装置が売れているらしい。
以下は40代・50代からの健康寿命を考える DIAMOND社の「 男の健康」より。


日本人の睡眠時間が年々減少している深刻な理由
日本人の平均睡眠時間は50分も短縮
損失は3兆5000億円にも

睡眠時間が世界最短レベルの日本では、幸福度も先進国中、最下位。

http://diamond.jp/articles/-/72767?page=2http://diamond.jp/articles/-/72767?page=2

CG3KBSeUYAENxXa


jpg-large




下記のような特別講義が開催されます。

ーーー

明治大学大学院  教養デザイン研究科 特別講義
【学生諸君へ】 第一線の翻訳家・エッセイストとして活躍中の古屋美登里先生をお招きします。
フィクションとノンフィクションの翻訳に違いはあるのか、どのような点をとくに 意識して翻訳に臨んでいるかなど、現役の翻訳家ならではの問題意識を縦横 に語って頂きます。言語表現に限らず、さまざまな表現やジャンルの違いなど に関心のある学生諸君の受講を希望します。

「 フィクションとノンフィクションの間」
日 時:7月3日(金) 4時限(14:40~16:10)
会 場:和泉キャンパス 第一校舎312教室
講 師:古屋美登里先生(商学部兼任講師)

【講師紹介】
神奈川県平塚生れ。早稲田大学教育学部卒業後、「早稲田文学」編集部勤務を経て、英米文学・
ノンフィクションの翻訳家となる。六十冊を超えるその翻訳は、エドワード・ケアリー、ラッタ ウット・ラープチャルーンサップ、ダニエル・タメット、ジョゼフ・オニール、イーディス・ パールマンに及ぶ。古屋訳を通じて日本の読者が愛読するようになった著者は少なくない。
一方、十代より明治大学出身の小説家、倉橋由美子を師と仰ぎ、倉橋由美子から認められた唯一 の弟子として、その薫陶を受ける。倉橋の死後は、その顕揚と作品集の刊行に尽力している。 五月には単行本未収録作品集を責任編集者として刊行。 2007年から明治大学商学部兼任講師を務める。
エッセイにもすぐれ、オードリー・ヘップバーンに関する著書や多くの書評もある。

【最近の個人訳単行本】『双眼鏡からの眺め』 イーディス・パールマン 早川書房 2013 『ぼくと数字のふしぎな世界』ダニエル・タメット 講談社 2014
『モンスターズ 現代アメリカ傑作短編集』 B・J・ホラーズ編 白水社 2014 『海を照らす光』 M・L・ステッドマン 早川書房 2015 『帰還兵はなぜ自殺するのか』 デイヴィッド・フィンケル 亜紀書房 2015

コーディネーター:教養デザイン研究科・商学部教授 高遠弘美
予約不要:学部生の受講可 学外の方も受講可能です。事前にお電話ください。
教養デザイン研究科:03-5300-1529

このページのトップヘ